会社を退職するにあたり、不要な書類を破って捨て(業務上必要なデータはサーバーにあります)、自分で持ち込んだパソコンのアプリケーションを削除
したところ社長から「破壊工作なので訴える」と言われました。これって違法なんでしょうか?(書類を処分しているとき社長も居て「ええよ」と言っていました。録音してないので証拠はありませんが・・)

A 回答 (1件)

社長さんの言われる「破壊工作」が具体的に何を指してそう言っておられるのか、そのあたりを確認しておく必要があると思います。



不要な書類の処分については、企業内での情報管理についてとかく注意を要する時代ですので、社内の規程や上長の判断・指示に従っていれば問題ないと思います。
質問者様からのご申告ですと『書類を処分しているとき社長も居て「ええよ」と言って』おられたとのことですので、書類の処分後に何らかの事情で書類を処分することに問題が生じたのであればその経緯を明らかにしてもらい、事後に対応可能なものか、前向きな検討をすれば良いと思います。

質問者様が職場に持ち込まれた(ご自身の出費によるものですよね?)アプリケーションソフトを削除したことについては、もし会社が業務上必要としているのであれば会社が会社の費用で同等のアプリケーションソフトを購入して利用するのが筋と言うものでしょう。
質問者様の退職後もそのアプリケーションソフトをそのまま継続して利用したかったのに削除されてお怒りであるならば、それは正当な手続きと費用の支払いを経て譲渡(もちろん、アプリケーションソフトの利用許諾条件に製品の譲渡を許すことが記載されていなければダメですよ)が完了しない限り、正当な利用者としては容認できるのものではありませんし、また善良なる利用者として容認してはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりましたありがとうございます。

お礼日時:2005/04/21 01:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング