『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

特にNHKを見ていて思うのですが、10分を「じっぷん」、20分を「にじっぷん」、25分を「にじうごふん」と言っていますね。

これが現代の正しい日本語の標準語なのでしょうか?
決めたのは文部科学省ですか?
あるいはマスコミ特有の標準語ですか?

常日頃、正しい日本語を話したいと思っているので質問させていただきます。私を含め周囲の人間(東京に住んでます)はそれぞれ「じゅっぷん」「にじゅっぷん」「にじゅうごふん」のように"y"の音を入れて発音するのが一般的なのですが、間違いであるなら直そうと思っています。もちろん、他人には強制するつもりは有りません。あくまでも自分としては、ということで。(^^ )

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

jedimaster さん、こんにちは~☆



お悩み解消に役立つ、サイトがありましたよぉぉーー。

【じっぷんorじゅっぷん】

http://www2.justnet.ne.jp/~assoonas/UC7.HTML

上記URLからの引用です。

「十」という漢字の読みとしては「じゅう・とお・じっ」というのが出ている。
「じゅっ」という読みはないのである。
したがって「10分」は「じっぷん」とは読むが、
「じゅっぷん」とは読まないのが正しい。

# なるほどぉぉーー!

ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://www2.justnet.ne.jp/~assoonas/UC7.HTML

この回答への補足

なるほどぉぉーー!
そうだったのか。。。

補足日時:2001/08/29 14:52
    • good
    • 2
この回答へのお礼

迅速なご回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/29 14:38

>常日頃、正しい日本語を話したいと思っているので


私はどうしても「たいいくかん」ではなく、
「たいくかん」と言ってしまいます(笑)・・・・

昔、「新しい」は「あらたしい」と読んでいた、という話を
聞いたことがあります(あらた、っていう字ですからね)。

それが徐々にか、ある日突然にか知りませんが
「あたらしい」になったらしいです(いいかげんだなぁ)。
結局言いやすい方へ流れていくということですかねぇ。
間違いのはずが、ある日を境に「正しい」ことになるなんて
なんだか納得がいきませんね。

(関係ない話ばかりでごめんなさい。)

漢字の読み方テストで「じゅっぷん」って書いて
減点された覚えがありますので、「じっぷん」は正しい読みです。
悔しさのあまり、よ~く覚えています。

・・・・・明日、その常識が間違いになるかもしれませんけどね(苦笑)。


でも「にじうごふん」以外はワープロ変換できますから
間違い、とまでは言わないかもしれませんね。

-----「じゅっぷん」とも読むが、正式には「じっぷん」-----

これが現時点での「正解」かも。

この回答への補足

いろいろ検索するうちに、この質問に回答してくださるみなさんのご興味を惹きそうなページを見つけました。

あらたしい、の話も載ってました。
http://www.inagaki.nuie.nagoya-u.ac.jp/person/ya …
個人のページですが、ここから「雑学」「誤字の話」のリンクをたどると興味深い話がありましたのでご紹介させていただきます。

補足日時:2001/08/29 14:43
    • good
    • 2
この回答へのお礼

迅速なご回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/29 14:48

元来、日本語には「「じゅ」だけでなく、「小さな、や、ゆ、よ」がつく拗音と呼ばれる文字は無かったと聞いています。

ですから古典では「けふ(今日)」や「てふてふ(蝶々)」と表記されています。同じように昔は「じっせん(十銭)」、「じって(十手)」と発音されました。ですからどちらかと言われれば「じっぷん」と発音したほうが無難ではないかと思います。数学の証明と違って、「過去の発音は間違いだから無し」とはならないと思いますから。

ただ、文化と言う物は時代と共に変化する物です。言葉も当然文化に一つですから、今後「じゅっぷん」も正確な日本語として認知される可能性はあります。今のコギャル言葉と共に(笑)。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/6084 …

この回答への補足

たしかに言葉は生物のように、時代とともに変化しますね。あまり目くじらを立てるような問題ではないのかもしれませんね。でも、マニュアル世代としては「ただひとつの模範解答」を求めてしまうんです。子供に聞かれたらなんて教えようかな? 悩みはつきません。

補足日時:2001/08/29 14:53
    • good
    • 1
この回答へのお礼

迅速なご回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/29 14:39

10分は「じっぷん」、20分は「にじっぷん」ですが、25分は「にじゅうごふん」ではないですか。



「常用漢字音訓表」(昭和56年10月1日内閣告示)を見ると、
「十」の読みとしては、「ジュウ」「ジッ」「とお」「と」の4種類のみが示されています。
でうから、「ジュップン」というのは音訓表から外れる読み方なので避けていると思われます。

なお、以下URLには、この言い方への反論が書き込まれています。私個人はどちらかというと、この意見に近いものがあります。

参考URL:http://www.mori7.com/nohara/situmonn/74.htm

この回答への補足

おっしゃるとおり。そうなんですよ。
私も「じっぷん」は正しいのかなと薄々思っていましたが、「にじうごふん」を聞くに及んで、面食らってしまったのが今回の質問のきっかけのひとつであります。

にじうごふん、は言い過ぎですよね。きっと......

補足日時:2001/08/29 14:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なご回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/29 14:38

以前、似たような質問がありましたので、参考になれば、


どうぞ。
私も小学校のときは、「じゅっぷん」と教わった気がしますが
15,6年前には、すでに「じっぷん」と言う教師もいたような
気がします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=22601

この回答への補足

教育現場の方は、いろいろ大変なのでしょうね。
昔、「三角形」の読みの問題で、さんかくけいと書いたら×で正解は「さんかっけい」とのこと。未だに納得いかないのですが、教育要領がそうなのでしょうかね。

補足日時:2001/08/29 14:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なご回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/29 14:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10分は”じっぷん”と”じゅっぷん”ではどちらが正しいの?

日本語の正しい読み方はどちらでしょうか?
ワードで変換すると、どちらでも正解の
ようですが、実際の国語教育では
どうなのでしょうか。
ちなみに、私は、「じゅっぷん」としか
言いようがないと思っていましたが、
間違いでしょうか。

Aベストアンサー

正式には「じっぷん」ですが今では「じゅっぷん」でもいいそうです。
しかし漢和辞典で「十」の字を調べると「じっ」とはありますが「じゅっ」とは
載っていないんですよね。

十進法、十手、十中八九、十指、などの読みもすべて「じっ」が正式な読みとなっています。

テレビやラジオのニュースでのアナウンサーや野球中継でのアナウンサーも
半分以上の方が「じっ」と発音しているようです。
野球中継ではよく十という言葉が使われるので(十本とか十回など)
注意して発音聴いてみるといいです。

Q~分(時間)の読み方について

皆さん、今晩は。
日本語を勉強してる外国人です。
今日は~分の読み方についてお伺いしたいのです。
一分から十分までは それぞれいっぷん、にふん、さんぷん、よんぷん、ごふん、ろっぷん、しちふん、ななふん、はっぷん、きゅうふん、じゅっぷん、じっぷんでいいですね。
それで、質問は11分の場合になるとじゅういっぷんって読みますか、それとも、じゅういちふんってよみますか。13分,14分,16分、18分,19分も同じですか。
どうか教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

11分:じゅういっぷん
12分:じゅうさんぷん
13分:じゅうさんぷん
14分:じゅうよんぷん
15分:じゅうごふん
16分:じゅうろっぷん
17分:じゅうななふん
18分:じゅうはちふんorじゅうはっぷん
19分:じゅうきゅうふん

Q10分→じっぷん

十や10は「じゅう」と読みますが、10分、20匹、30個などの発音は、「じっぷん」「にじっぴき」「さんじっこ」と十の部分を「じゅっ」ではなく「じっ」と発音するのが標準語であると聞いたことがあり、実際にNHKを始めとするアナウンサーはこのように発音しています。

自分の子供に言葉を教えることがあるのですが、どう考えても「じっぷん」「にじっぴき」・・・というのは発音しづらく感じます。実際、自分の周りの人で「じっぷん」・・・と発音している人は皆無です。

私は関西出身の首都圏在住者で、周りは不特定の地方出身者が多いのですが、東京出身の方も「じっぷん」・・・とは言っている人に出会ったことがありません。

なぜ多くの人(統計データがあるわけではないですが、多分多くの人)が発音している「じゅっぷん」ではなく、発音しづらい「じっぷん」が標準語として定められているのでしょうか?

Aベストアンサー

「十」の漢字音は呉音「ジフ」、漢音「シフ」でした。
呉音の場合を簡略化して示すと/zip/でした。
これが/ziФ/ → /ziw/ → /ziu/ → /zyu:/になり、/ju:/になったのです。
しかし、カ行、タ行、ハ行およびサ行の前では一番初めの/zip/の変化した/jip/の/p/が促音(詰まる音。便宜上「っ」と書くが/tu/とは無関係) になって生き残っているのです。
「十分」は/jip-pun/ → /ji’pun/ですから「じっぷん」になるのです。
 * ここで「’」と書いたのは一拍休み、無音と思ってください。
 十戒=じっかい (ji’kai)
 十手=じって (ji’te)
 十本=じっぽん (Ji’pon)
 十銭=じっせん (jissen) ←これだけは一拍休みではなく/s/が長く発音されます。

「執着」は「しゅうちゃく」ですが「執行」は「しゅっこう」ではなく「しっこう」ですね。 (もとの字音が「シフ」だから)

「建立」は「こんりゅう」ですが、「立体」は「りゅったい」ではなく「りったい」ですね。 (もとの字音が「リフ」だから)

「合流」は「ごうりゅう」ですが、「合併」は「ごっぺい」ではなく「がっぺい」ですね。 (もとの字音が「ガフ」だから)

「雑巾」は「ぞうきん」ですが、「雑誌」は「ぞっし」ではなく「ざっし」ですね。 (もとの字音が「ザフ」だから)

このように、もとの字音が「―フ」のものは、カ行、タ行、ハ行およびサ行の前で「フ」を促音「ッ」に変えた音になるわけです。

字音仮名遣いが廃止されたため、分かりにくくなったことは否めません。

「十」の漢字音は呉音「ジフ」、漢音「シフ」でした。
呉音の場合を簡略化して示すと/zip/でした。
これが/ziФ/ → /ziw/ → /ziu/ → /zyu:/になり、/ju:/になったのです。
しかし、カ行、タ行、ハ行およびサ行の前では一番初めの/zip/の変化した/jip/の/p/が促音(詰まる音。便宜上「っ」と書くが/tu/とは無関係) になって生き残っているのです。
「十分」は/jip-pun/ → /ji’pun/ですから「じっぷん」になるのです。
 * ここで「’」と書いたのは一拍休み、無音と思ってください。
 十戒=じっかい (ji’kai...続きを読む

Qじゅっぷん、それとも じっぷん?

私の主人が日本語を習っていて、いろいろと日本語について、ともに勉強する毎日です。なんと、人に教えようとすると、私の日本語もかなり怪しい?

彼の教科書によると、十時十分は、じゅうじじゅっぷんでもよいし、じゅうじじっぷんでもよい,とかいてあるのですが。わたしはいつも、じゅっぷんだと思っていたんですけれど、まちがいですか?

Aベストアンサー

どちらでも、かまわないというのが正解です。
正しくは、『じっぷん』です。

http://www2.justnet.ne.jp/~assoonas/UC7.HTML

参考URL:http://www2.justnet.ne.jp/~assoonas/UC7.HTML

Q「10点」は、「じゅってん」とは読まないのですか?

漢字の「十」の読み方についての質問です。

例えば「十時十分」は、「じゅうじ・じっぷん」と読むのが正しいようですが(NHKのアナウンサーはそう発音しています)、「じゅうじ・じゅっぷん」ではいけないのでしょうか? それとも、この「じゅっぷん」という言い方は、方言でしょうか? 因みに、私は北関東の人間です。こちらでは、みんな「じゅっぷん」と言っていますが・・・。

他にも、「10点」「20本」「30個」、また「十指に余る」とか「モーセの十戒」「十干十二支」「十返舎一九」などなど。時代物の単語の読みは、「じゅっ」ではなくて「じっ」だという説もありますが、どうなのでしょうか?

私は理系の人間で、国語は素人なので、その辺どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

NHK発行のアナウンス教本には、「じってん」「にじっぽん」などと発音するように書かれているそうです。
国語教育審議会でも、同じ考えなんだとか。
下のサイトでも以前、話題になってました。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200312/2003122000040.htm#0013

Q10分と書いてなんと読みますか?

私の子供(小学一年)が学校の国語で10分を「じゅっぷん」と読んだら「じっぷんですよ」と注意されたそうなんです。30分も「さんじっぷんです」といわれたそうです。「さんじゅっぷん」ではダメなのでしょうか?もしダメだとすれば10個と書いて「じっこ」でしょうか?「じっこ」っておかしくないですか?私は子供のころから「じゅっぷん、さんじゅっぷん、じゅっこ」と言ってきました。私が間違って覚えていたのでしょうか?確かにおばあちゃんは「じっぷん、さんじっぷん」と言っていますが。誰か国語に詳しい方教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ネットで調べると諸説色々ありますが、僕がTV関係の仕事をている時は、アナウンサーやナレーターは「じっぷん」と読む人多かったですね。
僕が指摘すると、「アナウンサー研修ではじっぷんと読むと教わりました。」と涼しい顔で言われました。

まぁ、NHKのアナウンサーもそう読むらしいし、学校でもそう指導するという話はチラッと聞きましたが、普通の会話の中では、ほとんど「じゅっぷん」って言ってますよね。
みんな言うんだから、デファクトスタンダードでいいじゃないですか、と個人的には思うなぁ。

Qアナウンスで「20日」をなんて読むか

7月20日をアナウンスでは、なんて読み上げるのですか? しちがつはつか? しちがつにじゅうにち? ですか? しゃべり言葉ではない正しい言い方を教えて下さい。

Aベストアンサー

「にじゅうにち」なんて言う人います?

Q「毎」の読み方

「一時間毎に」という言葉を「いちじかんまいに」と読むと間違いなのでしょうか。

私自身は「ごと」「まい」どちらで読んでも問題ないと思っていたのですが、「まい」は間違いだと指摘されて「あれ、そうなんだっけ?」となってしまいました。

30歳を越えて人に確認するのも恥ずかしいので、ここでお聞きしようと思います。

Aベストアンサー

「ごと」が正解です。「まい」は指摘どおり間違いです。

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=06682100&p=%CB%E8&dtype=0&stype=0&dname=0na&pagenum=1

Q何時間 何分 何秒を記号で表すには?

゜’”であらわすのが正解?かと思うのですが。
いちいち分や秒を漢字で書くのが大変なので記号で書くことにしようと思うのですがこれで正しいですか
何時間=「゜」
何分 =「’」
何秒 =「”」です。

Aベストアンサー

「’」、「”」は、時間の単位で使う記号と似ているけれど、違う記号です。

放送局や映像の編集をするポストプロダクション等では、次の記号を使っています。
角度の単位も分・秒を使うので同じ記号です。
時=「°」
分=「′」
秒=「″」

例えば、22°04′00″のように書きます。
:(コロン)で区切って22:04:00とすることも多いです。

映像機器の時刻表示(タイムコード)はコロンで区切るのが一般的になっています。
22:04:00:29
最後の2桁はフレームです。フレームは映画等におけるコマ数に相当する言葉です。
日本の一般テレビ放送は1秒間に30フレーム(0~29)の映像で成り立っています。

英語(Hour,Minute,Second,Flame)の頭文字で表す場合もあります。
22h04m00s29f

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む


人気Q&Aランキング