先月(3月)後半にスキーで、止まっている女性(2児の母親)の方に衝突してしまい、先方はろっ骨の骨折や軽いむち打ちで全治2ヶ月のけがをしてしまいました。事故当日は先方が保険証を持ち合わせていなかったため私が実費をお支払いしています。その後の治療費の支払いは私が約束しているため、初回の差額分でまかなっているのが現状です。ただ本日先方から「日常大変不自由な生活を強いられているにも関わらず、まるで物のように修理費の支払いだけなのか」という怒りではないもののご不満の手紙が届きました。
私としては、事故当日「パトロールを呼んできます」と言ってその場から身を消すことも事実一瞬考えましたが、さすがに「最低限の治療費の支払い」が相手に対しての「誠意」と思って今日までいたため困惑しています。
したがって、(1)こういうケースの常識(相手に対しての誠意)はどうなるのか?(2)先方への挨拶に行く必要がある際にいくらぐらいのものをどのくらい必要か(商品券は可能か?)相手のパート代の補てんや慰謝料の支払いを求められた場合支払い義務はあるのか(当然これについてはお支払いすることは考えてません)、についてご解答をいただけますようよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

思ったこと、書かせてください。



ろっ骨を折られたってすごくないですか?
かなり大きな事故かと思いますよ。
交通事故なら大騒ぎになってますよ。
交通事故に置き換えるのもいいのかわからないですけど
これが交通事故だったらあなたが止まっている歩行者につっこんだことになり
あなたが100パーセント悪いですし
慰謝料やパート代の補填は必ず必要になります。
交通事故ですと、私の時は通院日数×8000円くらいの
慰謝料をもらったことがあります。

あなたが言うには「当然これについてはお支払いすることは考えてません」とのことですが
正直、へ??? なに言ってるの??って感じです。
これが交通事故だったらあなたはそうとうまずい立場ですよ。
罰金、減点、免停は間違いないんじゃないですかね。
もっと加害者として誠意ある態度を見せたほうがいいですよ。
お見舞いとか行かれてないんですか??
私だったら5000円以上はする菓子折を持って謝りに行きますね。
また半月近くたっても誠意ある態度を見せてもらってないとなると
かなりいらだたしく思って訴えるくらいの気持ちになっちゃうでしょうね。
そうならないためにも早めにできる限りの誠意を見せて
穏便に解決できるよう話を進めたほうがいいですよ。

参考までに最高裁判所の判例では以下のように出ているそうです。
上の方から滑ってきて、下方で滑っていた人に衝突し、怪我をさせた場合の責任について、
 「スキー場において、上方から滑降する者は、前方を注視し、下方を滑降している者の動静に注意して、その者との接触ないし衝突を回避することができるように速度及び進路を選択して滑走すべき注意義務を負うものというべき」
であるとしています。
(最高裁平成7年3月10日判決・判例時報1526・99)

参考URL:http://www.ishidalaw.gr.jp/qa/skijiko.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これ以上何も言うことがないほど納得できるご意見です。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 22:12

♯1さんと同じ気持ちですね


質問者は自分の立場がまるっきりわかっていない、

>まるで物のように修理費の支払いだけなのか」という怒りではないもののご不満の手紙が届きました。

相手の気持ちがよくわかります

>1)こういうケースの常識(相手に対しての誠意)はどうなるのか?(2)先方への挨拶に行く必要がある際にいくらぐらいのものをどのくらい必要か(商品券は可能か?)相手のパート代の補てんや慰謝料の支払いを求められた場合支払い義務はあるのか(当然これについてはお支払いすることは考えてません)、


質問者の非常識さがよくわかる文面です
ハッキリ言って今後ハンドルを握る事の無いように
強く望みます
世の中のことも良くわかっていないようで、
世の中にはいろんな人が居ます
その中にはヤクザと呼ばれる方々も
多く生息しています 相手がその種類の人間でない保証はどこにもありません
一度そういう人種に捕獲されたほうがいいかと思います

この被害者に対して入れ知恵をしてあげたい気持ちですね
    • good
    • 3

相手が怪我をしていて、相手には過失がほとんど無いと考えられますから、傷害罪なり暴行罪なりの身体的な被害を与えた行為と同じになると思います。

相手が警察へ駆け込んだりすることの無いように、示談に持っていくしかないでしょう。個人の責任賠償保険(自動車保険のオマケとか、賃貸アパートの保険のオマケでよくついています)に加入があれば、相手方から求められる損害賠償を補填できるかもしれません。

治療費を自腹で払うのもかまいませんが、保険で補填できるのなら探してみる値打ちはあるはずです。ついでに、保険会社に交渉も任せることが出来るかもしれません。休業補償や慰謝料を拒否しても良いですが、裁判になれば負ける可能性の高い話です。しかも、刑事事件発展の可能性もあるかもしれません。少なくとも事情聴取はされそうです・・

商品券でも菓子折りでも、それはそれですが、まずは相手の要求を聞かないと始まりません。通院日数掛ける4200円が良いのか、休業損害はいくらでどうやって証明するのか?主婦の損害はどうやって判断するのか?となると、追突の交通事故とまったく同じだなと思います。

逃げたら、当て逃げですね。ナンバー無いから捕まらないかもね。でも、犯罪を構成する要件には当てはまりますので、まずは穏便に済ませるよう交渉に臨むべきと思います。

慰謝料と休業補償なしで示談できれば良いですが、逆の立場になったと考えれば納得できないでしょうし、すでに手紙に書いているということは、不満が相当たまっている状況かと思いますので、ゼロ回答では収まらないと予想します。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

保険については双方ともに加入しておりませんでしたので今のところ自腹ですが、何らかの形で探してみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 22:18

No1でのご回答の通りかと思いますよ。


基本的には交通事故と同じです。

相手が止まっていたなら、100%の責任をかぶる事になりますから、休業補償どころか慰謝料を支払うことになってもおかしくありません。スキー場や警察には届けてないのでしょうか? リフト代に保険付きのスキー場が時々ありますが、そうかどうか確認されましたか?

相手が慰謝料と言い出さないうちに、精一杯の誠意を見せて、なんとか穏便に収めた方が良いですよ。正式に弁護士と相談された方が良いかもしれません。

打ち所が悪ければ、相手が死亡していた可能性もありますから(衝突死亡事故は珍しくありません)、そうでなかっただけ運が良かったと思い、頑張って補償された方がよろしいかと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速明日にでも先方に伺おうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 22:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキー場での事故(怪我)に対する慰謝料

年末に嫁がスキーで怪我を負いました。
相手側の過失度合いや怪我の苦痛を踏まえ、慰謝料のやりとりをしていますが、妥当な金額がわかりません。今回のケースでの相場感がわかれば教えて欲しいと思います。

■事故内容
・スキー場の初級・中級コースで親子3人で滑走中(小学校低学年の子供がいたので低速で斜滑降中)、最後尾にいた妻が上方から突っ込まれる形で衝突・転倒。
・妻の悲鳴に振り返った時には、すでに2者は倒れこんでいた。
・妻の視界に相手が入らなかったそうです。
・すぐにスキー場関係者が集まり、安全を確保。10-15分程度起き上がりで、そのままパトロール室に移動し、事故状況の確認。双方の情報をやりとりをおこなった。
・相手は、「直前で他の人を避けてコントロールを乱し、嫁に当たって止まろうとしたが、勢いがあり、押し倒して、自分の頭が嫁の顔に当たった」と証言。
・相手は過失を全面的に認めている。

■怪我状況
・鼻(サングラスの鼻当ての部分)が少し切れて少量の出血、パトロール室では止血、また鼻を中心に腫れが進み、氷で冷やす。歯が掛けたようで口の中がザラザラした状況。
・その後、スキー場近くの救急病院に行ったが、年末でかなり待つ事になり、途中で断念。その後、即帰宅し、自宅近くの相手方の紹介病院(相手が病院関係者という事)で、頭・鼻のレントゲンを取り、鼻骨骨折(サングラスの鼻当てが喰い込んだ)と判明。当初の判断では全治1.5ヶ月。正月明けに形成にて治療。
・相手方は怪我無し。(翌日スキー場からTELあり)
・正月2日は完全に安静状態で何もせず。
・1ヶ月程度で、青タンも通常の痛みも引く。
・歯は前歯上下2箇所一部欠損。上の歯は鼻に響くため後日とし、1月に下の歯のみ治療(2-3mm分追加)
・現状(事故後1.5ヶ月)は目立つ傷は残らず。ただし触ると痛く、医者からは患部は今後も触らないようにとの事。
・顎が少しずれた感がある(横の歯が内ほっぺに、たまに当たるようになった)と医者に話をしたが、噛み合わせの問題との事で歯医者で治療するようにとの事。
・診断書を作成してもらう。(鼻骨骨折、全治3ヶ月)

被害者側の意識として、
・衝突を回避すべき状況で、抱きつかれて倒されたため、とっさに手で顔を防御する事もできず、その判断が理解できない。相手は怪我1つしていないので、自分が犠牲され止まろうとした感が許せない。
・20歳そこそこなら少しは仕方がないとも思うかもしれないが、40歳代の医者でそれなりのポジションの人が、あのようなリスキーな滑走をしたか、理解できない。
・“患部の化粧があまり出来ないので、仕事先では未だマスク着用”と、生活上不便を強いられている。
・痛みが残っており、顎の件も不安が残る。


仕事(パート)は小さな町の眼科のため、休んでいません。よって、休業補償はありません。
純粋な慰謝料として、いくらぐらいを希望(要求)すればよいか、アドバイスお願いします。

年末に嫁がスキーで怪我を負いました。
相手側の過失度合いや怪我の苦痛を踏まえ、慰謝料のやりとりをしていますが、妥当な金額がわかりません。今回のケースでの相場感がわかれば教えて欲しいと思います。

■事故内容
・スキー場の初級・中級コースで親子3人で滑走中(小学校低学年の子供がいたので低速で斜滑降中)、最後尾にいた妻が上方から突っ込まれる形で衝突・転倒。
・妻の悲鳴に振り返った時には、すでに2者は倒れこんでいた。
・妻の視界に相手が入らなかったそうです。
・すぐにスキー場関係者が集...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっとその事例だと示談で持ってくしかないと思いますが
参考までに
http://www.jiko110.com/contents/siharai/option/index.php?pid=3086&id=1185334977

上記サイトは交通事故に対しての計算方法ですけど

Qスキー場で接触事故を起こしてしまいました

先日スノーボードで滑走中にスキーヤーの女性と接触し、相手の方を転倒させてしまいました。
相手の方は帽子の着用はしておらず、転んだ時に後頭部と右臀部を打ったと言っていましたが、自力で立ち上がる事ができました。パトロール事務所で処置してもらった所、軽傷との事で双方事故報告書を発行してもらいましたが、相手の方は高齢でもあり、休んで様子を見ると仰っていました。また念のため病院で診察してもらい、私に連絡をくれると言う事で別れました。
翌日の夕方、「明日医者に行って健康保険で診察してもらうが治療費を負担して欲しい」との連絡を頂きました。
私にも責任がある事ですので「私はスノーボード保険に加入していませんでしたが、昨日の接触事故が原因の場合はできる限りの事をさせて頂くつもりです」とお伝えしました。
パトロールの方も大したことはないと判断していましたし、本人も大した事ではないかも知れないが、念の為診察を受けると言っていましたが、何分にも高齢の方なので状態が心配で落ち着きません。
治療費を見積もってもらったら全額支払い、念書をもらうつもりです。ご本人は穏やかな方で私の事も気遣って下さったのですが、ご主人は興奮しゲレンデで奥さんを手助けするよりも、ずっと私を罵倒し続けましたのでその後のトラブルが心配です。またスキー場での事故の補償は高額になるケースが多いようですが、私は保険に入っていなかったので万が一を考えると保障金(?)についてもとても不安です。
今は只、相手の方の状態が悪くないことを祈るばかりです。
スキー場で事故に遭った経験のある方がいらっしゃいましたら、アドバイスを頂ければと思います。

先日スノーボードで滑走中にスキーヤーの女性と接触し、相手の方を転倒させてしまいました。
相手の方は帽子の着用はしておらず、転んだ時に後頭部と右臀部を打ったと言っていましたが、自力で立ち上がる事ができました。パトロール事務所で処置してもらった所、軽傷との事で双方事故報告書を発行してもらいましたが、相手の方は高齢でもあり、休んで様子を見ると仰っていました。また念のため病院で診察してもらい、私に連絡をくれると言う事で別れました。
翌日の夕方、「明日医者に行って健康保険で診察して...続きを読む

Aベストアンサー

楽しいはずのスノボーが事故で大変な事になってしまいましたね。
スキーに限らずレジャーや日常生活の中には
交通事故の他にいろいろなアクシデントが背中合わせにあるものです。
交通事故は良くあることなので自動車保険の加入は常識となっていますが
スノーボード保険には入っていなかったとの事 
なかなか自分がそのような事故を起こしたりなどの
不幸な事を想定しないものです。
相手の方 たいした事ないといいですよね。
先方さんは健康保険を使っての治療で
患者負担分の3割を負担してくれと言ってきてるのしょうが
病院での報告次第で あとの7割を負担した健保組合から
後日請求が来る恐れもあります。
交通事故のように事故の際
どちらがどれくらい割合で悪いかの過失割合と言うもので
負担する割合も変わってくるでしょうから
責任逃れをするわけでもありませんが 
その辺の状況説明をキッチリ出来るように
しておいたほうがいいかもしれません。
お年寄りの場合治療が長引く傾向にありますので
治療費も高額になる可能性も想定されます。
誠心誠意 お詫びや連絡をまめにしておいた方がいいかもしれません。
pngnさんや家族の方が自動車保険や家族傷害保険・家族傷害保険など
の損害保険に加入しているのなら
その中に個人賠償責任保険なるものが特約などで
付帯している事があります。
その保険は日常生活に関わる賠償事故で
法律的な賠償義務を負った場合に支払われるものです。
特に自動車保険に特約で付けられる個人賠償責任補償特約は
示談交渉付きだったりで優れものです。
pngnさん自身が加入じゃなく家族の方が加入していても
範囲に入る可能性がありますから
念入りに保険証券を調べてみたり 
保険会社に尋ねてみてはは如何でしょう? 

楽しいはずのスノボーが事故で大変な事になってしまいましたね。
スキーに限らずレジャーや日常生活の中には
交通事故の他にいろいろなアクシデントが背中合わせにあるものです。
交通事故は良くあることなので自動車保険の加入は常識となっていますが
スノーボード保険には入っていなかったとの事 
なかなか自分がそのような事故を起こしたりなどの
不幸な事を想定しないものです。
相手の方 たいした事ないといいですよね。
先方さんは健康保険を使っての治療で
患者負担分の3割を負担してくれと言っ...続きを読む

Qスキー保険に入るしかないのでしょうか。

家族で年に2~3回ほどスキー行きます。子供も大きくなってきてスキーも上達してきています。それにつれて事故で人様を傷つけたときのことが気になり何か保険に入ろうかと思っています。
そこで教えてほしいのですが個人賠償責任保険(自動車保険の特約にあるもの)でもスキー等の場合で人を傷つけた場合に保険は適用されるのでしょうか。

Aベストアンサー

OKです 保障します。自転車保険 スキー・スケート保険 ゴルフ保険などの類は個人賠責に傷害保険 用具については動産総合保険をセットしてネーミングをつけて販売しています。
したがってレジャーでの他人に対して迷惑をかけ、弁償(法的賠償)しなければ成らない場合機能します。
その他自転車事故 飼い犬が噛みついた 買い物で商品を壊した 近所の窓ガラスを割った 知られてないところでは持ち家の管理に関わる事故で通行人をケガをさせた 日常生活のあらゆる賠償を保障(但し業務・就業中に関わるものはダメ)
同居の家族及び別居の未婚の子が対象です。
自動車保険セットの場合に限り示談交渉付きです。(T社の場合)

と、解釈してますが念のため加入保険会社に確かめて下さい!?

Qスノボーでの接触事故

先日スノボーに行ったときに、スキーをしていた女性の方と接触事故を起こしてしまいました。
状況的には僕が上から滑って来て、僕の通り道に横から女性が曲がって来て、衝突しそうになったので、転んででも避けようとしたのですが、避けきれなくて衝突しました。
実際は衝突した感じは全くなかったのですが、女性は転倒していて、膝をひねったといっていました。
女性も衝突したかわからないと言っているのですが、ストックが曲がっていたので、衝突したのかもしれないと思って、パトロール員を呼んで救護室に付き添いました。
その救護室では詳しい症状がわからないので、その場は連絡先だけ交換し、その後女性が病院に行ったら靱帯損傷と診断を受けたそうです。
後日、電話がかかってきて治療費、曲がったストック代、通院のために休職した日数の給与保証、日常生活には問題ないがスポーツをする際に着用する必要があるサポーターを作ったらしいのでそのサポーター代、サポーターをつけると今のウェアが着れないからと言って、新しいウェア代を請求されました。
治療費とストック代は保証するつもりでいたのですが、以下3項目についても僕が保証しなければならないのか疑問に思っています。いろいろ調べてみたら、スキー場でお互いが滑っている状況での接触事故は10:0にはならないとあったのですが、そこら辺詳しいことを教えて頂けたら幸いです。
ちなみに僕はスポーツ保険には加入しておらず、女性の方は加入済らしいです。

先日スノボーに行ったときに、スキーをしていた女性の方と接触事故を起こしてしまいました。
状況的には僕が上から滑って来て、僕の通り道に横から女性が曲がって来て、衝突しそうになったので、転んででも避けようとしたのですが、避けきれなくて衝突しました。
実際は衝突した感じは全くなかったのですが、女性は転倒していて、膝をひねったといっていました。
女性も衝突したかわからないと言っているのですが、ストックが曲がっていたので、衝突したのかもしれないと思って、パトロール員を呼んで救護室に...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃるとおり、このケースの接触事故は10:0にはなりませんね。

意外と、スキーヤー、スノーボーダーの滑走ラインの相違についてふれられる場合が良くありますが、実際には、スキーヤーもスノーボーダーも同じようなラインを描いています。
縦のラインと、横のラインで交わるケースというのは、スポーツカテゴリの差ではなく、滑走スキルの差ですね。
つまり、問題なく滑走できる方は直線的なラインになりますし、そうでない方はゲレンデを横切るような大きなスラローム状のラインになる傾向が多いということです。
視野に関しては、スノーボーダーで言うバックサイドの視認性ということが取り沙汰されますが、実際、スノーボードにおいても、直線的なラインで滑走しているようなケースにおいては、ご存知のように特にバックサイドの視野が影響するような状況はありません。

さて、幾分前までは「受認の法則」なる、"危険が伴う場所を承知でその場所に踏み入る事。"(極端な例ですが、道路を利用することも、海に入ることもなども、何かしらの危険のリスクを承知でその場に入るといったようなこと。)
という理屈で、被害者側の訴えが切り捨てられてしまうことが良くありましたが、一応、このことも踏まえて、チャラにしてしまうという強引な展開はないにせよ、双方に何かしらの非があり、その過失割合の追求ということになるかと思います。

と、いうことで、基本的には同様のケースの場合、上から滑ってきたものに危険を回避する義務があるとされており、加害者責任が問われる例が多いのが実際です。
ゲレンデ外に被害者が立っていたとして、そこに突っ込んでいったようなケースであれば過失割合10:0になるといったようなことを基準に考えると、被害者側の責任割合を今回の状況からどのように割り出していくかが焦点になってくるかと思います。
被害者側も滑走中であったことより、前方、および左右の確認の義務は当然にして求められるものであります。
つまり、滑降してくる可能性や上方の状況も把握すべきという点ですね。

似たような判例などもいくつか目を通してみてください。
http://ski.m244.jp/hanrei/h7-3-10.html

衝突したか否か?という点も非常に大きなポイントなのですが、これは各々のギア、もしくはウエア等に、接触の痕跡が残っているかどうかも重要なところです。
女性は転倒して靭帯を損傷したようですが、外傷の有無も気になるところです。

特に接触していなかった場合には、双方の過失責任の割合の元に、それぞれが負った損害や怪我を責任割合で清算しましょうということになります。

どちらにせよ、過失相殺といった扱いになると思いますので、示談ですまないような内容がでてくれば、人身事故としてしっかり処理できるように警察に届け出たり、証拠や証言の提示などが必要になってくるかと思います。

今の時点で、このような事情を説明した上で事件扱いとするようなお話をすれば、先方も少しやりすぎている感があると思い、新しいウエアやサポーター代などの請求は引っ込めるようにも思います。
tgngmhさんも責任を感じ、ある程度補償する気でいらっしゃるようなので、お考えになっている責任範囲内で示談ということで収まるかとは思います。

10:0ということでなければ、曲がったストックについては、曲がったことによる原因の究明が必要となり、また、これを一方的に負担する責任はなく、責任割合からみた補償内容で負担すれば済むことです。

サポーター代、そのほかウエアについては論外で、不当な請求なので無視してください。
本来、被害者側の要求としてはそのような名目ではなく、怪我を負ったことによりスキーができなくなったことの慰謝料としての請求であれば問題ないのですが…
少し調子に乗ってる感がありますね。

おっしゃるとおり、このケースの接触事故は10:0にはなりませんね。

意外と、スキーヤー、スノーボーダーの滑走ラインの相違についてふれられる場合が良くありますが、実際には、スキーヤーもスノーボーダーも同じようなラインを描いています。
縦のラインと、横のラインで交わるケースというのは、スポーツカテゴリの差ではなく、滑走スキルの差ですね。
つまり、問題なく滑走できる方は直線的なラインになりますし、そうでない方はゲレンデを横切るような大きなスラローム状のラインになる傾向が多いということ...続きを読む

Qスキー事故の治療費の負担について

先日、スキーに行った際にゲレンデで女性と接触事故を
起こして、相手の方は前歯を1本折ってしまいました。
接触した時の状況はゲレンデの上からみて私が左から、
女性が右から互いの進路方向に向かってぶつかりそうに
なってしまい、よけきれないと判断した私はわざと転んで
、女性の方はそのまま私のところへ突っ込んできた形で
す。その際に、女性の方は私の板に歯をぶつけて折って
しまったようです。
その場では、女性の方は歯以外のところは特に問題ない
ようだとのことで、互いに連絡先を教え合い、一端
別れることにしました。その際に、女性の方は保険が
きくか確認して、もし保険がきかない場合は連絡します
、といったことを私に言ってきたので私も「はい」と
返事をしました。これは治療費に関する話だということは
私も認識していました。
事故が発生したのは土曜日だったのですが、2日後の
月曜日に女性から連絡がきて、前歯なので保険がきかない
ということと、差し歯を入れるので総額10万円以上
はかかるとのことを教えてもらいました。
その際、女性と私との間で問題になったのが治療費の
負担の割合についてです。私はもちろん、治療費を払う
意思はあるのですが、但し、全額負担というつもりは
ありませんでした。確かに怪我をしたのは女性の方
ですが、事故については私が一方的にぶつかっていった
ものではないので全て私に責任があるとは思えないから
です。
その後、2週間ほどして女性から歯科医の診断書と
今回の件に関しての治療費全額および慰謝料を
支払って欲しいという内容の文が記述された内容証明書
が送付されました。
この場合、私は全責任を負わなくてはならないのでしょう
か。また、今後私はどのように対処してゆけばよいのか
どなたかアドバイスを頂けないでしょうか。

先日、スキーに行った際にゲレンデで女性と接触事故を
起こして、相手の方は前歯を1本折ってしまいました。
接触した時の状況はゲレンデの上からみて私が左から、
女性が右から互いの進路方向に向かってぶつかりそうに
なってしまい、よけきれないと判断した私はわざと転んで
、女性の方はそのまま私のところへ突っ込んできた形で
す。その際に、女性の方は私の板に歯をぶつけて折って
しまったようです。
その場では、女性の方は歯以外のところは特に問題ない
ようだとのことで、互いに連絡先を教え合...続きを読む

Aベストアンサー

前略
 貴殿からの平成x年x月x日付の内容証明郵便(○○局○○○○号)による
ご請求に対し次のとおり回答いたします。
 平成x年x月x日のxxスキー場での接触事故については、ゲレンデ山側
から谷川に向かって当方が右方向に、貴殿が左方向に、それぞれ滑走するに
際し発生したものです。その際、当方は衝突を予見し最善の方法としてその
場に停止しましたが、これに対し貴殿が衝突というのが本件事故の概況です。
 従いまして、当方から貴殿に対しお見舞金として慰謝料を除く治療費の3割
相当額をお支払し本件事故の解決とすることが妥当と考えます。
                                草々
-----------------------------------
 以上のような感じでいかがでしょう。当方停止、相手方衝突、ということは主語が相手方であり、被害の有無大小は別として相手方か本来的には加害者であることを意味しています。これに対し、ある意味スポーツマンとして3割の「お見舞い」を出す、という性格の表現にしてみました。相手の過失としての「前方不注意」の指摘は双方で相殺されますので不要です。
 最悪相手方が提訴した場合、争点は当方停止か否か、ということになり、不法行為の損害賠償請求なので相手方が当方の不停止を立証しなければなりません。万一それが立証されたとしても5分5分のケースと予測され、相手方敗訴の可能性大と考えられ、これで充分だと思います。なお、現場で、「はい」としたのは、責任を肯定するものではなく、相手を思いやってのことであると主張すべきでしょう。
 その後については、もしご不満でしたら提訴してすっきりさせたらいかがでしょうか、と提案する他ないと思います。

前略
 貴殿からの平成x年x月x日付の内容証明郵便(○○局○○○○号)による
ご請求に対し次のとおり回答いたします。
 平成x年x月x日のxxスキー場での接触事故については、ゲレンデ山側
から谷川に向かって当方が右方向に、貴殿が左方向に、それぞれ滑走するに
際し発生したものです。その際、当方は衝突を予見し最善の方法としてその
場に停止しましたが、これに対し貴殿が衝突というのが本件事故の概況です。
 従いまして、当方から貴殿に対しお見舞金として慰謝料を除く治療費の3割
相当額をお...続きを読む

Q示談サービスがない保険の過失割合について(スノーボード激突事故)かなりの長文ですが、どなたかお願いです!

こんにちは。スノーボードで激突をされ、過失割合の決定について、今後どのような対応をすればいいのか非常に悩んでいます。どなたか詳しい方でご意見下さる方がみえましたら、宜しくお願い致します。

10日程前、有給を使い一人でスノーボードに出掛け、上がろうと(帰ろうと)思っていた矢先に死角から激突され、肋骨骨折の受傷をしました。相手は14歳の未成年者で、友達と二人でした。後日、その親と話をしましたが、「うちの子が100%悪いのですか?お宅が急に止まって、うちの子がよけようとしたがよけきれずにブツカッテしまった。と言っていましたよ!ゲレンデのコースの真ん中で、座ろうとしていたんですよね?うちには証人もいますし、私には状況が全くつかめません!」といきなり話が始まりました。先方は「お宅にも過失はあるはずだ。うちの子が全部悪いわけではない」と主張するばかりで、私に対する誠意のかけらもありませんでした。私はそういった態度を遺憾に思い、色々調べたりしていましたが、遂に何をどうしたらいいのか訳がわからなくなってきました。もし、後方から近づいてきているのを知っていたら、私にも過失はあるかもしれませんが、停止していたわけでもないし、私に過失があるのならば納得いくように話してほしいと思っています。しかし、やはり当事者同士ではどうしてもうまくいきません。こういった、レジャーでの事故はちょっと特例ですので、私の加入している保険を全て調べましたが、弁護士示談特約等は付帯されていませんでした。このような場合、過失割合は誰がどのように決定すれば良いものなのでしょうか?

長々と書きましたが、とにかく、友人等で保険の事に詳しい者はおらず、私もこのようなケースは初めてで今後の対応にとても悩んでいます。説明不足であるかと思いますので、ご意見下されば補足します。どうぞ宜しくお願い致します。

こんにちは。スノーボードで激突をされ、過失割合の決定について、今後どのような対応をすればいいのか非常に悩んでいます。どなたか詳しい方でご意見下さる方がみえましたら、宜しくお願い致します。

10日程前、有給を使い一人でスノーボードに出掛け、上がろうと(帰ろうと)思っていた矢先に死角から激突され、肋骨骨折の受傷をしました。相手は14歳の未成年者で、友達と二人でした。後日、その親と話をしましたが、「うちの子が100%悪いのですか?お宅が急に止まって、うちの子がよけようとしたが...続きを読む

Aベストアンサー

私はプロではありませんので、あくまでアドバイスですが、

「事故確認書」は実際にそのスキー場で事故が発生した証拠にはなりますが、仰るようにどちらに責任があったかを証明するものではありません。

示談を希望されるのでしたら、質問者様が賠償金額を算出した上で、加害者との交渉を行い、その際、先方が100%認めるのか、質問者様の過失割合を相殺するのかは分かりませんが、双方が納得できれば示談終了です。
この場合でも、示談書を司法書士に依頼して作成した方が良いでしょう。

もしも双方の言い分が折り合わなければ民事裁判となりますが、訴訟額60万円以下であれば小額裁判制度(小額訴訟)を行うことも可能です。この場合でも口頭弁論はありますから、法廷で過失割合の判断がされるでしょう。
小額裁判は個人でも請求可能ですから、ご自分で行うのであれば最寄の簡易裁判所へ行けば相談にのってもらえますし、市役所等の弁護士無料相談サービスに行くか、短時間の弁護士相談(30分\5000程度でしょうか)に行くという方法もあります。

賠償請求の金額が分かりませんが、休業補償など直接被害以外の部分は揉める可能性が高いので代理人を立てた方がスムースな場合が多いでしょう。ただし、金額がこれ以上だったり、小額裁判では判断できない、となれば通常の訴訟になりますね。この場合は弁護士が必要になるでしょうから、費用を考えるとどうなのかな?という気もします。

どちらにしても、先方が話をする状態に無い、ということであれば早めにプロに相談した方が良いと思います。ネットで検索するとこのような事例を扱う専門家もいるようですから相談してみても良いかも知れませんね。

ご参考まで...

私はプロではありませんので、あくまでアドバイスですが、

「事故確認書」は実際にそのスキー場で事故が発生した証拠にはなりますが、仰るようにどちらに責任があったかを証明するものではありません。

示談を希望されるのでしたら、質問者様が賠償金額を算出した上で、加害者との交渉を行い、その際、先方が100%認めるのか、質問者様の過失割合を相殺するのかは分かりませんが、双方が納得できれば示談終了です。
この場合でも、示談書を司法書士に依頼して作成した方が良いでしょう。

もしも双方の言...続きを読む

Qスキー事故にあいました。過失割合など。

先日スキー事故にあいました。雪が降り視界が悪かったです。相手もよく見えなかったと言ってます。崖の下コース中程で一緒にすべっていた子供がこけて起こし、滑ろうとした所後ろからスノーボーダーに追突され後頭部を激しくうち、しばらく意識がもうろうとしていました。
私は滑ろうとしていたので下を向いて立っていました。

相手は自分ももちろん悪いがコース中央で止まっていたこちらも悪いので治療費など出す気はないようです。
崖にはジャンプ禁止とありますし、その崖は横はなだらかで崖の方は斜面がアイスバーンで結構急斜面です。私は自分がすべるときは危ないので一度安全確認し、停止してから下に人がいないのを確認して滑りますが、相手はそこで止まるとボードが動かなくなるからといって停止はしなかったようです。

私はむちうち状態で仕事も休み腰も痛いです。不意打ちで頭からこけました。
病院では全治三週間といわれました。むちうちなのでこれ以上かかるかもしれません。
無料弁護士相談に相談し、調停や小額訴訟について知りました。
相手は板の弁償を求めており、10万円ほどします。
(傷が入ったそうです)こちらも板やウエアは傷つきました。

こちらもコース真ん中で止まっていたので過失はあると思います。
相手にこちらの過失で反対に訴えられるのが怖いです。

小額訴訟の場合相手もきて話合いになるのでその時に板の賠償の話などできるのでしょうか?そして過失割合が決まり金額も決まりますか?

相手の方も逃げずに誠意ある方なのでこちらも訴えて慰謝料など請求するのもお互いいやな気持ちになると思いますが、きちんと第三者と話し合い過失割合が決まるまで支払うつもりはないようです。
小額保障で過失割合は決まりますか?
調停も考えましたが、遠方なので自分の居住地でできる小額訴訟がいいです。

訴訟を起こすなら
☆治療費
☆通院慰謝料
☆休業損害
☆相手の板の弁償ならこちらの板とウエア(破損)

通院でかなりの時間を費やし、かなりの痛みに耐えています。
皆様のお力をお貸し頂けたら幸いです。

あと、相手は骨に異常のないむちうちには治療費出す気はないそうです。

先日スキー事故にあいました。雪が降り視界が悪かったです。相手もよく見えなかったと言ってます。崖の下コース中程で一緒にすべっていた子供がこけて起こし、滑ろうとした所後ろからスノーボーダーに追突され後頭部を激しくうち、しばらく意識がもうろうとしていました。
私は滑ろうとしていたので下を向いて立っていました。

相手は自分ももちろん悪いがコース中央で止まっていたこちらも悪いので治療費など出す気はないようです。
崖にはジャンプ禁止とありますし、その崖は横はなだらかで崖の方は斜面が...続きを読む

Aベストアンサー

訴訟というより示談で済ますのが普通じゃないのかなあ?
ある程度はおそらくは傷害保険会社が調査して出来るのでは?

事実貴方が怪我を負った事やその他のかかった費用とその事故により相手の所有物の損害(物損)は基本的に双方の過失割合から決まるのでしょうから。

>あと、相手は骨に異常のないむちうちには治療費出す気はないそうです。

骨に異常がなかろうと、出す気がなかろうと関係ありません。
貴方が故障、障害を負った事を証明する医師の診断書を出せばいわゆる過失傷害になります。
現実に治療費もかかっているわけですから。

また鞭打ち(いわゆる頚椎捻挫)と診断された場合気をつけなければなりませんね。結構それにまつわって「脳脊髄液減少症」という証明しづらい障害もあるからです。もしそうなったら厄介ですね。
相手が訴えるのなら受けて立つのが当然です。
泣き寝入りなんてしたくないでしょう?

Qスノーボード事故の示談交渉について。示談代行がない場合。

初めての投稿で乱文ですが、失礼します。お力をお貸しください!

去年2月末にスノーボードでの追突事故に遭いました。広く見通しのいい傾斜も緩いコースで私は転び立ち上がる時に後ろから猛スピードで追突され吹っ飛び、その日の病院(ゲレンデ近く)で肋骨打撲と脳震盪、後日頭痛、腕と背中の痺れで別の病院(地元)に行き頚椎捻挫となり去年の9月末までリハビリに通いました。

相手が未成年の学生だったので、その親と保険会社(あいおいニッセイ同和損保)と私個人で話をしている状況です。こちらは過失ゼロということでそうなっています。

症状がよくなり、9月で治療を止めて治療の領収書や交通費、めまいや頭痛で仕事も休んでいたので給料証明や送られてきた紙に勤務状況を記し事故相手に郵送しました。

しかし、それからまったく何の音沙汰もないので保険会社に連絡すると、まだ病院への確認もとっておらず、何故かと聞くと数秒待たされて『あ、今確認とれました』と、意味の分からない発言をしてきました。

数秒で確認が取れるのか?て話ですよね。
相手からお詫びの手紙も貰っているし、私は早く示談して終わりにしたいのですが、その示談書もまだ作っていないとのこと。

何ヶ月経ったと思ってるのか!なんでこんなに遅くなるのかと聞いても答えてもらえませんでした。『示談書が出来たら加害者から私の元に送ります』とのことでした。1ヶ月は掛かるとも。

そこで質問ですが
①連絡経路が私→相手方→保険会社となっていることからも保険会社は示談代行をしていないということでしょうか?

②保険会社を使っているということは、損害賠償は加害者個人の負担ではなく保険会社から120万までは降りるということですよね?相手方の金銭問題で払えないなどならないですよね?

③示談書については、保険会社から直接来ないということは保険会社の指導で加害者が書いたものを送って来るということになりますよね?

④そうだった場合、示談書を早く送ってくれだとか、慰謝料などに不満があった場合などは保険会社を通さず加害者に連絡するものですか?

⑤示談書に私から違約条項や違約金条項などを付けるように言ってもいいですか?

あまりにも保険会社の対応にイライラし、加害者にも苛立ちが出てきました。長文、乱文になってしまいましたが、お答え頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

初めての投稿で乱文ですが、失礼します。お力をお貸しください!

去年2月末にスノーボードでの追突事故に遭いました。広く見通しのいい傾斜も緩いコースで私は転び立ち上がる時に後ろから猛スピードで追突され吹っ飛び、その日の病院(ゲレンデ近く)で肋骨打撲と脳震盪、後日頭痛、腕と背中の痺れで別の病院(地元)に行き頚椎捻挫となり去年の9月末までリハビリに通いました。

相手が未成年の学生だったので、その親と保険会社(あいおいニッセイ同和損保)と私個人で話をしている状況です。こちらは過失ゼロというこ...続きを読む

Aベストアンサー

イライラするだけ損です。

確かに保険会社の担当者の対応は不愉快極まりないですが、それでもイライラしても良いことはなにもありません。

---
相手の方は個人賠償保険に加入していたと思われます。
これは、他人にケガをさせたり他人のモノを壊してしまったときの賠償保険です。
最低でも3000万以上普通は1億円程度の保障をつけるものですから、あなたの損害については100%保障されるでしょう。

あなたが加害者に対して、「あなたとしか話しません」とどれほど言っても、加害者は「保険会社と話してください」と繰り返すだけです。
で、結果としてあなたのイライラは増すだけです。
また「裁判を起こします」といっても、「それはラッキーです。裁判によって賠償額が確定すればそれは保険で確実に保障できるので私も助かります。ぜひお願いします」と言われることが予想されます。

加害者を敵に回しても良い事なんて一つもないのです。

加害者には、切々とあなたの苦労を理解してもらって、加害者からも保険会社に働きかけてもらうのが得策です。保険会社のお客さんは加害者なのです。お客さんからお願いしてもらうのが一番です。
次のように言ってもらいましょう。
(保険会社の担当者に対し)「貴社の対応に被害者が不満を持っている。そのせいで私のところにクレームが来て困っている。被害者からのクレームがないように適切に対応してほしい。聞いてみると、手続きや書類の送付に時間がかかったり、約束の時期を守らなかったりと被害者の言い分にも一理ある。このようなことでは次回以降の保険契約は考えざるを得ない、云々」

イライラするだけ損です。

確かに保険会社の担当者の対応は不愉快極まりないですが、それでもイライラしても良いことはなにもありません。

---
相手の方は個人賠償保険に加入していたと思われます。
これは、他人にケガをさせたり他人のモノを壊してしまったときの賠償保険です。
最低でも3000万以上普通は1億円程度の保障をつけるものですから、あなたの損害については100%保障されるでしょう。

あなたが加害者に対して、「あなたとしか話しません」とどれほど言っても、加害者は「保険会社...続きを読む

Qスキー場(ソリ)での事故・慰謝料請求について(かなり長文です!)

ゲレンデの中腹緩斜面でソリに座り停止したまま2歳の子供を乗せたりと滑降する準備をしていた時上方からソリに正座し本人で制御する事も不可能な状態で4歳の子供が一人で乗ったソリが後ろから衝突してきました。衝突の際、左脇・腰・左足に痛みが走りました子供の親は、子供を監視していなっかたのでぶつかった事も全く気付いていませんでした。主人が、子供の父親に衝突してきた事を伝えた後、私たち家族はスキー場を出ました。当日病院に行き診察の結果(1)打撲症(2)椎間板ヘルニアの疑いの診断でコルセットで固定。帰宅後、相手の母親に連絡をし診察の結果を伝えたところ「治療費は支払います」とのことでした。「治療の様子をみて私も連絡します。」と伝え電話を切った数分後相手の父親から電話があり「スキー場は上から滑ってくる危険な場所。ぶつかってくるのは予測できるはず。だから治療費は支払わない」と言われました。その後も一日おきに子供と一緒に病院に行き(1)機械でのリハビリ(2)腰と腕に注射(3)投薬など合計15日間通院しました。*親同乗なしで子供一人での滑降は危険だと私は思います。ましてや正座した状態で滑っていた。本人が大事故になっていたかもしれない(大人が同乗していれば回避できたはず)*保護者が全く子供を監督していない。(危険な場所と父親は認識しているのに何故監視しない?)など納得のいかない私は、無料の弁護士相談に行き「スキー入場者保険」の存在を知りました。申請をしたので治療費は保険で下りるようです。事故後、主人の出張が重なり不在の日が多く転勤族のため近くに身内がいないので家事や育児は私ひとりでやらなければならず辛かったです。相手の父親から謝罪はなく誠意がありません。先日保険会社より保険請求書と示談書が届きました。賠償責任保険では慰謝料の請求は出来ないですか?もし請求できるのならどのくらいが目安ですか?ご意見お聞かせ下さい!!

ゲレンデの中腹緩斜面でソリに座り停止したまま2歳の子供を乗せたりと滑降する準備をしていた時上方からソリに正座し本人で制御する事も不可能な状態で4歳の子供が一人で乗ったソリが後ろから衝突してきました。衝突の際、左脇・腰・左足に痛みが走りました子供の親は、子供を監視していなっかたのでぶつかった事も全く気付いていませんでした。主人が、子供の父親に衝突してきた事を伝えた後、私たち家族はスキー場を出ました。当日病院に行き診察の結果(1)打撲症(2)椎間板ヘルニアの疑いの診断でコルセットで...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の場合ですと基本的には、治療費+慰謝料という形での賠償になります。

そのお使いになる保険がどのようなものなのか、約款が正確にわかりませんが、医療保険であれば治療費のみですが、賠償保険となるものであれば、治療費+慰謝料という形になります。

治療日数が書かれていませんので仮にAとしますと、Aが15日(実通院日数)×2倍=30日より大きければ30日、少なければAの日数をBとします。そして、自賠責基準による慰謝料は、B×4200円で計算します。
いまBが30日としますと、126000円となります。
この慰謝料は最低基準と考えてください。ただ精々この金額の2倍程度が限度です。あとは幾らにするのかはご自身でお決め下さい。

後遺症はありませんね?
なければ治療費の実費に加えて上記で決めた慰謝料を請求するとよいでしょう。

なお、賠償保険の場合には、保険会社が支払われたことにより直接相手には請求はできなくなります。
保険会社がご質問者が持っている債権を獲得します。保険会社は必要に応じてその求債権を行使して加害者に支払った保険料の賠償を要求します。

もし、その保険が医療保険の正確だとすると慰謝料は含めることは出来ませんので、その金額は直接相手に請求すことになります。

では。

ご質問の場合ですと基本的には、治療費+慰謝料という形での賠償になります。

そのお使いになる保険がどのようなものなのか、約款が正確にわかりませんが、医療保険であれば治療費のみですが、賠償保険となるものであれば、治療費+慰謝料という形になります。

治療日数が書かれていませんので仮にAとしますと、Aが15日(実通院日数)×2倍=30日より大きければ30日、少なければAの日数をBとします。そして、自賠責基準による慰謝料は、B×4200円で計算します。
いまBが30日としますと、...続きを読む

Qスノーボードでの衝突事故での弁護士依頼(長文)

3ヶ月前にスキー場で突然目の前に現れた(転げ落ちてきた?)ボーダーをよけきれずに衝突、相手のボードのエッジが顔面にあたり、顔面打撲とアゴに傷、口の中を8針ほど縫いました。

まだ完全に治っておらず今は通院はしていないで怪我の状況次第でアゴの傷は腫れが引いてから(3ヶ月経ちますがまだ引かないので)、まだ傷跡が目立つようであれば手術で治せるとのことと、歯もずれてしまい
これは矯正だと40万かかるということで、素直に加害者(男性)の方に伝えました。
相手も最初は出来ることはなんでもしますということでしたが、やはり時が経つと・・・気持もさめるもので、
「治癒に時間がかかるのは仕方ないがお金がかかるのはちょっと・・・まぁこちらもわるいんですけどね」といわれました。
こちらは出来ることなら時間もお金もかけたくなく、もうこんなやり取りもしたくないので、女性の顔に痕が残る傷が出来てしまったのにちょっとその発言には心外でしたが怒りを抑えとりあえず、電話は切りました。

向こうが突然現れたといってもこちらもすべていたので過失はあるのだと思いますが、とりあえず、もうやり取りにうんざりしてしまい、出来ればもう連絡を取り合いたくありません。

慰謝料と歯科矯正料(他に安くていい手段が見つかりそうなので)を請求して、傷跡の治療費等、以後かかる費用は不要としたいのですが、
どういう流れでもっていけばいいのかわかりません。。。

とりあえず慰謝料は弁護士さんに算出してもらい、そのまま加害者とのやりとりも弁護士さんに任せるのがベストなのかと思うのですが、費用の方がかかりそうなので・・・。

詳しい方がいましたら教えてください。
宜しくお願い致します。

3ヶ月前にスキー場で突然目の前に現れた(転げ落ちてきた?)ボーダーをよけきれずに衝突、相手のボードのエッジが顔面にあたり、顔面打撲とアゴに傷、口の中を8針ほど縫いました。

まだ完全に治っておらず今は通院はしていないで怪我の状況次第でアゴの傷は腫れが引いてから(3ヶ月経ちますがまだ引かないので)、まだ傷跡が目立つようであれば手術で治せるとのことと、歯もずれてしまい
これは矯正だと40万かかるということで、素直に加害者(男性)の方に伝えました。
相手も最初は出来ることはなんでもします...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。まずは結構厳しい事故でお気の毒でした。
状況の詳細は、その場にいた方々やご本人同士でないと分からない面が多々ありますが、スキーヤー同士の衝突事故の場合、最高裁での判例では「基本的に情報から滑ってきたスキーヤーに衝突回避義務がある」という判例があるようです。例えば、前を滑っていたスキーヤーに後方から追突、あるいはゲレンデで立ち止まっていたスキーヤーをよけきれずに衝突、こういった例ではとにかく上方から滑ってきたスキーヤーにより大きい過失割合が認定されています。あなたの場合ですと、まず衝突までのあなたと男性ボーダーとの位置関係(あなたの後ろから来て追い越した?斜め上から来た?横から来た?)、お互いがお互いを視認していたか(視認できる位置にいたのに視認できていなかった場合には安全確認義務を怠ったという認定を受ける恐れ有り)、といったようなことでお互いの過失割合が変わってきます。こういった要素についてあなたの事故当時の状況がよく分からないので、妥当額を推定するのは難しいのですが、例えば地方自治体が行っている無料法律相談のようなものである程度の情報が得られるかもしれません。そういったものを参考にして妥当額を考えてみてはいかがでしょう?
あと慰謝料に関しては、上述の事故状況によっては出ない可能性も考えられます(辛口ですみません)。
判例についての参考URLを載せておきます。お役に立てば幸いです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2jikoski.html

こんにちは。まずは結構厳しい事故でお気の毒でした。
状況の詳細は、その場にいた方々やご本人同士でないと分からない面が多々ありますが、スキーヤー同士の衝突事故の場合、最高裁での判例では「基本的に情報から滑ってきたスキーヤーに衝突回避義務がある」という判例があるようです。例えば、前を滑っていたスキーヤーに後方から追突、あるいはゲレンデで立ち止まっていたスキーヤーをよけきれずに衝突、こういった例ではとにかく上方から滑ってきたスキーヤーにより大きい過失割合が認定されています。あな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報