1歳6ヶ月の男の子の母です。まだつかまり立ち、一人歩きはおろか、高ばいでハイハイさえもしないのでこの間、小児発達の専門医のところで検査をしたところ、シャフリングベビーではないかと診断されました(全部が全部シャフリングベビーに該当するわけではないそうですが)
その時に血液検査をし、念のために脳の検査をした方がよいといわれ、4/12に脳のMRI検査をすると言われました。
ですが、おとなしくMRI検査を受ける事ができる年齢じゃないので、睡眠導入剤を使用し検査をすることになりました。
そこでお医者さんから事前に説明された事項の中で不安に思ったのですが、睡眠導入剤を使用し、検査した場合、しばらくの間酔っ払ったようなフラフラした状態になるそうなのです。
1歳6ヶ月の子供にこのような薬を使う不安(副作用とか)と、どのくらいの時間フラフラした状態が続くのかが不安でたまりません。
どなたか1歳児のMRI検査と、睡眠導入剤を使用した場合の詳しい情報をご存知の方は教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


娘が7ヶ月の時に手術の必要があり、頭部のMRI検査を何度も経験した者です。
1歳半くらいの時も、検査で受けたことがありますのでお答えします。

都内の大学病院でしたが、やはり麻酔(睡眠導入剤、だったのでしょうね)を点滴で入れて眠らせてからの検査でした。
目覚めた後、一種の興奮状態のように確かになりました。顔が赤くなり、まさに酔っ払った感じです。
手術の後しばらく入院していた時は、さすがに体の状態もよくなかったので、そんなことはなかったのですが、退院後の定期的な検査の時には、まだちゃんと歩けないのにフラフラと歩き出し本当に酔っ払いのようでした。
はっきりとは覚えていませんが、30分から1時間くらいでその状態はおさまったと思います。
私たちがお世話になった病院は、小さいこどもの場合麻酔が覚めた後の状態もしっかりみないといけない、とのことで、たとえ1時間程度のMRI検査でも、必ず1泊入院でした。
ちなみに、こどもは今5歳ですが、とっても元気です。

MRI検査は、ものすごい騒音がしますので、こどもの場合はお薬を使うのはやむをえない事ではないかと、素人ながら考えます。

心配なことは、主治医に何でも相談してみてください。
私も当時はわからない事、不安な事だらけでしたが、できる限り冷静に、何でも質問するようにしていました。先生も一生懸命説明してくださいました。
素人の質問にも、しっかりと答えて下さる先生なら、信頼して検査や今後の治療をお任せできると思います。

結構、気が付かない内に、親の方がまいってしまうんですよね。
お子さんももちろんですが、お母さんもお体大切にしてくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

本日、無事にMRI検査を済ますことができました。
不安に思っていた睡眠導入剤も、検査自体も、何ともなくすみましたし、お医者さんもMRI検査の結果も異常なしと言ってくださったので一安心しました。

777maru777さんのお子さんは7ヶ月で手術の必要があったんですね。さぞかし不安だったことと思います。
何度もMRI検査をなさったそうですが、今現在はお子さんがお元気なようでよかったですね。
MRI検査って薬で寝かせて検査している間、そばについていてあげられないので、待っている間不安で仕方がなかったのですが、帰宅する途中から目を覚まして元気にしているのでホッとしています。

777maru777さんの具体的な回答、とても助かりました。本当にありがとうございます。
お互い、体に気をつけて育児に頑張りましょうね。

お礼日時:2005/04/12 15:40

こんばんは。

私の娘は産まれてすぐに心臓に二つ穴が開いている事がわかり、一歳になるまで定期的に検査がありました。心臓のエコー検査なので寝ている状態じゃないと検査できないので、検査のたびにシロップ状の睡眠剤を飲まされ、完全に寝つくのをまっての検査でした。
家の娘の場合は一歳前でしたが副作用などもありませんでしたし、先生や看護婦さんにも心配で何度も聞いてみたりしましたが、何も心配することないよ といわれましたよ!  なのでご心配かと思いますが、大丈夫だと思います。

ただ、このまま目を覚まさなかったりしたらどうしよう・・・とか、とても不安でしたけどね・・・!!
なので、質問者さまのお気持ちがよくわかります。
睡眠剤を飲んだ日と次の日は娘の場合いつもよりよく眠っていました。ふらふらした感じとかはあまりありませんでしたよ!!

