【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

エクセルできれいな渦巻きを作る方法はないでしょうか??キテレツ大百科のべんぞうさんのめがねみたいなのが、いいのですが・・・無理でしょうか??わかる方がいましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1さんの「アルキメデスの螺旋」では、思ったものは見つかりませんでしたね。

「螺旋 VBA」と、インターネット検索してみて、ヒットした以下にあったものを、加工してみました。

http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200311 …

なお、細かな設定については割愛しますが、<標準モジュール>に設定しておけば間違いないはずです。


Sub Archimedean_Spiral()
 Const Pi = 3.1415
 Const X = 200 '螺旋の位置 X
 Const Y = 200 '螺旋の位置 Y
 Const R = 15 '15が最低値 巻きの大きさに関係
 Const IncNum = 0.1 '巻きの大きさに関係
 Dim Spiral As Shape
 Dim Ratio As Single
 Dim i As Long
 With ActiveSheet.Shapes
  With .BuildFreeform(msoEditingAuto, X, Y + R)
   Ratio = 1
   For i = 30 To 360 * 5 Step 30
    .AddNodes msoSegmentCurve, msoEditingAuto, _
      X + Sin(i * Pi / 180) * R * Ratio, _
      Y + Cos(i * Pi / 180) * R * Ratio
    Ratio = Ratio + IncNum
   Next
   Set Spiral = .ConvertToShape
     With Spiral
        .Line.Weight = 2#  '2以下にすると消えることがある。
        .Line.ForeColor.RGB = RGB(255, 0, 0) '色は赤
     End With
  End With
 End With
End Sub
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。私にはちょっと難しかったみたいです。できませんでした・・・。

お礼日時:2005/04/30 11:36

ちょっと面倒な方法ですが・・・



まず下準備として、セルの幅・高さを全て20ピクセルくらいに揃えます。(グラフ用紙みたいに)
(以後、この1マス(1目盛り)を1として説明します)
[図形の調整]-[位置合わせ]を「グリッド」にします。

[オートシェイプ]の[基本図形]の左下のほうにある「円弧」で
半径1の四分の一円弧を描き、黄色のハンドルを伸ばして半円弧にします。

その半円弧をコピー&ペースト([Ctrl]を押しながらドラッグ)して
同じものを作り[図形の調整]-[回転/反転]の「上下反転」してから、
半径2になるように拡大します。

上記を繰り返せば、渦巻きができますので、最後にグループ化して、
([位置合わせ]の「グリッド」を外し)お好みの大きさにしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。面倒で途中で挫折いたしました。どうもありがとうございました

お礼日時:2005/04/30 11:37

マクロでだったらできますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。マクロってよくわかりませんでした。

お礼日時:2005/04/30 11:38

「アルキメデスの螺旋」というキーワードを言ってみる…。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/19 18:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオートシェイプでうずまきを描くには?

パワーポイントなどのオートシェイプで、うずまきを描く方法を教えてください。
かなり雑であってもかまいません。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ExcelでA列連番、B列角度、C列-X、D列-Y
C2セル =$A2*COS($B2/180*PI())
D2セル =$A2*SIN($B2/180*PI())
下へオートフィル

C,D列のみ範囲選択してグラフウィザード
データポイントを平滑線でつないだマーカーなしの散布図
 グラフタイトル、軸、目盛線、凡例を消す
プロットエリアの背景をクリア

グラフをコピーしてPowerPointに貼り付け
参考まで

Qエクセルで渦巻きが描きたい

表題のとおりですが教えてgoo内を検索していました所ほぼ同じような内容を見つけました。目標としては七つの層になっているシートをぐるぐると丸めていった時の図形を描きたいので、回答にもあったアルキメデスの螺旋(r=aθ)のaの値を1から7としてやればいいのかな?と考えているのですが、θをエクセル上でどのように表現したらよいのかがわかりません。ご指導ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この

・r = aθ 

は、極座標系なので、これを Excel で扱えるようにするには直交座標系に変換する必要があります。
すなわち、

 ・x = r cosθ
 ・y = r sinθ

の関係になります。

Qばねの図を描きたい。

ばねの図を描きたい。

http://www.mech.cst.nihon-u.ac.jp/studies/okano/studies/phys/butsuri6.1.html
このHPのようなばねの図を描きたいのですが、何のソフトを使えばよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Officeソフトのオートシェイプでも作図できますよ。

作成例:添付図(Excel2003)
オートシェイプの基本図形から円弧を描く。
選ぶと両端に黄色いマーカが現れるので,ドラッグして開きの角度を調整する
上下の高さなども適当に調整する
Ctrl+Dで複製して上手い具合にくっつけて配置する(Ctrl+矢印キーで位置の微調整)
グループ化する
上下にぐいっと縮めたり伸ばしたりしてみる。

Qらせん スパイラル を書きたい。

ワードで,らせん 螺旋 スパイラルを書きたいのです。
どうやったら,いいでしょうか。

Aベストアンサー

あまりいい方法ではありませんが...。
等幅フォントでご覧ください。

(1)”曲線”で楕円の4分の1のような曲線を描きます。端点が横軸、縦軸に接するようにしてください。

            ━━┓←曲線だと思ってください。
              ┃

(2)(1)を複製して上下反転させ、(1)にくっつけてグループ化をします。
            ━━┓
              ┃
              ┃
            ━━┛

(3)(2)を複製して左右反転させます。

     ┏━━    ━━┓
     ┃        ┃
     ┃        ┃
     ┗━━    ━━┛

(4) 上図の左側を縦方向に縮めます。

     ┏━━    ━━┓
     ┃        ┃
     ┗━━      ┃
            ━━┛

(5) くっつけ、グループ化します。

         ┏━━━━┓
         ┃    ┃
         ┗━━  ┃
            ━━┛

(6) (5)を複製し、くっつけます。


         ┏━━━━┓
         ┣━━  ┃
         ┗━━━━┫
            ━━┛

(7) (6)を繰り返します。

         ┏━━━━┓
         ┣━━━━┫
         ┣━━━━┫
         ┣━━━━┫
         ┣━━━━┫
         ┗━━━━┫
            ━━┛

(8)上の方はグループ解除などをして、不必要な部分を削除します。

            ━━┓
         ┏━━━━┫
         ┣━━━━┫
         ┣━━━━┫
         ┣━━━━┫
         ┗━━━━┫
            ━━┛

手がこんでます(笑)。頑張ってください。

あまりいい方法ではありませんが...。
等幅フォントでご覧ください。

(1)”曲線”で楕円の4分の1のような曲線を描きます。端点が横軸、縦軸に接するようにしてください。

            ━━┓←曲線だと思ってください。
              ┃

(2)(1)を複製して上下反転させ、(1)にくっつけてグループ化をします。
            ━━┓
              ┃
              ┃
            ━━┛

(3)(2)を複製し...続きを読む

Q等角螺旋(らせん)の3次元的な数式表現

等角螺旋(らせん)の数式表現について教えてください

ひょんなことから等角螺旋形状のモデリングらしきことをすることになったのですが、
これの3次元的な表現方法がよくわかりません。
例えば、牛や羊の角は3次元の等角螺旋構造ではないかと思うのですが、
これを球座標表現、ひいてはxy座標で表現する場合、どのような数式であらわせるのでしょうか?

