出産前後の痔にはご注意!

私は現在社会人ですが、上記の試験を考えています。ところが、試験内容が具体的ではなく、勉強の仕方に悩んでいます。まわりに同じ目標を持つ人もいず、ネットで探しましたが、はっきりとした答えが見えません。受験経験のある方、一般常識はどの分野に力を入れるべきですか?適正試験はどんなことを問われるのでしょうか?(一般企業採用試験用の問題集では全然事足りない、とどこかで聞きました。)勉強していても、この分野はかすりもしないのじゃないかと不安になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前派遣員として4年間、某国大使館で勤務していました。



かなり昔に試験を受けたので、今はどうなっているかわかりませんが、私が受けたときのことをご参考まで。

まずは試験の前に、提出履歴書に関してですが、これを空欄などは作らないように書きましょう。ここで最大限自分をアピールしてください。これが出来ていないとどんなに優秀でも多分受かりません・・・また、この履歴書が最後の日本語面接で試験内容にかかわってきますので、コピーを忘れずに。

一時試験はメジャーな国の言葉の場合は、新聞の翻訳(日本語→外国語、外国語→日本語)が出来れば大丈夫だと思います。ただ、かなりの量が出ますので訓練しておく必要があると思います。また、時事問題の小作文が出題されることもありますので、それも準備しておいた方がいいでしょう。

メジャー語学の場合、受験者のほとんどがすごくハイレベルです。満点もざらですし、ネイティブ並の子、現地に長く住んでいたという人も多くいます。ですので語学試験は「落とさない」というのが大切になってくると思います(特に女性。競争率が高いので)。
男性は派遣国によってはさほど語学の試験の点数を重要視しない場合もある(あった)みたいです。人物重視といったところでしょうか。

問題は次の2次試験。外国語面接は1次試験に通っていればどうにかなると思いますが、日本語の面接はかなりきわどいところをついてきます。私も社会人受験だったのですが、正直日本語面接でかなり納得いかない受け答えになってしまい、不合格を覚悟していました。この面接の数分の間に派遣に耐えることが出来るか、館内で和をもって勤務することが出来るかなどを見られることになります。

話は戻りますが、一般常識のテストは私のときは日本語(国語)の試験や、ちょっとした算数、図形などが出ていました。協会独自の試験ではなく、外注試験でしたので今まで受けた入社試験の一般常識とさほど変わりはありませんでした。
ですので、今から準備するといってもあまり訳には立たないかも。それよりは新聞翻訳の練習をしていたほうがいいかもしれません。

マイナー語学では語学試験もそれほど難しくありません。競争も激しくないし。

適正試験も同じです。私のときは、はい・いいえで一問一答に答えるもの、いわゆる推理・図形みたいな簡単な問題、クレッペリンっぽいのがあったように記憶しています。これも特に準備は要らない(というか、私はしていませんでした)感じです。

何語でうけるのか、また質問者が男性なのか女性なのかでまたいろいろ答えることも違ってくると思いますが、合格すると身体検査もありますし、身体検査で引っかかって派遣中止になった方もいらっしゃいますのでくれぐれも体を大事にして試験を受けてください。

私がいた頃は男性が圧倒的に多かったのですが、最近は女性派遣員が多いんですね。女性は昔から競争(倍率)が高かったです。男性はあまり試験の結果が良くなくても「危険地」にいける体力と一目置かれるような人間性で合格したという人が私たちの時代には結構いました。

また、欧米圏の派遣員は「試験が簡単だった」と言っていましたが、その他の地域の人は「どうして自分が合格したのか・・・不思議だ」という人が多くて、派遣前の研修では優秀な欧米圏、なんだろうの○○圏なんていわれていました。

がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみませんでした。
ありがとうございました。私にとってはとても貴重なお話でした。参考にさせていただきます。
それにしても4年間赴任されていたということは2回合格されたということですか?すごいですね。
私の希望はフランス語圏ですので、メジャー言語ということになるのでしょうね。めげずにがんばりたいと思います。

