gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

私はダイゴさんの発言が炎上していることを知り、いくつか記事を見ましたが、世間の風潮のように全否定する気にはなりませんでした。多くの方が述べられていることは「命に優先順位をつけるのはおかしい」、「全ての命は平等であるべき」ってことだと思います。しかしそんなことを言えるのはそれぞれの人生で1度も殺生に関与していない人だけだと思います。生まれながらのフェミニストはいないでしょう。これは屁理屈に聞こえるかもしれませんが、トリアージタッグにしてもやはり命に優先順位をつけています。極論を出しましょう。もしあなたが海でで溺れている二人を見つけたとします。救助用浮輪は1つしかなくどちらかしか助けられません。溺れているうちの一人はこの先社会に一切貢献せず、何十年も税金から出る生活保護を受給します。もうひとりはこの先社会に幾度も大きな進展をもたらし、素晴らしい発展につながるような功績を残します。あなたはどちらを助けますか?私はやはり人類にとって最も有益な人物、後者を選びます。これに対し誰かを犠牲にしてまで生まれる発展はいらないと思う方もいるかもしれません。しかし、前者を助けた場合後者は犠牲になりますしなんの益も得られません。話を戻しますがもし発言に対しヘイトを抱くなら一切の命を奪わずにこの先人類が世界が平穏に永らえる道を提示してください。嫌悪感を抱いた方、どこがどう悪いのかを説明ください。

質問者からの補足コメント

  • 感情論で答える、それは議論の中でしてはいけないことです。こうだからこうとちゃんとした日本語で回答お願いします。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/08/14 18:40
gooドクター

A 回答 (13件中1~10件)

極論は机上から出ない考えで、実生活では意味をなさない。


理想はdaigoの言う通り。その通りならないのが実情。
出来るのなら最初からやっているし、優劣なぞ付けない。
    • good
    • 2

私は医学に対してど素人ですが、個人的にトリアージタッグに対して抱いているイメージは、命を救おうとしている姿勢に差はないと思っています。




【治療優先順位を決定すること】は、早く対応しないといけないことを判断するということだと思うので、軽症の人と重症の人がいた場合、軽症の人に時間をとられると重症の人を救えないということではないかと。命を大切にするから、重症の人に早く対応しないといけないというか。その目印をつけるものだと思っています。


結果、軽症の人も重症の人も【可能な限り多くの命を救うのが目的】だと。その上では、手遅れという判断もあると思います。相手が複数の場合は、対応しきれない現実がもあるでしょうから。



ちなみに、私の父が他界した時、葬儀後にお寺さんのご住職が「浮き輪」の説法をお話ししてくださいました。その時は違う人の例でのお話でしたが、その時も私は同様の答えになったのですが…、


万が一そういった状況に出会った場合に、いちいちどんな人物かは考えずに私としては…


【すぐに自分の近くの相手に浮き輪を投げる】


と思います。迷わないと思います。迷いが手遅れになるので。同一人物でない限り、同位置に同じ体重や体格の二人の人物がいるとも思えないので、自分から近い相手に投げます。その際に考え事はしないと思います。とっさの判断で。


近くの人が浮き輪で助かるであろう次の瞬間には、もう一人の方の対応をしようとすると思います。助けを呼ぶなり、ペットボトルを投げるなり、大声で仰向けで体全体で空を見るようにと声をかけるとか。


もしくは、助けられた人が無事であれば、もう一人の救助に協力してもらうとか。



大昔、私が小学六年生の時に、小学校までの通学路の途中の家で火災があり、裏道を通ったことがありました。私は登校班の先頭で後ろに下級生が数人いて歩いていたのですが、狭い小路に来た車を避けようとして端に後ろ歩きで歩いたら、私の背後に深い排水溝があって、ランドセルを背負った背中から落っこちてしまいました。深さが1.4mくらいはありました。


私だけ排水溝に落ちたのですが、その直後、近くにいた知らないおじいさんが排水溝に落ちた私に手を差し出してくれて、私はその手に引き上げられて助けられました。


道路に上がった私におじいさんが「家に帰って風呂に入ってきな」といったので「分かりました」と答えて、下級生を学校に向かわせて私は帰宅しました。


その時のおじいさんが当時の私のことを「将来税金を…」なんて考えていたとは思えません。とっさの判断だったと思います。



どこの誰かもわからないおじいさんで、助けてもらったお礼もきちんとできていないのですが、その時の経験から、浮き輪の例に関しては、私も【すぐ動く】と思いました。



Daigoさんの発言については、ファンではない私まで知るくらい公になった場合は対応が必要だと思いますが、ここまで公にした【情報の発信者の意図】は気になります。Daigoさんとファンの間だけで済んだはずの動画内での発言を公にした理由は知りたいです。



そもそも、命を一切奪わずにといった条件を守る術を提示した上での選択の話だと思いますが、私には到底思い浮かばないです。そんな方法があるのであれば、私も知りたいところですが、現実的には無理な気がします。



今は現実的に無理な技術だとしても、将来に向けて、代替可能な技術が開発されていくとは思います。



できるだけ代替可能な食材や、手段を発明していくことだと思います。
    • good
    • 0

選別と優先は違います。


質問者さんが仰っているのは選別であって優先ではありません
それを踏まえて
救出を必要としている人を全員救出するのが救出の基本です。但し全員を同時に救出できない場合より多くの人達を救出する為に救出し易い人達から救出しそれらの人達を救出した後に残っている人達を救出する。これがトリアージの基本です
それを質問に当てはめるならば
二人を救出するのが基本。ですが二人を同時に救出出来ない事から救出し易い方を救出しその後に残り人の救出しに行くとなります
どちらか一方しか助けられなくてもそれは結果論です。決してどちらか一方を選択しているわけではありません
    • good
    • 0

全ての命は平等であるべきだと思います。


あなたの「極論」に敢えて乗っかると私も後者を助けるかもしれません。だからと言って「命を平等とは思っていない」というわけではないでしょ。
あくまで「極論」の世界だけの話だからです。
daigoさんは両方を助けられる場合でも「命に差をつけて」いるのです。
命平等論者もいろいろいます。死刑廃止の意見を言う人は殺人者の命も一般社会生活者の命も平等だと言います。
私は基本的に「人の命は平等であるべき」だと思っていますが、平等に扱うことが難しい時(先の極論など)、その人が命の平等性を否定したとき(殺人など)などに限って命を平等に扱うことのできない場合もあり得ると思います。
daigoさんの場合はそうではないですよね。
    • good
    • 0

どちらもロクでもないので、浮き輪は使いません。

    • good
    • 1

それだと


とても狭い考え方じゃないですか
2人の設定 の助ける解釈こそ感情

前者は
勉強したくても生活環境で
出来なくて だけど将来
発明ヒットするかもしれない

後者は
進展をもたらすと思われ
有益だと思う発明ヒットしなくて
葬られるかもしれない

助ける人の
個人的都合 個人的欲求で命を秤に掛ける事は
出来ないじゃないですか?



その判断は神様も出来ない
    • good
    • 1

人間いつ病気になって働けなくなるか分からないんですよ。

好きで病気になる人はいません。
その助けた方だって、助けた次の日に病気になって働けなくなったら同じ事じゃないですか。
    • good
    • 1

「一切の命を奪わずにこの先人類が世界が平穏に永らえる道を提示してください。



救助用浮き輪が1つしかないというのところから疑問ですね

だから世界は救助用浮き輪を人の数だけ用意しています
(しようとしています)

1つしかないから仕方ないという出発点から
なんの用意もしていませんという間違いを起こしています

仕方がないでは問題は解決しません

あなたの発想は
足りないのでごめんなさいねで終わりです
今後のためにたくさん用意しておきますという
発想がない

現状で諦めています

そういう人の意見は
なんの役にも立ちません
    • good
    • 1

冷静に考えて生活保護者の存在自体が不平等や搾取の権化なんですよね。



通常の国民は一定の年齢以上は労働の義務や納税の義務があるのに生活保護者は搾取しているだけになります。

何故命が平等であればそこは不平等になるのかが分かりません。
    • good
    • 1

概ね同意見です。



命に優先度をつける場面は、日本においても多々あります。医療や政治などでは当然ですが、優先順位という言い方をしていません。ごまかしてるだけです。

余裕のある人から多く税金を取り、困っている人にそのお金が回るのが日本ですが。
貧しい国では、多くの税金を取ることは困難でしょう。自分の生活だけで精一杯で、働けない無職や障害者はより一層厳しい生活を強いられるのは当然です。弱肉強食です。

生活保護は日本に余裕があるから存在する制度ですね。生活保護は権利ですので貰えて当然ですが、いつ制度がなくなるかはわかりませんし、汗水垂らして働いた金で誰かがのんびり暮らしているんですから批判が来るのは当然です。生活保護を貰えることを当たり前と思わず、できる限り早く就職するようにするべきですね。また、受給額を下げるべきです。安い賃金で働くより、多くのお金が貰える場合があるそうですから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング