マンガでよめる痔のこと・薬のこと

以前ip-vpnとインターネットvpnの違いを質問させていただいて、解決したのですが。

それらとイーサネットvpnの違いは何でしょうか??

インターネットvpnと同じでしょうか????

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは


簡単に説明すると、
【サービス網内】で
IP 以外のフレームが扱えるのが”広域イーサ”で、
IP に限定されるのが”IP-VPN”や”Internet VPN”です。

□プロトコルに依存しない
”広域イーサ”ではレイヤ2の通信が行われるので、
上位レイヤのIP はもちろん、AppleTalk やSNA、
FNA などの特殊プロトコルの通信が可能です。

もちろん、IP-VPN やInternet VPN でも、
L2TP などのレイヤ2 フレームで予めカプセリングしておけば、
IP 以外のプロトコル通信も利用可能です。

□使用機器の違い
”IP-VPN”や”Internet VPN”は、サービス網との接続には、
【ルータ】や【VPN 装置】などの”L3機器”が必要です。

一方”広域イーサ”では、レイヤ2通信が可能なので、
極端な話し、L2SW で接続する事も可能です。

□その他
接続のI/F は、基本的にUTP か光ケーブルになります。
契約速度が100Mbps を下回る物もありますが、
これは網側で帯域制限がかけられます。

最後に、参考になりそうなURL を紹介しておきます。
http://www.keyman.or.jp/search/b/b_30001049_1.html
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/tokusyuu/17ip …
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/vpn01/ …
http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/special/ton …

---------
前回の質問が放置されていますが、、、。
    • good
    • 0

分類で言うと、


IP-VPNはレイヤ3VPNの一つです。
Ethernet-VPNはレイヤ2VPNの一つです。
この切り口は、VPN上で提供されるサービスがOSI7層のどのレイヤか、という見方で分類しています。
IP-VPNはIPパケットを拠点間でやりとりするために、
Ethernet-VPNはEthernetフレームを拠点間でやりとりするために、それぞれ使われるわけです。

インターネットVPNという言葉を使う場合、
切り口が少し違います。
VPNの伝送路としてインターネットを使う場合に、
インターネットVPNと言うように思います。

ですから、インターネットVPNかつIP-VPNのこともあれば、
インターネットVPNかつイーサネットVPNのこともあります。

もちろんインターネットVPNでないIP-VPNもありますし、インターネットVPNでないイーサネットVPNもあります。

提供サービスに着目する場合と、伝送路に着目する場合がネーミングに混在しているので分かりにくいようですね。
    • good
    • 0

広域イーサネット、というのは、わかりやすく言えばIP-VPNの様な閉じたWAN環境を、イーサネットで構築するもの(サービス)です。



回線の接続にルータが不要になるのに加え、VLAN-taggingなど、WANであるにもかかわらずLANと同様の管理が出来ることが多いので、帯域が必要な場合には有効な選択肢です。

インターネットVPNのように、ユーザ側でパケットを暗号化したりはしません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QイーサネットケーブルとLANケーブルの違いは?

LANケーブルとイーサネットケーブルって、何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問にある両方の名称ともに俗称(?)である為、正確な解答は難しいですが、細い所を出来るだけ簡単に説明します。長文になりますがお許しを・・・
まず、No.4の方の回答にあるIEEEは米国電気電子技術者協会の略でその中でも802グループはLAN規格の制定を行っています。中でも802.3はイーサネット規格グループで100Baseや1000Baseもこのグループに入ります。例えば100Base-TXは802.3uや1000Base-SXは802.3zと言った物です。又当然802.3グループにはイーサネット以外もあり、(今では見る事の出来ない)トークンリングは802.5グループになります。
上記はLANの規格でしたが、これとは別にケーブルの規格があります。EIA(米国電子工業会)と言う規格が一般的です。中でもLAN用機材はTR41.8と言うグループが制定しており、イーサネットで一般的なツイストペアケーブルはEIA-568-B.2であり光ケーブルはEIA-568-B.3と言う規格です。

と、細かい事を書きましたが結論としては、イーサネットケーブルは複数あるLANケーブルの一種であり、イーサネットケーブルの中にも複数の種類があると言う理解で宜しいのではないかと思います。

歴史的な背景を考えるとNo.4さんの回答が概ね的を得ていると思いますが、現在ではイーサネットとIEEE802.3は同様のものとして考えるのが一般的です。又、シールド付のツイストペアは現在でも流通しています(家電小売店で販売はしていないでしょうが)し、IEEE802.3に入るはずです。両者の違いはインピーダンスだけの違いであって変換用のモジュラーを使う事で通常のHUB等でも利用できます。但しEIAでは違う規格かもしれません。

質問にある両方の名称ともに俗称(?)である為、正確な解答は難しいですが、細い所を出来るだけ簡単に説明します。長文になりますがお許しを・・・
まず、No.4の方の回答にあるIEEEは米国電気電子技術者協会の略でその中でも802グループはLAN規格の制定を行っています。中でも802.3はイーサネット規格グループで100Baseや1000Baseもこのグループに入ります。例えば100Base-TXは802.3uや1000Base-SXは802.3zと言った物です。又当然802.3グループにはイーサネット以外もあり、(今では見る事の出来ない)トークンリン...続きを読む

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む


人気Q&Aランキング