お礼日時:2005/04/22 20:39

本日ちょうど、説明会が開かれているようなのですが、いかれましたか?


http://www.ihcsa.or.jp/hakenin/p03.html


またこちらにはこのように書かれているようです。
http://www.ihcsa.or.jp/hakenin/p05.html
個人的に知る同様の派遣経験がある方(複数)も、大学卒業後ダイレクトにいくケースが中心で、
恐らくそういった大学には、過去の受験例の蓄積があるかも、と思っているところです。(私立で、外国語関係の教育に力の入っているところのご出身の方が多いように思います)
とはいえ、一般常識よりもむしろ、語学が大切ではないかと思います。bardyさんが社会人でいらっしゃれば、大学生よりは一般常識に自信をもたれてもよいのではないでしょうか? また語学に関して言えば、やはり英語は狭き門だと思いますので、それ以外の語学を武器にされているとなればアドバンテージに繋がると思います。

ちなみにこの派遣員の不安な点は、その後の職業が基本的に保証されていないところです。
ですので、派遣員期間に公務員試験に通るようにするですとか、大学院に戻って研究を続けるですとか、「2年間終了したその後」を相当意識しておく必要があると思います。
一般企業への就職で、これがどの程度アドバンテージになるかは一概に言えません。(いわゆる”協力隊”も同様の部分あり。。。)


以上直接のおこたえになっていませんが、ご参考になる部分あれば幸いです。

この回答への補足

すみません。お礼する方を逆にしてしまったようです。先ほどのお礼は意味不明でしたね。。。

改めて、ありがとうございます。説明会には出席しました。出席者多く、出席していない人も多数いることを考えるとライバルは多そうです。学生が圧倒的でしたので、社会人であることを武器にがんばりたいと思います。

補足日時:2005/04/22 20:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみませんでした。
ありがとうございました。私にとってはとても貴重なお話でした。参考にさせていただきます。
それにしても4年間赴任されていたということは2回合格されたということですか?すごいですね。

お礼日時:2005/04/22 20:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q在外公館派遣員について

来年外務省の在外公館派遣員制度に応募しようと思っています。
詳しい内容(試験内容、業務内容、給料、環境など)ご存知の方、経験者の方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

私は2次試験で落ちたのでなんともいえませんが一応ご参考までに(参考URLは過去の質問ですね)。

私はマイナー言語で受けました。911事件の後のアラビア語ですから、問題の予想はしやすく、当たりをつけたテロ関係の用語がばっちり出ました。
その年の時事関連用語(特にその言語地域に関するもの)は覚えておいて損はないかと思われます。
メジャー言語ですと受験者も多いので、とにかく受験者を絞る問題が多いかと思われますが、経験のないことですので書きません。
マイナー言語の場合、確実に問題を解いていけば(記述問題です)特に問題はないでしょう。
私のとき、度忘れしてくやしかったのは、計算問題でしたね。「1+1=2」これを訳せ、というもの。機転で切り抜けましたが、これが掛け算だったり割り算だったりしたら混乱していたかもしれません。問題量はそれほど多くなく、文章題(和訳と内容質問など)と小問(上記のような外国語訳)で構成されていました。

2次試験は、外国語での面接、相手は日本人で1対1でした。あがってしまって何を喋ったのやら覚えてません。すみません。
あと、日本語での面接では、どうして応募したのか、行くとしたらどの国に行きたいか、アレルギーのことなどについて聞かれました。余計なことは履歴書に書かないほうがいいですね。私の知り合いの人は、大学2年間の休学について聞かれて正直に欝症状であったことを話したらダメだったみたいです。
私もどうやら乾燥に弱い肌が問題ならしく、そのへんをつつかれました。
健康状態・精神状態はかなりつつかれそうです。

業務内容については、http://www.ihcsa.or.jp/hakenin/に書かれている以外のことはあまり聞かされませんでした。
給料については覚えてませんが、それほど高くない印象でした。物価の安い国であればまぁまぁかな。

以上、何かのご参考になれば。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1318827

私は2次試験で落ちたのでなんともいえませんが一応ご参考までに(参考URLは過去の質問ですね)。

私はマイナー言語で受けました。911事件の後のアラビア語ですから、問題の予想はしやすく、当たりをつけたテロ関係の用語がばっちり出ました。
その年の時事関連用語(特にその言語地域に関するもの)は覚えておいて損はないかと思われます。
メジャー言語ですと受験者も多いので、とにかく受験者を絞る問題が多いかと思われますが、経験のないことですので書きません。
マイナー言語の場合、確実に問題を解い...続きを読む

Q在外公館専門調査員

在外公館専門調査員になるには、絶対に大学院をでなければいけないのでしょうか?
また、応募資格に 大学院(修士)修了以上の学歴とあるのですが、どんな学歴なんでしょうか?

そして任期が2年とあるのですがその任期が終了したらどうなるのでしょうか。。。?これは就職とは違うんですかね。。。


バカですみません教えてください

Aベストアンサー

応募資格に、

(1)大学院(修士)卒業以上の学歴あるいは、学部卒業後、募集公館担当事項の専門分野において3年以上の職歴(調査、研究)を有する者。

とありますので、基本的には修士号は必須かと思います。しかし、自分の応募ポストの担当事項で3年以上の職歴があれば、修士はなくても構わないはずです。例えば経済案件が担当であれば、銀行などでの職務経験があれば、必ずしも修士号を持っている必要はない、といった話を聞いたことがあります。

任期は2年ですので、2年経てばこの仕事は終わりです。もし2年後に他の在外公館に再び派遣されるには、もう一度選考を通る必要があります。実際、2度目、3度目の人も結構多いと聞きます。

就職といえば就職ですが、あまり安定した就職先とは言えないかもしれませんね。

Q日本大使館・領事館で働くには?

海外にある日本大使館や領事館で働くにはどういった過程を踏まなければならないでしょうか?外務省の職員にならなくては、ならないのでしょうか?ご存知の方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外務省職員の採用は下記で説明されています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/index.html
国家公務員1種はいわゆる外交官です。
外務省専門職員は通訳などの専門職です。
国家公務員3種は会計、通信、領事事務などの一般事務です。
それ以外に、コック、電気工事、営繕などの専門職があると思うのですが、こちらはよく判りません。
なお、いずれの職も大使館・領事館勤務と本省勤務を交互に繰り返すようです。

その他に、防衛庁や経済産業省などからの出向もあると思いますが、こちらはそれぞれの省庁に入って、所属省庁の都合で出向になるので必ず大使館・領事館勤務になるとは限らないと思います。

Q海外勤務の実現可能性が高い業界や職種

私は現在大学三年生でそろそろ就職活動を本格的に始めようと思っています。
そこで質問なのですが、私は将来どうしても海外で仕事がしたいと考えています。一口に「海外勤務」といっても色々な勤務があるとは思いますが、現実的に自分の英語力(TOEIC700点程度)から考えて英語圏ではなく、入社後に特別な語学教育を受けて(例えばマレーシア語など)その地域へ派遣されるという形がベストではないかと考えています。正直この国がいいなどのこだわりはありません。
そこで、上のような海外勤務ができる可能性が一番高い業界や職種にはどのようなものがあるのでしょうか?回答よろしくお願いします。
またなぜ海外勤務にこだわるか疑問をお持ちになるかもしれませんが、自分は今までの大学生活で長期休みのたびに一人で世界を旅してきて、それに魅せられたという部分が大きいです。このような経験は就職の際強みになるのでしょうか?そんなことをしている人間はいくらでもいるのでプラスにはならないのではないかと自分では考えているのですが・・・
回答の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、業種から言えば金融、商社、メーカー、流通、サービス、マスコミと何でもあり状態ですね。
かくいう私も上記の一分野ですが・・・。

業種にもよるでしょうが、入社した時から一貫してその気持ちを持ち続けていればチャンスは巡ってきますし、特技をアピールすることでさらにその道は近づきます。
ただ、漫然と希望しているだけでは望みは叶いません。
TOEFLやTOEICなどの語学は、現地でスムーズに業務を行うためのツールに過ぎません。
むしろ、その会社が海外で行っている事業に必要な業務スキルを身につけることが絶対条件です。

>このような経験は就職の際強みになるのでしょうか?

入社の際のアピールになるかどうかは分かりませんが、入社後の海外勤務へのアピールとしては意味が無いと思います。
前述の通り、海外で必要な業務スキル(語学除く)を持っているかどうかが決め手です。

老婆心ながら、海外で働くことだけが目的なら現地採用という手もあるかもしれませんが、現地採用と日本からの駐在員では待遇に天と地ほどの差があります。
もし、あなたの希望が一過性のものでないなら、しっかりと日本で就職して、駐在の道を求めた方が良いと思います。
目標を見失わずに努力すればチャンスは巡ってきます。しかし、後悔は先に立たないのです。

>入社後に特別な語学教育を受けて(例えばマレーシア語など)

これから就職される身のあなたにはキツイ言葉ですが、この手の考えは早く捨てた方が良いと思います。
私はある程度の自身の目標が定まった時期に、自腹で地元の語学学校に通いました。
そして、赴任後も自力で勉強を続けています。

「本来、そんな金は会社が払うんじゃないの?」という正論も理解できます。
しかし、自分の目標を達成するには、「納得しようがしまいが、アピールできる事は全てする」ぐらいの気概が無ければ実現しません。
正論を振りかざして自分の目標が絶たれるほうがよっぽどもったいないですから。
仮に、あなたと私のような人間が同時に就職したら、会社はどっちを海外派遣するでしょうか?

私なりの結論は、
1.海外にある程度の事業規模をもっている会社なら業種は問わずにチャンスはある
2.就職してからどの業務が海外事業と繋がっているか把握し、その仕事に積極的に絡む
3.その努力を数年続ける。そして時期を見計らって希望する
これが一番有効だと思います。

バンコク駐在

まず、業種から言えば金融、商社、メーカー、流通、サービス、マスコミと何でもあり状態ですね。
かくいう私も上記の一分野ですが・・・。

業種にもよるでしょうが、入社した時から一貫してその気持ちを持ち続けていればチャンスは巡ってきますし、特技をアピールすることでさらにその道は近づきます。
ただ、漫然と希望しているだけでは望みは叶いません。
TOEFLやTOEICなどの語学は、現地でスムーズに業務を行うためのツールに過ぎません。
むしろ、その会社が海外で行っている事業に必要な業務スキルを...続きを読む

Q外資系航空会社への就職について

現在専門卒2年生であり、来年ヨーロッパ系航空会社の客室乗務員として新卒入社を目指している男性です。
外資系は既卒採用が大半ですが、イギリスのヴァージン・アトランティック航空は新卒も可能との事で志望しております。
そこで質問ですが、イギリスの航空会社を目指す場合、どのくらいの英語力を有すれば認められるでしょうか?TOEICや英検だとどのくらいあれば好ましいでしょうか?
また、上記の二つ以外に取っておいて損はない資格などはあるのでしょうか?

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。英国ではありませんが、欧州で客室乗務員として働いている男性です。

私の場合は学部留学中に現地採用試験を受け、学生FAとして働き始めました。現在は大学院に通いながら飛んでいます。会社が学業と両立できるように配慮してくれるので、学生でFAというのは珍しくありません。ちなみに日本の大学を中退してこちらに来たので採用試験時の最終学歴は高卒。FA自体、欧州では典型的なブルーカラーに当たる職種ですので、ローカルクルーですと大卒の方が少ないですね。恐らくイギリスでも同じかと思います。

視力は他社に比べ厳しく裸眼0.3以上となっています。ただレーシック手術は認められていますし、裸眼さえパスすれば眼鏡での乗務も可能です。これは身長同様、法律で決められている事なので仕方がないですね。私も裸眼視力はギリギリなのでコンタクトが手放せません。普段の生活なら問題ないですが乾燥した機内ですと本当に辛いです。裸眼での仕事も不可能ではないですが、お客様や席番号を見間違えたりしては大変ですので…。

英語に関してはコミュニケーションがストレス無く行える程度、だと認識しています。いくら英語圏の会社でもネイティブ並みの能力を求める事は無いと思いますよ。また英語と同じぐらい大事なのは日本語と日本人らしさ。ヴァージンや弊社が日本路線専門の日本人を用意するのにはそれなりの理由があります。やはり細かい言葉の使い回しや言葉の裏に込められた思い、そこから生まれる独特の気遣いなど、日本人でなくては分かりにくい(気付かない)ものなんですよね。またそれらをローカルクルーに説明し、理解させ、時には彼らを説得するのも大切な仕事。日本語が話せるだけの人が欲しいのなら日本語を学習したローカルクルーを乗せればいいだけですから。私が採用試験を受けた時も在住歴10年以上で現地語、英語ともにネイティブ並みの方が何人かいらっしゃいましたが、やはり日本人離れした部分が目立った方とは一緒に内定を頂く事はありませんでした。弊社ではそれらを最重要視し、日本学や心理学の専門家と共に日本人リージョナルクルーの採用試験を行っているようです。

資格は外国語と手話、運転免許で出しましたが、トピ主様のMedicはとても魅力的だと思いました。いちFAとして同じクルーに医療従事者がいればこれほど安心な事はないですよ!私も一時期こちらでパラメディックのコースに通おうかと考えていました(時間的に無理でしたが…)。あと資格ではありませんが、日本での接客経験は面接でもかなり重要視されていました。

何だか偉そうに長々と書いてしまいました…。
いつか成田でお会い出来る日を楽しみにしています!!
頑張って下さい!

こんにちは。英国ではありませんが、欧州で客室乗務員として働いている男性です。

私の場合は学部留学中に現地採用試験を受け、学生FAとして働き始めました。現在は大学院に通いながら飛んでいます。会社が学業と両立できるように配慮してくれるので、学生でFAというのは珍しくありません。ちなみに日本の大学を中退してこちらに来たので採用試験時の最終学歴は高卒。FA自体、欧州では典型的なブルーカラーに当たる職種ですので、ローカルクルーですと大卒の方が少ないですね。恐らくイギリスでも同じかと思い...続きを読む

Q外交官夫人について

海外駐在員の奥さんは在留邦人のコミュニティ がありますね。

外交官の奥さんをトップとして、ヒエラルキー があるそうですが、外交官夫人はそんなにすご いんですか?

皮肉に聞こえたら申し訳ありません。 ただ、興味があって。。

普通の国家公務員が外務省に出向で行くケース が多いと聞いたんですが。

だとすると、なにやら格別に良家の子女ばかり でもないのでは、と思ってしまったんですが、 そのなかでも知性の優れた方々なのでしょう か?

Aベストアンサー

補足します

外務省職員のなかでもハイソな生活をしっていて教養も深くないとつとまらない仕事についているひとはごく一部で、その程度も人により実際にはさまざま

また他省庁出身者に関しては、本省内で仕事している段階ですこし、生え抜きの方と雰囲気がちがう場合も往々にしてあります。外交に向いていそうな感じの人材だけが外交官試験などの面接をとおってくるわけでそういう人材は、ひとあたりがよい、洒脱などの特徴をもっていることがおおいのですが、それが他省庁出身者にはありません。

他省庁出身者の奥さんに特別の資質がないとしてもそれもあたりまえかとおもいます。外務省職員のなかでも大使館にまねかれるのは、本省では課長級で、全体の30分の一から50分の一程度のはずで、それ以外の職員は、大使館レセプションなどにまねかれることもないのです。

またいわゆるアタシェなどの場合には、警備要員ですので、外交そのものにはたずさわりません。

ハイソな雰囲気がまったくない外務省職員がいたとしてもそれはあたりまえかとおもいます。もし知性教養容姿ともにすぐれていれば、あっというまに大使候補としてとりざたされるかとおもいます。それくらい人材というものはどこにいってもすくないのです。

補足します

外務省職員のなかでもハイソな生活をしっていて教養も深くないとつとまらない仕事についているひとはごく一部で、その程度も人により実際にはさまざま

また他省庁出身者に関しては、本省内で仕事している段階ですこし、生え抜きの方と雰囲気がちがう場合も往々にしてあります。外交に向いていそうな感じの人材だけが外交官試験などの面接をとおってくるわけでそういう人材は、ひとあたりがよい、洒脱などの特徴をもっていることがおおいのですが、それが他省庁出身者にはありません。

他省庁出身者...続きを読む

Q大使館で働くには?

日本にある各国の大使館で働くにはどうしたらいいのかを知っている方、いらっしゃいましたら情報を提供して頂けませんでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

あまやんです。

外国人である日本人は、外交官ではなく事務職員という形での採用になります。その場合は秘書や調査担当などが多いです。これに近いものとして、各国や地方政府の貿易代表事務所(日本のJETROに相当)の職員があります。また、運転手や調理師、守衛、清掃などの職種もあります。(最近では派遣が多い)

ただ、身分はかなり不安定で、例えば、先般大阪にある某国の総領事館が閉鎖された時は日本人スタッフは全員クビになりました。公務員としての保障もうけられません。

ジャパンタイムズ、英文毎日などの英字新聞に時々求人情報がでています。また、信用できる人との観点から、つてやコネによる採用もかなり多いようです。

英語と、その国の言葉ができることは最低条件です。例えば外大などのスペイン語学科などを出ていたら、中南米諸国の国の大使館や領事館から求人が来ることもあると思います。ウルドゥ語学科ならパキスタンとか。ただ、実際には新卒よりも商社OBなど実務経験がある程度ある人が求められることが多いです。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q国際関係学に強い大学院

今海外大学3年なのですが、大学院へ行くことを考えています。

自分の研究したい分野はまだ詳しく定まったわけではありませんが、
大枠で国際関係学を学びたいと思っています。そのなかでも国際関係理論に興味があります。

国際関係はアメリカが強いと聞いたことがありますが、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、日本(それぞれで扱う国際関係学にも違いが断然あると思いますが。。)のなかで、国際関係学に強い大学院を教えていただきたいです。

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

 日本では筑波大学大学院国際公共政策専攻が白眉でしょう。
この大学院は筑波大学国際総合学類という国立の最高峰の国際関係学を研究する学部の上位組織(大学院)だからです。
 色々と国際関係学を扱う大学院がありますが、東京大学大学院総合文化研究科より規模的にも良い気がします。

参考URL:http://www.dpipe.tsukuba.ac.jp/top_ja.html

Q【外交官】就きたい国に就くにはどうすればいいのか

前に、スペイン語ができる人はスペインじゃなくて南米に送られ、
フランス語ができる人はフランスじゃなくてアフリカなどに送られる確立が高いという話を聞きました。

日本語英語イタリア語ができる外交官はイタリアじゃなくて違う国の大使館に行く場合もあるってことですよね?

私は将来、タイかスペインの大使館で働きたいと思っています。

やっぱり簡単に働きたい国に就けるかどうかは運任せなのでしょうか

Aベストアンサー

詳しい回答もついているので詳細はそちらに譲るとして、外交官になりたいということですが、仮に成れたとして、転勤がありますよ。就きたい国といっていますが、希望は出せるとしても、決めるのは国(外務省)でしょう。外交官になろうとする以上、どこの国でも行く覚悟が必要なのではないですか?

タイかスペインという選択も良くわかりませんが、そんな限定もおかしいと思いますよ。

まずは、外交官に成ることが大事で、その上での希望(といってもどこでも行く覚悟が必要)だと思います。


人気Q&Aランキング