朝食抜きは健康に良くないとか、一日三食が一般に良いように言われています。
しかし成長期は別として、本当に正しいのでしょうか?
日本人の一日三食の習慣はそんなに歴史的に古く無いとも聞きますし、世界的に習慣としてどうなのでしょうか?倫理的な側面が有るとも聞きますが・・・。
自然界の動物として、肉食や雑食動物の食事パターンはどうなのでしょうか?
食餌の種類や、進化等を考えて二食~一食又は四食以上といった事は考えられないのでしょうか?

栄養化学面での資料、人種や食生活の歴史資料、動物の捕食資料等教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

エスキモー(彼らの大半が誇りを持って自分達をこう呼んでいるので、ごく一部の人々が使いたがっているイヌイットとは書きません)の食事。

これは最高です。家族が揃って食事をすることはありません。食べたくなったらいつでもいいから凍った生肉を食べたいだけ食べます。一日5食の日もあれば8食の日もあれば2食の日もあります。そして健康ですネ。
肉食動物の多くは数日~2週間に一度の食事だと認識しています。そのかわり、噛まずに飲み込めるだけ飲み込んで、ひたすら休んで消化するという食事ですネ。元天王寺動物園の園長さんで一日一食丸呑み食で健康を保った方もおられましたネ。
別に一日三食である必要は全くないと思います。
徹底的に生肉以外食べない、或いは、ヤムイモ以外は何も食べないといった食生活もよいのですが、少しでも火を通した肉を食べたり、ヤムイモ以外のものを食べるのであれば、栄養バランスが崩れますので、様々なものを食べなければならなくなるでしょう。
但し、三食である必要は見出せません。
逆に現代社会の決められた時間に食べる必要があるという食生活はマイナスであるようにも思われます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。エスキモーのような種族も有るのですね。
実は1年以上一日一食といった経験もあるんです。一食ではそんなにカロリーも摂取出来ないので、ダイエットに効果が有ったり、残業で食事が遅くなってもそれ程堪えない。健康的には不都合は感じませんでしたが、科学的・客観的な根拠がなくて・・・元天王寺動物園の園長さんの気持ち解ります、動物界ではそれ程異端な事でも無いかも?又身体能力もそれほ低下しない気もしますし・・・立証出来るものが有れば良いのですが。

お礼日時:2001/09/11 10:06

直接関係はありませんが、たとえば、「絶食療法」と言うのがあります。


これに関連して、「小食健康法」といった考え方もあります。
書物を渉猟すれば、なぜイスラム教徒はブタを食べないのかといった
ことを考察したものも見受けられます。
(参考)絶食療法
http://ha2.seikyou.ne.jp/home/TakaoByoin/zessyok …

参考URL:http://ha2.seikyou.ne.jp/home/TakaoByoin/zessyok …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。HP大変参考になりました、「野生の力を取り戻す」前々から考えていた事でした。

お礼日時:2001/09/11 10:21

 ちなみに人間は3回ではなく、5回です。


 10時と3時のおやつが入るので。

 現在は、食べたいときに食べたいだけの食事が手に入ってしまう、という社会情勢ゆえに、大量に接種することはよくないとされていますが、量さえ適切ならば、おやつも日に2度食べた方がよいのです。

 もしかしたら、3回という習慣は、日本が飽食社会になってから出来たのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おやつですか、夜食を入れて6回とか。

お礼日時:2001/09/11 09:41

余り自信は有りませんが。


以前何処かのテレビで、人間の進化の過程から考えて、一度にまとめて食べるより
鳥や動物が食べるように少量を数多く食べるのが良いと放映していました。

生活習慣でヨーロッパの国の中には昼間は2時間以上仕事を中断して食事を
するところも有る聞いた事が有ります。

動物の世界では自然に合わせて食べているように思います。ライオンは空腹に
ならなければ他の動物を襲わない、冬眠する動物は冬眠前に大量に食べる、

産卵期の魚は産卵前に多く食べるなどテレビの自然界の報道で良く見ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。
私は二食主義なんですが、別に相撲取りでは有りません(笑)

お礼日時:2001/09/10 17:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食事は一日2食がいいの?それとも3食?

よく話題になるたびに納得いく答えがないものです。
自分は一日2度しか食べない習慣になっているのですが、「2食だと、食べ過ぎになったり、吸収がよくなりすぎて太る」などと、あまり科学的な裏付けがないようなものが多いです。一方では、「量に気を付ければ、2食の方が総カロリー摂取量が抑えられる」などという場合もあります。年齢や風土などさまざまな要素によって一概に決めれるものではないかもしれませんが、どちらが太らない健やかな食生活なのか、可能な限りの回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

こんにちわ。

二食にすると太るというのは、個人差もありますが正解です。

人間の体は、常にある一定量のエネルギー源を残す方向に動きます。

同じカロリー量を摂取する条件なら、一回量が少なく、回数が多い方が太りません。

なぜなら、一日二食だと、体は12時間後までのエネルギー量を自然に蓄えるからです。(習慣化するとですが・・・)

ですから、力士の皆さんは二食のどか食いなんです。

理想的には、

(1)朝食 カーボン中心で消化のよい物を多めに、更に必須要素(カルシーム、ビタミンなど)含むもの

(2)昼食 カーボン中心で

(3)夕食 たんぱく質中心で、極力カーボンは摂らない。

私は剣道をやっていますので、体重は結構気にしています。

結構、昔は太っていましたが、夕食のご飯やパンをやめたらここ数年安定しています。

Q一日3食と一日2食、どちらが健康に良いのでしょうか?

よく3食しっかり食べましょうと言われますよね。

一方、朝食と昼食をしっかり食べて夕食を抜いたり、午前中は何も
食べないほうが体に良いなど、一日2食が良いとの主張もあります。

どちらのほうが医学的に正しく、健康に良いのでしょうか?

実際に私も一日3食と一日2食を両方試したのですが、
特に体調の変化はなかったです。

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1日3食しっかりというのは胃腸の丈夫な人。
2食だろうが3食だろうが消化吸収できるなら関係ない。
逆に言ったら、消化吸収できない人(弱い.便秘気味な人とか下痢気味の人とか)は食事回数を減らしたり、低残渣の食事(おかゆとか)にするしかないですよね・・

特に、食事量を減らした場合、変化がでてくるのが少し遅いので、暫く様子見をする必要があります。変化としては、おならが良く出る。匂いもきつくなる。お腹の調子(動いている所とか)自身で感じやすい。とかかな。

あとはミネラル等の栄養を十分に取っていっれば大丈夫

Q一日二食、子どもについて。

一日二食、子どもについて。
松井二郎さんが書いた[一日二食健康法]を読んで感銘を受け、一週間前から始めて体の疲れとか気にならずそこそこ調子良いと感じています。私は朝食を抜いています。

そこで疑問になったのが、子どもにも当てはまるのか。という事です。3才の子どもにはどうなんでしょうか。

また[一日二食健康法]についてのみなさんの考えを聞かせて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

まず、なぜ3歳の子供にと思ったのですか?
やっぱり健康の為を思ってですよね?

本当は一日二食は理想です。昼と夜ですよね。
しかし、健康を保つにも朝は果物を食べる事をオススメ致します。
消化にも1時間はかかりません。
何より大事なのが、水分を摂らないと便秘にもなりかねません。
便秘は健康法の逆効果になります。
この本を読んで戴ければわかると思いますが、小さなお子さんでしたら空腹は我慢出来ますか?
朝食べずに、お腹すいてお菓子など食べる方が不健康です。
ココを覗いてみて戴ければもっと色んな事が学べると思いますよ。
色々な病気が多い世の中です。知っていた者だけがそれを回避出来ます。
子供の健康管理は大人の責任ですものね。
知らずに食べている危険な食べ物が沢山です。
その結果が今の現実です。

それから、あなたが試してみて調子が良いと言っていますが、その事に関しては間違いありません。
ただ、昼と夜の食に何を食べているかで私との違いが出てきます。
質や順番にこだわっていますか?これは健康な体をつくる事で大事な事なんです。

便の匂いや色でも健康を管理出来ます。
便やオナラ、臭くないですか?臭い人は気を付けてください。

まず、なぜ3歳の子供にと思ったのですか?
やっぱり健康の為を思ってですよね?

本当は一日二食は理想です。昼と夜ですよね。
しかし、健康を保つにも朝は果物を食べる事をオススメ致します。
消化にも1時間はかかりません。
何より大事なのが、水分を摂らないと便秘にもなりかねません。
便秘は健康法の逆効果になります。
この本を読んで戴ければわかると思いますが、小さなお子さんでしたら空腹は我慢出来ますか?
朝食べずに、お腹すいてお菓子など食べる方が不健康です。
ココを覗いてみて戴けれ...続きを読む

Q一日二食

現在大学一年生なのですが昼食時学食が大変混雑しているため、最近は昼食は食べていません。その分朝はちょっと多めに食べていっているのでひどい空腹感を感じることもないです。
ただ、この状態が4年間も続いてよいのかな、と悩んでいます。朝多めに食べる分減らし、弁当を作ってもっていったほうが健康的によいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エネルギーなどは脂肪や筋肉に蓄えて、出納するので問題がないようにおもえます。

しかし一時的に血液中に取り込まれ、数時間でおしっこや汗などから排泄されてしまうような、
ビタミンなどが、一日2食の環境ですと問題が発生します。

つまり、低ビタミン状態にさらされる時間が長いことになります。

「ならば、サプリメントで補給を!」と思っちゃいますが、ビタミンだけの問題ではなく、
他の栄養素や消化吸収などのことも考慮して(簡単にいうと、より自然な形であるかどうか)
食材からの摂取が望ましいと思います。

jonsiさんにとって、実行できる環境か?実行できないならどうすべきか?を考慮せず(最重要ですが)
アドバイスするのなら、現代の日本人にとって、一日3食が望ましいと言えると思います。

Q一日一食は健康的な食生活ですか?

先日、ドクター中松さんのリボディの本を読んだら一日一食+鍛錬で毒素がほぼ100%排出されるという本を見て一日一食にしてみようかなと思ったのですが、家族から猛反対に合いました。
将来の健康のため、食事の仕方に関していろいろ調べているのですが、結局のところ一日の食事回数は何回がいいのでしょうか?また食事の回数は年齢等も考慮しないと駄目ですか?ちなみに私は昼・夜の一日二食で動物性蛋白質は取らず(といっても小魚や子えびは常食しており、旬の魚も週1くらいで食べます)、白砂糖などの甘味料も一切取らない生活をしています。

個人的な疑問点として

・ドクター中松さんは「一日500kcalで充分」といっていますが、自分の一日の消費カロリーを下回る生活をしていてガリガリに痩せないのでしょうか?それとも現在の栄養学で考えられている一日の消費カロリー自体が間違っているのでしょうか?あるいは一日の摂取カロリーが少なくても栄養素自体が足りていれば問題がないということでしょうか?
・食事の回数を減らすと体が省エネモードになるというのを聞いたのですが、それにより代謝が下がり、体温も下がるということもありえるのでしょうか?
・身体によいこと=肌にもよい=脳みその働きもよくなる、と考えていいのでしょうか?


もし実際に実践されている方や論文等の情報源があればそちらも教えていただければと思います。
みなさんの意見をお願いします。

先日、ドクター中松さんのリボディの本を読んだら一日一食+鍛錬で毒素がほぼ100%排出されるという本を見て一日一食にしてみようかなと思ったのですが、家族から猛反対に合いました。
将来の健康のため、食事の仕方に関していろいろ調べているのですが、結局のところ一日の食事回数は何回がいいのでしょうか?また食事の回数は年齢等も考慮しないと駄目ですか?ちなみに私は昼・夜の一日二食で動物性蛋白質は取らず(といっても小魚や子えびは常食しており、旬の魚も週1くらいで食べます)、白砂糖などの甘味料...続きを読む

Aベストアンサー

> 結局のところ一日の食事回数は何回がいいのでしょうか?

動物は犬も猫も野生動物もすべて1日2食性です。魚も釣れるのは朝夕の2回だけです。
これは脳のエネルギーがブドウ糖であり、そのブドウ糖は肝臓に蓄えられていて、少しずつ脳に供給されるのですが、
動物がすべて2食性であるのは、肝臓がブドウ糖を半日分しか蓄えられない構造になっているからです。
人類は現在は1日3食性へ進化中ですが、人体構造はまだ2食性に適した構造のままなのです。

もしも、脳の1日分のブドウ糖を1回の食事で摂ることにすると、
肝臓に入りきれないブドウ糖が血液中に溢れて糖尿病患者のような状態になり、健康上の大きな問題を引き起こすことになります。

この制限があるために、ドクター中松は「一日500kcalで充分」という理論にたどり着くのだろうと思いますが、一日500kcalで充分であるわけがありません。
人類は本来は2食性に適していますが、3食性でも上手に食べれば問題がありません。

>・ドクター中松さんは「一日500kcalで充分」といっていますが、自分の一日の消費カロリーを下回る生活をしていてガリガリに痩せないのでしょうか?

私が知っている拒食症や過食症の人たちの摂取カロリーはだいたい600~800Kcal程度ですが、多くの場合、内臓などにいろいろな障害を引き起こしています。

> それとも現在の栄養学で考えられている一日の消費カロリー自体が間違っているのでしょうか?

国立栄養研究所では、毎年一般参加者を募集して基礎代謝と日常消費カロリーの関係を調べていますが、基礎代謝の実測値と計算式が良く一致することが明らかにされています。
日本人成人女性の基礎代謝の実測値は1000~1200Kcal、男性で1400~1600Kcal程度で、栄養学が間違っているということはありません。

エネルギー代謝に関する調査及び研究
http://www.nih.go.jp/eiken/chosa/juuten_energy.html

> あるいは一日の摂取カロリーが少なくても栄養素自体が足りていれば問題がないということでしょうか?

身体に必要な栄養素が足りていれば問題ありません。
しかしながら、身体に必要な栄養素のカロリーを合計すると基礎代謝量になりますから、摂取カロリーが少なくても栄養素自体が足りていれば問題がないという言い方は矛盾しています。

> ・食事の回数を減らすと体が省エネモードになるというのを聞いたのですが、それにより代謝が下がり、体温も下がるということもありえるのでしょうか?

食事の回数とは関係なく、身体に必要なエネルギーが不足する状態が2~3日以上続くと、身体は貯蔵している体脂肪をできるだけ使うエネルギーモードになります。
このとき、基礎代謝が10~25%程度低下し、体温も下がります。

> ・身体によいこと=肌にもよい=脳みその働きもよくなる、と考えていいのでしょうか?

拒食症の人はたいがいの人が便秘し、肌に保湿力がなく肌荒れしています。
脳の本来のエネルギーはブドウ糖ですが、省エネモードでは体脂肪から変換されるケトン体が脳の代替エネルギーとして使われ、知的能力は80%に低下し、集中力が失われます。

> 結局のところ一日の食事回数は何回がいいのでしょうか?

動物は犬も猫も野生動物もすべて1日2食性です。魚も釣れるのは朝夕の2回だけです。
これは脳のエネルギーがブドウ糖であり、そのブドウ糖は肝臓に蓄えられていて、少しずつ脳に供給されるのですが、
動物がすべて2食性であるのは、肝臓がブドウ糖を半日分しか蓄えられない構造になっているからです。
人類は現在は1日3食性へ進化中ですが、人体構造はまだ2食性に適した構造のままなのです。

もしも、脳の1日分のブドウ糖を1回の食事で摂ることに...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報