我が家の掛け軸の一つに、次のようなものがあります

  ふるさとをとふひとあらば山桜 散りてののちをまてとこたへよ

書かれたのは、ある書家の方です。
出典、正確な意味が知りたいのです。 軸などの整理をしていますので。

A 回答 (1件)

勅撰和歌集の第六番め(八代集の第六)『詞花和歌集』の中の歌です。


巻第一・春の部の28番め。但し、初句は「ふるさとを」ではなく「ふるさとに」です。作者は右近中将教長(藤原教長)。
詞書に「新院の仰せにて百首歌奉りけるによめる」とあります。新院とは崇徳院。
「ふるさとに問ふ人あらば山桜散りなん後を待てと答へよ」
意味は、「もし、私の留守中に、故郷(私の家)に客人があり、私はどうしているか、どこにいるか、と消息を尋ねたならば、私は遠く山に入って山桜の盛りを観賞しているところなので、この山桜の花が散った後に帰るから、それまで待っていてくれるように答えて(伝えて)おいてくれよ。」
家からかなり離れた所で山桜の名所を尋ね、その盛りを鑑賞している所。その山桜の素晴らしさを強調するために、このような持って廻った表現を使ったもの。もし誰か私の留守中に訪ねてきて、私のことを尋ねたなら、今、私は山桜の盛りをめでている所だから、ここをすぐに立ち去ることはできない。せめてこの山桜が全部散ってからでなければ、家に帰る気はしない。だから、客人には、桜が散るまで待っていてくれるように伝えておくれ。ということです。百首連ねたものの一つですから、実際山桜を見ていて詠んだ歌ではなく、観念的に作り上げたものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答を頂き、本当にありがとうございます。 字を読み違ってしまって
お恥ずかしく思います。 実際の軸を見たのではなく、デジカメの写真を見ていて
注意が足りませんでした。よく見ますと、確かに「ふるさとに」です。
意味は、私の考えたのと全く違いました。 私は、「山桜散りなんのち」(ここも間違って読んでいました)を、自分が死んでしまってから、または 自分が隠居してから、というようなことかと、勝手に文学的に(?)考えていました。
このページを印刷して、ノートに貼っておきます。正しい事がわっかて、嬉しゅうございます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/11 22:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典

出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典を探しています。その問題集の巻末にある主な出典一覧の中では、「村中季衣 デブの四、五日」というのがそれらしいとは思われるものの、そういう本を見つけることができません。もしかすると、これは書名ではなくて、その中の1作品のタイトルかもしれません。まったく別の本である可能性も多いにあります。どなたか、ヒントになる情報をお寄せ頂けると幸甚です。以下に引用文の一部を掲載いたします。

おばさんにつれられて、歩いて歩いて、そして、場所のほとんどわからない犬小屋の前で、わたしはデブと再会した。「さあ、わん公、ねむいだろうが、しっかり食べときな。」デブは、においをかぎつけていたらしく、格子になっている戸のすきまから鼻をつきだして待っていた。

Aベストアンサー

「デブの四、五日」は『小さいベッド』の中の一話です。

小さいベッド 村中李衣 著 かみやしん 絵
偕成社 1984年7月 ISBN 4-03-635210-5

参考URLは国立国会図書館国際子ども図書館の書誌情報です。

※村中李衣(むらなか・りえ)さんですね。
    ̄

参考URL:http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fSS.pl?nShoshiId=30961&nKihonId=30952&sGamen=SI

Q俳句「山また山山桜また山桜」の作者

山また山山桜また山桜 という俳句を詠んだ作者を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは~

阿波野青畝(あわの・せいほ)だと思います。

参考URL:http://www1.u-netsurf.ne.jp/~hiiragi/hanaharu/sakura/sakura.html

Q有名書家の作品の価格について

私は書道は一応習ってはいたのですが、例えば権威のある方
僧侶として最高の地位に立たれた、業績のある方の書は
金銭対価として価値のある物なのでしょうか?
父が先般亡くなったのですが、書ばかり出てきてしまい
苦慮しております。
一応、私も骨董マニアなのですが、剣及び陶磁器専門なので
書については皆目わかりません。宜しくご回答願います。

Aベストアンサー

僧侶としてその地位まで立たれた、ということは、「より悟りの高みを垣間見た方が、何を書き残されたのか」という意味で、非常にありがたい書なのです。

その価値は、骨董とは違い、仏教徒として各地の同じ宗派の住職ですら、自分の参考書となるような「経典」にもなり得るところにあるのです。

もし、金にならないとお思いになれば、売らずに、その宗派の大元にご寄贈なさるのが一番よいでしょう。その功績を、功徳を積んだ方として代々寺に書き残していただけるとともに、永遠にあなたの寄贈とともに書を博物館で残してくれます。

Qこの漢詩の題名・出典を探しています

おそらく漢詩だと思うのですが、出典・題名がわからず、事情があって困っています。
その一節は以下の通りです。

宮林無風萬籟○長嘯一聲山月寒
(○の部分が何なのかわかりませんし、他の漢字ももしかすると間違っているかもしれません)

これはなんという文の一節なのでしょうか。
そして、丸の部分にあてはまる漢字は何なのか、意味はどのようなものなのか。
詳しい知識をお持ちの方に是非とも教えていただきたいと思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

趙孟[兆+頁]

題孫登長嘯圖

在澗幽人樂考槃
南山白石夜漫漫
空林無風萬籟寂
長嘯一聲山月寒

Q出典が知りたいです。 ギリシャ神話?

ハワード・ヒューズの本を読んでいたら
著者が彼をギリシャ神話の王になぞらえている
記述がありました。

このせりふの原典をご存知のかたがいれば
教えてください。

”死に滅びぬ限り、人に幸福というべくもなし”

Aベストアンサー

ギリシャ悲劇です。

ソポクレスの悲劇「オイディプス王」の一番最後の部分(1529行~1530行)です。

この作品は、自らの出自に好奇心を抱いたオイディプス王が、かつて殺害したのが実の父であり、現在の妻は実の母であるという恐ろしい事実を知ってしまうという不幸を描いています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報