プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

なぜこんなに物価が高くなる一方なんですか?

A 回答 (28件中1~10件)

根本的な話として円の魅力がないからです。

流通という経済では商品を買うにしても相手国のマネーを使わないとならないので自国のマネーと交換して入手します。この際の交換レート変動が重要で、たくさん相手国のマネーが必要とするなら当然たくさん交換したくなるためにレートは上がりその国のマネーを高値で買うようになるため価値が上がります。

今、アメリカで金利を上げているためにアメリカのドルがあると利益を得やすいために日本の低金利だと全く増えないために円をアメリカのドルに変えるという状態が続いています。

このとき、円が必要とされないために少ないマネーで円が買える状態(これを円安という)になるために他国との流通による買い付けで日本円を交換する際に多額の円がかかるようになるために物価高になっているわけですね。
    • good
    • 0

富裕層しか生きていけない世界にされてく過程かもね。

    • good
    • 0

岸田総理の日本大安売り政策のおかげだろ

    • good
    • 0
    • good
    • 0


https://www.youtube.com/watch?v=8ZN5TIJMMg0
おそらく見る気も起こらないとおもいますが
一応おいときます
    • good
    • 0

ロシアからの資源で回っていた色々が途絶えてしまった為


あらゆるところでその余波がでている為です。

日本もこれから大加速して物価があがっていきます
そうしたどさくさに紛れて、日本の大企業の乗っ取り(というか日本政府がトヨタを潰そうとしていたり)、憲法改正を薦めたり
混乱の中で人々のゆとりのない中で『さいごの日本が終わる仕上げ』がこの1~3年で行われようとしています

陰謀論でもなんでもないんですが、陰謀論だと結論づける知能の低い国民レベルになってしまった為、もう止められません。

https://youtu.be/yWoLZAjp4YM
    • good
    • 0

ニュースを見て理由がわからなかったら、再度ここに来て質問してください

    • good
    • 0

需給関係。

需要はあるけど供給が少ないと高くなる。長期的に供給が細ることが見通せる場合には、先物取引価格が上がる。故に市場供給の価格も上がる。

次いで為替関係。自国通貨が対外的に弱くなれば、それを購入するために払う金額が増える。実はこれも大きな視点では需給関係で、その国の通貨とか産出品をどれだけ欲しいかということに関係する。
今で言えば、世界中インフレが進みすぎているので、どこも抑制したい→金利上昇→そんな中、借りても金利がすごい安い通貨「円」がある→円をやすく借りて、それを原資にドルにして貸し付けたら、金利差額分が儲かるんじゃね? というのもあって、円安がどんどん進んでいる。

円安だと今までと同じ金額(円ベース)では海外製品は買えない。更にインフレで海外製品の値(相手国通貨ベース)もあがっている。例をあげればこんな感じ。

ある製品Aは、今まで1$で買えた。今までは1$=110円だった。つまり日本円で110円で買えた。
               ↓
インフレと品不足で製品Aは、1.5$に値上がり。1$=150円になった。払う日本円は225円。
    • good
    • 0

ウクライナ/ロシアの戦争で、モノの流通がギクシャクしている。


モノにより、そのモノが出て来ない。
市場にモノが準備できないので値が上がる。
    • good
    • 0

年金下げて老人いじめだな。


老人は食べていくのもきつい。早く死ねか。
病気になっても治療費で口座マイナス病・金欠病を羅患。
今回給付金は以前の半額の5万と聞く。国葬の影響か。
今後は国政ならぬ酷政および國・国ではなく、苦荷と翻字したい。

円安・ウクライナ戦争も絡む。
なぜ、海外援助に金を回して国民に回さぬか、つくづく国を怨む。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング