ある人にお金(240万)を貸しましたがなかなかきちんと返済してくれません。借用書は最初にその人の名前だけで交わしましたが、不安なのでもう一度借用書を新たに作りその人の父親に保証人になってもらおうと思いますが、念のため保証人の家を担保につけることになりましたが、借用書は通常の物だけでいいのでしょうか?それとも他に何か別紙のものを作った方がいいのでしょうか?又、保証人が死亡した場合、どうなるのでしょうか?あと借用書の収入印紙はいくらのものが必要ですか?書式が他にも法律上必要なのでしょうか?※その人が何度も返済を遅らす為に、信用ができません。良いアドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

公正証書にすることをオススメしますよ。

強制執行認諾約款(にんだくやっかん)付の金銭消費貸借契約にすると、「債務名義」として裁判所の確定判決同様の効果がありますので、そのまま強制執行が出来ます。公証人は、元検事や元判事等の経験豊富な法律家ですから、安心して作成をお願いできます。また、公正証書原本は確か100年間の保存が義務付けられていますので、その意味でも万全です。

240万円の金銭消費貸借契約の作成費用は11,000円です(双方で折半負担)。最寄の公証役場は参考URLでお調べください。色々と相談にのってもらえると思いますよ。公正証書を巻いて欲しい、というと借り手も腹をくくるでしょうね(^^)。因みに、公証役場の一番のお客さんは、プロである金融業者です。

参考URL:http://www.koshonin.gr.jp/frame/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくご回答いただきまして恐縮です。
参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 01:47

先ほどの質問にも答えましたが。



まず、保証には、普通の「保証人」と「連帯保証人」と有りますが、「連帯保証人」とすることをお勧めします。
この違いは、下記をご覧ください。
http://www.hyogo-iic.ne.jp/~bengoshi/kurashi/980 …

書類は、借用書ではなく、「金銭消費貸借契約書」を作成して、担保になる不動産を明記して、借り主と連帯保証人の署名と実印の押印が必要です。
収入印紙は2000円です。
他に必要な書類は、借り主と連帯保証人の委任状・印鑑証明・住民票・担保物件の権利書と登記簿謄本が必要になります。
そして、登記所に抵当権の設定登記をして、始めて担保としての効力が発生します。

この手続きは、間違えると担保価値がなくなってしまい、始めての人が自分でやるのは危険ですから、司法書士に依頼された方が良いでしょう。
司法書士は、電話帳で探すか、登記所の近くに事務所を開いていますから判ります。
なお、銀行に知っている人が居たら、銀行で使っている司法書士を紹介してもらうのもよい方法です。

また、このような場合、司法書士の報酬と登記費用は、通常は借り主が負担することになっています。
概算で2-3万円くらいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびすみません。適切なアドバイスをありがとうございます。誠にありがとうございました。とても役にたちそうです。

お礼日時:2001/09/01 23:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借用書と返済計画書?

100万私が借りて?無くなってしまったのですが、
借りた時に損したときのことを何も決めてませんでした。
しかし、相手は承諾の上ででした。
以下は、一般的に、よくある対策なのでしょうか?
----------
1月初め頃に一度会わないか?といわれる。この時、損していることは言っていなかった。


送信日時: 2009年1月14日 23:20:55
2、3ヵ月で確実に返してもらえるなら問題ないんだけど、そういうあてがないなら転勤がないとしても3月にはお金が尽きるので、会社に申請して住宅財形を解約してもらわないといけないんで、いつならいくら返せるみたいに具体的に分かる?というか本当に100万も返せるの?すげぇ不安なんだけど…。どうしようもないなら親に相談するしかないかと思うんだが…。

→すぐは無理と返信 2009年1月15日 0:16:09

9分後

送信日時: 2009年1月15日 0:25:00
どちらにしろ1回会って話をして借用書と返済計画書を作りましょう。普通のリア友に話して立ち会いしてくれることになったから3人で待ち合わせしてかな。

9分の間に、メールして、知り合いに電話して相談というのはできるのでしょうかね??
返済計画書とか、借用書って、一般的に使われるものなのでしょうか?
親が電話取って、しばらくしたら、「闇金か?」とか言われましたが、
そうではないとは思っていました。
でも、何か「計画的」なものを感じたりはします・・。考えすぎ?
利子がつかないのなら、計画性0と思いますが、利子は話した上でなのですか?
彼は普段から、何か詳しい感じはあったので、ただ単にこうなっただけとは思います。

それにしても、相手は貸したのに、儲かったらもらえて、
損しても、100万全額保障というのは、相手にとって美味しすぎる話には思えます。
毎月1万とかで、利子なしとか、可能なのでしょうか?
何か、とんでもないことになってしまったように思える・・・。
しかし、相手が思った以上に怒らないのが不気味だ。
相手にとっては大した金額ではないのかもしれない??
私はやはり、全額100万返さないと不味いでしょうか?

100万私が借りて?無くなってしまったのですが、
借りた時に損したときのことを何も決めてませんでした。
しかし、相手は承諾の上ででした。
以下は、一般的に、よくある対策なのでしょうか?
----------
1月初め頃に一度会わないか?といわれる。この時、損していることは言っていなかった。


送信日時: 2009年1月14日 23:20:55
2、3ヵ月で確実に返してもらえるなら問題ないんだけど、そういうあてがないなら転勤がないとしても3月にはお金が尽きるので、会社に申請して住宅財形を解約してもらわない...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
>契約時に、2人じゃなくて3人である必要はあるんですか?

契約する際に第三者は必要ありません。
あなたが女性で二人きりでは嫌だ、という場合なら考えられるけど普通は必要ありません。

お金を持っている大人は、それを利用して巧みに自分の利益になるように、お金に困っている人達を誘導します。
そういう人がいることは確かです。でもその策略にはまったらダメです。借りた物は返す。後腐れ無いようにきれいに返す。それがそういう人達と接点を作らない唯一の方法です。
一度に返すことが無理なら月々わずかでも返すようにしましょう。

なお、100万円を借りて返済に利息を付けてくれと相手が注文してきた場合に、利息制限法では100万円以上(100万円も入ります)は上限が年利15%と決められています。
損しないように頑張ってください。
なお、無利息や年利5%でも充分だと客観的には思いますが・・

Q保証人が返済完了後、借主にその返済額が請求できるって本当ですか?

2人の保証人になっていました。
1人は自己破産したので、保証人として返済した分は、回収できないと
聞いてます。
2人目は、自己破産はしていなので、保証人として返済した分が請求できる
と聞いてます。(借主は、昨年末に定年退職しています)

本当でしょうか?

Aベストアンサー

NO.8さんの言ってる事は、連帯債務者間に関する442条です。
連帯債務者が複数人居ると言う事は、法人等・よほどでないとありません。

根本的に連帯債務者が被った損害全てを債務者に請求は出来ない、連帯債務者同士の持分による差額だけを連帯債務者間に求償権があるだけです。

連帯債務者が実際につかつた額に応じて、返済義務は債務者にはありませんっと言う事です。質問の1人目も2人目も債務者ですから、ここでは連帯債務者間の話では無し。他の連帯債務者が居る場合は別の話です

>質問者様が連帯保証人であれば上記の通りで間違いはありません。
ただし、連帯債務者の場合は、請求する事が出来ません。

質問の1人目・2人目も債務者ですから、連帯保証人なら債務者に請求できるが、連帯債務者の場合は請求は出来ないっと言う事です。
保証人と債務者を同じと考える人が多く、債務者であるのに保証人と言う人も結構居るんですね、確認の為にも書かせて頂いたのです。
ですが、他の回答ではあたかも連帯債務者が債務者に請求できるような事を書いてるので、反論したまでです。

NO.8さんの言ってる事は、連帯債務者間に関する442条です。
連帯債務者が複数人居ると言う事は、法人等・よほどでないとありません。

根本的に連帯債務者が被った損害全てを債務者に請求は出来ない、連帯債務者同士の持分による差額だけを連帯債務者間に求償権があるだけです。

連帯債務者が実際につかつた額に応じて、返済義務は債務者にはありませんっと言う事です。質問の1人目も2人目も債務者ですから、ここでは連帯債務者間の話では無し。他の連帯債務者が居る場合は別の話です

>質問者様が連帯...続きを読む

Q借用書なしでかした人に残りの返済について契約書を作りたいのですが

夫の兄に昨年亡くなった夫の母の葬儀代を100万、嫁の私の実家からお金を貸しました
香典代などで20万返済が終わり、残りの80万は兄が個人タクシーをしているので、その売上で
出せる分と年金で入る分を支払いにあてると、夫、私と話し合いがつきました
昨年2回で4万程返済されましたが、先日夫がなくなりました。
夫が生きている間にも契約書を作るように言いましたが、少しづつでも返すと言っているから
そこまでしなくでもと話がうやむやのままになりました
兄も最近体を壊しているようで、このままではもしものことがあった場合お金が返らないことが
あると困るので、借用書という名目が正しいのかはわかりませんが、契約して万が一兄が返せない場合
奥さんやその子供が返済をする書式を作りたいので、教えてください
なかなか会えないのですが、明後日葬儀で会うのでその場ではっきりと書式を出したいと思います

Aベストアンサー

残金の確認、返済期限、返済方法を決めなければならないのですが、仮に決まって文書化しても、お兄さんが亡くなって、相続放棄されてしまうとまったく返済されないことになりますよ。

個人タクシーの売上げと年金からの返済としていたものが、年2回で4万円程度ではそれほど資産はないのでは、と思います。

その借金は相続の対象となりますが、それを上回る資産がなければ、普通は相続放棄ですね。

と言って、お兄さんが身体を壊している状態では仕事もできないでしょうから、具体的な返済計画もままならないでしょう。

お兄さんが存命中は、お兄さんとの契約になりますからね。

それなりの資産がある、というのなら別ですが、そうでなければ全額返済は期待できないと思いますよ。

Q借用書のない借金の保証人

 はじめまして。法律に詳しい方にご教授いただきたいことがあります。
 30年ほど前、私の父は兄(私からすると叔父になります)の借金(700万円)の連帯保証人になりました。叔父は自営業で事業資金が必要なためだったそうです。兄弟なので借用書もありません。
 その後叔父の会社は倒産に夜逃げしました。保証人となっていた父は連帯保証人となっていたため返済しました。
 叔父は30年ほど行方不明でしたが最近所在がわかり従業員15人のプロダクション会社の社長をしていることがわかりました。それなりの収入はあるはずと思っています。私の父は一度本人に電話しましたが借金は返済する気はないようです。
 裁判などを起こすと費用も大変ですし、穏便に返済してもらえればよいのですが、なにかよい方法がありますでしょうか。
 私の父は4月に定年退職し63歳まで年金も受給できません。父の母(兄の母でもありますが)は老人介護施設に入所しており費用負担が大変で生活に困っています。借金を返済してもらうよい方法がありますでしょうか。

Aベストアンサー

確かに30年前の出来事だとしたら時効にかかっています。
ですが請求権(求償権等)の時効は単に請求権(求償権)を取得した時からではなく、
請求権(求償権)の使用に対するありとあらゆる障害がなくなった時から時効が経過するという考え方があり、
この考え方で行きますと叔父さんの行方がわかった時点から請求可能となり、時効にはかかっていないという考え方もできます。
もちろんこれは判例等からの解釈によるものなので、全てこの考え方が適用されるわけではありません。
こういう考え方もあるということだけ述べておきます。
この考え方に加えて、
叔父さんが連帯保障債務の存在を何らかの形で認めれば請求できる余地はかなりあると思います。

ただこれらは確実に訴訟問題となりますので穏便に返済してもらうことは難しいのではないでしょうか。

Q借用書に書かれる連帯保証債務の口語訳?

借用書に連帯保証契約を入れるのですが、文章が硬いためやわらかくしたいのですがどなたかやわらかくしてください。

「連帯保証人Aは、本件借用証書に基づき、債務者Bが債権者Cに対し負担する一切の債務について債務者Bと連帯してこれを保証し、債権者Cに対してその弁済の責めを負う。」

難しく書くことは簡単なのですが、これをやわらかくソフトにするのが非常に難しいです。内容は変わらないようにでもソフトにできませんか?


またそのほかに簡略化したい用語があります。
債務の履行→
強制執行→法的手続きに変えてみました


あまり馬鹿っぽくならずでも簡単な言葉ってありませんか?

Aベストアンサー

>「連帯保証人Aは、本件借用証書に基づき、債務者Bが債権者Cに対し負担する一切の債務について債務者Bと連帯してこれを保証し、債権者Cに対してその弁済の責めを負う。」


→BはCからお金を借りました。この借用証書がその証拠です。もしBがCにお金を返せなくなった時は、AはBを助けて(Bの代わりに)Cにお金を返すこととします。


>「またそのほかに簡略化したい用語があります」

債務の履行→借りたお金を返すこと。

強制執行→(法的手続きに変えてみました)
 どうしてもBがCにお金を返してくれないので、CがBの給料などから支払ってもらうこと。法律上、Cのそういった権利は認められている。場合によっては、Bの土地や家を裁判所に頼んで売ってもらい、その代金で貸したお金を返してもらえる。


 
 →ちょっと、かみ砕き過ぎた感じですがいかがでしょうか?
 正式な契約書は、やはり定められた法律用語をお使いになった方がよろしいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報