最近本を読んで泣く、ということがめっきりなくなってしまったので久々に大泣きしたいと思います。

・いま、会いに行きます
・世界の中心で愛を叫ぶ
・秘密(東野圭吾)

以外でボロボロ涙が止まらない、という本があったら
ぜひぜひ教えてください!
できれば本のだいたいの内容、どういう点であなたが感動したのかなどネタばれにならない程度に教えていただけると助かります。
ちなみに私はファンタジー系、SF系は好きではありません。また、最近本離れしていたため極端に難しい本やクセのある本はできれば避けたい・・と思ってます。


ワガママですがどうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (31件中1~10件)

ちょっと変った本を紹介します。


”喪の途上にて”
123便の事故で残された家族のことを書いた本です。人フィクションです。

朝、いつもと変わりなく出張に出かけた人が帰ってこない・・・。病死とは全く違う事故死でかけがえのない家族を失い、そして残された人の心情などが書かれています。
これを読むと、絶対交通事故で死ねないな、と思ってしまいます。
残された人の悲しみ、じわりと心に染みとおってきます。この本を買ったとき、店長さんに”良い本を買われる・・・”と言われました。読んでいてその言葉、よくわかりました。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私は以前、交通遺児たちが書いた詩集を読んだことがあります。
幼い子供ながらも自分の両親が亡くなった悲しさを
まっすぐな文章で綴っていて、胸にくるものがありました。
「喪の途上にて」も、そういう内容の本ですね。
私もその本を読んでから交通事故に対する考えは変わりました。
実話だと特に、自分の考え方を改めさせてくれますよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/14 23:36

おくればせながら・・・



神坂次郎「今日われ生きてあり」(新潮文庫刊)
戦争末期の知覧航空基地の特攻兵の、手記や手紙を綴ったもの
一章ごとではなく、一節ごとに泣いてしまう。
電車の中で読んで収拾がつかなくなり、向かいの席のおばちゃんに変な顔をされてしまった(笑)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
戦争ものは絶対泣いてしまいます・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/06 17:00

最近泣いたのは


村山由佳の『天子の卵』です。

いま会いに行きます・世界の中心で愛を叫ぶ・天国の本屋
も読みました。
どれもかなり泣けますね。
全て、読んでから映画を見ましたが、本のほうが泣けますね!!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

天子の卵って聞いたことあります。
村山由佳さん好きな方も多いですよね。特に女性は。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/06 17:01

『届かなかったラブレター』 文芸社発行



は、読み始めて30ページもいかない間に泣いてしまいました。
この本は届かなかったラブレター委員会が企画し、
「心の隅に大事にしまってきた大切な思いを、大切だった相手に伝える機会を作ってみたい」というところからスタートしたそうです。
そんな中、集まった作品3000点以上。その中からよりすぐりのものをまとめたのがこの本です。

家族へ、恋人へ、愛犬へ、もう会えなくなってしまった人へ、思いを伝えたい人へ…ふだん面と向かって言えない分、飾らない素直な気持ちがつまった文書がと
てもじ~んと心に染み渡る感じです。

心温まるとても素敵な1冊でした。
ぜひ読んでみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

タイトルからしてもう泣きそうです。
愛犬に手紙かぁ・・・
私も犬を飼っているので絶対泣くと思いますね・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/06 17:03

こんにちは。

僕も手紙を読んで泣きました。最後のシーンはほんとグッときました。
 僕のおすすめは
「週刊ストーリーランド傑作選 天国からのビデオレター」(日本テレビ)
「西の魔女が死んだ」(梨木香歩)
です。
 前者は短編集です。まだこども(えりちゃん)が小さいうちに癌にかかってしまった母親が、残されたえりちゃんに対して3本のビデオレターを残し、ラベルに書いたじきになったらふたりで見てねと父親に託す話です。母親の愛の深さを感じてとても泣けます。ただ、他の短編はたいしたことないので、図書館で借りるのを薦めます
 後者は、悩みをかかえた主人公(女の子)とおばあちゃんが、一緒に暮らしはじめ心が打ち解け合っていくはなしです。もともと外国人だったおばあちゃんの、不思議な魅力がはなしにあたtかみをもたせてくれます。題名とはちがってファンタジーではありません
 でも、どちらもすこし子供向けかもしれません。(僕や妹は今でも泣きますが笑)よかったら読んでみてください
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
前者の「天国からのビデオレター」はテレビの週刊ストーリーランドで見ました。
号泣しました。本になっていたんですね。

「西の魔女が死んだ」は支持する方多いですねぇ。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/06 17:05

前にも書かれていましたが、


大崎善生氏いいですよ。
僕は特に「聖の青春」がお勧めです。
将棋界のお話なんですが、知らない方でも十分にのめりこみ泣けるお話です。ノンフィクションなんですが、まるで考え出された物語のように泣けてきちゃいます。その上生きることへの勇気がいただけるお話だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなってしまい、すみませんでした。

将棋のお話なんですか!
将棋で泣けて、おまけに生きる勇気が湧くなんて・・・。
私も一応将棋は打てますが、
いつも弟に負けて、違う意味で泣きました。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/05/16 22:46

浅田次郎作「鉄道員」に収録されている


「鉄道員」と「ラブレター」がオススメです。
「鉄道員」は映画化もされたので(広末涼子が出演してました)結構有名かもしれませんが・・。
私はこの2作で死ぬ程泣きました。
北国の感じがうっすらと出てる感じですね。
他にもミステリーな感じの作品が収録されてるので口直しにも最適な一冊だと思います。
ちょっと設定が昭和の終わりって感じの時代背景ですけどね。それさえ良ければかなりオススメです。
読みやすさは抜群だと思います。
是非読んでみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事が遅れてすみませんでした。

浅田次郎さんもかなり良い作家さんなんですね。
以前「鉄道員」がテレビでやっているのを
観たことがあったんですが、
かなり前のことなのであまりくわしく覚えていませんが、たしか生まれたばかりの赤ちゃんが悲しい運命をたどるラストでしたよね。
ラブレターの方は全然分かりません。

「鉄道員」は短編集だったんですね。
初めて知りました。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/05/16 22:44

「アジアンタムブルー」大崎善生


が私はとても好きで、泣けます。
話の内容としては「世界の中心で~」に近いところがありますが、もっと複雑で、ある意味もっと単純です。
死にゆく恋人への主人公の接し方、そしてそれに応えようとする恋人の態度に泣けます。
主人公二人以外の登場人物も皆優しく生きていてとてもいい本だと思います。きれい事と言う人もいると思いますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事が大変遅くなってしまってすみませんでした。

「世界の中心~」より複雑である意味単純というのは
どういう作品なんだろう・・・。
実は「世界の中心~」は読んだことがないのですが、
なんとなく泣かせよう泣かせようとしている作品、
というイメージがあってまだ読んでいないんです
(ファンの方ごめんなさい)
こうなったら2作品とも読んで比べてみようかな。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/16 22:13

SFがキライということで迷っていましたが・・。



ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」。一応、SFですが、あまりSFと思って読んでいる人は多くないんじゃないでしょうか。映画にもなりましたし、けっこう有名な物語だろうと思います。
 とある知的障害を持つ青年が、新薬の投与被験者になる話です。薬の効果により、青年はIQ185の超天才へと変わるのですが・・。とにかく、ラストではもうボロボロになるまで泣きました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151101 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事が大変遅れてしまって申し訳ありませんでした。

アルジャーノンに花束を、は本当に良い作品なんですね!
私の質問に対する回答だけでも
かなり支持率が高いです。

絶対読みます!

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/16 22:10

こんにちは。


あんまり新しくないですが私は西田英史さんの「ではまた明日」という本で大泣きしました。
18歳という若さで癌で亡くなった方の日記でもちろんノンフィクションです。
もう7年くらい前に読んだのですが今でもたまに引っ張り出して読んだりします。
あとフィクションでダニエルキイスの「アルジャーノンに花束を」もおすすめです。
知的障害のある主人公が実験的な手術を受けて頭がよくなるという話です。ジャンル的にはSFらしいんですが泣けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

病気で亡くなった方の作品は本当に悲しいですよね。
私も、脳外科医が悪性脳腫瘍になり、
その闘病記の本を読んだことがあります。
あまりにも残酷な状況に、読んでいて辛くなりました・・・。
私もその本は今でも大切に持っています。

