日本代表の試合で、スターティングメンバー発表やスタジアムにおける注意事項等をアナウンスされている、あのノリのいい男性はどのような方なのでしょうか?他にラジオ等で活動していらっしゃるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

関野浩之さんではないでしょうか。



日本開催のサッカー日本代表戦のスタジアムDJの他に
月曜~木曜に深夜11:55から放送されているフジテレビのスポーツニュース番組「すぽると」のナレーターや中央競馬の中継番組などの仕事をされてるそうです。

参考URL:http://www.jsa-npo.or.jp/specials/interview/0406 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答本当にありがとうございました。
URLの方も参考にさせて頂きました。
「すぽると」は夜遅くの放送である為、
今まで見たことは無かったのですが、
この機会に一度見てみようと思います。

お礼日時:2005/04/19 21:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカー日本代表を応援するひと

サッカー日本代表の試合を観戦しているみなさん
Jリーグの試合を見てますか?

Aベストアンサー

見てます。
単に日本人でサッカー好きだから応援するんじゃなく、Jリーグ開幕から見てきてJリーグ含むサッカーファンで地元にあるJクラブファンでもあって代表も応援してます。だから週末・月曜日のサッカー番組やサッカーニュースは欠かさずチェックしてます。

Q日本代表のスターティングメンバー

今日のサウジ戦でも変わりませんでしたね。

オシム監督の構想ではあのメンバーが固まっているのだと思いますが、少し不安です。
というのは、ジーコジャパンのときに同じようなことがありましたよね。
確か、加持選手が試合中に怪我をしてそのとき交代で入ってきた選手(誰か忘れましたが)はほとんど試合に出場してなくて試合勘など忘れてるような選手を出して結果隙をつかれ・・・というシーンが。

1つの形を作るのはいいことだとは思いますし、当たり前に起こることなのでしょうが、やはり不安な部分もあります。

今日のサウジ線でもそうでしたが、選手交代枠で「佐藤」「羽生」「矢野」この3名ばかり使っていますよね。
他の選手はどうしたー!って感じですよね。

スターティングメンバー同じ、変える選手同じなら今日の試合のように対策が施されて当然ですよね。
敗因にはそういったオシム監督の采配ミスもあるのでは?と思います。

みなさんはどうお考えですか?

Aベストアンサー

サッカーはチームプレーでコンビネーションが重視されるスポーツなので、こういった5,6試合を連続して戦うような比較的大きい大会では、スターティングメンバーを固定すること自体は、世界的にも多く行われています。たとえば試合前から疲れが見える選手を途中から投入するということはありますし、試合中疲れが見える選手を早めに交代させるということはよくありますが、スタメンを劇的に入れ替えるというのはリスクが大きいことが多いです。
たとえば、FWの選手はMFの選手からコンマ数秒の精度でのタイミングで、相手DFをかわしてオフサイドラインを潜り抜けることにより決定的な仕事をする選手がいます。その場合、ボールを受けたいタイミングの個々人の特長によって、パスを出す側はそのタイミングを調節するなど、非常に微細な修正を、試合前の練習段階や試合中に行う必要性に駆られています。また、チーム内の決まりごと、たとえば、DFの選手が上がったら誰がそのスペースを埋めるのかや、相手FWをどの選手とどの選手で挟み込むかなどの不文律の戦術は、なにぶん感覚的な直感にも左右され、そういった感覚は、度重なる戦術練習で体にしみこませる必要性もあって、コンビネーションの重要性を高めています。いわゆる「あ・うんの呼吸」というようなものが要求されるのです。したがって、ある程度固定したメンバーで戦い続けることは、お互いのコンビネーションを修正し精度を高めていく効果が大きいこともあり、悪い方向性ではないと思われます。

