実は私の勤務する工場でこんなことがありました。

装置A(単体) → 三相・200V
装置B(複数) → 単相・100V

たまたま装置Aが漏電し、ブレーカーが落ちたのですが
同時に装置Bまで漏電遮断機が働き、停止してしまいま
した。分電盤は別々です。装置Bは数十台稼動している
のですが、停止したのはその内の1/3程度でした。
漏電が原因となるその装置のみならず、他の装置にも
影響を及ぼすことがあるとすれば、その原因と予防策
として考えられることは何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

工業高校程度の電気の知識がないとちょっとむつかしいのですが、それは「灯動兼用バンク」のときに起こり得る症状です。



変圧器の2次側が、三相のうちの1相は、単相100Vの2個直列と兼用になっているのです。単相は100Vが2組ですから合計 200Vとなり、これを「単相三線式」といいます。

この灯動兼用V結線は、三角形の1辺の中央が接地されています。電灯の 100V と100Vがとなり合わさったところです。

>たまたま装置Aが漏電し、ブレーカーが落ちた…

三相の3本線のうち、漏電したのが電灯と共用になっているどちらかの1線だったのです。もともと三角形の1辺の中央が接地されているところへ、頂点の一つが接地されたのです。
この間は 100Vを発生していたのですが、両端を接地されたことにより0Vになってしまいます。

>同時に装置Bまで漏電遮断機が働き、停止してしまい…

単相三線式電路の漏電ブレーカには、「中性線欠相保護機能」が付いており、両側の電圧が大きく異なると遮断されるようになっています。今回は片側がゼロになってしまい、他方は 100Vより高い電圧がかかることになったので、漏電ブレーカが働きました。

>停止したのはその内の1/3程度でした…

漏電ブレーカは電灯全体に入っているのではないのですか。
前述のように単相三線式は、100Vが2組ですから、ブレーカが主幹に入っていなければ、健全な側は 100Vが活き続けます。

>その原因と予防策として考えられることは…

原因は上記のとおりですが、有効な予防策は簡単には見つからないですね。運転中の漏電事故が起きないよう、日常の保守点検を念入りに行うことぐらいでしょうか。
工場の規模にもよりますが、電気の保安専門員をおくことを検討されたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答有難うございました。
高校の頃に習った、「Δ結線」とか「Y結線」を思い
出しました。
3相の内の1相が漏電を起こした装置と、他の装置と
で共用されていたために起こったのですね。
解決するには大元から全く別の配電とするしか手はな
さそうですね。ちょっと無理です。
今回の漏電はたまたま私の居る隣のラインで装置メー
カーが修理に来ていて起こったもので、まあ、偶発的
な要素が強いのですが・・
まったく迷惑な話でした。

お礼日時:2005/04/04 23:32

 地絡電流は事故点に向かって、事故点後方、前方からも流れます。

従って、付近の地絡継電器が働きます。これはケーブルの静電容量等関係しますので、これを防止するには方向地絡継電器を付ける必要があります。方向地絡継電器はたしかゼロ相電圧の要素もいったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
参考とさせていただきます。

お礼日時:2005/04/04 23:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【電気】3相3線(3Φ3W)200Vの電線の使用電圧は200Vで分かるのですがこれの対地電圧は何ボル

【電気】3相3線(3Φ3W)200Vの電線の使用電圧は200Vで分かるのですがこれの対地電圧は何ボルトか分からないので教えてください。

3相3線って全てを打ち消すので戻り電線がないので対地電圧は0Vってことですか?

1Φ3Wだと使用電圧200Vでも対地電圧は打ち消し合って100Vになるのはわかるんですけど3相3線200Vの対地電圧が幾らになるのか分からないので教えてください。

Aベストアンサー

対地電圧は、Y結線に於いて、中性線が接地されている場合に、各線と対地の間に生じます。
その電圧は、Y結線における相電圧になります。

1Φ3Wの場合、その中性線が接地されるので、線間200Vの半分が対地電圧になります。

Q物理の問題について質問です 問題 図のようにy軸上の点A(y座標はa[m]、ただし、a>0)と点B(

物理の問題について質問です


問題
図のようにy軸上の点A(y座標はa[m]、ただし、a>0)と点B(y座標は-a[m])の両方に、電気量がq[C](q>0)の点電荷を固定する。ここで、電位の基準は無限遠とし、クーロンの法則の比例定数をk[Nm^2/C^2],円回率をπとする。また、重力や空気抵抗は考えないものする。

(1)原点Oの電場の強さ[N/C]を求めなさい。

(2)x軸上の点C(x座標は2a[m])の電場の強さ[N/C]を求めなさい。

(3)原点Oの電位[V]を求めなさい。

(4)点Cの電位[V]を求めさない。

(5)原点OからA方向に距離y[m]の点に電気量Q[C](Q>0)を持った質量m[kg]の点電荷Dを静かに置いたところ、点電荷Dは原点Oを中心としてy軸上で単振動をした。単振動の周期[s]を求めなさい。ただし、距離yはa比べて充分小さく、次式の近似が成り立つものとする。

(1+y/a)^-2 〜=(1-2y/a), (1-y/a)^-2~=(1+2y/a)

解説よろしくお願いします
解答は持っていないので、答えを記載できません

物理の問題について質問です


問題
図のようにy軸上の点A(y座標はa[m]、ただし、a>0)と点B(y座標は-a[m])の両方に、電気量がq[C](q>0)の点電荷を固定する。ここで、電位の基準は無限遠とし、クーロンの法則の比例定数をk[Nm^2/C^2],円回率をπとする。また、重力や空気抵抗は考えないものする。

(1)原点Oの電場の強さ[N/C]を求めなさい。

(2)x軸上の点C(x座標は2a[m])の電場の強さ[N/C]を求めなさい。

(3)原点Oの電位[V]を求めなさい。

(4)点Cの電位[V]を求めさない。

(5)原点OからA方向に距離y[m]の点に電気...続きを読む

Aベストアンサー

(5)は単振動の問題ですね(^^)
単振動するとき、物体の受ける力は必ず
  F = ー kx  k :定数・・・クーロンの法則の比例定数じゃないよ
の形になるんでしたね。ここで、kをばね定数って思い込まないようにね(^^;)
それから、単振動の式を立てるときは、xは必ず正の位置にあると仮定して合力を考えるんでしたね。
そこで、yは y>0 と仮定して、A,Bの電荷から受ける力の式を書いてみます。
   A : kqQ/(a ー y)^2
   B :kqQ/(a + y)^2
ですね。Aから受ける力は負方向、Bから受ける力は正方向ですから、合力Fは
   F = kqQ/(a + y)^2 ー kqQ/(a ー y)^2
さぁ~、ここで、問題に与えられている近似式の登場です(^^v)
   1/(a + y)^2 = (a + y)^(-2) =a^(-2)・(1 + y/a)^(-2) = a^(-2)・(1 ー 2y/a)
ですね。同様にして
   1/(a ー y)^2 = a^(-2)・(1 + 2y/a)
注意してほしいことは、近似式を使うとき、必ず(・・・)^(-2) の・・・部分を 1±y/aの形にしなければならない事です。
この結果を使ってFを計算してみて下さい(^^)すると
   F= ー(定数)×y
の形になります・・・私の計算では (定数)= 4kqQ/(a^3) となりました。
あとは周期の計算ですね
単振動の周期Tは
  T=2π√(m/k)
でしたね。で、kは「絶対ばね定数だ!」って見ては駄目ですよ(・・;)
kはF= ー(定数)×y の(定数)の意味ですよね。
あとは、頑張って計算してみてね(^^v)

(5)は単振動の問題ですね(^^)
単振動するとき、物体の受ける力は必ず
  F = ー kx  k :定数・・・クーロンの法則の比例定数じゃないよ
の形になるんでしたね。ここで、kをばね定数って思い込まないようにね(^^;)
それから、単振動の式を立てるときは、xは必ず正の位置にあると仮定して合力を考えるんでしたね。
そこで、yは y>0 と仮定して、A,Bの電荷から受ける力の式を書いてみます。
   A : kqQ/(a ー y)^2
   B :kqQ/(a + y)^2
ですね。Aから受ける力は負方向、Bから受ける力は正方向ですから...続きを読む

Q送電線の対地電圧が分かりません

はじめまして。電気の勉強をしている者です。
Y結線と△結線での対地電圧で悩んでいます。
Y結線なら中性点対地電圧が0Vとすると各配線の対地電圧は相電圧に等しいと思いますが、△結線の場合が分かりません。
△結線の場合、相電圧は線間電圧に等しいはずですが、各配線の対地電圧はどうなるんでしょうか。 電気のテキストに『対地電圧は電源側のY結線、△結線などに関係なく同様に表せる』と書いていましたが、良く分かりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

各送電線と大地の間には静電容量が存在します。等価回路を描くと3つの静電容量はY結線となってその中性点が接地された形となります。
従って各線の対地電圧は線間電圧の1/√3となります。

Q速度Uの水の噴流が速度Vの大きな稼動平板に垂直に衝突する。

速度Uの水の噴流が速度Vの大きな稼動平板に垂直に衝突する。
板の受け取る仕事率Lが最大になるときの、速度比V/Uは?という問題で
答えが1/3になる理由がわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単位時間に板に衝突する水の量は、水と板の相対速度 u - v に比例し、単位質量の水が板に与える力積も同じ u - v に比例します。よって、水流が板に及ぼす力積は (u - v)^2 に比例します。いまの場合、仕事率 L = 力 × 速さ ですから、L は
p = (u - v)^2 v
に比例します。p の増減を調べると
dp/dv = - 2 (u - v) v + (u - v)^2
   = (u - v)(u - 3 v)
です。v <= u の範囲だけ考えればよいので、p は v = u / 3 で最大です。よって、求める v/u の値は 1/3 です。

Qスコットトランス2次側対地電圧について

1次側は3相3線200V、2次側は単相3線100V-200Vが2回線(U系統・V系統)のスコットトランス150KVAを使用しています。2回線共にB種接地は接続していません。対地電圧がU系統で R相3V、N相で103V、T相で208Vあり、V系統の対地電圧はR相100V、N相0V、T相100VでV系統の対地電圧は異常ありませんが、U系統の対地電圧は異常です。U系統で漏電しているのでしょうか?

Aベストアンサー

「B種接地」は電気設備技術基準(解釈第19-1表)で定められた、一次が高圧または特別高圧の変圧器の二次側を接地するものです。今回の変圧器は一次が200Vなので、これには該当しません。
貴方が毎回B種接地と書かれるので、既に2回指摘していますが、なぜかそれを完全に無視されていますので、ご質問にはお答え致しません。

Q2.5V_8mAの出力で24V_1A駆動する回路を教えて下さい

ある電子機器の出力(2.5V程度_8mA程度)で、別の出力機器(24V_200mA)の出力をする必要があります。出力は電磁コイルなので、余裕をみて24V_1A程度必要かと思います。
今の案は、PhotoMOSリレー+基板用リレーです。ただ、リレーを2個使用することになるので、あまり納得していません。
上記の入力と出力ですが、もっとシンプルにする方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

入出力の機器がどの様な条件で駆動する必要があるのか不明ですが、
>PhotoMOSリレー+基板用リレーです。ただ、リレーを2個使用することになるので・・・
PhotoMOSリレーの代わりに小信号トランジスタで+基板用リレーを
駆動すればよいのではないでしょうか?

基板用リレーがありますので、入出力のアイソレーションは得られますし、
基板用リレーを使う用途なら繰り返し動作周波数も高くなさそうですので・・・
ダーリントン・トランジスタなら1石で直接コレクタで駆動する方法もあります。
 

Q対地電圧について

こんにちは。
対地電圧について
電路と大地間の電位差と記載されております。

対地電圧150V以下の機器とは、150Vで使う機器が設置されていれば
その機器との対地電圧は150Vということになるのでしょうか?


以上 宜しくおねがいたします。

Aベストアンサー

>150Vで使う機器が設置されていれば…

150Vなんて電圧は商用電源にありません。

対地電圧が問題になるのは200V機器で、例えば単相 200Vのエアコンには仕様が対地電圧 150V 以下のものと150V超過のものとがあります。

対地電圧 150V 以下で線間電圧 200V とは、単相三線式電路をいい、主に住宅での使用を前提としたものです。

対地電圧 150V 超過で線間電圧 200V とは、三相三線式電路の 1相に接続しても良いもので、店舗や事務所等での使用を前提としたものです。
もちろん、三相三線式電路の 1相に接続しても良いというのはあくまでも理論上の話で、電力会社との契約種別によってはそのような接続ができないこともあります。

平たくいえば、住宅での使用は危険性を最小限にするため対地電圧を 150V以下に制限し、子供や年寄りが扱う可能性の低い店舗や事務所等では対地電圧 150V 超過を許容しているということです。

Q(1)三相3線式回路の抵抗値を求める問題で、線間電圧200V、線電流1

(1)三相3線式回路の抵抗値を求める問題で、線間電圧200V、線電流17.3Aの場合のRの抵抗値はいくらか?
また、(2)三相負荷で、8時間電力を使用した電力量が320kwhであった時、負荷の力率を80%として、電流計Aの読みはA?

解る方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

(1)Δ接続のときと、Y接続のときで、答えは同じだけど、計算が若干異なります。
線電流17.3Aは、10√3としたほうが計算が楽なので、そうします。

Δ接続の場合、
抵抗R=相電圧/相電流
   =(線間電圧/√3)/10√3
   =20Ω
Y接続の場合、
抵抗R=線間電圧/(線電流/√3)
  =200/(10√3/√3)
  =20Ω

(2)これは解けませんね。
電力量=電力×時間
電力=320kWh/8h
 =40kW
電力=√3電圧×電流×力率

電圧が分かりません。
(1)の抵抗でよければ、
電力=√3電流^2×抵抗×力率
電流^2=電力/(√3抵抗×力率)
   =40kW/(√3×20×0.8)
   ≒1443
電流=√1443
  ≒38A

Q【電気】対地電圧が150V以下で乾燥した場所なら漏電遮断器は不要ということは、一般住宅の一戸建て、一

【電気】対地電圧が150V以下で乾燥した場所なら漏電遮断器は不要ということは、一般住宅の一戸建て、一軒家だと100V15Aなのでそもそも玄関の乾燥した場所に分電盤を置けば、漏電遮断器は不要ってことですか?

対地電圧150Vを超える電気機器は住宅ではそもそも使えないですよね。

エアコンとかIHクッキングヒーターだけ分電盤に個別に小型漏電遮断器はを付けても法律上はOKってことですよね?

分電盤に1個漏電遮断器と個別の配線用遮断器にするのと、

分電盤に個別の配線用遮断器+エアコンとか150V超えの機器に個別に小型漏電遮断器を付けるのとではどのくらいの値段の差が出ますか?

対地電圧というのがよく分かってないのですがエアコンの対地電圧って200V用なら対地電圧も200V?

対地電圧150Vを超える機器って何がありますか?

どれかの場合、漏電遮断器は省略出来るということは風呂場以外の機器は対地電圧150Vを超えてても漏電遮断器は省略出来るってことは一般住宅は漏電遮断器は付けなくても合法ってことになるのでは?

Aベストアンサー

電気工事士のひよこさんですか。
それとも全くの素人さんですか。

>エアコンとかIHクッキングヒーターだけ分電盤に個別に小型漏電遮断器はを付けても法律上はOK…

そうですよ。
見方によってはそのほうが良いのです。
だって、主幹が漏電ブレーカーではどこかで本当に漏電が起こったとき、全館停電してしまいますからね。

>分電盤に個別の配線用遮断器+エアコンとか…

それは、本当に漏電ブレーカーの必要な回路が何回路あるかによります。
極めておおざっぱな見方ですが、主幹を漏電保護機能のないブレーカーにすればマイナス 8,000円ほど。
分岐回路に漏電保護機能を持たせれば 1回路あたりプラス 3,000円ほどです。

>エアコンの対地電圧って200V用なら対地電圧も200V…

家庭用エアコンである限り、200V用でも対地電圧は 100Vしかありません。
IHヒーターやエコキュートなどでも同じです。

>対地電圧150Vを超える機器って…

業務用パッケージエアコンで、三相 200V 製品のことです。
通常、住宅で用いられることはありません。

>一般住宅は漏電遮断器は付けなくても合法ってことになるのでは…

水を使う洗濯機や屋外設置のエアコン室外機などは、漏電ブレーカーが必須です。

電気工事士のひよこさんですか。
それとも全くの素人さんですか。

>エアコンとかIHクッキングヒーターだけ分電盤に個別に小型漏電遮断器はを付けても法律上はOK…

そうですよ。
見方によってはそのほうが良いのです。
だって、主幹が漏電ブレーカーではどこかで本当に漏電が起こったとき、全館停電してしまいますからね。

>分電盤に個別の配線用遮断器+エアコンとか…

それは、本当に漏電ブレーカーの必要な回路が何回路あるかによります。
極めておおざっぱな見方ですが、主幹を漏電保護機能のないブレーカー...続きを読む

Q感電を体感する装置を考えています。当然人体に影響がないレベルで、電気を感じてもらう装置です。

電を体感する装置を考えています。当然人体に影響がないレベルで、電気を感じてもらう装置です。
それにあたりどういう機器等が必要か知りたいです。

電圧はAC?DC?何Vくらい?入力はAC100Vを使用したいので、、トランス、パワーサプライのようなもので電圧をさげる?
電流は何μAくらい?
電圧、電流は調整できる方がよいのか?もし調整するならどういった機器か?
棒のようなものを2本用意して、人がにぎるようにしたいので、棒の素材はどういうものがよいのか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知かもしれませんが、体内に電流が流れると意外と小さな電流で死んでしまいます。
http://www.ee.kansai-u.ac.jp/jikkenjo/topmenu/kanden.htm
人体の抵抗は、汗ばんでいる人や乾燥している人で個人差がありますが、数十kΩから数百kΩぐらい。ここに100V加えると1mA程度ですから、もうちょっとで危険ですね。

低周波発振器があれば、数ボルトでも周波数を上げていくと感電します。具体的な数字は忘れてしまいましたが、数十kHz程度だったと思います。ゆっくり周波数をあげていかないと途中で火傷するかもしれませんので慎重に。

やっぱり安全なのは、静電気かな。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報