燃料の内、ガソリンだけはなぜ「○油」としないのでしょう? もしも、漢字で表すのならば、何が適当でしょうか?
 また中国語では、それぞれなんと表しますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「瓦斯厘」と書きます。


「瓦斯(ガス)+厘(リン)」=ガスリン(ガソリン)

(おまけ)↓は中国語での表記

参考URL:http://www.flsi.co.jp/zhongwen/mailmaga/vol006.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くだらない疑問にお付き合いいただき、ありがとうございます。m(__)m

「瓦斯厘」、なるほど。音から当てるのですね。
「気化する油」で「気油」ですか。 分かる気がしますが、なんか苦しい。ガソリンに限らず、みんな一応は気化しますし。(^^;)

お礼日時:2005/04/13 20:09

揮発油と言うのは懐かしいですね。

古い人は略して「揮発」と呼んでました。
「揮発」は「蒸発」と同じ意味ですね。ガソリンは蒸発が早いですから。
コンピュータ用語でも、電源を切ると記憶が消滅するメモリーは「揮発性メモリー」と
言いますね。

蛇足です。
灯油はケロシンです。飛行機の燃料ケロシンは何のことは無い、灯油です。
ファンヒーターにも「KEROSENE ONLY」と書いてあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

灯油も軽油も揮発はしますが、ガソリンが最も早いから特にこれに使われるわけですね。 もしも一文字で表すなら「蒸油」(笑)。
飛行機の燃料のもとを聞いた時は驚きました。 しかも、もしもガソリンを使っていたらコストが合わないとかで。(笑)

お礼日時:2005/04/13 21:39

ガソリンは、「揮発(きはつ)油」といいます。


「揮発油税法」など、法律用語や公文書などでは、
ガソリンよりも使われている言葉です。

なぜ一般には「ガソリン」のほうがよく使われるのかは、わかりませんが、
「きはつゆ」というのが発音しにくいからかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「揮発油」が本来の日本名(?)なのですね。 他のものと違って、一文字ではないのですね。

お礼日時:2005/04/13 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報