プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

言葉の刃で、心を傷つけられました。相手は62歳、私は28歳です。目の前が真っ暗になりました。回復には時間が経つのを待つしかないのでしょうか。

A 回答 (6件)

言われた内容をここに書くのも辛いよね…思い出してしまうものね。


良く耐えてるね。立派です。

私も同じ経験があります。信頼している人からとても侮辱され、罵られました。夜も眠れず急に涙が止まらなくなりました。
信頼できる友達はいますか?誰かに全て話して泣くと、少し落ち着きます。涙は心の浄化になります。話せる人がいないなら、ここに投稿して話しても良いと思います。必ず誰かが言葉をかけると思います。あなたは1人じゃないから大丈夫。
    • good
    • 2

そうですね。

心の傷は,目に見えない傷であるために癒えていく様子が見えず,それゆえになかなか癒えないないようにも思えてしまうものですが,でもからだの傷と同様に,時間がその傷を認識しづらい状態にしてくれます。
でないと,人は生きていけないほどに弱い生き物だからです。

「忘れる」というのは,あまりいい意味としては認識されていないように思います。「忘れる」というのは,「記憶を維持できない」ということでもあるからです。
でも,心の傷に関して言えば,この「忘れる」というのは「非常に優しい機能」だとも言えます。嫌なこと,つらいことを忘れもせずに覚えていることは,地獄にいるのと同じことです。忘れることでそこから逃れられるんですから,こんなに優しいものはありません。

僕も一時は死にたいというか,自分を自らの手で殺したいと思ったことがあります。でもそんな風に考える原因となった嫌な記憶も,時間が経つにつれて薄れていきました。今ではぼんやりとしか思い出せず,思い出しても心がざわめくこともなくなりました。

どんなことがあったのかはわかりません。でも,あなたの心の傷も,いつかは影も形もわからなくなるのではないかと思います。
    • good
    • 1

差し支えなければ、どんな酷いことをいわれましたか?それによって内容が変わります

    • good
    • 0

言葉には、発する人の『感情』が入ります。

質問者様を苦しめているのは、恐らく感情の力でしょう。

私も数年前にある言葉をぶつけられましたが、その奥にある悪意に傷付けられ、実際に息苦しさと胸の痛みに苦しみました。今は気持ちの整理も出来ましたが、思い出すと今でも辛いです。
    • good
    • 0

忍という字は、心に刃と書きます。


明けない夜はないので、じっと我慢して回復を待ちましょう。

或いは、その言葉の内容によっては、解釈の仕方や気持ちの持ち方で、苦痛から解放されることもありますので、ちょっと視点を変えて考察してみましょう。
例えば、バカと言われても、バカ正直で良い面もありますし、色んな方面から物事を分析すると、短所や欠点が長所であったりする場合も多々ありますので、その62歳の人にだけ執着したり依存したりすることはないのです。
    • good
    • 0

そうですね。


時間がたてば記憶が薄れて、どうでもよくなります。

あとは、別の楽しい経験をたくさん上書きしていけば、
自然と忘れていきます。

なので、気晴らしになること、楽しい事を
どんどんやりましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング