西洋医学に対して東洋医学があるように
心理学に対して、東洋医学的心理学、なるものは存在するでしょうか?
病気の存在を認めその治療を主とする西洋医学、心理学に対して、東洋医学は、健康な人がなぜ健康でいられるのか、健康な人が病気になるのはなぜなのか、あるいは病気になってもなるべく早い地点で回復させようとします。(未病の考え方)健康という中心からのずれが小さいうちに直してしまおうというものです。
また、気、血、水などの、科学の範疇外ではありますが論理的な体系をもって、健康な人が健康でいられる理論をもっています。

同様に、心理学においても、精神的に健康な人はなぜそのまま精神的に健康でい続けることが可能なのか、の心の健康の理論があり、そこから心の健康からずれた人、ずれが小さいうちに治療するという考え、精神における未病(自律神経失調症や登校拒否、ひきこもり、心の風邪と言われるうつ病など)に相当するものをおはことして扱えるような、そんな心理学があったらいいのにと思ってます。

そういうのは現在、人生哲学や、個人の豊富な人生経験が担ってるもので、それらの体系化がされれば素晴らしいと思うのです。

もうあるでしょうか?なければ、同様のことを考えてる人はおられるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

森田正馬博士の研究がそれに該当すると思います。

私が読んだのは『森田療法』(講談社現代新書 岩井寛著 講談社1986)だけですが、そこで繰り返し説かれていたことは「あるがままを受け入れる」ということだったと記憶しています。私の感想としては、何となくですが中国の老荘思想に通ずるものを感じました(博士が老荘思想から影響を受けていたかどうかは分かりませんが…)。しかし確かなことは、著名な禅僧の言葉を自分なりに解釈し直して神経症者の指導にあたることもしばしばあり、座右の銘にふさわしいものも少なくないそうです。「森田療法」という名の心理療法も存在します。下記URLは検索エンジンで見つけたものの1つですが、他にも博士や「森田療法」に関するHPが存在しますので、ぜひ検索してみて下さい。

また、日本人ではありませんが、カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung 1875~1961年、スイス)も西洋の心理学に「東洋」を持ち込んだ人物として特筆すべきだと思います。仏教の曼荼羅や中国の易経にも関心を示し、著作の中で言及しています。このURL
(http://homepage3.nifty.com/dream-emerald/mentalf …)は曼荼羅の一例ですが、他にもたくさんありますので、ぜひ検索してみて下さい。

参考URL:http://www.mental-health.org/mh13-3-9.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
森田療法は名前だけ知っていたのですが、ちゃんと勉強したこともなく、回答を読むと一度ちゃんとした書物なりHPなりを読む必要性を感じます。

ユングはぼくも大好きな心理学者で(そのわりには勉強してないんですが)おっしゃるとおりだと思いました。参考URLなど薦めていただいたページを読ませていただこうと思います。

回答を頂きありがたく思います。とてもうれしいです。

お礼日時:2005/04/04 01:11

#3です。



ユングがお好きなら、ぜひ下記のHPをご覧になってみて下さい。「城太郎日記【ユング心理学とカウンセリング】」というタイトルです。この第8章「自己と個性化の過程」の中に曼荼羅や中国の道(タオ)の話が登場しますが、最初から読まれるとユング心理学の輪郭がつかめます。

ユング自身の著作はとても難解です。人間の心自体が複雑だから当然かもしれませんが、聖書や世界中の神話はもちろん、錬金術その他難解な幅広い知識が繰り広げられるので、いきなり手を出されない方がいいと思います。このHPは、あっちこっち脱線していますが、説明自体は割と分かり易い部類に属すると思います。ただ、ここで説明されている「原始的心像」だの「元型的イメージ」といった概念は正直言って未だに分かりません。

入門的教材としては、放送大学のテキスト
『ユング心理学―夢・神話・昔話・イメージと心理療法―』(大場登編著 放送大学教育振興会 2003)が分かり易いと思います。上記の「原始的心像」だの「元型的イメージ」といった難解な概念を用いずに「元型」とコンプレックスの関係を説明してくれて、何だか今までモヤモヤしていたものがすっきりした感じがしました。また、たくさんの神話や昔話も興味深いものがありました。

なお、今月からラジオでこの教材に基づく講義が始まります。放送授業では印刷教材にないことも講義して下さるそうなので、楽しみにしています。

参考URL:http://starpalatinatheworld.hp.infoseek.co.jp/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございます。
ほんとにユングのいわれてることの、深い部分は難しいんですね。
放送大学で扱ってたことがあるんですね。いえ、この4月から始まるんですねー。
僕はまずは教えていただいた参考URLを、じっくり読んでみたいと思います。
やはり今まで一度もまともに腰を据えて学んだことがないのでは、下の方の森田療法や、心理学の一分野や、東洋医学の概念を提唱してくださった方の意見に対しても同じなんですが、どれも非常に勉強不足を感じますので、
どの方の意見に対しても、もうちょっと勉強しないと、自分のスタンスもしっかり決まらないように思われてなりません。

御意見ありがとうございました。感謝いたします。

お礼日時:2005/04/05 01:09

鍼灸師です。



東洋医学では精神と肉体はつながりのあるものという考え方をします。
精神的な疾患は必ず肉体的な愁訴を伴いますから、東洋医学の考え方では身体を治す事で精神的な部分を治します。
そういう意味では東洋医学的な心理学のようなものは確立していると言えます。

元々東洋医学は自然哲学的な医学ですから、心理学にも共通する部分は多々あると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、僕もよく漢方薬は使うのですが、
そういえば精神的な病に効くとされる漢方薬もあることを思い出しました。
貴重な意見ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/05 00:56

 心理学には、文化心理学という一研究領域があります。

これは、1990年頃から注目されはじめた領域です。それ以前にも、比較文化心理学や異文化間心理学などという研究領域がありました。しかしこれらの心理学研究では、あくまで欧米(特に北米からの心理学)の物まねで、極論を言うと心理学の理論は文化を超える(人間の心理というものはあらゆる文化を超えた普遍的なもの)というような思想に基づいていました。
 しかし、これに異を唱えたのが、Markus&Kitayamaらを中心とする研究グループです。彼らの主張は、「人間の心理というものはあらゆる文化を超えた普遍的なものではない」というものでした。近年では、その発展的な研究としてソシオメータ理論やTMT(terror managment theory)、文化心理学の相補的な理論研究?として進化心理学などがあります。特に、ご質問の内容に関しましては、ソシオメータ理論やTMT(terror managment theory)などが一つの参考になると思います。

文化心理学に関しては、下記の本が参考になるでしょう。
・北山忍(著) 「自己と感情―文化心理学による問いかけ」共立出版  ¥2,730 (税込)
・柏木恵子ら(著) 「文化心理学―理論と実証 東京大学出版会」 ¥4,725 (税込)


また、sheep67さんは臨床系にもご関心があるようですので、下記の本なども参考になるかと思います。

・コワルスキ,ロビン・M.〈Kowalski,Robin M.〉・リアリー,マーク・R.【編著】〈Leary,Mark R.〉
 安藤清志・丹野義彦【監訳】
「臨床社会心理学の進歩―実りあるインターフェイスをめざして」 北大路書房 \6,090(税込)
 この本の中に、ソシオメーター理論なども紹介されています。 

 なお、進化心理学に関しては、参考URLをご参照ください。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても興味深い内容を教えていただけてうれしいです。

専門用語、専門分野についての回答の内容は、僕ははじめて聞くものばかりですので、
きちんと時間をかけて紐解いてみたいと思います。
また自分が悩んでいたので、どちらかというと、おっしゃるとおり実践的な学問に興味があります。

NO1の方とあわせて、お二人共、とても真摯な回答に感謝いたします。

お礼日時:2005/04/04 01:00

お答えになるかどうか自信はありませんが、


私も、蒲柳の質からか、西洋医学のすばらしさは認めつつも、若い頃から、心身を鍛えるため、禅宗の心身統一の考え方や各種整体理論、気巧、太極拳、東洋哲学等を勉強してきました。単独では、体系だっているようですが、究極は、どれが自分に適するかということだと思います。
西洋的心理学も、各派あり、考え方が違いますものね。私には、中村天風氏のものが適しています。只、やみくもに、読書したからといっても、全て自分にあてはまるかどうか見極める必要はありますよね。人それぞれ、生い立ち、器がありますから。また、禅宗も、本来、不立文字なのに、解説書が多くて危険な気がします。浅く、広く勉強されて、適しているものを自分と相談しながらとりいれていくことが重要であると痛感しています。以上、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早くの回答をありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/04/03 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理学を学ぶのにおすすめの本を教えて下さい!

私は今中学3年生です。
心理学を勉強しようと思い、一度図書館で「図解式心理学」みたいな本を読みました。
その本は、一つの心理学について2ページで分かり易く説明していましたが、
もっとたくさんの心理学を学びたいと思っています。
この本のように、1冊にたくさんの心理学について書いてあって、一つの心理学について1~4ページほどで分かり易く説明してある本はありますか?
値段はいくらでも構いませんし、ページ数も多くても構いません。

Aベストアンサー

ゆうきゆうさんの「マンガで分かる心療内科」シリーズをおすすめします。
ゆうきさんは現役の精神科のお医者さんですが、ご自身のサイトで、漫画家のソウさんによる臨床心理学の漫画を掲載されています。
これらの本はその連載をまとめたもので、心理学の基礎知識を手軽に楽しむ学ぶにはうってつけです。

参考URL:http://sinri.net/

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Q心理学の本

僕は高校1年生の男子です。
最近、心理学に興味を持っています。
しかし将来、カウンセラーとか、心理学者になるつもりではありません。
高校生にも分かりやすくて、心理学の導入編のようなオススメの本はあるでしょうか。
また大学で心理学部にいかずとも、心理学の勉強は
可能なのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1つめの御質問である心理学の入門書については,
私自身も回答している比較的最近のQ&Aを挙げておきますので参考にしてください。

●お勧めの心理学本
 http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2067289
●レベルの高い心理学部は?
 http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2011123

2つめの「心理学部にいかずとも、心理学の勉強は可能か」との御質問について。 

●心理学部以外の学部にも心理学を専攻することができるコースは多数存在します。
そもそも心理学部というものは日本では数年前からでき始めたばかりのもので,
日本の大学では伝統的に文学部や教育学部の中に心理学専攻のコースが置かれてきました。
このほか人間科学部,教養学部,社会学部,家政学部,生活科学部,福祉学部などに置かれている場合もあります。
また学科・専攻・コース(学部の中の小分類)の名称で見ると,「心理学」とつくもの以外に
行動科学,人間科学,人間関係学,発達科学,教育科学・・・など多様なものがあります。
心理学の教育機関として充分なレベルのスタッフとカリキュラムを有していることの目安は
卒業時に(社)日本心理学会の認定心理士資格が得られることでしょう。
この資格自体は大学で心理学を専攻した証明書のようなものであって,
現時点ではほとんど実用的価値はありませんが。

●心理学専攻でなくても一般教養科目として心理学を学ぶことはできますが,内容は入門編どまりです。
大学である学問を専攻するというときには, その学問の過去の成果を学ぶことに加えて
その学問固有の方法論(問題の立て方とその研究法)を身に付けることに重きが置かれます。
心理学専攻の場合,実験,観察,調査,面接といった研究法とデータ解析の手法を身につけることに多くの時間が費やされ,
どんなに拙くともそのような方法論に則った論文を提出して卒業することが求められます。
このようなことを独学するのは困難ですし,専門学校や短期大学でも限界があるため,
4年制大学以外では認定心理士資格は得られません。
4年制大学には教育学部の障害児教育専攻,工学部の人間工学専攻,経営・商学部の産業・組織心理学専攻など,
認定心理士資格は得られなくとも心理学をある程度まで深く学ぶことができる(学ばざるを得ない)コースもありますが。

1つめの御質問である心理学の入門書については,
私自身も回答している比較的最近のQ&Aを挙げておきますので参考にしてください。

●お勧めの心理学本
 http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2067289
●レベルの高い心理学部は?
 http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2011123

2つめの「心理学部にいかずとも、心理学の勉強は可能か」との御質問について。 

●心理学部以外の学部にも心理学を専攻することができるコースは多数存在します。
そもそも心理学部というものは日本では数年前からでき始めたば...続きを読む

Q高校2年です。 将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで

高校2年です。

将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで心理系大学にいくのはアホですか?

ちなみに心理というワードを聞くだけで興味がわいてワクワクしてくるくらい心理学が大好きです。


私は今まで、どうしても心理を学びたくて心理系の大学ばかりを探してきて、ほかの学部に目がいきませんでした。ですが、親と相談しててほかの学部も考えてみたらと言われもう一度考えてみようと思っています。

そこで、文系で就職に有利な学問といったら
何があるんでしょうか?

Aベストアンサー

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書いておられるように、アバウトな就職の為に大学に行くのではありません。
やりたい事があれば、そのために行く、やりたい事が無ければ、大学で見つけようと考えて行くものです。
まずは、あなたがどういう仕事に興味があるかをしっかり自分に問うべきですね。高2ならば、行く大学によって、選択科目も考えなければいけません。
行ける所に行くのではなく、行きたいから行く方が、勉強もやりがいがあります。

あなたの大切な将来の為に、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
良い高校生活を送って下さい(*⌒▽⌒*)。

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書い...続きを読む

Q心理学の本

高2です。
今度、学校の授業でレポートみたいなのを書きます。
自分は心理学の分野にするつもりなのですが、
なにかオススメ(読みやすい,理解しやすい)の本はありませんか?
ちなみに認知(行動)心理学や社会心理学、人格心理学に興味があります。
できるだけ文庫本が良いです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

高校2年生でまだ専門的な知識がないのでしたら、ナツメ社から出ている図解雑学シリーズの心理学関係のものがおすすめです。
社会心理学に関心があるようでしたら、「人間関係の心理学」という本を読まれてはいかがでしょう?
斎藤勇先生という立正大学心理学部の教授がお書きになったものです。
大変読みやすいですよ!

参考URL:http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31072229

Q【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学

【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学問である】

心理学は障害者であることを認知するための学問なので健常者にとっては比較対象が障害者基準なのでメリットはない。

心理学は健常者を研究したものではなく障害者の異常値と比べた結果なので異常者とどれくらいの差異があるか分かるだけで自分がどれだけ健常者であるかは分かる物差しにはならない。

Aベストアンサー

心理学を勉強したことないでしょう。

例えば幸福論です。

心理学では、快楽は幸福では無い、としています。

快楽は、美味いモノを喰った、ひいきのチームが
勝った、などで得られますが、
幸福とは、人生における満足を意味する、として
います。

これのどこが健常者の役に立たないんですかね。


有名な心理学者、エーリッヒフロム曰く
「人は独りでは幸せになれない」

アドラー曰く。
「自己に執着すると幸せになれない」

Q心理学の本

心理学を初めて勉強するので、心理学がどのような物か分かる本は、ありませんか。

Aベストアンサー

回答No.2です。
「手にとるように心理学がわかる本」
「心理学がわかる事典」(事典の字が間違っていました。申し訳ありません)
「心理学」のこれら三冊はamazonで購入可能であるのを確認しました。
「心理学がわかる事典」と「心理学」は書店で手に入れるのは難しいかもしれません。

これらのほかに、書店でも手に入れやすいものとして、図解雑学シリーズの「心理学入門」(ナツメ社 久能徹/松下圭樹)はいかがでしょうか。図解雑学シリーズを置いている書店は結構多いのではないかと思います。
また、これで心理学の中の一分野に興味を持った場合、同じシリーズで発達心理学や社会心理学も出ていますので、おすすめです。
心理学を学んだ者としておすすめなのは、「カウンセリング心理学入門」(PHP新書/國分康孝)です。
おそらく心理学というとカウンセリングをイメージされる方が多いだろうと思うので、そのところの誤解といいますか、カウンセリングとは本来どういう事を指すのかがわかりやすく書かれています。
こちらもPHP新書なので、比較的書店で探しやすいのではないかと思います。

BOOKOFFなどの古書店で、おそらく大学の教科書として購入されたであろう専門的な本を見かける事もありますので、古書店を見るのも良いかもしれません。
ただ、心理学のように変化が早い学問の本を版を古い版でみるのはあまりおすすめできません…。(ざっと雰囲気を知りたい程度なのであれば問題ないかもしれませんが)

大体こんなところでしょうか。
参考になれば幸いです。

回答No.2です。
「手にとるように心理学がわかる本」
「心理学がわかる事典」(事典の字が間違っていました。申し訳ありません)
「心理学」のこれら三冊はamazonで購入可能であるのを確認しました。
「心理学がわかる事典」と「心理学」は書店で手に入れるのは難しいかもしれません。

これらのほかに、書店でも手に入れやすいものとして、図解雑学シリーズの「心理学入門」(ナツメ社 久能徹/松下圭樹)はいかがでしょうか。図解雑学シリーズを置いている書店は結構多いのではないかと思います。
また、こ...続きを読む

Q学問体系について(心理学)

体系という言葉について、「個々別々のものが統一された全体」という認識を持っています。漠然とそのイメージを掴むことはできているのですが、これが学問における体系となると、よくわかりません。

たとえば数学における集合論は、数学の中の1体系として認識していいのでしょうか。もしそうなら、数学の中にはいくつもの体系を含んでいるということになるのでしょうか(代数とか幾何とか・・・)。

ここで本題に入りたいのですが、心理学は科学であり、科学であるということは体系的であるはずです。mistytree自身が大学で心理学を学んでいるのですが、その内容がELMモデルだとか系列位置効果だとかアダルトチルドレンだとか、その分野にきわめて特化した(悪くいえば瑣末な)内容が非常に多いです。具体的でわかりやすいのはいいのですが、心理学という学問全体を理解するにはいまいちです。

心理学は「行動や精神過程を研究する学問」だと思いますが、それなら心理学の体系は具体的にいったいどのようなものなのでしょう。

わかりにくい質問で申し訳ありませんが、回答可能な方、よろしくお願いします。

体系という言葉について、「個々別々のものが統一された全体」という認識を持っています。漠然とそのイメージを掴むことはできているのですが、これが学問における体系となると、よくわかりません。

たとえば数学における集合論は、数学の中の1体系として認識していいのでしょうか。もしそうなら、数学の中にはいくつもの体系を含んでいるということになるのでしょうか(代数とか幾何とか・・・)。

ここで本題に入りたいのですが、心理学は科学であり、科学であるということは体系的であるはずです。misty...続きを読む

Aベストアンサー

横から失礼します。

>心理学をパッとみて把握できるような相関図(?)的なものが、ただ1つ存在しているのだと思っていましたから

最近出た本ですが、『心理学入門一歩手前』というものがあります。
そちらにその相関図のようなものが出ております。
二重四環モデルというもので、著者のオリジナルだそうですが、結構説得力があって私は気に入っています。

心理学はまだ歴史が浅いので、隣接する他分野と交じり合い、時にはそれらを飲み込みながら成長しているところがあります。
全体像がつかみづらいのもそのためだと思いますが、「現代の心理学諸分野の関係」と「心理学の歴史」を並行的に理解することで、だいぶ分かりやすくなるように思います。
「認知心理学→記憶→二重貯蔵モデル→短期記憶→系列位置効果」のようなより細かい体系を考えるのは、そのあとの方がいいでしょう。

こんなこといっても何の足しにもなりませんが、できるならば心理学を一通りしっかり学んで、その後で心理学から離れて一年ぐらいすると、ふっと全体像がつかめるんじゃないかなと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/dp/4326298901/

横から失礼します。

>心理学をパッとみて把握できるような相関図(?)的なものが、ただ1つ存在しているのだと思っていましたから

最近出た本ですが、『心理学入門一歩手前』というものがあります。
そちらにその相関図のようなものが出ております。
二重四環モデルというもので、著者のオリジナルだそうですが、結構説得力があって私は気に入っています。

心理学はまだ歴史が浅いので、隣接する他分野と交じり合い、時にはそれらを飲み込みながら成長しているところがあります。
全体像がつかみづら...続きを読む

Q教員試験に使える心理学関係の本

こんばんは。
教員試験に使える心理学関係の本を探しています。
教員試験対策の本で心理学が少し載っている本でもいいのですが、「心理学」の本で教員試験にも役に立つんじゃないかな?という本を探しています。

探し方が悪いのかなかなかよいものが見つかりません。なにかお勧めはありますか。

お願いします。

Aベストアンサー

過去の教員養成セミナーを見てみると、心理学の分野の中でも「行動分析学」「組織心理学」「学習心理学」「臨床心理学」などかなり広い範囲から問題が出題されているようなのでビックリしてしまいました(教師なるのもラクじゃありませんね)。もっとも、実際はこの中から各県の出題傾向を読むことになるのでしょうが広く浅くということで

1)3日でわかる心理学(ダイヤモンド社)
2)図解でわかる心理学の全て(日本実業出版社)
3)面白いほどよくわかる心理学(日本文芸社)

などどうでしょうか?私としては教員養成セミナーを参考にした方が良いかとも思いますが、教育関係の人間ではないので何ともいえませんね。

Q心理学の専門家が学んでいる心理学について

心理学の専門家の人がいたら答えてもらいたいです。

心理学の専門家の人が学ぶ心理学はインターネットなどでほとんど見る事はできますか?

仮に見ることがあったとしてもやはり具体的にはインターネットでは見る事はできないですか?

Aベストアンサー

私的には、ほとんど見ることはできないと思います。
片鱗ぐらいはみれますが。

心理学を具体的になら、人の中に見出すものだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報