検査の日まで不安だと思いますが、お体大事になさってください。お互いに育児頑張りましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
h56さんのお子さんは心臓に穴が二つ開いていたんですか。そういう病気もあるんですね。初めて聞きました。今はもう大丈夫なんですか?

今日の午前中に、無事MRI検査を済ませてきました。
h56さんの心強いご意見に力づけられて検査を済ますことができました。本当にありがとうございます。

睡眠導入剤を飲ませても今のところ何ともなく、普通にしているのでホッとしていますし、検査の結果も異常が見当たらないとのお医者さんの言葉で安心致しました。
この子なりにゆっくりと発達したいんだな、きっと・・・と思うことにしました。

お互い色々と大変なこともあると思いますが、育児を頑張りましょう。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 15:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCT,MRI,レントゲンの違いは?

この度、検査でCTやMRI、レントゲンなどを撮ります。いったい何が違うのでしょうか?それぞれで、わかる病気も違うのでしょうか?注意する点や、やることなどを教えて下さい。

Aベストアンサー

CTもレントゲンもX線を使います。CTは断層写真になります。
MRIは磁気を使用して撮影しますので被爆の心配はいりません。
CTも被爆を心配するようなものではありませんが。

それぞれ目的や利点、欠点があります。
以下のリンクを参照してみてください。

CT
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%96%AD%E5%B1%A4%E6%92%AE%E5%BD%B1

MRI
http://ja.wikipedia.org/wiki/MRI

QMRI検査を受けるべきでしょうか?

いつもお世話になっています。
もうすぐ9ヶ月になる娘の事ですが、1週間ほど前から体を硬直させるように(数秒間)なり、心配でここでも相談にのってもらったものです。
その症状が続くので、診てもらった病院に紹介状を頂いて大きな病院に行ってきました。
その硬直させる状態をデジカメで録画してあったので、先生に見せたところ「1回なら癖のように見える。連続してやるなら、検査をして専門医に見せたほうがいい。」との事で、
脳波とCTの検査をすることになりました。9ヶ月の乳児にCTは心配だったので、MRIとCTではどちらが影響がないかしつこく先生に聞き、結局MRIの検査を受ける事になりました。
ですが、どうも納得がいかなく相談させて頂きました。
というのも、私は体を硬直させるのは感情表現の一種ではないかと思ったからです。
病院に診せに行った後、様子に変化があり硬直させている時に、手を上に伸ばし(グーにして)『あー』と大きな声で叫ぶようになったのです。興奮してる時にやるようになりました。
やはり、先生のおっしゃる通りMRIを受けたほうがよいのでしょうか?電磁波の影響が心配です。まだ、検査を受けるまで日数があるので娘の様子をしっかり観察しようとは思ってます。
わかりにくい文章で申し訳ないのですが、アドバイスお願いいたします。
この症状以外は、よく食べよく寝てよく出す元気いっぱいな子です。

いつもお世話になっています。
もうすぐ9ヶ月になる娘の事ですが、1週間ほど前から体を硬直させるように(数秒間)なり、心配でここでも相談にのってもらったものです。
その症状が続くので、診てもらった病院に紹介状を頂いて大きな病院に行ってきました。
その硬直させる状態をデジカメで録画してあったので、先生に見せたところ「1回なら癖のように見える。連続してやるなら、検査をして専門医に見せたほうがいい。」との事で、
脳波とCTの検査をすることになりました。9ヶ月の乳児にCTは心配だっ...続きを読む

Aベストアンサー

医師はなにかしらの疑いを持って(まだsachirinさんには説明をしてないかもしれませんが)検査を勧めているのだと思います。CTやMRIの検査の影響より硬直が何かを知ることのほうが現時点では優先するのではないでしょうか?脳波とMRI検査は同じ日にうけるのですか?脳波が先ならその時点で結果の説明を受けると思うのでなにかわかるかもしれませんね。すでに脳波検査を受けていてMRI検査なら脳波で見つけられることがなかったか、さらにMRI検査での裏づけのようなものが必要なのかもしれません。もしできることがあるとすれば検査のまえに経験のある保育士さん(できれば障害児保育の経験者)に相談されてはどうですか?多くのお子さんを見ている方は経験上いろんなことを知っていますから良いアドバイスをしてくれるかも知れません。いずれにしても検査はうけれられた方が良いと思います。(検査の結果受けた検査の範囲ではなにもでなくても・・・)
質問の文章を読むとそこに書かれていないsachirinさんの気持ちというか戸惑いのようなものを感じます。よろしかったらそのあたりの気持ちを教えていただけませんか?

