豊中、伊丹、尼崎界隈で壁打ちまたは、オートテニスができるところご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

壁打ち、オートテニスのできるところ



参考URL:http://www.yo.rim.or.jp/~nani/page018.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すばらしいサイトのご紹介ありがとうございます。びっくりしました。以前からネットで検索していたのですが、何故か引っかかりませんでした。

お礼日時:2005/04/07 19:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西でオートテニスできる所を探しています。

どなたか教えてください。私は関西の伊丹市に住んでいるのですが、テニスの練習でオートテニスをしたいのですが、近くのオートテニス場をインターネットで探しても大阪の茨木市にあるオートテニス場しか探し出せずいつもそこまで行っています。もっと近くにあればいいのですがなかなか見つけることができません。ご存じの方おられましたらご連絡いただけますでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

阪急電車京都線「相川駅」西側にテニススクールと貸コートがあり、そこに、2台あります。名前は忘れました。いつも空いています。確か料金は一回300円(50球)程度でした。駐車場あり。(JR吹田駅からです車で約5分)

Qテニス1人練習を教えてください

テニスを週末に2,3人でやってますが、

1人でできる(壁打ち等)施設があれば

教えて欲しいと思います。場所は神戸市東灘~西宮
界隈です。
※調べてますが中々検索できません・・・

Aベストアンサー

○オートテニス練習場は,いかがですか?

○神戸市北区の『北神戸テニスガーデン』(神戸市北区松が枝町1-1-10)は,いかがですか?

○『星和高原テニスクラブ』(神戸市北区星和台5-7-4)の方では,遠すぎるのでしょうか?

 参考URL: http://townpage.goo.ne.jp/SearchKihon.php?keyword=&jobcode=Z044100&jobname=%A5%AA%A1%BC%A5%C8%A5%C6%A5%CB%A5%B9%CE%FD%BD%AC%BE%EC&gyonext=1&prefcode=28&prefname=%CA%BC%B8%CB%B8%A9

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Q壁打ちとオートテニスどちらが効果的?

 テニスの練習をするのに壁打ちとオートテニスどちらが効果的でしょうか。あるいはどういうふうに意識的に使い分ければいいでしょうか。ちなみにフォアストロークはかなりうまくなったと言われますが、それはオートテニスだけの話でして、おまけにバックはなかなか上達しません。

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョと申します。(^_^)

いずれも死ぬほどやりました。若かりし頃ですが・・・(ちな
みに、オートは連続で25ゲーム、その日に52ゲームした経
験あり)

>>壁打ちとオートテニスどちらが効果的?

結論から言いますと、コートでするテニスに対して、壁打
ちもオートテニスも大きな意味では練習(足し)になりま
すが、本来のトレーニングにはならないということを認識
してください。

その理由は、テニスプレーヤーに大切な空間認識というも
のが、各々で全く違うからです。これは、テニスコートの
大きさや立ち位置からの方向性というものが、実際のコー
トでしか、得られないからです。ですから、プロプレーヤ
ーがオートテニスや壁打ちで調整しているという話はあま
り聞きませんよね。(^_^;)

そのうえで、どちらがどのように効能があるかという僕な
りの考え方は、こんな感じです。

<壁打ち>
メリット:ラケットの引きが早くなる、無理打ちしなくな
る、無料でできるところが多い

デメリット:しっかりとストロークすると返ってくるボ
ールが実際のプレー中にはあまりないコース(高低)でく
る、相手コートのどこに落ちてるかわからない

<オートテニス>
メリット:球出しのボールに近い感じ、コースを振っても
らえる、初心者から楽しめる

デメリット:ボールの種類が違う場合が多い、お金がかか
る、両サイドが狭く空間的にいびつな感じがする、打ちっ
放しで責任がない


ここに至っての僕なりの結論は、それが楽しければ「やる」
ということでしょうか。(^o^)

初めまして。スコンチョと申します。(^_^)

いずれも死ぬほどやりました。若かりし頃ですが・・・(ちな
みに、オートは連続で25ゲーム、その日に52ゲームした経
験あり)

>>壁打ちとオートテニスどちらが効果的?

結論から言いますと、コートでするテニスに対して、壁打
ちもオートテニスも大きな意味では練習(足し)になりま
すが、本来のトレーニングにはならないということを認識
してください。

その理由は、テニスプレーヤーに大切な空間認識というも
のが、各々で全く違うからです。これ...続きを読む

Q突如、フォアが打てなくなる

お世話になります。スクール初級クラスの30代男です。
タイトルはちょっと大げさかもしれませんが、一日の間で、全然、フォアの感覚が違ったので、なんだかどうしたらいいのか、わからなくなってしまったので、質問させてください。
というのも、朝方、練習しようと、壁打ちをしてた時は、壁からの打球が遅いこともあって、自分なりにフォームもちゃんとできてる感覚もあり、ボールもスイートスポットに当たってる感覚がわかりました。っで、その後、声をかけられた見知らぬ方にに相手をしてもらったのですが、彼の打球はめちゃくちゃ速いものの、なんとか返球することもでき、かつ、何球かはフォームも意識し、スイートスポットにも当てられていました。
ところが、その日の夕方・・・。
スクールで、コーチとストロークの練習をしていたら、確かに彼の打球は、速いのですが、ほとんど完全に手打ちになってしまい、その後、生徒の方たちとのストローク(打球は遅い)でも、フォームもばらばらで、手打ちしまくりで、しかも、まともにボールすら返球できなくなってしまいました。ほんとに突然なんです。正直言って、その時の気分は、もう帰りたい、ってぐらい、ボールが来るのさえ恐くなってきてしまいました。
そんなときでもバックはまぁまぁ安定しているんですが。どっちにしろ、なにか技術というか、精神的な影響すらあるのかなぁと思えたんですが、こんな時って、あることなんでしょうか?というか、どうしたらいいのでしょうか?

お世話になります。スクール初級クラスの30代男です。
タイトルはちょっと大げさかもしれませんが、一日の間で、全然、フォアの感覚が違ったので、なんだかどうしたらいいのか、わからなくなってしまったので、質問させてください。
というのも、朝方、練習しようと、壁打ちをしてた時は、壁からの打球が遅いこともあって、自分なりにフォームもちゃんとできてる感覚もあり、ボールもスイートスポットに当たってる感覚がわかりました。っで、その後、声をかけられた見知らぬ方にに相手をしてもらったのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

ええと、ここではテニス暦を言うべきなのかな?
テニス暦10年です。
まずこういったことがあるかと言われれば、あります。
フォアがだめだめで、バックが打てる。こういった症状は、この先うまくなっても長々と付きまとってくると思います。
バックができてフォアができない理由はたぶん人それぞれで、たくさんあると思いますが、主な理由は2つほどだと思います。どちらかに当てはまればいいのですが。
1、バックハンドはテイクバックをすると、両手であれ片手であれフォアより稼動域が短いので体を必然的にひねらざるおえません。そのためテイクバックさえちゃんとやればバックハンドは手打ちにはなりません。
つまりは、フォアハンドのときにバックハンドのように短めにして体をひねることを意識してみてください。大体左肩の後ろを相手に見せるほどやってみれば、以降ひねりやすくなります。
もちろんひねりすぎるといけませんが、手打ちのときよりはひねる、と考えると次第にまた手打ちになってしまうので、ここはひねりすぎなぐらいひねっておいたほうが直りは早いと思います。
2、バックハンドは左側をむいて打つため、右肩が前にあるので、フォロースルーはかなり前まで押し出せます。フォアハンドでは逆に右肩が後ろになるのでフォロースルーが後ろに残りがちです。
ここで、
A)オープンスタンス、もしくはセミオープンスタンスの場合
打つ前の右肩が体の後ろ、打ち終わりの右肩が前になるように調整してみてください。
B)クローズドスタンス
打つ瞬間右足で地面を蹴って前に飛んでみてください。イチローの一本足打法とちょっと似ています。
この調整で手打ちが直る場合が多いです。
先ほども言いましたようにどちらの対処法もやりすぎはさらにフォームを崩します。ただ、これど折やろうとしても半分もできない場合がほとんどです。その半分ぐらいが実はちょうど良いので、やりすぎにはお気をつけください。

ええと、ここではテニス暦を言うべきなのかな?
テニス暦10年です。
まずこういったことがあるかと言われれば、あります。
フォアがだめだめで、バックが打てる。こういった症状は、この先うまくなっても長々と付きまとってくると思います。
バックができてフォアができない理由はたぶん人それぞれで、たくさんあると思いますが、主な理由は2つほどだと思います。どちらかに当てはまればいいのですが。
1、バックハンドはテイクバックをすると、両手であれ片手であれフォアより稼動域が短いので体を必然的に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報