マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんにちは。
最近ロードレーサーを購入しました。
タイヤはチューブラーです。
実は予備知識0の状態で購入したため、ママチャリ用の空気入れでは空気が入れられない事を知りませんでした。
新規に購入を考えていますが、何用を購入すれば良いですか?
オークションで購入希望なので詳しく教えていただけると嬉しいでうす。

A 回答 (4件)

ロードレーサーでチューブラータイヤの場合、大抵はフレンチバルブ(仏式)と呼ばれるタイプです。



新しい空気入れを買うのも宜しいですが、一般用の自転車用の空気入れでフレンチバルブへ空気を入れられるアダプターが有りますので、これを買うのも一考かと思います。数百円程度で売っています。

細身のタイヤは空気圧の管理をしっかりと行って下さい。特に低すぎる場合はすぐにパンクしてしまいます。

参考URL:http://store.yahoo.co.jp/switch/2112.html
    • good
    • 0

こちら↓でインフレーターの部分を見ると


空気入れのことが書いてあります。

http://www.neostreet.co.jp/bicycle/life/word.htm

↓は写真付きです。

http://www.riteway-jp.com/mainte/mainte01.htm
    • good
    • 0

バルブ(空気を入れるところ)の種類にも3種類あります。

英式バルブ(ウッズバルブ、イングリッシュバルブとも呼ばれる)、仏式バルブ(フレンチバルブ、プレスタとも呼ばれる)、米式バルブ(シュレーダーバルブ、アメリカンバルブとも呼ばれる)です。英式バルブは一般車からスポーツ車まで幅広く使われており、日本国内では自転車バルブのほとんどがこれです。虫ゴムがダメになりやすいという欠点もありますが(虫ゴムを使用しないバルブ口もあります・250円)、入手しやすいためいちばんよく使われます。米式バルブは車やバイクのバルブと同じ形状をしています。ガソリンスタンドが多いところ(例えば日本とか)では、ガソリンスタンドで空気を入れてもらえるという利点があります。MTBとBMXによく使われます。MTBのチューブレスタイヤもこのバルブです。ロードレーサーにはフレンチバルブが使われます(MTBにも使われています)。
    • good
    • 0

フランス式?が多いかな?



ロードレーサーを購入したショップ
に聞けばいろいろ教えてくれると思
いますよ。

ショップはレーシングチームを持っ
てるところもあるので、レースに参
加するなどしてみてもいいですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチューブラータイヤの空気がすぐ抜ける。

友人に競輪用トラックレーサーを譲ってもらったのですが、チューブラータイヤの空気を入れても2~3日で空気が抜けてしまいます。クリンチャーでは通勤レベルで毎日乗っても1週間は平気だったと思うのですが、今までチューブラーのタイヤを扱ったことはないので、比較要素がありません。そこで質問です。

1、チューブラータイヤの空気は1週間も持たずに抜けてしまうものなのでしょうか?
(構造上クリンチャーより抜けやすいなど。)

2、それとも、このタイヤにどこか異常があるのでしょうか?
(虫ゴムが劣化?など。その場合普通の自転車屋で交換してもらえますか?)

3、もし、考えられる異常があるとするとそれは修理可能でしょうか?

4、最後に、チューブラータイヤでウェブを見ていると、ロードレーサーとトラックレーサーのタイヤに使うセメントが違うなどの内容が書かれているのを見たのですが、ロードレーサーとトラックレーサーのチューブラータイヤは別物なのでしょうか?

ちなみに、SOYO GOLDというチューブラータイヤです。
トラックレーサー所有者の方、または自転車関連に詳しい方、お願いいたします。

友人に競輪用トラックレーサーを譲ってもらったのですが、チューブラータイヤの空気を入れても2~3日で空気が抜けてしまいます。クリンチャーでは通勤レベルで毎日乗っても1週間は平気だったと思うのですが、今までチューブラーのタイヤを扱ったことはないので、比較要素がありません。そこで質問です。

1、チューブラータイヤの空気は1週間も持たずに抜けてしまうものなのでしょうか?
(構造上クリンチャーより抜けやすいなど。)

2、それとも、このタイヤにどこか異常があるのでしょうか?
(虫ゴムが...続きを読む

Aベストアンサー

1.薄手のラテックスチューブのようなのでおそらくパンクではなくて、チューブの膜の微細な穴から自然に抜けているだけだと思います。
ロード用のチューブラーでもラテックスの薄いチューブの物でしたら乗るたびに空気圧のチェックと補給は普通の儀式です。

3.競輪用のタイヤの場合バルブが特殊です。フレンチと同じ外径のウッズです。
バルブコアは交換できたと思いますが、パーツを売っているかどうかは不明。タキザワだとか競輪用品を扱っている店で聞かないとわかりません。
4.ロード用のセメントで問題無いです。
 ロード用の方が熱による変化が少ないということらしい。(トラックレーサーはキャリパーブレーキが無いので)
それよりも古くて粘着力が落ちているようなら一度外して塗りかえた方が良いです。

2.トラックレース用のタイヤは整備状態の良い競技場内を主に短距離を走るタイヤだというのと、公道を走るには細い、薄い、などの理由で消耗も早いと思います。くたびれているようだったらあまりこだわらずにロードのタイヤに交換すれば良いと思います。
「ゴールドスター」ではないかと思いますが、メーカーのおことわりでは“一応”競技場内限定になっています。
http://item.rakuten.co.jp/soyo-tyre/tacktyre-005/

ロードレースタイヤはビットリア・オープンコルサEVOの23mmなどが定番と思います。
チューブラーのレース用タイヤはそれなりのお値段ですけれど、乗った時の気持ち良さは独特だと思います。ヌーボプロだとか特価品だとかを予備として持っておけば安心かと。

なお語句のことですが、“チューブレス”タイヤとは別物ですのでご承知と思いますが一応お気をつけください。

1.薄手のラテックスチューブのようなのでおそらくパンクではなくて、チューブの膜の微細な穴から自然に抜けているだけだと思います。
ロード用のチューブラーでもラテックスの薄いチューブの物でしたら乗るたびに空気圧のチェックと補給は普通の儀式です。

3.競輪用のタイヤの場合バルブが特殊です。フレンチと同じ外径のウッズです。
バルブコアは交換できたと思いますが、パーツを売っているかどうかは不明。タキザワだとか競輪用品を扱っている店で聞かないとわかりません。
4.ロード用のセメントで問題無いで...続きを読む

Qチューブラータイヤの規格サイズについて。

トラックレーサーの後輪のチューブラータイヤがパンクしてしまい、張り替えようと思っています。リムはARAYA GOLDで、パンクしてしまったタイヤはSOYO GOLD STAR 27× 1.1/3 とあるのですが、これは27×1.1/3という表記のタイヤ以外では駄目なのでしょうか?チューブラータイヤを探していると28"....や 700...をよく見かけますがどうなのでしょうか。またおすすめのタイヤなどありましたら、商品名も含めて、詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

たいして詳しくはないのですが…

それはおきて破りな表示ですね。
28×○○(28”○○)か 700×○○C という表示が正規、通称で「27インチチューブラー」とも言いますがどれも同じ規格です。
どうしてそうなったかというと 28×1 5/8 という“太いタイヤを着けて28インチになるホイール”を流用して細いタイヤを着けた結果外径が27インチに近くなったという経緯があるからです。
この28インチをミリに換算したのが700Cという事なのです。(1インチ=25mmとして端数は切り下げている)
28” のあとの数字は慣例としてmmで表示したタイヤの太さです。(分数の場合インチ=× 25.4mmのはずですが、計算に合わない場合が多い→要実測)
ウェブを見たところ27”と書いている店もありますが同じものです。

競技場ではなくて道を走るのなら耐久性に優れたロード用の方がいいのではないでしょうか。
太さはあまり太いのはフレームに干渉するかもしれないと思いますが。
ビットリアコルサEVO-CXとかコンチネンタルが定番でしょうか。
ロード練習用と称して廉価なもの(コンチ「GIRO」とかビットリア「ラリー」)もありますが、どうせ遊びならもうちょっといいのが使いたいと思います。
もちろんソーヨー、パナレーサーにもロード用はあります。
ヴェロフレックス、ゴミタリアは使った事はないけど見た感じ丁寧にできています。
TUFOもありますが、ちょっと変わっていて、私は好きになれません。
消耗品だし好みの分かれるところですから、いろいろ試して自分の判断を楽しむべきでしょう。

太さは19mmは少し神経を使います。23mmあれば溝にはまるなどあまり気にしなくても大丈夫。

たいして詳しくはないのですが…

それはおきて破りな表示ですね。
28×○○(28”○○)か 700×○○C という表示が正規、通称で「27インチチューブラー」とも言いますがどれも同じ規格です。
どうしてそうなったかというと 28×1 5/8 という“太いタイヤを着けて28インチになるホイール”を流用して細いタイヤを着けた結果外径が27インチに近くなったという経緯があるからです。
この28インチをミリに換算したのが700Cという事なのです。(1インチ=25mmとして端数は切り下げている)
28” のあとの数字は慣例としてmm...続きを読む


人気Q&Aランキング