医師はなにかしらの疑いを持って(まだsachirinさんには説明をしてないかもしれませんが)検査を勧めているのだと思います。CTやMRIの検査の影響より硬直が何かを知ることのほうが現時点では優先するのではないでしょうか?脳波とMRI検査は同じ日にうけるのですか?脳波が先ならその時点で結果の説明を受けると思うのでなにかわかるかもしれませんね。すでに脳波検査を受けていてMRI検査なら脳波で見つけられることがなかったか、さらにMRI検査での裏づけのようなものが必要なのかもしれません。もしできることが...続きを読む

QCTとMRIの違いは?

今、病院で実習中の者です。いろいろ見学をしましたが、
CTとMRIの違いがわかりません。
両方レントゲンの種類ということははわかるのですが、
おもに、どこがちがうのでしょうか?
臓器のレントゲンと、骨のレントゲンのちがいですか??
教えてください。

Aベストアンサー

えーと、少し誤解があるようなので・・・・・

CTよりもMRIのほうが美しく詳しい画像が得られるということはありませんよ。空間分解能はむしろCTのほうが良いとも言われています。腹部などは絶対CTのほうが綺麗です。
CTはX線の透過度の差によって、MRIは組織に含まれる水素原子の磁力に対する反応の差によって画像を得ているわけですが、どちらがより詳しい情報を得られるかは、みたい場所(例えば頭部であるのか、胸部であるのか)や病気によります。頭頚部・骨盤部でしたら、MRIです。胸腹部でしたら、CTでしょう。また、MRIでは結石や石灰化などの病変を検出することはできないので、この場合もCTでしょう。このようにCTとMRIでは、使う目的が違うので、一般的にどちらがより詳しいとか美しいとかと言うことはできません。
それに、どんな部位であっても、まずCTで「どこにどれくらいの大きさの病変があるのか」を確認してからMRIを撮るのが常識です(ただし頭部はこの限りではありません)、MRIは一度に撮像できる範囲が狭いので、腹部なら腹部全てではなく病変部だけを撮るのが一般的です(CTであれば腹部なら腹部全てを撮ります)。さきにCTを撮っていないと、どこに病変があるのかわからず、多くの時間を無駄に費やし、患者さんにも負担をかけます。ちなみに、MRIの検査時間というのはCTとは比べ物にならないくらい長いです。

そうそうそれから、kenntyaさんへ・・・CTでも軟骨は写ります。

えーと、少し誤解があるようなので・・・・・

CTよりもMRIのほうが美しく詳しい画像が得られるということはありませんよ。空間分解能はむしろCTのほうが良いとも言われています。腹部などは絶対CTのほうが綺麗です。
CTはX線の透過度の差によって、MRIは組織に含まれる水素原子の磁力に対する反応の差によって画像を得ているわけですが、どちらがより詳しい情報を得られるかは、みたい場所(例えば頭部であるのか、胸部であるのか)や病気によります。頭頚部・骨盤部でしたら、MRIです。胸腹部でしたら、CTで...続きを読む

Qシャフリングベビー

4ヶ月の次男のことです。
あと2日で4ヶ月になるという時に、市の検診に行きました。
息子はうつ伏せにした時に首を左右に動かすことはできても
頭をぐっと持ち上げることがまだできません。
でも縦抱きにした時に頭を支えなくても少しは姿勢を維持できるし、
完全に据わってなくても据わりかけてはいるだろう、という気持ちでいました。
そうしたら担当した小児科医に「首の筋肉の緊張が弱い。
シャフリングベビーって言って、昔はいざりっ子って言ったんだけど、
お座りも歩くのも全部遅れていくと思う。
でも病的じゃないから。」と言われました。
まだ4か月になるかならないかって時なのにもうそんなこと言われちゃうの?とすごく動揺しました。

それからも毎日気になってしまって、うつ伏せにしては
頭を上げようとしない息子を見ると悲しくなってしまいます。
その子なりの成長の速度があるのだから親が焦っちゃダメだ、
と思ったりもするけれど、小児科医が断定的に言った言葉が耳に残ってしまってふと考えてしまいます。

同じようにうつ伏せで頭を上げなかったお子さん、いらっしゃいますか?
時期がくれば据わると思うのですが、首の筋肉を鍛える為に
何かできることがあれば教えて下さい。

4ヶ月の次男のことです。
あと2日で4ヶ月になるという時に、市の検診に行きました。
息子はうつ伏せにした時に首を左右に動かすことはできても
頭をぐっと持ち上げることがまだできません。
でも縦抱きにした時に頭を支えなくても少しは姿勢を維持できるし、
完全に据わってなくても据わりかけてはいるだろう、という気持ちでいました。
そうしたら担当した小児科医に「首の筋肉の緊張が弱い。
シャフリングベビーって言って、昔はいざりっ子って言ったんだけど、
お座りも歩くのも全部遅れていくと思う。...続きを読む

Aベストアンサー

うちの子の長男もシャフリングベビーと言われました。
うつぶせにすると、そのままの状態で寝てる・・・そんな子でした。
自分から動く気が無い?というかやる気が無い?というか。
よくベットのヘリに頭をぶつけて、なんてハナシを聞きますが、ウチの子は大人しくて、ラクだわ~って感じでしたね。

首の据わりは4ヶ月くらいだったんですが、お座りが遅かったですね。
座らせるとグラグラとしていました。9ヶ月くらいで座れるようになりましたが、ハイハイをまったくしませんでした。いざりっこ、というのは這い蹲って移動する子なんですが、それすらもせず、座りっぱなし。
つかまり立ちはしますが、まったく移動しません。
歩き出したのは1歳6ヶ月。でも自分からベビーカーに乗る為に歩く、といった感じです。ベビーカーも4歳まで乗っていたんですよ・・。

さて、今はクラスでも一番背が高く、7歳ですが10歳くらいの身長です。運動も出来ます。足も早いです。
ただ、体の柔らかさは残っていますね。

赤ちゃんが筋トレとはいかないので、歩き出すまで待つしかないと思います。シャフリングベビーは「そういうタイプの総称」であって、障害でも何でもないんです。

筋力が弱いといっても動き出せばどんどん付きます。
大人でも長期入院で寝たきりになると筋力が落ちます。玄関から登れなくなります(経験者)筋力が戻るのに半年はかかりました。

生まれたばかりの赤ちゃんならなお更。
きっと大丈夫だと思います。

参考URL:http://www.e-mama.ne.jp/advice/physical/qa/2003/0304220301.html

うちの子の長男もシャフリングベビーと言われました。
うつぶせにすると、そのままの状態で寝てる・・・そんな子でした。
自分から動く気が無い?というかやる気が無い?というか。
よくベットのヘリに頭をぶつけて、なんてハナシを聞きますが、ウチの子は大人しくて、ラクだわ~って感じでしたね。

首の据わりは4ヶ月くらいだったんですが、お座りが遅かったですね。
座らせるとグラグラとしていました。9ヶ月くらいで座れるようになりましたが、ハイハイをまったくしませんでした。いざりっこ、という...続きを読む

QCTスキャンとMRIの違い

CTスキャンとMRIの違いについて教えて下さい。
また、今日CTスキャンを撮ったのですが、体への影響というかあれば教えて下さい。レントゲンなどもあまり体に良くないと聞いた事があるのですが、
放射線だからでしょうか?CTスキャンも放射線なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズがいろいろな誤解を生む可能性があったため意図的に使われなくなり、現在のMRI(magnetic resonance imaging:磁気共鳴画像)という名称に変わって定着しました。

CTがX腺(放射線)を、MRIが磁気を使って断層撮影等を行うということは、みなさんがおっしゃっているとおりです。

CTの身体への悪影響という点では、例えば将来ガンが出来るとかいうようなレベルでの問題はないと考えていただいて差し支えありません。放射線治療などに使う線量と比較すると全く少ない線量ですから、放射線宿酔などもあり得ません。詳しい被曝線量などをここで述べてもあまり意味のないことですから差し控えます。
MRI室の中で、常に強力な磁場が発生していることは、
永久磁石を使った装置でも電磁石を使った装置でも同じです。従って、どちらも実際の撮影をしていなくても磁力はでています。昔の装置の方が現在の装置よりも危険ということは全くありません。ある意味ではどちらも以下のような点では危険です。
キャッシュカードなどの磁気カード、ポケットベル、電池式の時計、心臓のペースメーカーなどは壊れたり誤作動を起こします。ペースメーカーが誤作動すると命が危険です。これらを持ち込んでは(あるいはペースメーカーを埋め込まれている患者さんは入っては)いけません。また、はさみなどを胸ポケットなどに入れておくと、機械の中に吸い込まれて飛んでいきます。非常に危険です。

長くなりましたので、まだいろいろな誤解もあるようですが、いったん終了いたします。
こんな所でとりあえずよろしいでしょうか?
何かまだ疑問点がありましたら、補足して下さい。

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズが...続きを読む

Qつかまり立ちの時期の『顔や頭強打防止策』と『コルクマット』などについて教えてください

7ヶ月に入ったばかりの息子がいます。
少し早いですが、つかまり立ちをするようになり毎日ほぼつきっきりで転んで頭を打たないようにと見張っています。
とはいえ、食事を作らねばなりませんしトイレへも行かないといけません。トイレの時間が短い時はトイレの前にバンボを置いて座らせて待たせたりしています。
ずーっと近くで見てはいますが、物凄く活発に動く息子。
とにかく立ちたくてしょうがない様子で、すぐに何かにつかまって立とうとします。見ていても支えるのが遅くなり毎日何回かゴーンと床で頭を打っています。。。
転んでしまうのはしょうがないと思っておりますし、転んで少しずつ覚えていくのかなぁと思いますが、頭や顔から転ぶのはできれば少ないほうがいいなぁと思って今対策を考えております。
子育てをされた方はみなさん経験されたのではないかと思います。お知恵をお貸しください。
※アフィリエイト関係の商品の紹介はいりません

子供をいつも遊ばせておく部屋はクッションフロアのフローリングです。普通のフローリングよりほんの少ーしですが、フワフワしていて柔らかいです。


★ジョイント式のコルクマットを考えています。使用されている方はどうでしょうか?
☆また、クッションフロアにコルクマットを敷くとピチっとならず浮いてきたりしますでしょうか?(これが心配でなかなか購入に至りません)
☆マットとフローリング(クッションフロア)の間にカビなどが生えることはないですか?

★その他、歩行器などはどうでしょうか?足によくないなど色々聞いていて、購入をためらっています。

★他に何かやられたことのある対策等ありましたら教えてください。


よろしくお願いいたします。

7ヶ月に入ったばかりの息子がいます。
少し早いですが、つかまり立ちをするようになり毎日ほぼつきっきりで転んで頭を打たないようにと見張っています。
とはいえ、食事を作らねばなりませんしトイレへも行かないといけません。トイレの時間が短い時はトイレの前にバンボを置いて座らせて待たせたりしています。
ずーっと近くで見てはいますが、物凄く活発に動く息子。
とにかく立ちたくてしょうがない様子で、すぐに何かにつかまって立とうとします。見ていても支えるのが遅くなり毎日何回かゴーンと床で頭...続きを読む

Aベストアンサー

まさに、うちはクッションフロアにジョイントマットを敷いています。使い勝手に問題はないですよ^^ クッションフロアって、歩くと少しプカプカしますよね。でもマットが浮いてくることはないし、今のところカビも生えていません。娘がお座りを始めた頃に敷いて、今はもう3歳半ですが、同じものをそのまま使っています(敷きっぱなしということです)リビングに敷き詰めたところ、夏も冬も快適なので、寝室にも敷いたくらいです。1つ難があるとすれば、うちはマットの上にテーブルとイスを置いて使っていて、座って重みが掛かったイスをマットの上で動かすせいか、マットが薄く伸びてしまいました。テーブルの周りだけが、少し大きくなったマットのせいでジョイント部が突き上がる形になっています。これは見かけ上の問題なので、私たちは特別気にしていませんが(笑) 重いものを載せるだけなら大丈夫でも(その部分がへこみますが)、その上を移動させる動きには耐えられないのかもしれないですね。

トイレトレで汚れるかも・・・というお話があったので、そのことに触れておくと、うちの子はおもらしをほとんどせずにオムツを卒業しました。というのも、なかなかおしっこの間隔があかずに、トイレトレを本格的に開始したのが3歳目前だったからです。それまでも私は頑張っていたのですが、私が努力しても・・・(笑)周りはみんなパンツマンで焦りましたが、こればかりは娘のペースに任せようと諦めていたら、夏もいい加減終わった10月下旬頃に、ようやく間隔が2~3時間あくようになり、試しにトイレに座らせたところ、今までにないくらいの勢いで、おしっこが「ジョー!!!」その感覚を娘は1度で覚えたようで、それから失敗は1回だけでした。うんちはその1ヶ月後に自然にトイレでできるようになりました。風邪で吐き戻したときには、汚れたところだけ交換できて便利でしたよ。

歩行器は、小児専門医に言わせれば「百害あって一利なし」だそうです。自分で歩くことを覚える前に使うのは、歩行訓練にならずに良くないし、転倒の大きな原因なんですよね。友達の子も転倒して大怪我をしてしまいました。上の前歯4本が全部歯茎にめり込んでしまって、半分の大きさしかありません。子供は転ぶ時に手が先に出ないので、顔から転んじゃったんだと思います。四六時中見張っていることが負担になっている状態がうかがえますので、なおのこと使わない方がよいと思います。

他に安全のためにしたことは、家具の角をガードしたことです。1点、こたつだけは角が丸いので何もしなかったところ、1歳の時に、転倒した娘がまぶたをぶつけて目の縁を切ってしまいました。血がたくさん出てあせりました。今も小さな傷が残っています。。。視力に影響がなかったのが不幸中の幸いです。他の部屋に移動できる家具は全部どけて、リビングはなるべくフラットなスペースにしたのですが、どうしても全部は無理ですから、危ない所はぜんぶクッション材や、保護グッズで覆うことをお勧めします。

まさに、うちはクッションフロアにジョイントマットを敷いています。使い勝手に問題はないですよ^^ クッションフロアって、歩くと少しプカプカしますよね。でもマットが浮いてくることはないし、今のところカビも生えていません。娘がお座りを始めた頃に敷いて、今はもう3歳半ですが、同じものをそのまま使っています(敷きっぱなしということです)リビングに敷き詰めたところ、夏も冬も快適なので、寝室にも敷いたくらいです。1つ難があるとすれば、うちはマットの上にテーブルとイスを置いて使っていて、座...続きを読む

QMRIとCTの違いについて

医療従事者(事務職)です。

かなり素朴な質問なのですが、MRI検査とCT検査とありますが、撮る方式(MRI:磁気、CT:X線)以外に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

それぞれの長短について

CT 長所:時間が短くて済む 短所:X線を使うので被爆する
MRI 長所:血管や神経が得意 短所:金属が体内にあると検査できない

といったところでしょうか。
MRIが優れているようにも見えますが、とにかく時間がかかります。
X線機器も被爆の危険はどんどん少なくなっていますし、第3世代のマルチCTは心臓など動きのある臓器でも撮影が可能です。

MRIは放射線を使用しないので、法律上、臨床検査技師も検査を行う事が可能です。CTは診療放射線技師が必要で、一般的にはこちらの方がお給料が高いというのは病院側の視点ですね。

Q熱性けいれんの後脳検査を勧められました。

2歳9ヶ月の男の子です。

先日風邪で熱の上がり際けいれんを起こしかけました。ひきつけかけたようで、5秒ほど体をこわばらせ、直前に「苦しい・・・・・。」と言ってそのような状態になりました。
幸いすぐ落ち着き大事には至りませんでした。翌日受診して熱さましの座薬が出ました。

その後知人にこの話をしたところ脳の検査を受けた方がいいとのこと。確かに以前にも側溝に落ちて(1年前)いるので心配には心配なのですが、検査した方が良いものでしょうか?

Aベストアンサー

息子の場合11ヶ月で始めて熱性痙攣を起こし、その後高熱がでるたびに痙攣しました。脳波の結果てんかんではなかったのですが。(かかりつけの小児科は、熱性痙攣の子がくると翌日でも必ず脳波をとっています。)
最初は熱がでた時に痙攣止め座薬を使っていましたがそれでも痙攣して、今は毎日内服の痙攣止めを飲んでいます。
それでも痙攣しました・・・。ほんとに悲しかったです。
すごく苦い薬を頑張って毎日飲んでいるのに。熱が出るたびにビクビクします。半年に1回脳波をとり小児神経内科の先生にみてもらっています。薬を飲んでても痙攣するんじゃ、飲まなくてもいいんじゃないか?と聞いたところ、子供の脳は小学校行くぐらいまでは不完全だから飲んでたほうが安全だよと言われました。
今は体も丈夫になり高熱を出すことも少なくなってきましたが、今度は7ヶ月の妹が心配です・・。
熱性痙攣は熱の上がっていく時や脱水になってるときなど起こりやすいようです。脱水になっていると熱さましもあまり効かないようです。なので、熱がでた時は水分補給、夜中に起こしてでも水分を飲ませてました。
小児科のHPなど熱性痙攣を詳しく説明しているものもあるので、参考にされるといいかと思います。
何度痙攣されても慣れるものじゃありませんね。

息子の場合11ヶ月で始めて熱性痙攣を起こし、その後高熱がでるたびに痙攣しました。脳波の結果てんかんではなかったのですが。(かかりつけの小児科は、熱性痙攣の子がくると翌日でも必ず脳波をとっています。)
最初は熱がでた時に痙攣止め座薬を使っていましたがそれでも痙攣して、今は毎日内服の痙攣止めを飲んでいます。
それでも痙攣しました・・・。ほんとに悲しかったです。
すごく苦い薬を頑張って毎日飲んでいるのに。熱が出るたびにビクビクします。半年に1回脳波をとり小児神経内科の先生にみて...続きを読む

Q乳がんの検査(CTとMRIの違いについて)

乳がんのCTとMRIの検査の違いについて教えてください。
ネットで調べてみたところ、マンモグラフィの検査は乳がん等病気を発見するもので、CTやMRIはどちらもその病気の広がりを見るものだ、ということはわかりました。
しかし、乳房のCTとMRIの違いについては、細かく乗っているサイトを見つけることができませんでした。

どちらも上記のように「浸潤の広がりをみるもの」と同じ説明が書いてあるのですが、では両方の検査を行う意味はあるのでしょうか?
病気がないか調べるのに、いろんな検査をして補う感覚はなんとなくわかるんですけど、もうそこにあるとわかってる乳がんがどこまで広がってるかをみるだけなら、一つの検査でわかるのではないかな、と思ってしまうのですが…。



どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CTとMRIの原理的な違いは詳しいサイトがあるでしょうから、割愛します。
乳癌の検査としてのMRIは乳房内での癌の広がりをより詳しく見ることができます。癌が限局的なのか、乳管内進展をしているのか、周囲へ浸潤しやすいものなのか。
一方で、CTは乳房内の広がりはMRIにかないませんが、リンパ節転移や肺転移などを広く検出することが出来ます。
大雑把に言えば、乳癌患者における乳癌の広がりをみる検査のうち、虫眼鏡で乳房だけを見るのがMRI、虫眼鏡を使わず肉眼で全身を見るのがCTといった雰囲気だと思っていただければいいと思います。同じ「広がり」といっても、浸潤なのか転移なのかの違いですね。
というわけで、両方行う意義はあります。ただし、乳房温存をまったく考えないのであれば、MRIは必要無いかもしれませんね。

>最近、話題になっているPET検査は、CT検査の一種です。
ちなみにこれは間違いです。これらの専門家として、一緒にしてもらいたくないです。

Q産後、睡眠薬や安定剤は、産婦人科でもらえますか?

2人目妊娠中のママです。
1人目の産後に、赤ちゃんが入院して眠れずうつ病になり
一度だけかかった精神科で、デパスをもらいました。

私の親が、自分の子供がうつ病だと信じたくない一心で、
精神科に行くのを許して貰えず、症状は悪化し、かなりキツイ日々を過ごしましたが、赤ちゃんが何事もなく退院し、何とか精神科に通わず治りました。
実際は、あれ以来かなり神経質になってしまい、優柔不断で決められなかったり、度々人生は嫌になりますが、
何とか子供に癒され、笑ったり生活できています。

2人目の産後、実家に帰れないので、赤ちゃんと上の子供の育児で、また眠れない日々や情緒不安定な日々が来るかと思うと不安でたまりません。

精神安定剤は、飲んだことがありません。
でもひどくなる前に、飲んだ方がいいのかなとか思っています。
睡眠薬だけでも、産婦人科で処方してもらえると助かるのですが・・・教えて下さい。

Aベストアンサー

出産して一年になります。私はお産が難産だったので産後私も体調が悪くtamahiyoさんの気持ちがよく分かります。
産後の薬などは産婦人科に行けば何らかの処方をしてもらえるときいてます。
補足なんですが私は母からお茶で、漢方薬を進められてそれを半年ぐらい飲みました。体も精神的にも直りましたよ。ツムラの婦人薬中将湯(ちゅうじょうとう)です、とても飲みにくいので薄めて昼と夜飲みました。祖母も母も飲んだそうです。薬局にならあります。無理をしないように悪くなる様でしたら産婦人科で対処してくれるはずなので参考にしてみてください


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング