アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

こんにちは、昨日もこのような質問を上げたんですが、
また知りたいことがあるので投稿いたします。
引火性物質の引火点はガソリンを例えると
引火点が略-43℃、発火点が246℃になりますが、
引火点とは物質の蒸気圧が生じて炎を近づければ燃えることだと知っていますが、
それでは、発火点は発火点の温度に達したら自ら発火する温度だと知っています、

質問1.でも、ガソリンの場合は246℃の温度まで上がる前に気化されて飛んでなくなることはありえないですか?それとも発火点の温度まで気化してなくならないように何か容器とかタンクようなもの中で加熱させたらできる語りですか?

質問2.基礎的な質問ですが、すべての石油化合物は色んな化学構造を保っていますが、
そんな物質(液状)が気化や乾燥されたらこの物質がどうやって気化されて空気中に飛ぶことができるかを知りたいです、言い換えれば分子構造を成している分子たちがこの分子構造状態で(丸ごとで)空気中に飛びますか?それとも分子が離れて分解されて飛ぶことですか?

質問3.固形分と溶媒(溶剤)を混じった状況で固形分だけ残って溶媒や溶剤も分子構造を持っているがあまり想像が飛ばないのでご説明いただきませんか?

質問4.圧力が高ければ沸点も上がりますが、それでは引火点、発火点も圧力が高ければ一緒に上がりますか?それとも構わないですか?

知識が短いですが、どうぞよろしくお願いいたします。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!