アルジャーノンに花束を
も支持率が高い作品ですよね。
前から興味を持っていたので、ぜひ、読んでみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/21 23:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病気の実話を扱った本を教えてください。

病気の話を扱った本を探しています。
できれば、1リットルの涙のように、小説というよりは実話にそったものを探しています。

このように、実話もしくは実際の話に基づいたお勧めの小説・本を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

宮越由貴奈 『電池が切れるまで』 ※神経芽細胞腫(小児がん)により11歳で逝去。
ありのまま舎編集 『いのちを語る手記集 ※難病と障害を持つ四十五人の手記』
松村吉男 『残されし日をみつめて ある難病患者の手記』
河野実・大島みち子 『愛と死を見つめて』 〔書簡集〕 ※骨肉腫
TBSイブニング・ファイブ 『余命1ヶ月の花嫁』 ※乳癌

目的は何ですか。
他にもあり、場合によっては追加しますけど。

Q心から感動するノンフィクションの書籍を教えてくださ

永遠の0 を読みました。
とても面白かったです。

ただ・・悲しいことに泣けませんでした。(どんかん?)

さておき、ノンフィクションのほうが重みがあって、面白いな~と感じたため
ノンフィクション作品が読みたいです。

ミステリーではなく、永遠の0のように、現実に起こったすごいこと?のような本が読みたいです。

長文を読むのは苦痛ではないのですが、
読みづらい文章だと読めません。

なにかオススメありませんか?
年末心底ヒマなので、オススメ書籍をたくさん知れたら嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自伝系ならそういうのおおいとおもいますよ。
しらべてみては?

Qオススメの感動した小説は何ですか?

次に何の小説を買おうか、迷っています!
みなさんが、読まれた小説で、
感動した小説を教えてください!

東野圭吾さんは、好きですが、
ミステリー色が強い作品や、
謎解き系は苦手です。
でも、手紙とかは、好きでした!

あと、恋愛系もいいのですが、
できれば、それ以外の泣ける小説を
教えていただけると、嬉しいです!

Aベストアンサー

重松清さんは読まれたこと、ありますか?
「その日のまえに」映画かもされていますが
この本を入院中に読んで号泣し
泣き声がほかの人に聞こえないかヒヤヒヤした経験があります。
(映画ではちっとも・・・でしたけど)

感動したのは池井戸潤さんの「空飛ぶタイヤ」です
これもドラマ(?)になったはずです。
次から次へと降りかかる災難に立ち向かう姿に感動の涙でした。

別に泣く小説を求めておられないのに号泣物ばかりすみません。

Q苦しいほどに切なくなる本

こんばんは。
タイトルのとおり、切なくて切なくて、たまらなくなるような本が読みたくてたまりません。
是非、おすすめの本を教えてください。

恋愛ものじゃなくても、皆さんが胸を強く打たれるほど感動した本を教えてもらえるとうれしいです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

辻仁成の『サヨナライツカ』なんてどうでしょうか?

Q感動する本、勇気が出る本、前向きのなる本を教えて下さい。

おはようございます。
最近とても大切な人と別れました。人生に対して今は生きる気力がありません。落ち込んで落ち込み抜いたその後に気持ちを前向きにしていきたいと思っています。その時にほんの少しでいいので手助けが欲しいのです。
私は読書が好きなので皆様が出会った素晴らしい本をご紹介して欲しいのですが・・・。
前向きになる勇気の出る本を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『青空のむこう』- アレックス シアラー・著 / 金原 瑞人・訳

わたしはあなたへ、この本をお薦めします。ほか、シアラーさんのお書きになる本は、どれも最後に、ほんのすこしの勇気と、さわやかな感動を生んでくれます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763002112/249-0498760-4756324

Q実話で感動する話、美談が載った本を・・・

こんにちは。
フィクションではなく、実話で感動する話が載った本を探しています。なにかいいのはあるでしょうか?
他にも、やはり実話で考えさせられる本なども教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

やはりノンフィクションと言えば、沢木耕太郎でしょう。

「一瞬の夏」は、ボクシングの話ですが、
とても真実味があって感動できます。

Q神経を抜いた歯がしつこく痛いんです

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をかけてふたをしました』と言う事だったのですが、途端に痛みが激しくなり、神経を抜きたての頃のような痛みに悩まされています。
昨日、たまらずに歯科医院に行って、状況を説明し、「当たっていて痛むのだろう」と詰め物を削って当たらない様にして貰いました。

しかし本日になっても痛み止めが切れるとズキズキして目が覚めるほどの痛みで、豆腐すら噛めません。
食事は治療してない側でこわごわ噛むと言う状態です。

1.原因はなんでしょう?
2.もうしばらく様子を見るべきでしょうか?
3.思い切って転院してみた方がよいでしょうか?

通っている歯科医院はずっと診て頂いていた先生に代わり、先生の息子さんが後を継がれていて、私は若先生に見て頂いています。
その辺りで不安もありつつ、あまりに痛むので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をか...続きを読む

Aベストアンサー

歯の神経を抜いた場合(抜くといってもコンセントを抜くようにスッと抜けるわけではなく、根の先の部分で引き千切る様な状態です)

傷が出来るわけで、その周りが炎症を起こし、歯が響く様になります。が、通常1週間程度でましになります。

2ヶ月近く経つのに豆腐すら噛め無い様な痛みがあるのは、異常です。他に原因が有るのではないでしょうか。

神経を抜くようになった原因は虫歯ですか?

医療には限界があり、絶対もありませんが、他のDrが治療すれば(Drそれぞれに技術も経験も違うので)あっさり直るかもしれません。

今の痛みが続くようなら転医もやむなしです。

Q先生と生徒の恋愛モノの本

先生と生徒ラブなマンガはかなり読破しましたが
小説とか文庫系って情報がないんです
オススメ作品とかありましたら教えて下さい
純愛、悲哀、エッチ系何でもOKです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

島本理生
「ナラタージュ」

大学2年の春、高校の演劇部の葉山先生から泉に電話がかかってきた。高校時代片思いをしていた先生からの電話に、泉は思わずときめく。だが、先生の過去には大きな秘密があった-。一生に一度の究極の恋を瑞々しい感性で描く。
(bk1のサイトより)

瀬尾まいこ
「図書館の神様」

アクシデントで夢をあきらめ、傷ついた心を抱え、国語教師としてある高校に赴任したヒロイン清(きよ)。彼女が学校の図書館で出会ったひとりの男の子、垣内君。どこからでも海の見える明るい高校で、瑞々しい物語が始まる…。

http://www.bk1.co.jp/product/2393854

二冊とも切なくてもどかしくて、でもあたたかくてやさしくて、おすすめです。

Q泣ける小説!

私は高1の女子なのですが、現代文が苦手なのは読書量が足りないせいだということに最近気づきました・・・。
そこで最近家にある本を片っ端から読んでいたのですが、すべて読み終えてしまいました(笑)
それで新しい本を買いたいのですが、どの本がおもしろいのか全然わかりません!!
そういうわけで皆さんのおすすめの本を教えてください!!
私は、本や映画は感動するものが好きなので、「セカチュー」のような恋愛ものでも何でもいいので、感動できる小説を教えてください☆
感動できるものならジャンルは特に問いません!
軽くあらすじなんかも紹介してもらえれば嬉しいです♪
注文多いですがどうかよろしくおねがいいたしますm(__)m

Aベストアンサー

最近読んで大泣きした本は、「1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記」最近ドラマ化されので読まれたかもしれませんが、これは泣けました。ちょうど貴女くらいの女の子の日記です。人生観が変わるかも・・是非読んでいただきたい一冊です。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344406109/250-8067253-9319424

Q魂を打つような感動的な本

タイトル通り次から次にページをめくりたくなるようなおすすめの本はないでしょうか。ファンタジーや怪事件、ミステリー、歴史もの歓迎です。恋愛はちょっと・・・。という感じなのですが何かありますか?個人的にはシンプルなストーリが良いです。。。今までタイトルに惹かれて買ったけれどおもしろくなかったりして「これだ」という本または作家さんに出会えてません。

Aベストアンサー

こんにちは。


「おだやかなペースで話が進むが、
洗い流されたような清清しい」作品がお好みでしょうか?
それとも、
「息をつかせぬテンポの良さで、グイグイ話にひきこみ、
あっと驚く結末に度肝をぬかれる!」作品がお好みでしょうか?

そうした好みがわからないので、
両方を織り交ぜた感じで紹介しますね。(両立した作品もありますが。)


1、伊坂幸太郎「死神の精度」(短編集)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31557022

死神と、死ぬ前の人間との交流を描いた作品。
仕事よりも音楽を聞く事に熱心で、どこかトボけている(本人はマジメです)
死神が主人公なので、暗い話ではありません。
テンポが良く、話もシンプルです。
ですが、彼の作品は、どこか清清しい感動の残る作品が多いです。


2、浅田次郎「プリズンホテル」(シリーズ物)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30829791

ヤクザの経営するホテルを舞台にした作品。
かなりテンポがいい作品です。
おかしくもあり、せつなくもあり、
・・・で、感動する部分もちゃんとあるのが、この著者の作品です。


3、宮部みゆき「今夜は眠れない」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30965152

いきなり母に5億円を遺贈されて驚く少年の話。
図書館にある文庫本では、下にパラパラマンガがついていました。

なぜ母に?という理由を主人公と親友で探るのですが、
いい味がでている作品です。
この二人は、「夢にも思わない」という作品にも出てますよ。

シンプルな作品というご希望でしたので、
この作品を挙げましたが、物足りなく思えたら、
「レベル7」http://www.7andy.jp/books/detail?accd=18882597
を是非どうぞ。

私は、この著者の別の作品でも、
つい朝まで読んでしまった・・・という苦い経験をしています(笑)。



4、湯本香樹実「ポプラの秋」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19963580

父を亡くした少女と、引越し先の大家さんとの交流を描く作品。

おだやかなテンポで進みますが、
とても大事な事を描いていて、よく人にすすめています。
つらい事があると、つい自分の痛みばかりに気がとられてしまうけど、
自分を見守ってくれる人って、いるんじゃないか・・・
と思わせてくれる作品です。

この作品がお気に召したら、
梨木果歩「西の魔女が死んだ」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30844535
もおすすめしたいです。


5、星新一「ブランコのむこうで」(短編が集まった長編)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31155570


自分とそっくりな少年を追いかけて、違う世界に行く話。
どこかファンタジーっぽい雰囲気のする作品です。

SFやショートショートの多い作者ですが、
この作品はとてもあたたかい空気がします。
「目に見える部分だけが、全てじゃない」という事に、
気づかされるような作品です。


6、畠中恵「しゃばけ」(時代小説)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31339100

ある日、人斬りを目撃してしまう、病弱なお坊ちゃんの話。
ボディーガードが妖怪達ですが、お坊ちゃん思いですが、
どこかずれていて、微笑ましいです。

文庫本の挿絵も微笑ましい絵柄ですよ。


7、司馬遼太郎「燃えよ剣」(時代小説)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=01998173

新撰組の土方歳三を描いた作品。
かっこいいですよ。

この作品も、読む手が止められず・・・
しかも、タチが悪い事に長い作品が多いのです(苦笑)。


8、飯嶋和一「始祖鳥記」(時代小説)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31045906

江戸時代に空を飛ぼうとした男の話。

あまり知られていない人物を取り上げた作品が多く、
丹念に取材を重ね、骨太な作品が多いです。
そのためか残念な事に、作品数が多くありません。


9、宮城谷 昌光「重耳」(時代小説)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19806996

古代中国の歴史物。
後継者争いにまきこまれた重耳の数奇な一生を描いた作品。
魅力的な登場人物達に加え、丁寧に描かれた作品です。


参考になれば幸いです。

こんにちは。


「おだやかなペースで話が進むが、
洗い流されたような清清しい」作品がお好みでしょうか?
それとも、
「息をつかせぬテンポの良さで、グイグイ話にひきこみ、
あっと驚く結末に度肝をぬかれる!」作品がお好みでしょうか?

そうした好みがわからないので、
両方を織り交ぜた感じで紹介しますね。(両立した作品もありますが。)


1、伊坂幸太郎「死神の精度」(短編集)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31557022

死神と、死ぬ前の人間との交流を描いた作品。
仕事...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング