西洋医学に対して東洋医学があるように
心理学に対して、東洋医学的心理学、なるものは存在するでしょうか?
病気の存在を認めその治療を主とする西洋医学、心理学に対して、東洋医学は、健康な人がなぜ健康でいられるのか、健康な人が病気になるのはなぜなのか、あるいは病気になってもなるべく早い地点で回復させようとします。(未病の考え方)健康という中心からのずれが小さいうちに直してしまおうというものです。
また、気、血、水などの、科学の範疇外ではありますが論理的な体系をもって、健康な人が健康でいられる理論をもっています。

同様に、心理学においても、精神的に健康な人はなぜそのまま精神的に健康でい続けることが可能なのか、の心の健康の理論があり、そこから心の健康からずれた人、ずれが小さいうちに治療するという考え、精神における未病(自律神経失調症や登校拒否、ひきこもり、心の風邪と言われるうつ病など)に相当するものをおはことして扱えるような、そんな心理学があったらいいのにと思ってます。

そういうのは現在、人生哲学や、個人の豊富な人生経験が担ってるもので、それらの体系化がされれば素晴らしいと思うのです。

もうあるでしょうか?なければ、同様のことを考えてる人はおられるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

森田正馬博士の研究がそれに該当すると思います。

私が読んだのは『森田療法』(講談社現代新書 岩井寛著 講談社1986)だけですが、そこで繰り返し説かれていたことは「あるがままを受け入れる」ということだったと記憶しています。私の感想としては、何となくですが中国の老荘思想に通ずるものを感じました(博士が老荘思想から影響を受けていたかどうかは分かりませんが…)。しかし確かなことは、著名な禅僧の言葉を自分なりに解釈し直して神経症者の指導にあたることもしばしばあり、座右の銘にふさわしいものも少なくないそうです。「森田療法」という名の心理療法も存在します。下記URLは検索エンジンで見つけたものの1つですが、他にも博士や「森田療法」に関するHPが存在しますので、ぜひ検索してみて下さい。

また、日本人ではありませんが、カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung 1875~1961年、スイス)も西洋の心理学に「東洋」を持ち込んだ人物として特筆すべきだと思います。仏教の曼荼羅や中国の易経にも関心を示し、著作の中で言及しています。このURL
(http://homepage3.nifty.com/dream-emerald/mentalf …)は曼荼羅の一例ですが、他にもたくさんありますので、ぜひ検索してみて下さい。

参考URL:http://www.mental-health.org/mh13-3-9.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
森田療法は名前だけ知っていたのですが、ちゃんと勉強したこともなく、回答を読むと一度ちゃんとした書物なりHPなりを読む必要性を感じます。

ユングはぼくも大好きな心理学者で(そのわりには勉強してないんですが)おっしゃるとおりだと思いました。参考URLなど薦めていただいたページを読ませていただこうと思います。

回答を頂きありがたく思います。とてもうれしいです。

お礼日時:2005/04/04 01:11

#3です。



ユングがお好きなら、ぜひ下記のHPをご覧になってみて下さい。「城太郎日記【ユング心理学とカウンセリング】」というタイトルです。この第8章「自己と個性化の過程」の中に曼荼羅や中国の道(タオ)の話が登場しますが、最初から読まれるとユング心理学の輪郭がつかめます。

ユング自身の著作はとても難解です。人間の心自体が複雑だから当然かもしれませんが、聖書や世界中の神話はもちろん、錬金術その他難解な幅広い知識が繰り広げられるので、いきなり手を出されない方がいいと思います。このHPは、あっちこっち脱線していますが、説明自体は割と分かり易い部類に属すると思います。ただ、ここで説明されている「原始的心像」だの「元型的イメージ」といった概念は正直言って未だに分かりません。

入門的教材としては、放送大学のテキスト
『ユング心理学―夢・神話・昔話・イメージと心理療法―』(大場登編著 放送大学教育振興会 2003)が分かり易いと思います。上記の「原始的心像」だの「元型的イメージ」といった難解な概念を用いずに「元型」とコンプレックスの関係を説明してくれて、何だか今までモヤモヤしていたものがすっきりした感じがしました。また、たくさんの神話や昔話も興味深いものがありました。

なお、今月からラジオでこの教材に基づく講義が始まります。放送授業では印刷教材にないことも講義して下さるそうなので、楽しみにしています。

参考URL:http://starpalatinatheworld.hp.infoseek.co.jp/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございます。
ほんとにユングのいわれてることの、深い部分は難しいんですね。
放送大学で扱ってたことがあるんですね。いえ、この4月から始まるんですねー。
僕はまずは教えていただいた参考URLを、じっくり読んでみたいと思います。
やはり今まで一度もまともに腰を据えて学んだことがないのでは、下の方の森田療法や、心理学の一分野や、東洋医学の概念を提唱してくださった方の意見に対しても同じなんですが、どれも非常に勉強不足を感じますので、
どの方の意見に対しても、もうちょっと勉強しないと、自分のスタンスもしっかり決まらないように思われてなりません。

御意見ありがとうございました。感謝いたします。

お礼日時:2005/04/05 01:09

鍼灸師です。



東洋医学では精神と肉体はつながりのあるものという考え方をします。
精神的な疾患は必ず肉体的な愁訴を伴いますから、東洋医学の考え方では身体を治す事で精神的な部分を治します。
そういう意味では東洋医学的な心理学のようなものは確立していると言えます。

元々東洋医学は自然哲学的な医学ですから、心理学にも共通する部分は多々あると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、僕もよく漢方薬は使うのですが、
そういえば精神的な病に効くとされる漢方薬もあることを思い出しました。
貴重な意見ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/05 00:56

 心理学には、文化心理学という一研究領域があります。

これは、1990年頃から注目されはじめた領域です。それ以前にも、比較文化心理学や異文化間心理学などという研究領域がありました。しかしこれらの心理学研究では、あくまで欧米(特に北米からの心理学)の物まねで、極論を言うと心理学の理論は文化を超える(人間の心理というものはあらゆる文化を超えた普遍的なもの)というような思想に基づいていました。
 しかし、これに異を唱えたのが、Markus&Kitayamaらを中心とする研究グループです。彼らの主張は、「人間の心理というものはあらゆる文化を超えた普遍的なものではない」というものでした。近年では、その発展的な研究としてソシオメータ理論やTMT(terror managment theory)、文化心理学の相補的な理論研究?として進化心理学などがあります。特に、ご質問の内容に関しましては、ソシオメータ理論やTMT(terror managment theory)などが一つの参考になると思います。

文化心理学に関しては、下記の本が参考になるでしょう。
・北山忍(著) 「自己と感情―文化心理学による問いかけ」共立出版  ¥2,730 (税込)
・柏木恵子ら(著) 「文化心理学―理論と実証 東京大学出版会」 ¥4,725 (税込)


また、sheep67さんは臨床系にもご関心があるようですので、下記の本なども参考になるかと思います。

・コワルスキ,ロビン・M.〈Kowalski,Robin M.〉・リアリー,マーク・R.【編著】〈Leary,Mark R.〉
 安藤清志・丹野義彦【監訳】
「臨床社会心理学の進歩―実りあるインターフェイスをめざして」 北大路書房 \6,090(税込)
 この本の中に、ソシオメーター理論なども紹介されています。 

 なお、進化心理学に関しては、参考URLをご参照ください。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても興味深い内容を教えていただけてうれしいです。

専門用語、専門分野についての回答の内容は、僕ははじめて聞くものばかりですので、
きちんと時間をかけて紐解いてみたいと思います。
また自分が悩んでいたので、どちらかというと、おっしゃるとおり実践的な学問に興味があります。

NO1の方とあわせて、お二人共、とても真摯な回答に感謝いたします。

お礼日時:2005/04/04 01:00

お答えになるかどうか自信はありませんが、


私も、蒲柳の質からか、西洋医学のすばらしさは認めつつも、若い頃から、心身を鍛えるため、禅宗の心身統一の考え方や各種整体理論、気巧、太極拳、東洋哲学等を勉強してきました。単独では、体系だっているようですが、究極は、どれが自分に適するかということだと思います。
西洋的心理学も、各派あり、考え方が違いますものね。私には、中村天風氏のものが適しています。只、やみくもに、読書したからといっても、全て自分にあてはまるかどうか見極める必要はありますよね。人それぞれ、生い立ち、器がありますから。また、禅宗も、本来、不立文字なのに、解説書が多くて危険な気がします。浅く、広く勉強されて、適しているものを自分と相談しながらとりいれていくことが重要であると痛感しています。以上、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早くの回答をありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/04/03 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理学を学ぶのにおすすめの本を教えて下さい!

私は今中学3年生です。
心理学を勉強しようと思い、一度図書館で「図解式心理学」みたいな本を読みました。
その本は、一つの心理学について2ページで分かり易く説明していましたが、
もっとたくさんの心理学を学びたいと思っています。
この本のように、1冊にたくさんの心理学について書いてあって、一つの心理学について1~4ページほどで分かり易く説明してある本はありますか?
値段はいくらでも構いませんし、ページ数も多くても構いません。

Aベストアンサー

ゆうきゆうさんの「マンガで分かる心療内科」シリーズをおすすめします。
ゆうきさんは現役の精神科のお医者さんですが、ご自身のサイトで、漫画家のソウさんによる臨床心理学の漫画を掲載されています。
これらの本はその連載をまとめたもので、心理学の基礎知識を手軽に楽しむ学ぶにはうってつけです。

参考URL:http://sinri.net/

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Q心理学系以外の学部でも、心理系大学院入学は大丈夫?

こんにちは。大学2年生の女です。

以前に↓で自らの専攻について質問したのですが、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3223425.html
まだ意思がかたまっていない部分があるので、質問させていただきます。

私は大学卒業後、企業には属したくないという思いがあり、専門的な仕事に興味を持っています。
その中のひとつに心理学系の職業も含まれています(第一希望の職業ではありません)。
しかしながら、私は大学では、教育学+ジェンダーを研究していきたいと思っています。

まだ心理学を専攻するか、教育学を専攻するかは決めていないのですが、、
仮に教育学を専攻したが、やはり心理学の道に進みたいという希望になった場合、
今通っている大学で教育学を専攻にして卒業し、また編入などでもう一度大学で心理学を学んで、大学院に入るということも考えられますが、大学卒業後独学で勉強して大学院に入る場合だとどうなのでしょうか。
もちろんこの方法でも可能だと思いますが、心理学を大学で専攻していなくて大学院に入っても、大学で心理学を専攻した人との間にギャップが生じないか(独学で補えない部分等あるのではないか,etc.)と心配です。

また、大学は心理学以外の専攻卒だったが心理学系の大学院に入った方で、大変だった事・苦労した事等あったらきかせていただきたいです。

こんにちは。大学2年生の女です。

以前に↓で自らの専攻について質問したのですが、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3223425.html
まだ意思がかたまっていない部分があるので、質問させていただきます。

私は大学卒業後、企業には属したくないという思いがあり、専門的な仕事に興味を持っています。
その中のひとつに心理学系の職業も含まれています(第一希望の職業ではありません)。
しかしながら、私は大学では、教育学+ジェンダーを研究していきたいと思っています。

まだ心理学を専攻するか、教育...続きを読む

Aベストアンサー

教育学だったら心理学に近い分野ですし、大学院入試は独学でも大丈夫だと思います。実際、教育学専攻→教師経験→心理大学院、という経歴の人は珍しくないと思います。

ただ、少し気になるのは、「第一希望の職でない」「心理学はあわない」等の文言です。臨床心理の仕事は医者にもおとらない責任のある仕事です。人命に関わる仕事といっても過言ではありません。だから、心理の大学院では大変厳しい指導があるのが普通です。それなりの覚悟が必要かと思います。

Qある傾向がある人が、似たような人を厳しく対応する心理、心理学的説明は?

よろしくお願いします。

人生相談カテや人生相談を見ていて、ふと気がついたことがあります。
たとえば、Aさんという人がある悩みを打ち明けていたとします。
その時に、Bという回答者が出てきて、とても厳しい内容の回答をしていたとします。
ふと見ると、Aの相談のすぐそばにBの相談もあり、Bの相談内容はAの相談内容とそっくり・・あるいは似ているというのを時々見るような気がします。気のせいでもないように思います。

同じ立場だから、似た立場の相談者の苦しみに寄り添うかと思ったら、そうでもありません。
むしろ厳しかったりすることもあります。では自分がそうしたように他の人からも厳しい回答が欲しいかと言うと、そんなわけでもないらしい。客観的に見て、AとBが同じ立場というのを、自分自身で理解してるかどうかが、ちょっと怪しいようにも思います。理解していたら、ヌケヌケとすぐそばで偉そうなことを書けないような気がするのです。

こういうのは、心理学的にはどう説明されるのでしょうか?
近親憎悪というとは違いますよね?

Aベストアンサー

相談したと言う事はその状況から脱したいという事。
つまりその状況が嫌、納得していないという事。
それは自己だけに留まらず、他人に対しても思う所があるのでしょう。
寄り添わないで厳しく突き放すのは、そこに安住して欲しくないという思いも含まれているのでは?
近親憎悪とも取れますが、アドバイスの場を利用して無意識に自分に言い聞かせているという事も考えられます。

こんな考え方も。
回答をしたのは自分の持っている考えを参考にして欲しい願望、
質問をしたのは自分の持っていない考えを教えて欲しい願望。
これだと一概に自分の事を棚にあげてる、と決め付けるのも難しいですね。

後はただ自分の事を客観的に見れていないとか。同じ悩みを持っていても私はアドバイス出来るんだ、と優越感に浸りたいのか・・・。
どれも当てはめようと思えば当てはめられますね。

Q犯罪心理学と人格(性格)心理学

心理学は大きく分けて
・発達心理学
・社会心理学
・臨床心理学
・認知心理学
の4つだそうですが、
犯罪心理学と人格(性格) 心理学はどこに含まれますか?
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

>心理学は大きく分けて
>・発達心理学
>・社会心理学
>・臨床心理学
>・認知心理学
>の4つだそうですが、

私もこの情報の出所が気になります。
あまりにザックリし過ぎていますが,まったく無根拠とも思えません。
ひとつ思い当たるのは,(社)日本心理学会の専門区分でしょうか。

第1部門(知覚,生理,思考,学習)
第2部門(発達,教育)
第3部門(臨床,人格,犯罪,矯正)
第4部門(社会,産業,文化)
第5部門(方法,原理,歴史,一般)

日本心理学会の会員は自分の専門に応じて
いずれかの部門に登録することになります
(3つまで重複登録可だったはず)。
このうち純理論的な第5部門を除く第1~第4部門を
それぞれ認知,発達,臨床,社会で代表させているのかもしれません。
それにしてもちょっと乱暴ですが。

で,この区分を見ていただければわかるとおり,
犯罪心理学と人格心理学は
臨床心理学や矯正心理学と同じ第3部門に属します。
第3部門に共通する特徴があるとすれば,
人間の個別性を重視する分野ということでしょうか。
逆に言うと,心理学の他の分野は人類一般,
あるいは人類を含む動物一般に共通する法則を探求しているわけです。

犯罪心理学の専門家の学会として日本犯罪心理学会がありますが,
この学会の前身が矯正心理研究会であったこともあり,
会員は今も司法・矯正分野の実務家の比率が高いことを知っておいてください。

司法・矯正分野の実務家というのは
警察職員,家庭裁判所調査官,法務技官,保護観察官等の公務員です。
生理心理学の需要が多い警察を除けば,
○○心理学専攻でなければならないというようなきまりはなく,
教育心理学だとか社会心理学だとかのゼミから進む人も少なくありません。

半端な知識で最初から選択肢を狭めてしまうのはもったいない。
○○心理学を専門的に学びたいなんていうのは
大学に入ってひと通りの心理学を広く浅く学んでから決めても遅くはありません。
そのためにはレベルが高くスタッフの多い大学に進学することをお勧めします。
大学選びについては他のQ&Aを参考にしてください。

>心理学は大きく分けて
>・発達心理学
>・社会心理学
>・臨床心理学
>・認知心理学
>の4つだそうですが、

私もこの情報の出所が気になります。
あまりにザックリし過ぎていますが,まったく無根拠とも思えません。
ひとつ思い当たるのは,(社)日本心理学会の専門区分でしょうか。

第1部門(知覚,生理,思考,学習)
第2部門(発達,教育)
第3部門(臨床,人格,犯罪,矯正)
第4部門(社会,産業,文化)
第5部門(方法,原理,歴史,一般)

日本心理学会の会員は自分の専門に応じて
いずれ...続きを読む

Q【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学

【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学問である】

心理学は障害者であることを認知するための学問なので健常者にとっては比較対象が障害者基準なのでメリットはない。

心理学は健常者を研究したものではなく障害者の異常値と比べた結果なので異常者とどれくらいの差異があるか分かるだけで自分がどれだけ健常者であるかは分かる物差しにはならない。

Aベストアンサー

心理学を勉強したことないでしょう。

例えば幸福論です。

心理学では、快楽は幸福では無い、としています。

快楽は、美味いモノを喰った、ひいきのチームが
勝った、などで得られますが、
幸福とは、人生における満足を意味する、として
います。

これのどこが健常者の役に立たないんですかね。


有名な心理学者、エーリッヒフロム曰く
「人は独りでは幸せになれない」

アドラー曰く。
「自己に執着すると幸せになれない」

Q心理学用語の解説本又は解説HP

 仕事に使うとか役立てるとかいうわけではないのですが、心理学について勉強したいと思っています。
 独学で(趣味の域を越えない程度に)心理学を勉強したいと思っていますが、書店等で見る心理学の本は、難解すぎるか娯楽程度の心理テストで物足りないかのどちらかです。
 どの本を読むにしても、わからない言葉が出てきて先に進みにくいので、心理学用語のわかりやすい説明の付いた用語集又は解説書のようなものがあれば、教えていただきたいです。
 犯罪心理学か心理学全般についてのものがベストです。
 専門家にとっては優れているといった物ではなく、素人にも理解できるような入門的なものが希望です。
 ご存知の方、是非紹介してください。

Aベストアンサー

りかちゃん先生の心理学用語集
http://www.so-net.ne.jp/stress/rika/yougo/


お役立ち(?)心理学用語辞典 (有栖川作品に出てくる心理学用語)
犯罪心理学の傾向があるのでは?
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/6107/dicin.html


心理学用語集
http://wildmoon.room.ne.jp/~wildmoon/sinri.htm


心理学基礎(?)用語集
http://www.asagi.sakura.ne.jp/~kuma/study.html


心理テスト、用語、役に立つ情報等(リンク集)
http://www.asagi.sakura.ne.jp/~kuma/rinku/03.html


すでにご自分で探されているかもしれませんね。
参考になりますかどうか・・・・

Q心理学的な回答って?(心理学のイメージでもOK)

アンケートカテゴリーになるのではないかと思いましたが、出来れば心理学カテゴリーで質問・回答している方の話が聞きたいのでどうかよろしくお願いいたします。

(1)
心理学的にどうですか?という質問が多いように見受けられるのですが、この「心理学的」というのはどういう意味で使われているのでしょうか?

(2)
心理学に対して抱いているイメージを教えていただけませんでしょうか?過去の質問は閲覧させていただいたのですが、もう少し聞いてみたいなと思いましたので。

Aベストアンサー

最近まで心理学専攻だった者です。

(1)「心理的にどうですか」という質問は「心理学って人の気持ち分かるんでしょ?」という妄想が込められている質問。
(2)「科学的に心というメカニズムを考察する学問だが、生物学などと比べると科学としての十分な後ろ盾に欠ける学問。」


回答になってないかな・・・

こういうのはどうですか。
心理学では「素朴心理学」という言葉があります。
これは心理学者ではない一般人が心についてもつイメージの総称です。
したがって、「心理学的にどうですか?」という質問は心理学者にとって「素朴心理学的どうですか」と、「心理学としてどうですか?」と2つの意味があるのです。

Q心理学の分類について

心理学の分類について質問です。
心理学をwikiで調べたら、基礎心理学と応用心理学にわかれる。現在は臨床心理学と実験心理学に別れるという事だったのですが、社会心理学や恋愛心理学その他も ろもろはどの分類に入るのでしょうか

Aベストアンサー

簡単に説明しますと、研究の目的をどこにおくかで、区別しています。

基礎心理学または実験心理学は、一般的な人の性質について探求することを目的としています。
一方、応用心理学や臨床心理学は「人の役に立つ」ということが目的です。

社会心理学は一般的な人の性質について探求していますので、基礎心理学であると言えます。
しかし、研究手法としては実験と同じぐらい調査も用いられているため、実験心理学とは言いがたいところがあります(wikiの基礎心理学と実験心理学の記述を見比べてみてください)。
もちろん、社会心理学の知見が他のところで役に立つこともあるとは思いますが、それは「社会心理学の応用」であって、「社会心理学が応用」ということではありません。

恋愛心理学は、社会心理学のようにアカデミックな分野として確立されているものではありませんので、上記の分類のどこに入るかということも不明瞭です。
すでにある他の分野、たとえば認知心理学、犯罪心理学、発達心理学といった分野の中で、恋愛について研究したという扱いになると思います。

Q大学で心理学を学んでいる人教えてください。 僕は今高校生で大学では心理学や哲学などを学びたいと思って

大学で心理学を学んでいる人教えてください。
僕は今高校生で大学では心理学や哲学などを学びたいと思っています。
僕のいとこが心理学部に入っているのですが統計学ばかりでつまらないと言っていました。
心理学とはどういうことをするんですか?
日常生活などで使えることは勉強しますか?

Aベストアンサー

臨床心理士を修得するためには大学院まで行かなくてはならない。
行って公的な資格はないです。民間の資格を取っても生かせる人は収入になって生活できる人は少ないようです。
電話帳でカウンセラーで調べてください。どれだけ少ないかですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報