2次元平面内での表現は 極座標だと
 r = exp(θ)
このとき、螺旋上の点(x,y)は
x = r*cosθ
 y = r*sinθ

とあらわせると思うのですが、
これを3次元空間内で表現する方法がよくわかりません

ご教授いただければ幸いです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

「螺旋」には、大別して2種類あります。2次元平面曲線の渦巻き模様であるspiralと、3次元空間曲線であってねじ山のようなhelixです。等角螺旋はspiralの方。描きたいと仰っているのはどうもhelixの方ですから、話が食い違っています。よく「等角らせんは、オウム貝やかたつむり などの殻,ヤギの角などの形」と説明されるのは、モノを2次元図形と見たときの大雑把な話ですから、そのまんま真に受けちゃいけません。

 spirialが等角であるということを2次元極座標(r,θ)で書けば、
dr/dθ= aθ
つまり、仰る通り
r(θ) = exp(aθ)
です。(aは巻きの強さを変える係数です。)
 これを、例えばタニシやでんでん虫やツノの形に立体化するにはどうするか。
 まずは、円筒座標(r,θ,z)を考えると便利そうです。(3次元の極座標じゃだめです。)z軸の方向が螺旋の「軸」になるわけですね。直交座標(x,y,z)に直すにはもちろん、
x = r cosθ
y = r sinθ
とすれば良い。
 さて、θを決めて断面を考える(つまりz軸を含む平面でタニシを切る)と、タニシの「身」が入ってる部分の断面がいっぱい現れますが、どれも相似形をしているでしょう。すると、タニシの「身」が入ってる部分の断面のr方向の寸法は、helixを一周したときのrの増分
r(θ+2π) - r(θ)
に比例すると考えられます。ということは、helixは一周する間に,
タニシの「身」が入ってる部分の断面のz方向の寸法のぶんだけz軸方向にずれていなくてはいけません。ですから、
z = b r(θ)
にしとけば大丈夫です。てことはz = b rですから、このhelixは円錐面の上に存在することがわかります。また、このhelixは、r,zを共に同じ倍率で大きくしたとき、元のhelixと同じである(自己相似)という性質を持っています。

 もちろん、これだけではタニシの「身」が入ってる部分の「中心線」になっているhelixを描いただけですから、この周りにカラを作ってやらなくちゃいけません。
 ここまでのr, zはhelix上の点の座標の意味でしたが、ここからはカラの表面上の点、という意味で使います。

 θ=0におけるカラの断面形状(z軸を通る平面で切った形状)を媒介変数tを使って表した平面曲線
r=f(t)
z=g(t)
で与えたとします。(例えば円形にするならf(t)= A cos t + 1, g(t)=A sin t + b、ここにAは半径。1とbが出て来たのは、helix上の点(1,0,b)を中心とする円にしたからです。)そうすると、角度θにおける断面形状のサイズはexp(aθ)に比例しているわけだから、媒介変数tとθを使って、
r(θ,t)= f(t)exp(aθ)
z(θ,t) = b g(t)exp(aθ)
と表せます。
 カラの断面の大きさを小さくすれば角のようになるし、大きくすればタニシになる。b=0ならアンモン貝の形です。aを小さくするとぐるぐる巻きに、大きくすると鳥の爪のように、と言う風に、いろんな形が作れますね。

「螺旋」には、大別して2種類あります。2次元平面曲線の渦巻き模様であるspiralと、3次元空間曲線であってねじ山のようなhelixです。等角螺旋はspiralの方。描きたいと仰っているのはどうもhelixの方ですから、話が食い違っています。よく「等角らせんは、オウム貝やかたつむり などの殻,ヤギの角などの形」と説明されるのは、モノを2次元図形と見たときの大雑把な話ですから、そのまんま真に受けちゃいけません。

 spirialが等角であるということを2次元極座標(r,θ)で書けば、
dr/dθ= aθ
つまり、仰...続きを読む

Qガウシアン関数へのフィッティングについて

現在、ガウシアン関数y=a+b*exp(-(x-c)^2/d^2)に下記のようなデータを使用しフィッティングを行いたいのですが、
手法やパラメータa,b,c,dの求め方がわかりません。
どなたか教えていただけませんか。
よろしくお願いいたします。
(x,y)={
48.8006092
48.8056105
48.8105942
48.8156000
48.8206021
48.8256127
48.8306131
48.8356169
48.8406146
48.8456077
48.8506141
48.8556236
48.8606115
48.8656179
48.8706296
48.8756176
48.8806272
48.8856294
.....}

Aベストアンサー

Excelしか使えないのであれば、ソルバーを使って、以下の手順で「残差2乗和」を最小とするパラメータ a, b, c, d を探すと良いでしょう。ただし、パラメータの初期値があまりかけ離れていると変な値に収束するか解が見つかりません。a, b, c は元のデータのグラフから見当をつけられると思います( a はベースライン高さ、b はピーク高さ、 c はピーク位置x)。d は直感では見当をつけられないので、(ピークの半値全幅)/1.67 で計算してそれを初期値としてください。

【ソルバーを使った最小自乗法】
(1) Excelのメニューの [ツール] → [アドイン] で [ソルバーアドイン] の左側の□をチェックして OK
(2) A列に x データ、B列に y データを書き込む( x は A1 から、y は B1 から下方向に書き込む)
(3) D1からD4にフィッティングパラメータの初期値を書き込む(a → D1、b → D2、c → D3、d → D4)
(4) セル C1 に以下の式を貼り付ける(これをCopy&Paste)
   =($D$1+$D$2*EXP(-1*(A1-$D$3)^2/($D$4)^2)-B1)^2
(5) セルC1をコピーして、C2以下の全データ分のC列にペースト(これでC列=「残差2乗」となる)
(6) セルD5 に =sum(C1:C??)と書く(??はC列最後の行番号)
(7) Excelのメニューの [ツール] → [ソルバー] で [目的セル」を $D$5、[目標値] を 最小、[変化させるセル]を $D$1:$D$4 とする。この意味は、「セルD1~D4に書かれている数値を変化させて、 D5セルを最小となるようにする」ということです。
(8) ソルバーウィンドウのオプションボタンをクリック → 制限時間を 1000、反復回数を 1000、精度・公差・収束をすべて 1e-10 とし、OKをクリック
(9) ソルバーウィンドウの実行ボタンをクリック
(10) フィッティングパラメータが見つかったら、「最適解が見つかりました・・」と出るので、OKをクリック
(11) ExcelのセルD1~D4にフィッティングパラメータが書き込まれている

なお、精度・公差・収束の値をあまり小さくすると収束しないので、もしデータのばらつきが大きくて収束しないときは、これらの値を適宜、大きくしていってみてください。ご質問のデータはGaussianのほんの1部でしたのでこちらで実験することはできませんでした。ちなみに私は通常、カレイダグラフというグラフソフトで任意関数のフィッティングをやっています。

Excelしか使えないのであれば、ソルバーを使って、以下の手順で「残差2乗和」を最小とするパラメータ a, b, c, d を探すと良いでしょう。ただし、パラメータの初期値があまりかけ離れていると変な値に収束するか解が見つかりません。a, b, c は元のデータのグラフから見当をつけられると思います( a はベースライン高さ、b はピーク高さ、 c はピーク位置x)。d は直感では見当をつけられないので、(ピークの半値全幅)/1.67 で計算してそれを初期値としてください。

【ソルバーを使った最小自乗法】
(1...続きを読む

Qワード文書を書いています。渦巻きの矢印を。

ワード文書を書いています。
図を描いていて、図の中に先が矢印のうずまきの線をいれたいのですが、どうすればできるでしょうか。

Aベストアンサー

「うずまき」にも色々ありますが、例えば下図のようなものなら、
図形描画ツールバーの、図形の調整→グリッドで、
・描画オブジェクトをグリッド線に合わせるにチェック。
・グリッド線の間隔を設定する。
・グリッド線を表示するにチェックと間隔を指定。
オートシェイプ→基本図形→円弧で、
・90度の円弧を描く。
・黄色の菱形部をドラッグして180度の円弧(半円)にする。
・図をコピー/貼り付けして増やす。
・逆向きの半円は、図を1つ選択して図形の調整→回転/反転で。
・コピーした図が繋がるように配置し、サイズを変更。
・線の太さ、色、矢印は、図を右クリック→オートシェイプの書式設定で。
円弧を半円にするか、楕円上にするかで、見た目が多少違ってくる。
 

QExcelでGaussian fittingをしたいのですが、どうすれば良いですか?

A1・・・A1001にx軸の値が
B1・・・B1001にy軸の値が入っているとします。
このデータをグラフ化したのちに、ガウシアン関数y=a+b*exp(-(x-c)^2/d^2)に対してフィッティングを行い、それぞれの定数を算出及び、その算出されたグラフを上に乗せるということをしたいのですが、
Excel VBAを使ってどのようにすれば良いのでしょうか?

また、ピークが1本ではなく2本ある場合Multipeak Gaussian fittingというものでそれぞれのピークに対してフィッティングすることもできるそうなのですが、できればその方法についても教えて頂けないでしょうか?

自分でひな形くらい作って質問したいところですが、全くどうやって作れば良いのか検討もつかないのでどなたかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは、

http://nuclear.phys.tohoku.ac.jp/~ykoba/latex2html/gaussian-fitting/

これのことですか???

これのことなら、二次の最小二乗法を理解していれば
でるようですが、

これの事とは、違うのですか。
若干ガウシアンの式の形が違うようですが。


マルチは、ちょっと解りません。

Qパワースペクトルとは?

パワースペクトルについて説明してくださいと先生に言われました。
全くわからない人に説明するので端的にわかりやすく説明したいのですが誰かできる人はいませんか?ちなみにぼくも詳しいことは全然わかりません。
本などを見ても式があったりしてそれをまた理解することが出来ません。
なんかイメージがわくような方法はないですかね?

Aベストアンサー

スペクトルとは、独立な成分それぞれについての強さをグラフにしたものです。
光の場合、光の種類を色で分類する事ができます。光といっても、その中に青はどれくらい、オレンジはどれくらいとそれぞれの色に応じて強さがあります。
光をそれぞれに分ける方法は、たとえばプリズムがあって、光をプリズムに通すといろいろな色にわかれてみえます。

ニュートンはプリズムを使った実験で有名です。一つ目のプリズムで光を分光し、赤と青の光を残して他の光を遮り、赤と青を二つ目のプリズムやレンズで一つにまとめました。その後でもう一度プリズムを通すと、いったんまとめたのにやはり赤と青しかでてこないのです。これから光の色の独立性(赤や青は、混ざらないものとして独立に扱って良い、ということ)がわかります。

このように色にはそれぞれを別々に扱ってもよいので、色ごとに物事を考えると分かりやすくなります。この色ごとについての強度を「光のスペクトル」、といいます。
強度はふつう「時間当たりに光りが運ぶエネルギー」(パワー)で表すので、この時は「パワースペクトル」です。

こんなふうに物事を自然な「成分(光の時は色)」にわけて考えた物がスペクトルです。詳しくは座標とフーリエ成分の関係について(フーリエ変換について)勉強するといいと思います(電磁場の実空間の振動とフーリエ空間上での振動の対応として)。

スペクトルとは、独立な成分それぞれについての強さをグラフにしたものです。
光の場合、光の種類を色で分類する事ができます。光といっても、その中に青はどれくらい、オレンジはどれくらいとそれぞれの色に応じて強さがあります。
光をそれぞれに分ける方法は、たとえばプリズムがあって、光をプリズムに通すといろいろな色にわかれてみえます。

ニュートンはプリズムを使った実験で有名です。一つ目のプリズムで光を分光し、赤と青の光を残して他の光を遮り、赤と青を二つ目のプリズムやレンズで一つにま...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング