お風呂場の鏡や、冬の窓ガラスってよく曇りますよねぇ。あれって結構湿気の原因になったりして大変なんですよ。

 ところで、通販なんかでやってる製品で「ガラスに使うとくもりません!」ってやってるやつありますよね。あれってガラスの汚れを取ってるだけでしょ?それやのにガラスが曇らなくなるってのは納得できないんです。
 誰か知ってる方がいれば教えてくださいませ、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ガラスなどにつく「曇り」は非常に小さな水滴からできています.ガラスの表面を曇らないようにするには,ガラスの表面を水となじみやすくし,水をはじかないようにすればよいということになります.なお,水となじむ性質のことを「親水性」,水をはじく性質のことを「撥水性」と呼びます.



 本来ガラスの表面は親水的で,水滴や曇りは一切つかないはずのですが,これは表面が非常に清浄なときに限られます.通常のガラスの表面は有機物の汚れに覆われており,親水性というよりはむしろ撥水性を示します.ガラスが曇るのはこのためです.

 市販の防曇剤にはコロイド状シリカなどの金属酸化物が有効成分として含まれており,このシリカ(二酸化ケイ素)が持つ水酸基が非常に水と親水的であるため防曇効果を示す,という仕組みになっております.ガラスの表面の汚れを落としているわけではありません.

 なお,ガラスの表面の汚れを完全に落とせば親水的になると書きましたが,言葉で書くほど簡単に汚れを落とすことなんてできません.ガラス食器を洗剤で洗う際,実際に試していただければ分かると思います.
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど!ガラスが本来「親水性」だったとは知りませんでした。普段生活していたらガラスは曇る物(撥水性)だと思いこんでました。
だから汚れ落しか…フムフム。

>簡単に汚れを…
僕が見た製品はたぶんスチームで汚れを落とすやつです。そやったらやっぱりあれの効き目はすごいんですね!

とにかく、ほんまに分かり易い説明&回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/15 20:17

ガラスの表面に皮膜を作ることで曇りを防止しているのでしょう。


風呂場の鏡に半分だけシャンプーを塗ってみてください。シャンプーを塗った方は曇らないはずです。シャンプーの場合は簡単に水で流されてしまいますが、専用のものはそのあたりの対策もされているのだと思います。

ただ、ガラス面に空気中の湿気が貼り付くのを防止しているわけではないはずですので、結露やカビを防ぐためには別の対策が必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぉ、そうかその方向の製品も考えられるんですね。
すみません、僕の説明不足で。製品の紹介のときに「汚れを落として…」って説明してるんで気になったんです。
でも分かり易い回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/15 20:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車の窓ガラスが曇っても消えるのはなぜ?

●フロントガラスが曇って消す時、暖房でも冷房でもa/c(エアコン)を付けなければならないのはなぜですか?特に、暖房の時はa/cは要らないような気がします。

●リアガラスが曇って消す時に押すあのボタンは何ですか?「電熱線」と聞いたことがありますが、内側から触っても熱くなりませんし。

ともに、どのような原理で曇りが消えるのでしょうか。ご存知の方お教え下さい。

Aベストアンサー

空気は温度によって含むことの出来る水蒸気の量の上限(飽和蒸気圧、湿度100%の状態)が決まっていて、温度が上昇すると沢山の水分が蒸発でき沢山の水蒸気を含むことができ、温度が冷えると飽和蒸気圧が下がって、それ以上の水蒸気が含めず、温度のより低い物体の表面(ガラスや金属の表面など)に露結して細かい水滴となって現われます。

>●フロントガラスが曇って消す時

車室内の人間などから蒸発した水蒸気や昼間の暖かい空気(水蒸気を多く含む)や加湿器などからでた水蒸気を含んだ空気が外気に冷やされたガラス表面付近に近づき、飽和蒸気圧以下の温度(湿度が100%を超える温度)に冷やされるとガラス表面に露結してガラスが細かい水滴になって曇ってしまいます。
この曇りの原因の水滴を無くすには、
1)ガラスを暖めて、その周辺の空気を暖め飽和蒸気圧を高めて湿度を下げるか、
2)湿度の低い空気を吹付けて水滴を蒸発させるかのどちらか
ですね。

>暖房でも冷房でもa/c(エアコン)を付けなければならない
>暖房の時はa/cは要らない

暖かい湿度の低い空気(室温より暖めた空気は湿度が低くなる)をガラスに吹付ける
または暖かくなくても湿度の低い(乾燥した)空気を吹付ける
ことでガラス付近の湿度を下げて曇りを消しているわけですね。

>●リアガラスが曇って消す時
フィルム上の抵抗体に電気を流してガラスの温度を上げているわけですが車内の空気と同程度まであげるだけですから触っても熱くはないですね。
でもガラス表面の温度が上がってその付近の湿度が下がりますのでガラスの水滴が蒸発して曇りが消えます。

空気は温度によって含むことの出来る水蒸気の量の上限(飽和蒸気圧、湿度100%の状態)が決まっていて、温度が上昇すると沢山の水分が蒸発でき沢山の水蒸気を含むことができ、温度が冷えると飽和蒸気圧が下がって、それ以上の水蒸気が含めず、温度のより低い物体の表面(ガラスや金属の表面など)に露結して細かい水滴となって現われます。

>●フロントガラスが曇って消す時

車室内の人間などから蒸発した水蒸気や昼間の暖かい空気(水蒸気を多く含む)や加湿器などからでた水蒸気を含んだ空気が外気に冷やさ...続きを読む

QDHCのサプリメントには、亜鉛や鉄などがありますが、あれは亜鉛や鉄の粉

DHCのサプリメントには、亜鉛や鉄などがありますが、あれは亜鉛や鉄の粉末をそのまま入れているのでしょうか?? 気になったので回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄や亜鉛の単体が入っている訳ではありません。

今は手元に無いので確認はできませんが、
リン酸鉄(III)や塩化鉄(III)、酸化亜鉛、塩化亜鉛
などのように塩(イオン結晶)の形で入っていると思います。

ちなみに、近江八幡名物の赤コンニャクは水酸化鉄(III)で
着色しています。

Q鏡と鏡を向い合わせたら何が写ってますか?

全く平行に鏡と鏡を向い合わせたら、そこには
何が写っているのでしょう。平行でなければ
そのズレ分が永遠と続いていくのでしょうが、
全く平行の場合はどうなるのだろうと思いました。
勿論それを見る位置にもよりますが、人間が見る位置も
鏡と平行の場合です。
(マジックミラーがあれば自分でも確認できますね。)
ちょっと想像できないので質問してみました。

Aベストアンサー

#2です。
>でも巨大な鏡だったらどうでしょうね。
>100メートルもあるような。

反射を繰り返して距離が伸びれば、その間の大気と#1さんの言う反射ロスで減衰されてくるのでは?
たぶんですが、反射ロスよりも鏡間の大気での反射が反射ロスを上回れば中心部分になるほど、鏡の縁がぼやけてきて中心部分は逆に鏡の間の大気での反射が蓄積されて青白っぽく見えるのでは?(空が青いように)

じゃぁ真空ならって言われそうですが、真空なら鏡の反射ロスが蓄積されて中心部分が黒くなるのでは?

まぁ想像ですが・・・

あ、補足ですが、見ている角度と水平でない角度の光は外に逃げていきますので、中心部に残る光が少なくなることも考慮できますね。(ついでです)

Q熱や湿気に反応

熱に反応して色が変わるものがないですか?出来れば50度くらいで。
また熱でなくても極度の湿気でも反応して色が変わればいいです。出来ればそれを使って熱や湿気をスタートスイッチにした時計を作りたいと思っています。熱や湿気を感じれば徐々に色が変わってある一定の時間が経つと完全に色が変わるみたいな奴や温度計みたいな棒状にして徐々に下から上にかけて色が変わっていくみたいな。これらをぜひ作ってみたいです、何かアドバイスや知識があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.nichigi.com/catalog/shion_index.html

ここに、温度で色が変化する、シールやペンキがあります。
ご確認下さい。

Q樹脂やガラスの透過率

UV-visにて、固体ですが樹脂やガラスの透過率を測定したところ
380~300nm付近の透過率がいっきにがくっと減少して、
300nm以下の紫外域になると再度透過率が上がります。
380~300nm付近のみがくっと段差があるような感じです。
なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
なお、ベースラインは大気のみで(試料も何も入れない状態で)とっています。

Aベストアンサー

特定の波長近傍で透過率が減少しているということは、
準位間隔がその波長の光子のエネルギーと一致している
離散的準位があるということを示唆しています。

結晶欠陥や微細構造がその代表的な原因で、たとえば
結晶に含まれる不純物、未結合鎖などが考えられます。

どのようなガラスを測定されたのかわかりませんが、
通常の板ガラスなどでは、製造を容易にするために大量
のNaが混ぜられていますから、これが原因の可能性が
あります。

光学実験などに用いるレンズや窓などの代表的材料で
あるBK7や溶融石英の場合、紫外領域には特異な吸収は
ありません。(逆に赤外領域に共鳴がありますが)

お手元にこれら光学部品用透明材料があれば、それを
測定することにより、装置の問題でないことを確認
できるはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報