では、スターティングメンバーがなぜこのメンバーなのかについてです。
GKが川口選手なのは、やはりPK職人だからでしょう。特にPKで雌雄を決することもある決勝トーナメントでは、彼の存在は大きいですね。
DFは中澤選手の高さや強さは言うまでもなく不動です。阿部選手はボランチの選手ながらポリバレントな能力をオシム監督が高く評価し起用されており、よく足がつる坪井選手よりも起用のリスクは少ないと判断されていると思われます。駒野選手と加持選手は、運動量やサイドを駆け上がる速さやクロスの精度や大舞台での経験やDFの能力など総合的に評価すると、今野選手や水野選手などに比べ一つ頭が抜けている存在です。
MFは中村選手のFKを含めたテクニックやボールキープ能力、遠藤選手の視野の広さとアシストの正確さやFKの正確さ、鈴木選手の運動量と適切なカバーリング、憲剛選手のボールを散らす能力やバランス感覚は、不動かと考えられます。羽生選手や山岸選手はスタメンで起用しても面白いかと思いますが、あえて途中から投入することで劇的にチームを活性化させることができる能力があり、途中投入が効果的かと考えられます。
FWは高原選手の決定力、巻選手の運動量とポストの能力は、ほかの控え選手よりチームへの貢献度が高いです。佐藤選手はスピードが特徴ですので、途中投入により疲れた相手を翻弄するために効果的で、矢野選手は経験は少々物足りないものの、ゲーム終盤でどうしても点が欲しいときに高さを生かしたパワープレイに適切ですし高原選手との相性のよさも起用時の強みになっています。
このように、スタメンの選手がスタメンに名を連ねるにふさわしい理由付けがあり、控えの選手がそれぞれに独自の存在意義があるということがお分かりいただけると幸いです。

「佐藤」「羽生」「矢野」ばかり使っているのは、途中出場で状況を打開できる他の選手は水野選手と山岸選手ですが共に、運動量や左右のパスやシュートの精度、視野の広さなどが羽生選手に劣ると考えられあまり使われないのだと思います。残りの背番号20番代中盤・後半の選手は、経験のために帯同させている意味が大きく、1次リーグの消化試合ならともかく、大事な決勝トーナメントで途中投入するというのはあまり現実的ではないです。
ただし、「佐藤」「羽生」「矢野」の投入がすべてうまく言ったかといえばそうともいえません。

豪州戦では、怪我をした加持選手に変わり今野選手を投入したのは避けられず、巻選手に変えて佐藤選手を投入するのもよかったと思います。相手DFを引き出す動きが効果的に作用し、相手陣内の左右の深い位置にスペースがあったので、そのスペースを突いて低くて速いセンタリングをニアに中央に上げれば、もっと決定的なチャンスを構成できたはずで、そのスペースで速さを生かす佐藤選手の起用は正しいと思います。しかし、その後、後半残り5分で矢野選手を投入したのはいただけません。残り5分で矢野選手を投入するのであれば、佐藤選手を投入したタイミングと同時に、もしくは2,3分後に「羽生選手」を投入するべきでした。前述のスペースをつくのに最も効果的なのが羽生選手であるからです。逆に矢野選手は、豪州DFが皆長身のことを考えると、矢野選手の長身という利点は無に帰してしまっていて、結局ほとんど仕事ができませんでした。この選手交代は明らかに監督の采配ミスです。監督はおそらくピッチレベルの視点で見ているので、その空いていたスペースを認識できていなかったのだと思います。たとえばラグビーの監督は試合で、観客席にて俯瞰的に観戦しており、無線でベンチに指示を出しています。このように、より高い目線で全体を俯瞰するというのは重要で、ピッチレベルではどうしても限界がある。現状のレギュレーションでは、サッカーでは監督はベンチに入ることが義務付けられているため、観客席で観戦することは許されない以上、今後はTVをベンチ内に持ち込んで、横目で俯瞰的視点を確認しながら支持を出すということが恒常化するかもしれません。結局このミスが尾を引き、相手の退場により一人ピッチ上の選手が多いにもかかわず、結局その優位性を生かせず延長戦に突入せざるを得なくなり、30分余計に選手に負荷をかける結果となり、サウジ戦のパフォーマンスの悪さに直結してしまい、敗退の一つの大きな要因となりました。

サウジ戦では、佐藤選手、羽生選手、矢野選手を後半20分過ぎてから順次投入しました。この采配は、豪州戦より酷いものだったと考えています。サウジ戦では、豪州戦であった相手陣内の左右の深い位置のスペースがまったくなかったため、スペースを有効に使うことにより真価を発揮する佐藤選手や羽生選手の特徴は、まったく生かせませんでした。この試合では、3点目を取られた時点で、選手のほぼ全員が疲弊しグロッキーな状態になっており、高原選手はあまりに不自然にボールを失ってクリアされ、中村選手は著しく動けないなど、チーム全体の動きが著しく悪かった。このスタミナの消耗は、一つには、前述した豪州戦での延長戦が尾を引いていたことがあります。またさらに、サウジは9番、18番、20番以外の選手は自陣から出ずに守備に専念して体力を温存し、逆にサウジの前述のFW3人は守備にはまったく関与せず、ここぞという時のカウンターに体力を集中させ得点機に効果的に体力と集中力を集中させた相手の戦術が効果的でした。それに対して、日本は全員で守り、全員で攻めることを強いられ、中澤選手が高い位置で相手ボールを奪いカウンターを遅くすることができたことが数回あったものの、全員が体力を消耗してしまいました。これは相手の監督の術中にはまった上、オシム監督もこの相手の戦術に対する解決策を見出せなかったということで、完全な作戦負けともいえます。こういった状況を打開するには、途中交代選手は佐藤選手や羽生選手では駄目で、前線に背の高い選手を並べて遠方から単純に多数ボールを放り込み、ヘディングでシュートを狙ったり、こぼれ球を高原選手などが拾ってシュートしたりする戦術が最も効果的でした。この戦術は、2006年のワールドカップで名将ヒディンク監督が日本に対して使い、豪州が体力を使うことなく大勝した、優れた戦術です。日本とサウジアラビアDFの身長差を調査した結果、19番のアブドラビ選手は不明で、3番のオサマ選手が185cmなものの、7番のアルムーサ選手は176cm、15番のアルバフリ選手が178cm、25番のトゥカル選手が179cmで、185cmの矢野選手や184cmの巻選手や187cmの中澤選手が十分競り勝てる相手でした。したがって、憲剛選手や疲れが著しい俊輔選手を下げ、矢野選手と坪井選手を投入し、坪井選手を中澤選手の位置に入れて中澤選手をFWとして使い、さらに加持選手に替えてフレッシュな水野選手を入れてサイドを打開するなどをすれば、3点目を返せる可能性は高かったはずです。

今大会での失点を分析すると、阿部選手のところから失点することが非常に多くみうけられる結果となっています。阿部選手は本来ボランチの選手で、ボランチとしての能力は非常に優れておりますが、DFとしての経験はあまり多くなく、また、ボランチとしては十分である177cmという身長がセンターバックとしてはやはり物足りないなど、オシム監督のDFへのコンバート自体に問題があったといえるでしょう。トゥーリオ選手が怪我で離脱を余儀なくされた時点で、182cmの中田浩二選手を招集すべきでした。坪井選手は2006年のワールドカップと、オシム監督が日本代表監督に就任した直後の初戦で、ともに足がつり自ら交代を申し入れて、監督のゲームプランを壊してしまいましたので、監督としては、途中交代ならまだしも特に先発としては非常に使いづらい選手であるといえ、坪井選手を先発で使うのであれば阿部選手のほうが信頼性はあるため、坪井選手の選択はありませんでした。サウジ戦の2失点目は、あと数センチ阿部選手に身長があればクリアできたし、サウジ戦の3失点目やカタール戦の失点はDFのレギュラー経験があれば普通に防げたイージーミス(縦を切るのはDFの基本)であって、本職で経験が豊富で背の高い中田浩二選手を招集しなかった(あるいはできなかったのかもしれませんが)オシム監督の責任であるといえるでしょう。
もう一つ敗退の原因として大きいのは、「リモチベーション」に失敗したこともいえるでしょう。ディフェンディングチャンピオンを倒すという、高いモチベーションを持ったサウジアラビアに対し、日本代表は適切にモチベーションを保てなかったことが言えます。モチベーションを保つため、疲れなどで暗くなった雰囲気を明るくする、またチームの結束感を高める、また控え組みと主力組みの精神的一体感を演出するなどといった役割も一つに重要です。2002年のワールドカップでは、その役割を担うためだけに、中山選手と秋田選手を招集し、チームの意気高揚に多大な貢献をしたことは、DVD「六月の勝利の歌を忘れない」を見れば一目瞭然です。その役割を播戸選手が担うはずでしたが、故障で離脱してしまいました。しかし、播戸選手は帰国1週間後くらいにナビスコ杯に出て復調をアピールしていますし、こんなに早くに回復するのであればチームに帯同させておけばよかったのではないかと考えられます。特に、サウジ戦で敗退するまで3人の若手フィールドプレイヤーが試合に出ていない状況なので、彼らのうちの1人を日本に残して、たとえ試合に出なくても播戸選手を同行させるべきだったと考えます。オシム監督は播戸選手の離脱を発表する際、「彼に代わるムードメーカーが出てくることを期待する」とおっしゃっていましたが、あのキャラクターはそうそう出てくるものではありません。
また、「家族を現地に呼んで、家族と会うための中間日を設ける」ことにより、リモチベーションを喚起するなど、方法論はいろいろあるはずです。

オシム監督もご高齢ですし、持病も抱えていますし、欧州生まれ欧州育ちの体には東南アジアの高温多湿は、日本人以上に体調や頭脳やモチベーションの維持に苦心されていることと思います。優秀なオシム監督も人間ですから、一般の監督さんに比べれば低い確率だとしても、ミスを犯すこともあるでしょう。今後も、引き続いて日本サッカーを魅力あるものにすべく、尽力されることを期待しています。

サッカーはチームプレーでコンビネーションが重視されるスポーツなので、こういった5,6試合を連続して戦うような比較的大きい大会では、スターティングメンバーを固定すること自体は、世界的にも多く行われています。たとえば試合前から疲れが見える選手を途中から投入するということはありますし、試合中疲れが見える選手を早めに交代させるということはよくありますが、スタメンを劇的に入れ替えるというのはリスクが大きいことが多いです。
たとえば、FWの選手はMFの選手からコンマ数秒の精度でのタイミ...続きを読む

Q大きいサイズのサッカー日本代表レプリカユニフォーム Tシャツを売っているお店を知りませんか?

私は ウエスト100cmと太っていて(まあこれでも痩せた方ですが)
普通のネットショップでは サッカー日本代表のレプリカユニフォームや応援Tシャツが なかなか見つかりません
どなたか 大きいサイズのサッカー日本代表のレプリカユニフォーム 応援Tシャツ等売っている店を知りませんか?
わかる方教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

KAMOで2XOまで売ってますよ。
ネットでも帰るし店も色んなとこにあるので参考にして下さい。

参考URL:http://www.sskamo.co.jp/campaign/index_08jfa.html

Qオシム日本代表のスターティングメンバーを教えて(あなたの独断でOK)

11人全員でなくても判る範囲で結構です。できれば根拠もお願いします。

ちなみに、私は

FW 巻、林丈統、森本
MF 中田英、中村俊輔、
DF 中沢
GK 川口

です。

又、林丈統は何と読みますか。ハヤシジョウトウ? 

Aベストアンサー

DFなら、中澤と同じチームメイトの松田、那須も呼ばれていいですね。
サイドの選手は前なら、現浦和の相馬とか、横浜の田中隼磨良いかなと思っていましたが、最近はどうなのかな。
MFは、2005-2006シーズンまでのル・マンの松井なら、呼ばれて良いですね。右サイド、浦和の山田をもう一度呼んでみる。
FWはこれ!!っていう人があまり見当たらないですね。ジュビロの前田を一度呼んでみてもいいかも。ケガが治ったら、浦和の田中、そして、1999年ワールドユース準優勝組の永井。

一気に若返らせるというのはどうですか?

GK;川口、楢崎(この辺は呼ばれると思う。でも新しいGKの活躍もみてみたい。)、都築
DF;中澤、松田、坪井、田中誠、(宮本)、(那須)
   加地、山田、(サントス?)、(相馬?)
MF;松井大輔、福西、今野、阿部、中村俊輔、小野伸二
(中田英寿)、石川直宏
FW;高原、巻、前田遼一、永井雄一郎、田中達也


            川口

加地     松田      中澤     (サントス)

        福西      今野
中村                     松井


        前田      巻


日本って、未だに3バック崇拝しているけど、世界から見ると、遅れているんだよな~。Jリーグも早く4バック取り入れて、2ストッパー、1カバーの守備から脱却しなきゃ。
そのためにも、CBは屈強な二人にしてみました。
SBは右は現在では加地だけど、浦和の山田も試し。サンフレの駒野くんは残念ですが。左が適任者う~ん。確かガンバが現在4バックだから、左に選手いたような...。(誰かフォローお願いします。)
MFは中村、松井はそれぞれクラブで活躍しているポジションに抜擢。外にも中にも切れ込んでゲームメイクだけでなく、フィニッシュまで持ち込んでもらう。(中村、松井とも、FWにキーマンとなる選手が必要。ハーストンやトゥーリオみたいな、そのためにも巻がキーマン)
CHの2人は福西、今野と一見守備的な選手だが、2人とも体張るし、実はチャンスとなったら前線まで飛び込んでいくのが、この2人なんです。
FWは巻、前田という新しい2人を抜擢。2人とも走り回ってもらうが、どちらかというと、巻はセンターで体を張ってもらって、前田を衛星的に動いてもらう形。

DFなら、中澤と同じチームメイトの松田、那須も呼ばれていいですね。
サイドの選手は前なら、現浦和の相馬とか、横浜の田中隼磨良いかなと思っていましたが、最近はどうなのかな。
MFは、2005-2006シーズンまでのル・マンの松井なら、呼ばれて良いですね。右サイド、浦和の山田をもう一度呼んでみる。
FWはこれ!!っていう人があまり見当たらないですね。ジュビロの前田を一度呼んでみてもいいかも。ケガが治ったら、浦和の田中、そして、1999年ワールドユース準優勝組の永井。

一気に...続きを読む

Qサッカー日本代表戦のテレビ放送

昨日の北朝鮮戦の視聴率が40%を超えたとの記事を見ました。

そこで素朴な疑問なんですが、最近の日本代表戦の多くはテレビ朝日系列で放送しているような気がします。
なぜこれほどの視聴率が稼げるコンテンツである代表戦を他局は放送しないのでしょうか?

単純に放映権購入の資金的な問題なのでしょうか?
それとも何か他の事情があるのでしょうか?

Aベストアンサー

昨日の『日刊ゲンダイ』に「サッカー中継 どうしてテレ朝独占なの? 放映権独り占めの裏側と他局の歯ぎしり 100億円の大バクチに勝ってウハウハ」というタイトルで詳しく書いてますので一部抜粋して紹介しておきます。

98年の仏大会の頃は、大手広告代理店が放映権を独占受注し、アジア予選は1試合毎に放送する局を割り振っていました。しかし主催者側から「TV局がコロコロ変わるのは効率が悪い。受け皿を1つにしてほしい」との要望があり、現在の長期独占契約制度に切替えたのです。入札には民放全局が参加し、1番条件の良いテレビ朝日が独占しました(100億円近い金が動いたらしい)。それにしても最終予選がここまで盛り上がるとは・・・・。私も予想しませんでした。(テレビ朝日の入札に関わった某関係者の話)」

「8年間の契約期間中、02年W杯は自国開催の為予選を免除。全700試合のうち、日本代表が出場するのはわずか100試合足らずでしょう。当時は『テレ朝は高い買物をした』と笑われたものです。ところが国内のサッカー熱はヒートアップする一方で、昨年のアジア杯最終予選(対中国)は32、4%の高視聴率を獲得。今後も6月のアウェイでの対北朝鮮戦やドイツ行きのかかる対イラン、バーレーン戦と高視聴率カードがめじろ押し。テレ朝以外の局はほぞをかむ思いですよ。大博打に勝ったテレ朝は笑いがとまらないんじゃないか(放送関係者)」

他にも色々書いてますが著作権のこともあるのでここでやめておきます。

昨日の『日刊ゲンダイ』に「サッカー中継 どうしてテレ朝独占なの? 放映権独り占めの裏側と他局の歯ぎしり 100億円の大バクチに勝ってウハウハ」というタイトルで詳しく書いてますので一部抜粋して紹介しておきます。

98年の仏大会の頃は、大手広告代理店が放映権を独占受注し、アジア予選は1試合毎に放送する局を割り振っていました。しかし主催者側から「TV局がコロコロ変わるのは効率が悪い。受け皿を1つにしてほしい」との要望があり、現在の長期独占契約制度に切替えたのです。入札には民放全局が...続きを読む

Q先程、W杯の日本代表メンバーが発表になりましたが、

先程、W杯の日本代表メンバーが発表になりましたが、
背番号が決まって、発表されるのはいつになるのでしょうか?
24日の日韓戦までに代表のユニホームに、背番号(松井大輔)をいれたいので、
急ぎで情報を探しています!

松井は予選の時は8番でしたが・・・ W杯本番は、はたして何番を背負うのでしょうね?

Aベストアンサー

発表はいつかはわかりませんが、松井選手は8番と予想します。
「8番」の対抗馬は本田選手だけでしょう。
他に中村憲、大久保、長谷部選手は、すでに別の番号が「顔」になっていますので。

私の予想ですが、以下のようになるかと思います。

1 楢崎、2 駒野、3 阿部、4 闘莉王、5 長友
6 内田、7 遠藤、8 松井、9 岡崎、10 中村俊
11 玉田、12 岩政、13 大久保、14 中村憲、15 今野
16 矢野、17 長谷部、18 森本、19 稲本、20 川口
21 本田、22 中澤、23 川島

Qサッカー日本代表の試合の

今まで、サッカー日本代表(A代表)の試合を見たこと
がないので、是非、次回 国内で対戦カードがあった
ら見てみたいと思うのですが、
サッカー日本代表のチケットの取り方がわかりません。アーティストやjリーグでしたら、チケットぴあ
やイープラスで見かけるんですが、日本代表は見たことありません。
いつもどうやって、チケット販売してるんでしょうか?

Aベストアンサー

日本代表戦のチケットは入手が困難なプレミアチケットです。

これまでチケットぴあやイープラスなど主要なプレイガイドで販売されてきましたが、
事前のPRはほとんどなされない上、
電話予約も発売開始数分で売り切れるケースがほとんどで、滅多にお目にかかれる代物ではありませんでした。

ですから、他の皆さんも書いておられるように、
代表戦チケット入手のために、様々なプレイガイドの会員になったり、
サポーター仲間で蜜に連絡を取り合って協力し合ったりして、何とか入手してきたしだいです。
また、オークション市場が活発になってからは、そこでの入手も可能になりましたが、
海外組の出場する代表戦の良席には驚くよう値が付けられることもしばしばでした。

その対策のひとつでしょうか。
ごく最近の試合から、日本サッカー協会(JFA)への登録が購入条件となったようです。
これはチケットゲッターを排除し、
日頃から日本サッカーを支えているサポーターに券が配分されるような配慮だと思われます。

会場に行けば、余ったチケットの購入者を探している人も見かけます。
また、贔屓のJリーグチームを持って、仲間を作れば、
協力し合ってチケットを確保する醍醐味も味わえるかもしれません。
日本代表戦観戦に向けたJリーグ観戦もお薦めです。

日本代表戦のチケットは入手が困難なプレミアチケットです。

これまでチケットぴあやイープラスなど主要なプレイガイドで販売されてきましたが、
事前のPRはほとんどなされない上、
電話予約も発売開始数分で売り切れるケースがほとんどで、滅多にお目にかかれる代物ではありませんでした。

ですから、他の皆さんも書いておられるように、
代表戦チケット入手のために、様々なプレイガイドの会員になったり、
サポーター仲間で蜜に連絡を取り合って協力し合ったりして、何とか入手してきたしだいです...続きを読む

Qサッカー日本代表とパラグアイ代表の親善試合が決定しましたが、スペインか

サッカー日本代表とパラグアイ代表の親善試合が決定しましたが、スペインかドイツと試合するはずだったんじゃないの?

W杯の前に、育成のパトーナーシップを結んだことから、W杯後に親善試合が予定されてたんじゃないの?

Aベストアンサー

2010/09/04に「日本」対「パラグアイ」になりそうですね。
その週の国際マッチデーは欧州選手権とアフリカ選手権の
予選が組まれているみたいです。
なので、日本の対戦相手は必然的に他地区になりますね。
2010/09/03 「リヒテンシュタイン」対「スペイン」
2010/09/03 「ベルギー」対「ドイツ」
みたいです。(FIFAサイトより)
今のところ「日本」対「スペイン」または
「日本」対「ドイツ」の予定はないですね。
他の日程でなら組まれる可能性はあるのかもしれません。

Qサッカー日本代表歴代ユニフォームの中でどの時代のユニフォームが好きです

サッカー日本代表歴代ユニフォームの中でどの時代のユニフォームが好きですか? または思い入れがありますか?

自分は断然92~96年頃のやつで通称『ドーハモデル』と呼ばれるユニフォームですね!

デザインも今見ると斬新だし、今の最近モデルよりかは全然カッコいいと思います。

Aベストアンサー

私もアメリカW杯予選~アトランタ五輪予選のドーハモデルが一番好きです。アトランタ五輪の代表チームが大好きでした。

Q質問させていただきます。日本代表×アルゼンチン戦を見に、埼玉スタジアム

質問させていただきます。日本代表×アルゼンチン戦を見に、埼玉スタジアムへ行きたいのですが…そこで、座席の質問です(>_<)
自分はサッカー観戦というより、選手を近くで見たいのですが、どこの座席が1番見やすいでしょうか?
2階席より、1階席のがいいかなぁと思ってるのですが、1階席の場合だと、詳しくは「カテ1・2」などチケットの値段が高い方のがいいのでしょうか?
 
質問がぐたぐたになっているので…一言で言うと、
「選手を近くで見れる座席」が知りたいですm(__)m

埼玉スタジアムに行ったことがある方、知っている方は是非宜しくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

日本サッカー協会(JFA)のチケット情報です。
http://ticket.jfa.or.jp/daihyo-101008a.html
[スタジアムビュー] [スタジアム座席図]をクリック!
カテ1(指定):ホーム/バック1階
カテ2(指定):コーナー(かど)部分1階
カテ3(指定):ホーム/バック2階
カテ4(指定):コーナー(かど)部分2階
カテ5(自由):ゴール裏1階2階(北=日本側)

「選手を近くで見たい」ということですよね。
実力行使なら、カテ5で早く(前日?)行って席取りする。
試合終了後とかゴール裏に挨拶にくるでしょう。
運任せなら、カテ1でホーム前方が当たることを祈る。
埼玉スタジアム2○○2だと、カテ1でも後方は遠いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報