質問させていただきます。
私はリクガメを飼っているのですが、春には外の庭に家を作り、そこで飼育したいと考えています。材料は裏山の竹を使って作ろうと思っているのですが、ここで壁にぶち当たりました・・
実は以前同じように竹で家を作ったのですが、何も防水・防腐処理をしなかったため、すぐに色あせし、崩壊してしまいました。
そこで今回はきちんと作りたい!と思ったのですが、素人のため、その辺が良く分かりません。何か塗料を塗ればいいのか、他に手があるのか・・。なるべく低予算で作りたいです。日曜大工経験豊富な方、回答お待ちしています!!

ちなみに、家を作った場合の環境は・・
(1)雨が降れば雨ざらし
(2)日光は常に当たっている
              という感じです
よろしくお願いしますm(_)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

火が焚けるなら茶色くなる位まであぶるのが一番です。


埋める根元は表面が黒くなるまでです。

亀は土を掘って逃げ出します、
竹もかじって逃げ出す可能性が高いような気がします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そのような手があったんですか!!でも火をたくとなると難しいですね・・ガスコンロ等でもできるんでしょうか?
亀が逃げないように、ブロックを積むなどして工夫したいと思います^^

お礼日時:2005/03/06 13:50

一般的に竹材は夏の土用に切り2ヶ月程度乾燥させます、秋口に油抜き(所謂焚き火で炙り、ウエスで拭き取る・油が抜けきるまで数回繰り返す)をします。


小生の地方での秋祭りの幟竿を作る方法です、こうすれば二十年近く幟竿として使用できます。
油抜き(素人は加減が判らず難しい)を完全にしないと虫喰いが早く2年程度で駄目になります。
造園業者さんに油抜きの骨を聞けば教えて戴けるかも?
野ざらしにすればよくもって数年でしょう、塗装をしても余り効果は無いと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり竹は色々と難しいようですね・・ありがとうございました

お礼日時:2005/03/11 19:11

竹で小屋を作くろうと悪戦苦闘してます。



1.水分の少ない竹を選ぶ。
 →生えて3~4年目の竹を使います。枝を見ると区別できます。
2.水分の少ない時期に伐採する。
 →寒い時期。一般に2月までと聞いています。
3.水分を充分抜く。
 →「油抜き」と言って表面をあぶって染み出た油をふき取ります。

塗料に付いてはまだ勉強不足なのですが、柿渋など試してみたいと思っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さん迅速な回答ありがとうございます。
No.2さんのおっしゃていたのが1、2ですね。詳しく分かってよかったです。お互い良いものを作りましょう!!

お礼日時:2005/03/06 13:56

竹は、切る次期により丈夫さが違うそうです。


暦で見るらしいのですが・・親父が言ってましたが忘れました。
すでに他界しているので聞けません。残念です。

竹をバーナーやガスコンロで黄色く(古い竹の色)なるまで炙ってウエスなどで油を拭き取ります。
炙りすぎると内部の空気が膨張して割れるので、注意が必要です。
節を鉄杭などで抜くか、ドリルで、1mm程度の穴を開けると安心して炙れます。

それでも野ざらしなら1-2年持つかなぁ・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
方法とアドバイスありがとうございます。やっぱり野ざらしだといつまでも持つというわけではないですよね・・

お礼日時:2005/03/06 13:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冷凍する油揚げの油抜きは絶対に必要?

主にお味噌汁用に、油揚げを短冊に切って冷凍したものを常備しています。この油揚げって、必ず油抜きをすべきものでしょうか? ふと、油抜きをしないで冷凍してみたら、油抜きをしたときよりもパサパサせず、おいしかったのです(油抜きは、ザルに置いて熱湯を掛ける、という方法でしています。それをペーバータオルで軽く拭いたりしているので、油分が取れすぎてしまうのでしょうか?)。
しかし、油抜きをしないなんて、健康上・味覚上・保存上、とんでもないことでしょうか? ヘンな質問ですが、ご回答・ご意見よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

 油揚げの包み焼きや包み揚げは油ぬきしないので、しなくても良いと思われるのでしたら(油臭くなければ)かまわないと思います。油が酸化してニオイが悪くなるために油ぬきするわけですから、新しいものを買われてすぐ冷凍されるのでしたら良いと思います。

Qフェンスの防腐剤について(防腐効果について)

DIYで木製のフェンスを作成しようと思っています。
質問は使用する防腐剤についてです。防腐剤にはキシラデコールのようなステインタイプの着色塗料とクレオトップのような単なる防腐剤がありますが、防腐効果はどちらが優れているのでしょうか?
コストはクレオトップの方がかなり安いので、防腐効果が同じならこちらを使用してみようかとも思っています。尚、フェンスは手で触る事も少ないので、安全性についてはあまりこだわっていません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題は色なのでクレオトップの色が気にならなければそれで大丈夫ですね。耐久性はクレオトップのほうが大きいでしょう。

Qおあげさん(うすあげ)の油抜きの仕方を教えとくれやす!

わては、油抜きしたおあげさんが好きだんねん。
買うてくるおあげさんの中には、油抜きしたあれへんもんもおまっさかい、
わがであんじょう油抜きしたい思いますねんけど、
どないしたらよろしおまんねやろか?
たんと教えとくれやす。

Aベストアンサー

私も油揚げ、大好きです。
私は手抜きして、まな板に薄揚げを置き、上から熱湯をかけて油抜きしています。(裏・表)

参考URLは、お料理で有名な辻調理師専門学校のものですので、参考にしてくださいね。

http://www.tsuji.ac.jp/hp/gihou/japan/yasai/age/age.htm

参考URL:http://www.tsuji.ac.jp/hp/gihou/japan/yasai/age/age.htm

Q雨ざらしでも汚く見えない棚

実家の庭のことで相談です。親が整理整頓をしないためちょっとしたジャングル・ゴミ屋敷のような状態です。
親は草花がすきなので鉢植えが500~1000個置いてあり、使っていない(土だけの)鉢植えも100個あり、栄養土などの園芸用品も散らかしておいてあります。

鉢植えの数を絞るように言っているのですが聞いてもらえないので、まずは園芸用品を整理する棚を作って片付けることにしました。
しかし、親は一度棚を設置すると見た目も気にせずにそのまま数十年使い続ける性格です。

というわけで、10年程度は雨ざらしになってもみすぼらしく見えない棚でお薦めのものはありませんでしょうか?
ほかにも、庭の片付けに役立つ情報がありましたら是非宜しくお願いします。

Aベストアンサー

棚を木で作る場合、一般的な木材(針葉樹)であれば10年間再塗装をしないでほったらかしにしていたら、ほぼ確実に腐ります。
野外にノーメンテナンスで大丈夫なものは南米の木材で広葉樹の物を使えば良いと思います。ウリンやイペ等。
これらの木材は塗装しないでも大丈夫であると言われています。
ただしものすごく硬く、比重も大きいので製作が大変ですが。
これらの木材はホームセンター等にはあまり売っていないため、ほとんどが通信販売になると思います。http://www.1128.jp/ を参考にされたらどうでしょうか。

Qおでんに入れる具材の油抜きについて教えていただきたいのですが、次の内、

おでんに入れる具材の油抜きについて教えていただきたいのですが、次の内、どれが油抜きしなければならない具材でしょうか?

・ちくわ
・餅巾着
・ひら天
・ごぼう天

よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

 ちくわ以外。
 基本、油で揚げてある物は油抜き。
 質問以外では厚揚げも油抜きすべしです。

Q雨ざらしでもステンレス(?)にくっつくもの

猫をアパートで飼っています。
ベランダの手すりからお隣へ行くので、行けないようにしたいと思っています。

網状のボードを、お隣との境の手すりに取り付けようと思うのですが、手すりの構造上どうしてもボードを切断しないと、手すりにはめ込めません。
手すりにはめ込んで、ワイヤーなどで留めようと考えていますが、
切断面の危険性と錆びが気になります。
切断してとがっている部分に、何かをくっつけたいのですが…
粘土のようなものとか…
何か適当な材質はあるでしょうか

なお、網状のボードはおそらくステンレス製、ベランダの手すりはアルミ製です。(ベランダの手すりは、直接関係ないかもしれませんが…)
ベランダなので、雨ざらしになります

わかりづらい質問で、申し訳ありません。
どなたか詳しい方いらっしゃいましたら、お願いします

Aベストアンサー

#5さんの樹脂キャップいいですね。

先端キャップと言うものも市販されてます
http://www.americandenki.co.jp/P/P-11/P11E/P-11-E.html
使用例はこちら
http://img02.naturum.ne.jp/usr/campinglife/%E5%85%88%E7%AB%AF%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97.jpg

ネットは極力、切断しないようにしましょう。
ステンレスとはいえ錆びますし、加工が容易ではありませんから。
それに切断、加工するにも道具が必要となりますから。

ベランダの画像を添付できませんか?

ネットはそのままにして(切断面とかそんなのが無ければ錆びませんしキズつきませんから)

隣との際に突っ張りポールを立てます、そこにネットを結束バンドで止めます。
ベランダの手すりの部分にも結束バンドをしておくとズレません。

添付画像でこんな感じです(^_^)v

Q油抜きについて。。

ちょっと前にTVで、油揚げを袋から出さず(まな板を汚さず)包丁で切る裏技?みたいなのやっていて、切ったものを袋からそのままナベへ入れてたんです!
え~~~~~~~~って思いました!
「油抜きはしないのっ?」って。。
油揚げに限らず、がんもや厚揚げなんかも、油抜きしますよね?
みなさんはどうされてるんでしょうか?
気になります。。

Aベストアンサー

以前 お料理番組でやっていたのですが、稲荷寿司のおあげさんや厚揚げの甘辛煮のように、味をしっかりつけたいものは熱湯の鍋にいれ1・2分ぐつぐつさせてしっかり油抜きをしてから使うと味が良くしみるそうです。炒め物のときは炒め物にも油を使うのでざるの上にのせて熱湯を回しがけしてから、味噌汁のときなどすこしこくを出したいときにはそのままでと言ってました。確かにそのようにするとおいしくなりましたよ。

Q竹ガードという竹用の保護塗料について

この塗料の注意書きを見て驚いたのですが、目、鼻、腕などを覆うようにして塗らないとダメとの表示があります。

竹のラティス2枚程度を屋外で塗るだけなんですが、ここまで、しないといけないのでしょうか?

また、これほど、防護が必要な塗料なら、近所に風で吹いていっても大丈夫なんでしょうか?

※もしかしたら、この防護の表示は大げさなんでしょうか?

一応、撥水性ステインとかの注意書きを見たんですが、こんな防護の記入はありませんでしたので、どうも気になりました。

すいません、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

ネットの資料で見る限り「防カビ剤を含む浸透性の液」となっています。
作業上の注意としては、(気分が悪くならないように)通気性を保つようなっていますね。

個人差はあると思いますが、また下処理の必要時シンナー等でも特異的に酔われる方もあります。

実際に使った事はありませんので分かりませんが、メーカーとしては安全サイドの表示かとも思います。
少なからず原因の発生はあるわけでありますから、用心に越したことはありません。

商品については、青竹・固い被膜・油分のある所は、浸み込まず効果がないとありますので念のため。

Q油揚げの油抜き

冷凍庫にいれる為、油揚げを湯で油抜きします。
油抜いた後周囲べとべとになります。
何かいい方法はありませんか?

Aベストアンサー

No.1です。
補足ありがとうございます。
>油揚げの湯を絞ったとき手にべとべと
お湯を掛けた後絞るときサランラップの上にキッチンペーパーを広げて、その上に油揚げを置きます。
サランラップとキッチンペーパーで油揚げを挟んだ状態にしてから絞ります。
手はサランラップを持つような形になるので手には油は付きません。

>それにシンクのところです。
油抜きの時に多めにお湯を沸かしておいて、油抜きが終わって油が付いたシンクのところに残ったお湯を掛けて流します。
その後普通にざっとシンクを洗います。

Q竹で酒器を作りたい

 店で見かけた竹の酒器がいい感じだったのですが、これならわざわざ買わなくてもいいなと思いました。で、孟宗竹でつくってみたのですが、つくってみて、はたと考えました。「これをこのまま酒器として使ったらすぐに腐るのではないか?」と。酒器の内側になにか塗ればいいかなと思ってホームセンターなどを探していましたが、何を塗ったらよいのかわかりません。どなたか分かる方は教えて下さい。

Aベストアンサー

腐りはしないと思います。
使った後、洗ってよく乾かせば良いのではないでしょうか。

考えられるのは今、青い竹がだんだん色あせてくること。
そしてカビが生えるかもしれないこと。
またそのうちに竹が割れてしまうかもしれないことです。

食べ物を入れる器として何かを内側に塗るのは漆とかが考えられますが
素人には難しいこと。
まして孟宗竹の青竹にはしません。

器に加工する竹というものは旬の時期に伐り油抜きをしたり寝かせて品質を安定させてから使います。
例えば100円ショップで売られている竹製品はこれを無視していますのですぐに虫がわいたりします。

ご自分で作られた酒器はその刹那の美しさである「青さ」を楽しみ、
また竹から出てくる自然の「風味」を味わうことになさったほうが良いかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング