血のつながり、って言葉がありますよね。要は遺伝的なつながりのことです。
何故、遺伝を「血」で表現するのでしょうか。

例えば、昔の人は「心臓」という言葉通り精神は心臓にあると考えたようですが、おそらくそれはビックリすると鼓動が速くなるとか精神的な活動が心臓にダイレクトにあらわれたからでしょう。
遺伝のことを「血」で表現するのも同様に何かの現象から連想が働いたのではないかと、思うのですがどうでしょうか。
また、英語でもBLOOD(=血)という語で同じように遺伝的な関係を表すようですが、こういう発想は世界的に広く存在しているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

流動性が高いので、「受け継い」だり、「分け」たりする


イメージにピッタリだったからではないでしょうか?

また、世界的か?という点に付いては、
中国語の「血」(xue)にも、血統という意味があるようなので、漢字文化圏にはあるでしょう。

また、ラテン語のsanguis にも、その意味があるので、ラテン文化圏にもあると思います。

ドイツ語のBlutでもそうなので、ゲルマン文化圏にもあるのだと思います。

ただし、後者の二つは、キリスト教の影響を強く受けている地域なので、キリスト教にそういう発想があれば、それに影響された可能性があります。
(つまり、それ以前にさかのぼって調べないと、世界的な発想かどうかは分からない、ということ)

とはいえ、漢字文化圏、キリスト教文化圏(たぶん)である、ということは、人間がかなり普遍的に感じるイメージであることは確かだと言えると思います。
    • good
    • 0

おもしろい質問だったので、私も書込みさせていただきます。


子供ってどうやってできるの?と訊かれたら、「精子と卵子」
という発想は現代人ならば常識ですが、顕微鏡が発達した
時代の発生学でも精子の頭部の丸いところに小型人間が入って
いて、それが母体で大きくなるんだという説が大まじめで
語られていたこともあるくらい神秘だったんですね。

そんな時代も現代も妊娠には変わらない現象があります。
それはつまり、妊娠すると生理が止まることです。
現代でこそ、受精しなかった場合の老廃物を捨てる現象と
理解されていますが、当時はあの血こそ妊娠に必要なもの
という認識がありました。つまり、子供の身体作りのための
材料が血であるということです。だから、女性の子宮は常に
一定の血液で満たされていて、子種が入ると(魂でも精子でも)
そこから子供が出来てくるという発想になったと考えられます。

まあ、実際の医学で言えば、でたらめもいいとこで、
母親の血液と胎児の血液は絶対に混ざらないんですからね。
昔、ドラマで血液型が同じというだけで本当の親を発見なんて
ことがありましたが、親子で血液型が違う方が多いんです。

ちなみに血そのものが魂だという意見がありましたので、
私もそれに関して追加すると、昔の戦の戦死の原因は戦闘に
関して言えば、出血多量でショック死がほとんどでした。
そんなとき、死にかけのものを生き返らせる方法として
なんと輸血を提案した人がいました。すごい天才です。
実際に王の前でも成功したから、これで戦力倍増の勢いだったんですが
発想はよくても現代医学を知らない悲しさか、足を早くするには
ウマの血を輸血すればいいとか言い出して、結局は魔術使いの烙印を
おされて、この方法は葬り去られました。
日本軍だって、人の血が足らないときに豚や犬の血で代用できないか
本気で考えていたらしいですから、血液のことが分ったのは
ほんとに最近の話しなんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様、回答ありがとうございます。

本来ならば、それぞれの方にお礼をさしあげるべきですが、noribou11さんの場所をお借りして皆様へのお礼をさせていただきます。ご容赦下さい。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/07 08:05

肉体が分かれて、子どもが生まれてきます。


でも「肉体のつながり」とか「体がつながっている」というと物理的な話になってしまうので、「血=霊液つながり」という方がいいと直感的に思ったんじゃないでしょうか。「血」は、「赤」というショッキングな色ですし、「液体」というのは流動的で「霊魂」につながるものがありますし、先の方がおっしゃっているように「肉体に不可欠なもの」ですから。

それが「遺伝」であるとかどうとかいうのは、医学が発達して後で判明したことであって、当時は遺伝を「血」と言ったのではない、と思います。
    • good
    • 0

#3への補足です。



調べてみたところ、ギリシャのソフォクレス(495?-406 B.C)の作品の中に、血(αιμα)を血統の意味で用いた
ο προσ αιματοσ (one of the blood or race)
という表現があるようです。(Greek-English Lexicon, Oxford)

また、アイルランドの伝説では、クーフーリンが
デボルギラの傷口を吸っているうちに血を飲みこんで
しまったので、彼女と結婚できなかった、という
血を親族関係(のタブー)の象徴として使った
表現があるそうです。(「イメージ・シンボル事典」大修館)

これらのことから、キリスト教の影響を受ける前の西欧においても、
血を血統の象徴として捉えていたようです。
    • good
    • 0

 誕生の瞬間が大きく影響していると思います。

赤ん坊は、まさしく母親の胎内から母の血とともに生まれてきます。古代日本では、同母の兄妹・姉弟の結婚は、たとえ父親が異なろうとも認められませんでした。しかし、異母ならば父親が同じであっても許されました。古代社会に母系社会が多いのもこのことによると思われます。
 血と乳がともに「ち」であることは、やはり、母親(女)のつながりに大きな意味があったのでしょう。
    • good
    • 0

質問の中にすでに回答があるようですが、少し補足します。



顕微鏡を知らない古代の人間が血液の何たるかを知る由もなく、血液は心臓(肉体的にも精神的にも最も大切な器官)から流れ出る、その人自身の一部と見なされたのでしょう(事実その通りですが)。それを象徴するのが体の一部を切って血を交える、或いは飲む義兄弟の契りであり、血判の習慣であり、またキリスト教のワイン(キリストの血)パン(キリストの肉体)だと思います。

血の繋がり、血が濃いか薄いかは動物にとっても原始人にとっても重要なことでした。近親結婚を避けるため動物は(人間も)色々な習慣を生み出しています。法律で規制が出来ない動物は、例えば、雄が生殖能力をもつと群れから追い出され放浪の末、他のグループに受け入れてもらいます。

血について昔の人がどのように考えていたかは格言や成句にも現れています。

*血は水よりも濃い
*血が通う
*血で血を洗う(同胞同士が合い争う、他)
*血と成り肉となる
*血をすする(心から固く誓うこと)
*血を引く
*血を分けた
    • good
    • 0

 昔の人はたしか、血液を魂の一部だとか、そんなふうに考えていたんじゃなかったかと思います。


 たとえば、事故で出血多量になることはイコール、魂が抜ける、なわけです。

 昔誰かからか話をきいた話なんですが、この話が正確かどうか忘れてしまいました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおりものに血が混じってます。

生理は一週間ほど前に終わっています。

おりものが茶色く、大げさに言うと血の塊?みたいなものが混じっています。

生理が終わって3日くらい立ってからおりものが変になりました。

生理かな?と思ったんですが、月の終わりころに来るので違うかなと・・・

色々調べてみたら、子宮がんは血混じりのおりものが出るそうなので怖いです。

やっぱり病院に行くべきなんでしょうか・・・?

Aベストアンサー

おりものに変化、異常を感じられたら即病院へ行ってください。


女性は気づきにくい場合があります。
なので手遅れになる前に即発見、治療が先決です。

Q独創的な発想力を身につけるには

僕はいつも型にはまった答えしか出せません。
独創的な発想力や思考力を身につけるにはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

ジャンルにとらわれず、あらゆることに学術的興味を持ち、楽しく勉強することだと思います。独創的なことを「新しいアイディア」と考えた場合、古いことを勉強する以外に新しいことを発見する方法は無いと私は信じています。
「温故知新」
http://www.d2.dion.ne.jp/~nob_o/kotowaza/a_onkotishin.html
http://www.eonet.ne.jp/~equal/document/onko.htm
http://contest2004.thinkquest.jp/tqj2004/70237/a/onkochisin.html
疑問に思ったことは人に聞くなり自分で勉強するなり、とにかく自分なりの答えを見つけることが大切だと思います。なぜだろう?どうしてかな?と子供に戻ったつもりで考えてみてはいかがでしょうか。有能な師はどんな質問に対してでもそれなりのレベルの答えを出すことができますし、無能な師は怒ります。良い先生を見つけることも大切だと思います。
さし当たって、
新聞を疑ってみる。(所詮人が書いたもの)
ニュースを疑ってみる。(所詮人が作ったもの)
辞書を疑ってみる(やはり所詮人が書いたもの)
師を疑ってみる(先生も人の子)
そして自分を疑ってみる。
きっと面白いことが発見できると思います。

ジャンルにとらわれず、あらゆることに学術的興味を持ち、楽しく勉強することだと思います。独創的なことを「新しいアイディア」と考えた場合、古いことを勉強する以外に新しいことを発見する方法は無いと私は信じています。
「温故知新」
http://www.d2.dion.ne.jp/~nob_o/kotowaza/a_onkotishin.html
http://www.eonet.ne.jp/~equal/document/onko.htm
http://contest2004.thinkquest.jp/tqj2004/70237/a/onkochisin.html
疑問に思ったことは人に聞くなり自分で勉強するなり、とにかく自分なりの答えを見つ...続きを読む

Qおりものに血が混じる・・・

おとといからおりものに少量の血がまじるようになりました。最初、おりもののかたまりに血が付いたものが出て、それから続いています。
今日病院へ行きましたが、子宮がん検診をしただけで薬などもありませんでした。

去年出産をし、生理も再開して2週間前位前に終わったばかりです。生理周期も40日位と長めです。
そのおりものが出る3日前にエッチもしました。

原因としては何が考えられるのでしょうか?
心配です・・・

Aベストアンサー

こんどまた、病院に行きますよね(がん検診の結果を聞くために)。もしがん検診の結果に異常があれば電話しますという形だとしたら、多くの検査結果は1週間ほどで病院に伝わりますから、1~2週間して電話がなければ、癌については異常なしとなるでしょう。

ただ、確認したいこととしてまず、セックスで出来た傷が原因の出血なのか、内膜症などの中の粘膜の炎症があるかどうか。
がん検診をしたという事ですから、当然内診をしましたよね。その時に医師は、傷や内膜症の兆候がないかを診ていると思います。その可能性がなさそうだから、念のためがん検診をしておこうという感じになったのではないかと思います。

出血はとても大切な症状ですので、これからもしっかりと把握されると良いと思います。気になれば、今回のように確認することが何よりですよ。
今回はまず、がん検診の結果を待ちましょう。女性の身体は、些細な影響で(例えば育児のストレスなどでも)変動することもあります。原因が見当たらなかったけど、確かに出血はしていたね、なんだったんだろうね?というケースも少なくありません。考えられる原因を消去法で消しても、原因がつかめないことも少なくないのです。ただ、ご本人がどう納得するか、ココのほうが重要です。癌以外で考えられる膣の傷や内膜症の兆候の可能性はないかとか、具体的にこちらから確認(質問)することで医師の話を引き出すことになります~上手に受診するコツと言えるでしょうか。

また、第二子の妊娠を望むかどうかによっても、次に病院に行くときの話が変わります。望むのであれば、基礎体温をつけたほうが良いかとか、なにか支障が考えられるかとか、同じ受診料を払うのですから少しでも有意義な診察を受けて欲しいです。

ごく微量におりものに血が混じるというだけでは、慌てて何かの病気を疑わなければならないという感じは少ないかと思います。ただ、続くとか、目だって気になるというのであれば、確認のために受診することは必要です。お子さんがいると、なかなか自分のために病院に行くというのは大変だしお金もかかりますが、ママが元気でいないと家族って回らないんですよね。

まずは検査結果を待つのと、受診の際には気になることをしっかり確認すること。そしてこれから「どうなったら病院に行ったら良いか」と具体的な目安を聞いてみること。それが出来れば、有意義な診察となると思いますよ。

こんどまた、病院に行きますよね(がん検診の結果を聞くために)。もしがん検診の結果に異常があれば電話しますという形だとしたら、多くの検査結果は1週間ほどで病院に伝わりますから、1~2週間して電話がなければ、癌については異常なしとなるでしょう。

ただ、確認したいこととしてまず、セックスで出来た傷が原因の出血なのか、内膜症などの中の粘膜の炎症があるかどうか。
がん検診をしたという事ですから、当然内診をしましたよね。その時に医師は、傷や内膜症の兆候がないかを診ていると思います。...続きを読む

Q空間のつながりを持たせる中間的な空間について

公的な空間と私的な空間につながりが生まれるときにはそのどちらにも分類できないような中間的な空間が存在すると思うのですが、そのような空間が生まれるような事例にはどのようなものがあるのでしょうか。
ひとつの例として祭りが挙げられるとは思うのですが、そこで思考が止まってしまいました。ヒント等なにかあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

近隣住民とのコミュニケーション(共生?)の場にそれは在るというお考えでしょうか?
地域の自治会の会合とか?
必要に応じて現れる固定されていない空間?

私も他の方の良回答見てみたいです。

Qおりものに血が混じったようなのが続いてなかなか生理が始まらないのですが

おりものに血が混じったようなのが続いてなかなか生理が始まらないのですが、
これってよくあることでしょうか?

生理は規則的にくるほうです。
以前から、たまにですが生理1日目はおりものに血が混じったような感じ(ネバネバしたような)で、ほとんど出血がなく、2日目から普通に生理がくることがありました。
そうかと思えば、1日目から普通に生理がくることもあります。

しかし、今月の生理予定日にまたおりものに血のような感じだったのです、
明日から普通になるパターンだなと思っていると、4日経っても同じ状態が続いて
生理がなかなか始まりません。

数日も続くのは初めてで少し不安になっています。
どういった原因が考えられるのでしょうか?

Aベストアンサー

似たような質問に回答したばかりなのですが。

性交渉はされていないということですよね。

生理の始まりに、おりものに血が混じったような感じ。
今回はそのままが4日経っても本来の生理状態にならないってこと。

下腹辺りに違和感はないか? 
痒みや傷み、熱はないですよね?
異臭をは放つこともないでしょう?(自分の独特の匂いは別)

専門家ではないので、安易なことは書いてはいけないので
あくまでも参考程度に。

私もそういう感じが続いたことがありました。若い頃何回か。
逆に生理は終わったのに、茶色っぽいおりものが長く続いたりも。
おそらくですが経験から、ホルモンバランスの関係だと思うのですが。

もしくはまだ初潮を迎えて数年くらいしか経ってなかったりすると
多量の生理にならずに、そのまま終わってしまうこともままあります。
(私は結婚後、子供を産んでからもありましたが;;;;;)

とりあえずは‘早め’に婦人科で診てもらっておくことをお勧めします。
出来れば、今の状態のままの方がよいですよ。
そのままおさまってしまったり、本来の生理状態になってからだと
医師も確実な判断が下せないと思うので。

お若い方のようですので、婦人科に行くこと自体、まして‘内診’は
お嫌でしょう。
女医先生が診てくれる婦人科だと恥ずかしくなく診察受けられます。

特に問題なしかもしれないし(私はそうでした)ホルモンのバランスを
整えたりの必要があったら投薬くらいのものだと、推測ですが。

今は医師もスタッフ全員若い女性ばかりでキレイなレディスクリニックが
増えてます。 気軽に行けるようになっておくと何かの時に便利ですよ♪

私の娘は生理が止まらず、茶褐色のおりもの?が1ヵ月丸々続いたのが
高3の頃です。
内診は絶対にヤダ! と大泣きだったのでいかにも病院ではない、女医さんの
クリニックを探して行かせました。
20代半ばになっても、度々ホルモンバランス崩すことがありますが
自分で行きつけ(笑)になったクリニックにサクサク行ってます。
ついでに(?)子宮癌検診やその他も診てもらえるので安心だそうです。

たぶん、ほとんど、病気ではないと思われますが今後のためにも
ちゃんと医師に診てもらって下さい、ね。

似たような質問に回答したばかりなのですが。

性交渉はされていないということですよね。

生理の始まりに、おりものに血が混じったような感じ。
今回はそのままが4日経っても本来の生理状態にならないってこと。

下腹辺りに違和感はないか? 
痒みや傷み、熱はないですよね?
異臭をは放つこともないでしょう?(自分の独特の匂いは別)

専門家ではないので、安易なことは書いてはいけないので
あくまでも参考程度に。

私もそういう感じが続いたことがありました。若い頃何回か。
逆に生理は終わったのに、...続きを読む

Q遺伝的アルゴリズムの「最終世代」の英訳

遺伝的アルゴリズムの「最終世代」の英訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

遺伝的アルゴリズムのサイトを見てみましたが、

last generation

だと思います。

Q昨日、内診でグリグリされました。その日の夜におりものシートに茶色い血がついていて、トイレットペーパー

昨日、内診でグリグリされました。その日の夜におりものシートに茶色い血がついていて、トイレットペーパーで拭いてみたらピンクの血の塊がティッシュについてました。今も出血してますが塊は昨日の1回だけで、茶色い血がおりものシートに少しつく程度です。これは内診出血なのかおしるしなのかわかる方いますか?おしるしの場合はずっと血の塊が出るのでしょうか?あとグリグリされてから膣がずっと痛みます。子宮口が開いてきてるのでしょうか?

Aベストアンサー

コメント失礼します。

内診の影響だと思います
私も長男妊娠中の時、子宮口が少し開いてるから
わざと刺激を与えて陣痛を促しますねと説明されて
すごく痛くされました( ̄▽ ̄;)

その直後から出血していて、妊娠後期に出る
ドロッとしたおりものに血が混じって出てきてました。

内診したあとはじんわりとした痛みが続いていて
その日の夜中に痛みが増して翌日の午前中には
産まれました(^^)

多分お産が近いのだと思いますよ!
皆がみんな同じようになるとは限らないですが…

でももしサラサラとした血が出続けるのであれば
病院に電話して聞いた方がいいかもしれません
私も助産師さんにそう言われているので。

私も三人目の予定日が近くてそわそわしてます
色々心配してしまいますけどお互い頑張りましょう。

Q排他的論理和のみを用いて回路を表現

排他的論理和回路(X-OR)のみを用いて、他の回路(AND、OR、NOTなど)を表現するという問題を解いています。
ブール代数からの変換等を用いてX-ORの形になるように色々と変換していますが、変換の通りだけでも種類がたくさんあるので、どうもうまくいきません。
類似問題として、NAND回路、NOR回路への変換は、教科書に記載されており、否定要素もあったのですぐにNOTから変換でき、AND、ORへつなげることができました。
せめてNOTの変換だけでもわかれば、AND、ORもすぐに理解できそうなのですが、X-ORのみの構成では、入力が0のときに1が出力される組み合わせが思いつきません。

ヒント、アドバイス等ありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

たとえば、AとBが入力だった場合、使っていいのはその二つだけなのでしょうか?

「常に1」や、「常に0」は入力に許されているのでしょうか?
もし許されてるなら、
(not) A = A (x-or) 1
で書けそうです

Q下腹部の違和感とおりものに血が混ざる原因は?

ここ二週間ずっと下腹部の違和感があります。
仰向けになると少し痛みにかわるかな程度の
苦しくない感じです。
また、今日はおりものに血が混ざっていました。
おりものといってもほとんど水のような感じのおりもので
サラサラしています。
今月の始め(元旦)から一週間おりものにも血が混ざり、
そのまま生理に突入しました。そのときのおりものは
水のようなサラサラではなかった気がします。いつも生理不順で
周期とかよくわからないのですが先月12月は20日くらいに
生理がきました。
つまり、20日から一週間生理で、元旦から一週間
おりものに血が混ざり、そのまま生理がきて、
ここ二週間下腹部に違和感があり、今日またおりものに血が
混ざっていました。
下腹部を押すと少し痛みがありポコポコと
音がなるのでガスかなとか思ったのですが
やはりホルモンの乱れや運動不足が考えられるでしょうか?
この違和感と仰向けになったときの重いような軽いような
岩が乗った感じ‥
ガスのせいでしょうか‥?
最近大きなストレスとなるような原因は心あたりあります。
ホルモンの崩れとガスのせいでしょうか?
ちなみに女で、来月二十歳になります。性交は経験ありません。
何が考えられるか原因はなにか‥
回答待っています。

ここ二週間ずっと下腹部の違和感があります。
仰向けになると少し痛みにかわるかな程度の
苦しくない感じです。
また、今日はおりものに血が混ざっていました。
おりものといってもほとんど水のような感じのおりもので
サラサラしています。
今月の始め(元旦)から一週間おりものにも血が混ざり、
そのまま生理に突入しました。そのときのおりものは
水のようなサラサラではなかった気がします。いつも生理不順で
周期とかよくわからないのですが先月12月は20日くらいに
生理がきました。
つまり、20日から一週間生...続きを読む

Aベストアンサー

まず病院に行く事を進めます。私も何度か不正出血を経験してますが、やはり病院へ行かない事には何も分かりません。婦人科への診察は足が重くなりますが先生に診て頂くと安心しますよ。
まず何故出血しているのかも診察すると分かります女性の身体はデリケートで婦人科の診察では不正出血の患者さんが一番多いと私も言われました、下腹部の違和感も超音波で卵巣含め診てもらえるので すぐ分かりますよ。
病院に行って安心しましょう。

Q「でき得べくんば」という表現の文法的説明

「でき得る」「出来得る」というのは可能の助動詞を2つ重ねているので
かねてから誤用ではないかと思っていました(頭痛が痛い,机上の上に,の類)。
さらに3つ重ねたようにみえる「でき得べくんば」にいたっては
もはや「ひっくりかえって」しまいます。

ところが・・・

某東大教授の本を読んでいたらこの表現があり,
敬愛する隆慶一郎の本の中にもこの表現があり,
さらに
昭和初期の文献を見ていたらやはり「でき得べくんば」
がありました。
こうなると,もはや「誤用」とは言ってられません。

「でき得べくんば」は文法的にどう説明されるのでしょうか?

Aベストアンサー

誤用です。言葉が正確かどうかは3つの観点で検証しなければいけません。
1.文法上の問題はないか
2.意味上の問題はないか
3.慣用的に問題はないか
です。

質問文に「可能の助動詞を2つ重ねている」とありましたが、可能の助動詞を2つではありません。
「でき+得る」は「できる」と「得る」が重なったものでどちらとも動詞です。
「出来(でき)得る」の場合、1の文法上の問題、これはクリアします。
2の意味上の問題、ここに引っかかってしまいます。
「出来(でき)る」も「(動詞+)得る」も同じ意味になるからです。
3の慣用的な問題、この判断の仕方は極めて微妙で細かく説明するとかなり長くなるので省略しますが、この場合、慣用的にも「出来(でき)得る」は認められていません。

さて、「でき得べくんば」に関してですが、これは「できうべくんば」の間違いではないでしょうか? 「できうべくんば」は「できうべければ」の変化型で、「べし」という助動詞のことを知っておかなければなりません。助動詞「べし」はもともと「うべ」を形容詞化した「うべし」を母胎としてできたのだろうという説が有力です。つまりこの「でき(出来)うべくんば」は「でき(出来)+得る+べくんば」ではなく「でき(出来)る+うべくんば」と見るべきなのです。
現在、「うべし」という言葉は使われていませんが、昭和初期の文献でどういう意味で使われていたかは前後を見ないと分かりません。というのも「べし」には実にたくさんの意味があるからです。
「推量」「予定」「可能」「当然」「命令」「適当」「義務」とあり、この分類の仕方も明確に決まっているものではありません。
もし、「できうべくんば」ではなくて「でき得べくんば」と書かれていたのなら、誤記か、それとも当時そのように字を充てていたかのどちらかではないかと思います。
つまり、「できうべくんば」は「でき(出来)」という部分だけが可能であって、あとは可能ではないのです。
因みに「べし」はもともと「うべし」を母胎としてできたのではないか、ということもあり、「べし」という助動詞はウ段接続です。つまり「べし」の上には必ずウ段の文字がくるということです。
最後に、東大の教授であろうが作家であろうが、誤記をしてしまうことはたくさんあります。
言語学者でも間違いがないとは言い切れません。
辞書にも間違いがある場合もあります。
という説明でよろしいでしょうか?

参考URL:http://www.kit.hi-ho.ne.jp/jimmie/sentence/

誤用です。言葉が正確かどうかは3つの観点で検証しなければいけません。
1.文法上の問題はないか
2.意味上の問題はないか
3.慣用的に問題はないか
です。

質問文に「可能の助動詞を2つ重ねている」とありましたが、可能の助動詞を2つではありません。
「でき+得る」は「できる」と「得る」が重なったものでどちらとも動詞です。
「出来(でき)得る」の場合、1の文法上の問題、これはクリアします。
2の意味上の問題、ここに引っかかってしまいます。
「出来(でき)る」も「(動詞+)得る」も同じ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報