早い話が発射機能さえなければ材質から形状まで全て実銃と同じものを個人で作ってもかまわないのか、ということです。
金属製のモデルガンは金色に塗装しなければならないという規制があるのは知っていますが、作動部分については一体どこまで規制がされているのでしょうか?
無可動実銃などは発射機能こそないにしろ、ほぼ原型を保っているように見えます。個人的にああいうものを手作りしてもかまわないのでしょうか?
(そういえばライフルや機関銃などの無可動実銃は特に塗装されていなかったと思います。なぜなのでしょうか?)

モデルガンを作るというと何か犯罪をしようとしているのかと思われるのかもしれませんがそういうわけではありません。
あくまで銃の持つ造形的な美しさを自分でも作ってみたいと思っているだけです(充分に犯罪なのかもしれませんが)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

金属製モデルガンで白色か黄色の着色が義務付けられているのは、ハンドガンです。


長物は黒のままでOKです。
無可動実銃が黒の理由はそれだと思います。
実銃無可動のハンドガンは金色になってます。

作動部分に関しては改造して発射できるようだとアウトではないでしょうか。
つまり、金属製ハンドガンならスライドが動いたり分離できたり、、引き金が動いたり、ハンマーが動いたりするような発射機構が分解できたり動いたりする構造はアウトだと思います。
発射機構に関係ないような部分は動いてもOK。
    • good
    • 0

過日、博物館の展示物(部品状態)を記憶だけでコピーし立派な火縄銃を(趣味で)作った職人さんが捕まりましたね。


発射能力があったそうです。

質問者殿が、どこまで銃の構造を理解されてるかによりますが、要は出来上がったモデルガンが比較的容易な改造によって発射機能を持たなければ、ほとんど大丈夫といっていいでしょう。

No.3の方の回答を満たせば、ほぼ大丈夫と思います。

機会があるなら無可動実銃の無可動になっている部分を参考にされればいいんじゃないでしょうか?

実銃を作れるからといっても犯罪にはなりません。
そんな事、言ってたら旋盤、フライス盤、ボール盤があるところなら全てが該当します。
極端な話、ヤスリ一本でも作れるのです。

犯罪とは法を犯した時のみ、その呼び名を適用すべき物であり、安易に使ってほしくありません。

個人的な話ですが、私はモデルガンと30年近く付き合っています。
一部の非常識な者の為に、不愉快な思いもしました。

法を守りつつ、楽しんでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

coverfly様をはじめkoba-p様、Feb12様、ps405様、ご返答ありがとうございました。

どうやら思っていた以上に実銃というものは簡単に作れてしまい、だからこそモデルガン等を扱う場合は慎重にならなければならないようですね。
恐らく最初は実銃にする気がないのに形が出来ていくにしたがって徐々に本物に近づけようとする衝動に駆られるのでしょう。
これからは安易に作ってみたいという発言をするのは控えるように心がけたいと思います。長々と失礼しました。

結論としてはモデルガンは既製品を買って楽しむのが良い、といったところでしょうか。
それでも作りたいのなら木で作ったり、金属製ならペンダントくらいの小さめのものを鋳型などで作ったりするべきでしょうね。

犯罪という言葉についてのps405様のご指摘、まことにもっともでありこれからは気をつけたいと思います。
私もモデルガンが好きなのですが、しかし、それらを趣味として持つことのこの肩身の狭さはいったい何なのでしょう。
堂々とモデルガンは健全な趣味であると主張したい(またそう思っている)のですが、トイガンと異なりスポーツ性などでその印象を和らげることが出来ないためか、どうしてもその主張が謙虚にならざるをえず、そのような心めたさが犯罪というやや卑屈気味な言葉を使わせてしまったのです。
このような気持ちを解消するためには恐らくは愛好者のひとりひとりが地道にマナーを守っていって社会的な認知を得るしかないのでしょうね。
そのような意味でも、これからは安易にモデルガンの改造うんぬんを論じることは控えようと思います。

お礼日時:2005/04/15 22:59

>発射機能さえなければ材質から形状まで全て実銃と同じものを個人で作ってもかまわないのか



銃口には穴が開いていてはいけません。
穴が開いている場合は、金属で造ってはいけません。

>モデルガンを作るというと~自分でも作ってみたいと思っているだけです

警察がそう思ってくれるかというと、たぶんそうは思ってはくれないでしょう。

それが造れると言うことは、発射できる物を造れると言うことです。

例え、鉄パイプ1本でも金属性弾丸を火薬、ガス、空気で発射できれば、銃として見られますし、銃刀法違反となります。
    • good
    • 0

モデルガンの改造はこの様なサイトで確認するのではありません。

犯罪です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロウ付けの強度は溶接に比べてどれくらいでしょうか?

ホームセンターに売っるような1300度くらいのトーチバーナーで
ロウ付けした時の強度は
同じ物をアーク溶接したものに比べてどの程度の
強度を得られますか?
 例えばステンレスのLアングルで組んである台の
腐食している脚の部分をグラインダーで切って
新しいLアングルを継ぎ足すような場合などですが。

Aベストアンサー

アーク溶接には劣ります。
どの程度の強度かは、使うロウ棒のパッケージに書いてあると思いますので、それを見てください。

しかし、ロウ付けは溶接のような線接合ではなく、
面接合にする場合が多いと思います。
その場合、接着強度の弱さを面積で補えますから、
やり方によっては溶接の同程度の強度が出せます。

Q家の物置から40年以上前のモデルガンが出てきました、すべて金属製で黒色

家の物置から40年以上前のモデルガンが出てきました、すべて金属製で黒色、王冠マークの入っているものです、処分したいのですがこのまま捨てて良いものでしょうか?、また法規制されているものだと思いますが、これをオークションなどに出す方法はないでしょうか、知ってる方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

回答します。
オークションでの転売はもとより、譲渡も所持すら出来ません。
行えば全て罰せられます。
銃身内部を鉛等を溶かして流し込み、完全に塞いで、モデルガン全体を黄色または白色に着色すれば、一応所持だけは可能ですが。
処分したいのなら話は簡単。
色々方法はあるのですが、一番間違いや誤解を受けない方法は、やはり警察署に連絡して事情を話すことでしょう。
銃砲関係の所持や廃棄等の手続きを専門に行っているのは、あなたの街の警察署の生活安全課です。
まずここに電話をします。この場合、あなた御自信が「こんな物が物置にあるなんて全く知らなかった」と強調すべきです。
何しろ本物の拳銃と同じで、持っているだけで処罰されるのですから。
その時ねほりはほり聞かれるでしょうが、真実(だって本当に知らなかったのでしょう?)を話します(連絡をする前に、誰が物置に置いていたのかは調べるべきでしょうね。例えばお父さんが所持していて、お父さんが亡くなっていれば問題は無いのですが、まだ健在なら、お父さん自信少々面倒なことになりますので)。
そして、どのようにして良いか尋ねます。「こちらへ持って来て下さい」とか「署員が受け取りに行きます」とかの話になるでしょう。
この電話連絡は必ず行って下さい。理由は、連絡無しに警察へ持って行こうとした場合、理由は何であれ、そのモデルガンは持っているだけで違法なのですから、途中で巡回中の警察官に職務質問され、これが発見されたりしたら一大事となります。
ですのでこうした事態を想定して電話をしておけば、「〇〇警察署の生活安全課の〇〇さんに連絡したら、持って来て下さいというので、これから届けに行くところです」と説明すれば一件落着です。その警察官が無線で問い合わせれば全て判明するので問題は無いでしょ。罰せられるのは不法所持であって、警察の指示に従って行動しているのであれば正当行為になる訳ですから。でも万一に備えて「持ってきて」と言われたら、「そちらへ持って行く間、不法所持になりませんか?」と尋ねましょう。
多分常識的に考えて、このような場合、警察官が受け取りに来るでしょうね。

回答します。
オークションでの転売はもとより、譲渡も所持すら出来ません。
行えば全て罰せられます。
銃身内部を鉛等を溶かして流し込み、完全に塞いで、モデルガン全体を黄色または白色に着色すれば、一応所持だけは可能ですが。
処分したいのなら話は簡単。
色々方法はあるのですが、一番間違いや誤解を受けない方法は、やはり警察署に連絡して事情を話すことでしょう。
銃砲関係の所持や廃棄等の手続きを専門に行っているのは、あなたの街の警察署の生活安全課です。
まずここに電話をします。この場合、あな...続きを読む

Qモデルガンの簡単な仕組み構造について

モデルガンの購入を考えています。以前ガスガンを持っていましたが、モデルガンの知識が乏しいので質問の回答お願いします。
1.内部の構造は実銃と似ているか?実銃と似たようなら、組み立てキットを買い、内部の構造を知りたいです。今のところ、マルシンのモデルガン組立キットM9・HWの購入を考えています。
2.プラグファイアーキヤップ火薬を使い、ブローバック等、銃の動作を行っているが、火薬の力を使わず、手動でコッキング等を行ない使用できないか?
わかる範囲でかまわないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

モデルガンの内部構造は実銃に似せてあります。が、材質の制限や不正改造防止のため異なる部分もあります。またオートマチックのショートリコイルなどはモデルガンでは理論的に動作不可能なので、実際にはロックが噛み合わない構造になっているなど、細かい動作が異なっています。

火薬を使ってブローバックが可能と言うことは、手でスライドなどを動かしても同様に作動すると言うことです。

Q合法発火式モデルガンも銃刀法違反? 2回目

前回下記のように質問すると何様だ上から目線で質問するなとか、ぼろっカスに言われました、合法違法とあいまいな答えがよせられました、ですのでもう一度他の質問者を代表し再度トライします。
銃身の大部分は樹脂で溶けるようになっているので、改造して発砲は無理です、仕切りで弾丸は出ません、かんたんには仕切りは取れません。弾についても先端に穴が開いて火花が出る、ネジ式で発射しません。火薬量はマッチ程度です、音は爆音ですロケット花火並。合法的にメーカーから売られたもの、握るところは鉄で重くしています、他は樹脂、さて職質でお前なんじゃこれは?となったとき、見たこともないおもちゃに警官は困るでしょう。任意で連行されますが、殺傷できないのですぐ保釈でしょう、不起訴、不処分でしょう、警察に勝ち目は無し、であなたはどういう見解でしょうか。起訴有罪の方はいますか?私以外の質問者も検索してここを参考にするという前提でお答えください。つまり私個人を誹謗中傷すると読みにくくなり、このサイトは2ch化します、曖昧な答えはもう結構です、根拠も示していただくとわかりやすいです。遊び方の指南はしないでください。またまた上から目線ですみません、年齢がかなり上なので上からになりすいません、息子と野外で遊ぶため2丁購入しました。職質など生まれて一度もないのですが、起訴されてはたまりません。外で撃ってはいけないなら部屋で撃つものですか、そんなばかげた話はないと思いますが。よろしくお願いいたします。
----------前回質問内容--------------------
「発火式モデルガンを持ち歩き、発砲すると銃刀法違反?になりますか、筒の中には金属の仕切りがしてあり火花が出るだけですので、おもちゃ扱いと思いますが、一応心配なので教えてください。
下記の話はしないでください。
よろしくお願い申し上げます。

*刀の話はしないでください。
*弾丸は出ませんので発射の違法性話をしないでください。
*火薬が破裂するだけです。話をふくらませないでください。
的を絞ったご回答おまちてまーーーーーーーーす。」

前回下記のように質問すると何様だ上から目線で質問するなとか、ぼろっカスに言われました、合法違法とあいまいな答えがよせられました、ですのでもう一度他の質問者を代表し再度トライします。
銃身の大部分は樹脂で溶けるようになっているので、改造して発砲は無理です、仕切りで弾丸は出ません、かんたんには仕切りは取れません。弾についても先端に穴が開いて火花が出る、ネジ式で発射しません。火薬量はマッチ程度です、音は爆音ですロケット花火並。合法的にメーカーから売られたもの、握るところは鉄で重...続きを読む

Aベストアンサー

あなたと同じ、それなりの年齢の男です。
質問内容の銃刀法で逮捕勾留される可能性は0ですね。
なぜならモデルガンは銃刀法に抵触しないように作られているから。
銃刀法に抵触しない物を所有していても銃刀法で検挙することはできません。
ただし、それをいつ、どこで、どのように使うかによっては別件で職質、場合によっては任意同行によって取調べを受ける可能性はあります。
例えばたくさんの人が集まる公共の場所でモデルガンを素のままで持ち歩いていたら周囲の人に無用の脅威を与える結果になるので、十分警察官の職質、任意同行の対象になるでしょう。
また静かな住宅街の中で火薬を発火させて遊んでいたら、近所の家から騒音による苦情が警察に寄せられて、これも職質の対象になるかと思います。
モデルガンを知っている人なら材質の違いによる質感や銃口から見えるインサートによってモデルガンとすぐに判別ができるでしょうが、モデルガンなんて知らない一般人が見たら、それだけで十分な脅威を与えることになります。
その辺をよくわきまえて遊ぶ分にはなんら問題はありません。

Qモデルガンって持ってるだけで逮捕されるのですか

最近、モデルガンを持っていただけで逮捕された人がいますが
モデルガンは持ってるだけで逮捕されてしまうのですか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130121-00000591-san-soci

本物そっくりのモデルガンだそうですけどモデルガンて模造銃だから本物そっくりに出来ていて当然だと思うのですが。

自分もプラ製の回転式のモデルガンを持ってますが、警察にわかると逮捕されるのですか。
模型屋などで普通に売ってませんか。

Aベストアンサー

 模型屋で売っているモデルガンには、実弾を発射する能力はありません。
 フレームも銃身も強度不足だし、本来の実弾の径とは異なるサイズにされていたり、銃身自体がふさがれていたり、撃針がなかったり、弾の装填から発射自体ができない構造になっているもので、そういう「実弾を発射できない構造」になっていないと、銃刀法に違反することになってしまいます。
 南北戦争時代の銃を忠実に再現!なんてモデルでも、内部機構はぎっしりと溶接され、何も入らない、撃発もしないようになっているものです。
 こういう「銃刀法の規制に基づいたモデルガン」は、べつに禁止されていないし、所持していて逮捕されることなどありません。
 ちょっと改造すれば実弾が撃てるようなモデルガンは、メーカーも作らないし、警察も見逃しません。

 ただ、過去に販売されていて現在は製造中止されたものの中には、ある程度強度のあるタイプや、構造が実銃に近いタイプがあり、それに部品を追加したり補強するなどの加工をすることで、本物に近く、実弾を撃てるように改造することができるのです。
 そういう、「実弾を発射できる改造モデルガン」は所持が禁止されている、ということで、今回もそういう種類の改造モデルガンが問題になっています。

 模型屋で売っているモデルガンには、実弾を発射する能力はありません。
 フレームも銃身も強度不足だし、本来の実弾の径とは異なるサイズにされていたり、銃身自体がふさがれていたり、撃針がなかったり、弾の装填から発射自体ができない構造になっているもので、そういう「実弾を発射できない構造」になっていないと、銃刀法に違反することになってしまいます。
 南北戦争時代の銃を忠実に再現!なんてモデルでも、内部機構はぎっしりと溶接され、何も入らない、撃発もしないようになっているものです。
 こ...続きを読む

Q真鍮製のモデルガン買っても大丈夫でしょうか?

近頃、ジークという会社が全真鍮製のオートマチックモデルガンを限定発売しています。昭和52年発効の改正銃刀法では自動式けん銃などの銃身分離型や主要部品の素材硬度に規制が設けられているはずです。この52年規制を機に真鍮製モデルガンは販売目的の所持が禁止され、製造は出来なくなったのだと解釈していました。撃発装置を省いていれば銃身分離型の金属製モデルガンは製造販売可能なのでしょうか?全真鍮製でも硬度制限に問題はないのでしょうか?ジーク製は今のところ問題なく流通していますが、国際M29やアサヒM40のように購入後に違反であるとして押収されたりする可能性もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたの言われる心配は最もであり、仰られる通りです。
模造拳銃等を規制する法文の前文に「撃発機構を有し・・・」とあります。
つまり逆に言えば撃発機構を有していなければ、模造拳銃(金属で黒色の物)にはあたらない訳です。
為にカスタムメーカーと称する会社では、エアーソフトガンのスライドやフレームをアルミ等の金属で作って、後付け部品として販売していたのはご存知でしょう。
エアーソフトガンには、本物の銃器の撃発機構に該当する物はありませんので、例え外装を金属で作っても直ちに違法とはならないのです(但し、法文中には「金属で作られ、著しく外形が銃器と似ている物」と言う文言もあるので、だから違法では無いんだと即答できない部分もありますが・・・。まあ日本独特のあいまいさ文化ですかね?)。
どちらにしても、本物と酷似した撃発機構を持っているのはモデルガンの方ですので、当然モデルガンとしての外形を作るとしたら真鍮は認められません。
ところが厄介なことに、モデルガンの中には、モデルガンと称して実は撃発機構を持たない物も存在します。そう、スライド・アクション(散弾銃の機構のスライド・アクションではない)とかタニオ・アクションまたはチンタラカンやガチャコンモデルと称する、MGCの小林さんがモデルガンの為に開発した独特の機構で、引金を引くとスライドが後退する、あの機構です。この方式の特徴は撃発機構に該当する部分がありません(しかも後々には更に薬室まで無くしてしまった)。ですから厳密に言えば、このタイプはモデルガンではない訳です(と言うことは材質規制や色等の規制にも抵触しない訳です)。ですが前述したように法文には「金属で作られ、著しく外形が銃器と酷似している・・・」という定義がある為に、結局色規制に関しては、該当することになるのです(但し例え銃身分離タイプでも、この機構のモデルガンは販売が認められたのです)。
今から十数年前ホビーフィックスという会社が、この点に目をつけ、銃身分離タイプの金属製ガバメントを発売しましたが、スライド・アクション(タニオ・アクション)であった為に、撃発機構が無いということで販売できた訳です。
私はジークのモデルガンは直接見たことはありませんが、ネットオークションで見る限り、撃発機構に相当する部分は無いように思われます(スライドの中が大きくえぐられているようで、銃器に必要なブリーチ部分が無い)。多分、引金と撃鉄も連動していないのではないか?と思います。とすれば厳密にはモデルガンであってモデルガンではないと言う、誠にあいまいな存在(悪く言えば法律の穴を突いた)となるので、直ちに違法とは言えないでしょう?しかも値段も高価で誰でも手軽に購入できる商品ではなく、為に市場に出回る数もたかが知れているとすれば、敢えて警察も取り締まる姿勢は見せていないのでしょう。
しかし、一件でも改造例が報告されればたちまち警察は「違法で危険な模造拳銃をモデルガンと称して密かに密造・販売した」として、摘発するのではないか?と私は危惧しています。

あなたの言われる心配は最もであり、仰られる通りです。
模造拳銃等を規制する法文の前文に「撃発機構を有し・・・」とあります。
つまり逆に言えば撃発機構を有していなければ、模造拳銃(金属で黒色の物)にはあたらない訳です。
為にカスタムメーカーと称する会社では、エアーソフトガンのスライドやフレームをアルミ等の金属で作って、後付け部品として販売していたのはご存知でしょう。
エアーソフトガンには、本物の銃器の撃発機構に該当する物はありませんので、例え外装を金属で作っても直ちに違法とはな...続きを読む

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Qオススメのモデルガンを教えてください

モデルガンに興味をもち、自分も手にとって見たいと思っています。
当方、別に発火させたいわけではなく、飾ったり観賞をしてみたいだけなので、外見的にカッコイイ物はないでしょうか?
重量感があって、実物に近いものがほしいと思っています。
調べてみて、映画なんかでよく使われているベレッタやマグナムあたりが気になっているのですが、色々なメーカーがあるのですね・・・、無知なのでどれが良いのかよく分かりません。
できればお勧めのメーカー、または他にカッコイイモデルガンがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昭和年代生まれの、長いこと銃器を趣味にしている者です。

昭和40年代に施行された銃砲刀剣類所持取締法の改正事項により、当時多発していたモデルガンで実包を使用できるよう改造する行為(改造銃と言われます)を防止するため、金属製のモデルガンは白か金色に塗装し、銃口を金属でふさぐことが義務づけられました。

そのため現在発売されている物、中古市場に出ているもので黒い色の物は、全てプラスチック製です。閉鎖したプラ製の容器内で少量の火薬を爆発させても割れない工業用プラスチック(当時は耐爆プラスチックと呼んでいたと記憶しています。現行のABS樹脂と言われる物です)か、こうしたプラスチックに金属粉を混ぜて重くした、ヘビーウエイト樹脂と呼ばれる物です。

要するに、今のヘビーウエイト樹脂を使用し、6ミリないし8ミリのプラスティック製の弾、BB弾を発射するエアーガンと、基本的には同じです。ただ弾を飛ばしエアーの力でブローバックさせるか、火薬を発火させてブローバックさせるかの違いです。

モデルガンの中で、SRHW(スーパー・リアル・ヘビー・ウエイト)と呼ばれる樹脂で製造した物が一部ありますが、多くが発火機能を除去し、手動で動かすことを基本に、内部構造までほぼ本物通りになっており、重量も実銃とそう変わりません(HW樹脂製エアーガンも、そう変わらないです。例えば、コルトM1911A1は実銃が1030g程度、ウエスタンアームズのコルトM1911A1が870グラム程度です)。

ただ、価格は違いますね。エアーガンは現在多く量産されているので、マルイ製等なら12800円位から手には入ります。カスタム系限定品が多いウエスタンアームズの物で3万円台までです。

モデルガンは製造数が少ないので機種も少なく1丁が3万以上、SRHW製になると7万とかになってきます。中古でも生産数が少ない希少品になると、10万円を超える物さえあります。

そうした面からも、余程金銭余裕があっての趣味でなければ、モデルガンよりもエアーガンをお奨めします(私も今はモノマニアで集めてますが、全てエアーガンです)。機種も多く1万円台からですから。

なお、外観については好みもありますが、私はウエスタンアームズの製品を推薦します。

コルト MK4:シリーズ70 カーボンブラックHW樹脂製 20000円

キンバー LAPD SISカスタム 2種あり、それぞれ3000万円台

キンバー LAPD SWAT カスタム カーボンブラックHW樹脂製 28000円台

ベレッタ M92FS ウエスタンアームズ本店では品切れ中 在庫のある一般店で17000円程度

昭和年代生まれの、長いこと銃器を趣味にしている者です。

昭和40年代に施行された銃砲刀剣類所持取締法の改正事項により、当時多発していたモデルガンで実包を使用できるよう改造する行為(改造銃と言われます)を防止するため、金属製のモデルガンは白か金色に塗装し、銃口を金属でふさぐことが義務づけられました。

そのため現在発売されている物、中古市場に出ているもので黒い色の物は、全てプラスチック製です。閉鎖したプラ製の容器内で少量の火薬を爆発させても割れない工業用プラスチック(当時...続きを読む

Qモデルガン

このたびタナカ製のM92のモデルガンを買いました
買ったのはいいんですが後々疑問が出てきました
一緒にダミーカートリッジを買ったのですが
そのダミーカートリッジで空撃ちは出来ないものですか?

ちなみに僕がいう空撃ちは手動でスライドを引いて排莢の動作を言います

店の人に聞いたところ
一応できるみたいなんですがある部品が必要みたいなんですが
その部品が店には置いてないみたいで
そのまま空撃ちしちゃうと詰まったり弾が取れなくなるそうです


そこで皆さんのノーマルなモデルガンもダミーカートリッジは空撃ちできないのですか?
またその部品を取り寄せしたいのですがなんて部品ですか?

Aベストアンサー

ダミーカートで空撃ちは出来ません。

カート内の火薬を発火させる方式が書かれていませんので、何とも言えない部分もありますが、30年くらい前に当たり前だったカートの先頭の隙間から金属の棒状の部品(デトネーターと言います)を突っ込んで、ハンマーがファイアリングピンを叩き、ファイアリングピンが発火カートリッジ中央のピン後部を叩くと火薬がデトネーターに叩き着けられて発火する、と言うタイプだったりすると、このデトネーターを専用の工具で抜き取らないとダミーカートが入りません。

逆にデトネーターを抜いてしまうと、発火カートリッジを入れても発火しないので、発火させるときは再び専用工具で取り付けなければならなくなります。

発火させない、と言うのであれば外しっぱなしでいいでしょう。

ただ、ダミーカートについても気をつけてください。多くのダミーカートは、後部のセンター部に、実弾だとあるはずの発火薬を入れておくキャップ(名称を忘れました)がないものがほとんどです。

ところがこれがない状態で空撃ちすると、ハンマーに叩かれたファイアリングピンが叩くものが無く、部品の破損に繋がります。この対策として、ダミーカートに、空撃ち用ダミーカートというのがあって、内部にバネが仕組まれていてバネで押しつけられたキャップの後部に見えるバーが入っている、専用のカートがあります。これを使えばファイアリングピンが叩く相手があるので、部品破損の可能性はなくなります。

私もかつて持っていたMGC製のガバメント用に、この空撃ち用ダミーカートを買って使っていました。

当時持っていたガバメントは発火用のデトネーター方式の銃でした。このデトネーターを抜き取って、空撃ち用ダミーカートを入れてました。

その後本体を売却(10年くらい前)。数年前に別のガバメントのモデルガンを買いました(中古。スーパーリアルヘビーウエイト材使用のダミーカート専用の機材でした)。

内部構造はほとんど実銃と同じなのですが、これに空撃ち用ダミーカートを入れようとしたら、入りませんでした(付属のセンターの発火材用キャップがないダミーカートは入る)。

そこで、キャップの着いたものを購入してきたところ入りましたので、空撃ち用は少し実弾よりも太いようです。

私は現在、このダミーカート仕様のガバメントを大事にしています。当然ながら発火は出来ませんが、空撃ちするとダミーカート後部の飾りの発火材部のキャップ後方に発砲済みの証明になるファイアリングピンの叩いた跡が付いてしまいます。

実弾なら、先端部から金属を入れてキャップを抜き取れるので交換がききますが、ダミーカートでは交換が出来ないので、作動はさせないことにしています(20年以上前に活動を休止、現在廃業状態のMGC製なので、故障させると修理がききません)。

ダミーカートで空撃ちは出来ません。

カート内の火薬を発火させる方式が書かれていませんので、何とも言えない部分もありますが、30年くらい前に当たり前だったカートの先頭の隙間から金属の棒状の部品(デトネーターと言います)を突っ込んで、ハンマーがファイアリングピンを叩き、ファイアリングピンが発火カートリッジ中央のピン後部を叩くと火薬がデトネーターに叩き着けられて発火する、と言うタイプだったりすると、このデトネーターを専用の工具で抜き取らないとダミーカートが入りません。

逆にデト...続きを読む

Q金属モデルガンについて

40代男性です。最近、中学生時代を懐古して、金属モデルのハンドガンに興味があるのですが以下教えてください。

1.金属製のハンドガンのモデルガンは今ではメーカーから販売されていないのでしょうか。ネットでみると樹脂製のものがほとんどです。いいメーカーや購入先があれば教えてください。

2.千葉市在住ですが、付近に金属モデルガンを扱っているショップをご存じなら教えてください。

以上お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も以前、金属モデルガンや樹脂製モデルガンキットのコレクションしていたクチです。

現在販売しているのは、マルシンくらいでしょうね。

1.ハドソンはもう無くなりました。出来の良いメーカーならマルシンの現販品です。
  モーゼルミリタリーや南部14年式は絶品です。

  その昔、リボルバーなら国際とも言われましたが。。。今はもう無いです。リボルバーが欲しいならオークションなどで入手する以外無いでしょう。

2. モデルガンは売れませんし、エアガンにとって変わりました。

 作りやサイズの精巧さならエアガンは、金属モデルガン以上の出来ですし、オートマチックGUNのブローバックのリコイルも感じれる。火薬を使ったモデルガンには無い、弾を発射するギミックも付いてますから。ウェスタンアームズのガバメントなら、ほぼ実銃の重さに近くなっています。

 リボルバーですと、タナカの特殊メッキ処理されたガスガンは素晴らしいです。357マグナムのパイソンなどはロイヤルブルーを非常によく再現しています。

 因みにエアガンの汎用部品として、金属フレームやスライドが販売されていますが、銃刀法に微妙に引っかかりそうなグレーゾーンですので、こういったパーツには手を出さない方が無難です。

私も以前、金属モデルガンや樹脂製モデルガンキットのコレクションしていたクチです。

現在販売しているのは、マルシンくらいでしょうね。

1.ハドソンはもう無くなりました。出来の良いメーカーならマルシンの現販品です。
  モーゼルミリタリーや南部14年式は絶品です。

  その昔、リボルバーなら国際とも言われましたが。。。今はもう無いです。リボルバーが欲しいならオークションなどで入手する以外無いでしょう。

2. モデルガンは売れませんし、エアガンにとって変わりました。

 作りやサイズ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報