東急目黒線が地下鉄南北線及び都営三田線との相互直通運転を開始した当初、不動前駅・武蔵小山駅・西小山駅の3箇所の駅は仮設の駅となっておりました。確か不動前駅は高架駅、武蔵小山駅と西小山駅は地下駅になると聞いています。
さて、この3箇所の駅、今も仮設のままなのでしょうか?それとも立体交差化が完成して本設の駅に変わったのでしょうか?教えてください。

遠い所の者なので、最近ご無沙汰です。機会があれば武蔵小山で降りてみたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

武蔵小山在住です。

武蔵小山はまだ工事中ですよ、先日ロータリーになるための駅前のヨーカ堂などの取り壊し工事に入られました、不動前は綺麗になってますがまだ完全に終了とはなってないのかな?むさこはまだもう少し工事かかりそうです、駅前が綺麗になる日が待ち遠しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。まだ工事中で踏切が残っているのですね。

お礼日時:2005/04/03 15:00

3駅については、2005年(昨年)11月にニュースリリースが発表されていますので、参考になりますでしょうか。


http://www.tokyu.co.jp/railway/railway/mid/oshir …

不動前は完成したようですが、武蔵小山・西小山の両駅は工事中のようです。

このほか東急のホームページ内に
http://www.tokyu.co.jp/railway/railway/east/pr/m …
で、工事の概要が説明されています。完成した姿が想像できる内容ですので、参考になるかと思います。
また、同ホームページの各駅情報で駅施設図を見ると、武蔵小山・西小山両駅とも地下に潜っていないことが見て取れます。

武蔵小山駅はANo.1さんが直近の状況をご回答いただいています。私の場合、ホームページ上の参考となりそうなページの紹介のみで恐縮ですが、情報としてお使いいただければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/04 22:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング