人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

立体駐車設備を使っています。
車を乗せるパレットが雨ざらしで、ヒザがひどく困っています。屋根は付けることができなく、ペンキを塗ってもすぐサビます。

サビひどく鉄板が薄くなり、穴があくまでに何とかしないと車重に耐えられなくなったら大変です。

浸蝕した鉄板を復元し、サビにくくする方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 皆さんも書かれておりますが、鉄板と錆は切っても切れない関係なのです(笑)。

プロが塗装をする場合で以下の点に注意をし塗装をいたします。
 1.錆をとるための、ケレンは完璧にしてください。この作業で手を抜くとすぐに錆が出てしまいます。
 2.錆止め塗料を考えて下さい。単に錆止め塗料と言っても、ホームセンター等で売っているものから、橋梁で使うものまで実は多種多様にあるのです。種類の違いにより防錆力は全然違います。ただし、現在塗られている塗料が水性であったりした場合、溶剤系(シンナー希釈のもの)は使えません。
 3.上塗り塗料も考えて下さい。これも水性と溶剤というだけでなく、合成樹脂塗料からウレタン・シリコン・フッ素等多種多様あります。耐久性はシリコンやフッ素は大変優れております。ただしかなり高価です。
 4.膜厚を考えて下さい。塗膜が薄ければ薄いほどタイヤ等で擦れて鉄面が露出しやすいです。

 通常、プロが使用する立体駐車場の仕様は、2液型エポキシ樹脂錆止め(関西ペイントでいうとエスコ)+2液型ウレタン塗料の2回塗り(関西ペイントでいうとセラMレタン)です。この手の商品は業務用ですので、ホームセンターでは売っておりませんので、塗料販売店に行かれた方が良いと思います。そこで、相談したらどうでしょうか?出来ましたら、写真でも持っていき現状がどうなっているかお店の人に相談したらどうでしょうか?
 また、現状の塗料等がわからなかったり、ケレンが面倒な場合は、一度プロの職人に依頼をし、塗装をしてもらいその後、塗膜が剥げてきたら自分で補修をするという方法もあります。

 それと、腐食した鉄板は復元する事は出来ませんので、タイヤの通るところだけFRP(簡単に言うと特殊プラスチック)をランニングして補強することができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロが塗装しても1年ぐらいで錆びてしまいます。
特にタイヤの位置は摩擦しやすいし、雨がたまるからと思います。

詳しく教えて頂き有り難うございました。

お礼日時:2005/05/13 13:17

立体駐車場は法律でがんじがらめだったと思うので、個人で勝手に直したり部品の交換などはまずいと思います。


かならずメンテナンス会社があると思うので、そこに連絡して、補修の見積もりや手直し時の諸手続きを教えてもらって検討すると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メンテナンス会社にも相談しましたが、ケレンをし、さび止め後、上塗り塗装するようです。

穴が空いたら、鉄板を張り補強するそうです。

錆び始めた時の防御対策として、何か用法はないものかと
思います。
ご回答有り難うございました。

お礼日時:2005/05/13 13:21

鉄錆をタンニン酸(お茶の成分のようなもの)で黒錆状にして進行をとめる薬剤があります。


●さび転化プライマー
http://www.paint-okajima.co.jp/shop/house/fcateg …
そのあと通常の塗料をぬります。
http://www.paint-okajima.co.jp/shop/house/fcateg …


●錆置換剤(燐酸塩系)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~toshin/meta.html

参考URL:http://www.paint-okajima.co.jp/shop/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

便利な商品が色々有るんですね。
ご回答有り難うございました。

お礼日時:2005/05/13 13:09

立体駐車場なので、パレットの補修は勿論全て行わなければならないと思います。


20台分などと言う数を補修、塗装しなければならないので、
かなり手間がかかると思いますので、
錆転換剤などと言うものを使用してはいかがでしょうか?
http://www.carrozzeriajapan.co.jp/bousyoku/knigh …
http://www.1616.co.jp/shohinannai/1car/11/11sola …
また下処理が終わったら亜鉛めっき塗料を塗るのも今後の手間を考えると
得策かもしれません。
http://www.roval.co.jp/html/products/roval.htm
一度ご検討下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

入手方法を探してみます。
けっこうすごいものがあるのですね。
ご回答有り難うございました。

お礼日時:2005/04/30 18:16

鉄板の腐食は、放って置くと必ず進行します。



私方も15年ほど前設置した立体駐車場(2段)が有りましたが、この度子供が独立したのをきっかけに撤去しました。自分で設計、加工したものであの阪神淡路大震災にも持ちこたえましたが…。

本題に入りまして、腐食した場所の錆は ケレンハンマー、ワイヤーブラシ(サンダーがあればブラシを付けて)で念入りに取り除いてください。
その後、錆止めペイントを必ず塗布してください。
当然完全に乾燥するまで待って2-3回塗ります。

その後、着色ペイントを上塗りします。
これも日数をかけて、2-3回塗ります。
着色ペイントにもタイヤ等の荷重に耐えるものがあると思います。(ホームセンターでお聞きになっては?)

特に空気に触れると酸化して錆が発生します。また錆が残っているところでは、いかに錆止めを塗布しても再発生は免れません。

日ごろは、まめに見て錆を見つけたら、同じ作業の繰り返しです。

私方の鉄板は滑り止めの付いたキックプレートと呼ばれるものでしたから、もっと大変でした。

ご存知かと思いますが、船の外板はすべて鉄です。これもすべて手作業で同じような作業をします。この際は砂打ちといって、コンプレッサーで砂を吹き付けて錆を取る方法を使います。今は使われているかどうか分かりませんが、ピカピカになります。外航船などは着いた港でその度に塗装していますよ。

鉄筋コンクリートの鉄筋はコンクリート自体がアルカリ性ですので鉄の酸化はしないわけです。 ヒビが入ると当然錆が発生しますが…。

余談ばかりですみません、連休の間に頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は楽してサビない方法がないか期待していましたが
やはり豆に手を加えないといけないのですね。
頑張ります。

お礼日時:2005/04/30 13:59

極端な錆でしたらどうかと思いますが、時々「モリコートスプレー」を塗布して延命工作を取っています。



参考URL:http://www.rikunabi2006.com/RN/06/KDBG/R/0102081 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
車のタイヤが乗るところ(重量がかかるところ)のサビはひどいものです。
ご紹介頂いた商品閲覧してみました。
サビた後に塗って効果があるか調べてみます。

お礼日時:2005/04/30 10:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどち

鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどちらでしょうか?

Aベストアンサー

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であり、錆止めと言う下塗りが一番重要なのですよ、錆止めが悪ければ、錆で塗膜が浮いてきたり、錆止めごと剥がれたりします。
ウレタンとシリコンは上塗り塗装と言うのですが、どんなに高価な上塗り塗装でも下塗りの錆止めが剥がれては意味がありませんよね。
錆止めの状態や屋外や屋内の様に環境にも左右されるので目安でしかありませんが、ウレタン系で8年~10年・シリコン系で12年~15年の一般的に耐久力があるとされてます。

用途にもよると思いますが、フッ素系はあまり使いませんね。高額ですが高品質なのは確かです。

下塗りにはエポキシ系で良いかと思います。

硬化方法による耐久性の違い
一般的な1液自然乾燥硬化塗料 < 硬化剤を混入し化学反応にて硬化する 2液硬化形塗料 < 空気中の湿気に反応する1液反応硬化形塗料

ウレタン樹脂塗料でも2液硬化形で強溶剤タイプなら水性シリコン樹脂より強く溶剤別で 一番 耐久性低い水性塗料でもシリコン樹脂で 反応硬化形ですと12年から15年の耐久性が有りますので2液強溶剤形ウレタン樹脂より強いのです、現在一番人気のあるシリコン樹脂塗料でも水性・弱溶剤・強溶剤・自然乾燥・応硬化乾燥・2液硬化・など沢山のタイプが有り 耐久性や価格も違うのですシリコンでも ウレタンより 劣る場合も 又その逆も 有ります。

ここからは参考に
ステップ1 ケレン
 剥がれかかっている旧塗膜や錆を落とす作業のこと、または、既存塗膜が活膜(新しい塗膜)の場合は密着を強くするための目荒らしをケレンといい、鉄部塗装全般において最も重要な工程といえます。

ステップ2 錆止め
 鉄部における下塗りの工程です。
  錆止め塗料には
・一般錆止め塗料(ホームセンターなどで入手可能)
・鉛丹錆止め塗料(鉛中毒の危険性あり)
・シアナミド鉛錆止め塗料(建築現場で多く使用)
・エポキシ樹脂錆止め塗料(一液、二液)

エポシキ系をお勧めします。

ステップ3 中塗り
 錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため上塗り塗料を塗ります。上塗り塗料は通常2回塗ることによってその効果を発揮することができるので、上塗り1回目の工程を中塗りともいいます。

ステップ4 上塗り
 中塗りと同様の塗料を塗って仕上がりとなります。言い替えますと、上塗り材を2回塗ることによって、初めて適正な塗膜厚が確保され、その塗料の耐久性を十分に発揮されることとなります。

っと基本的な常識的なプロの工程作業です。

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であ...続きを読む

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q親が亡くなった人にかける言葉

先日、私の職場の同僚のお父さんが亡くなりました。
私は、こういう経験がなく、今度彼女に会ったら何て言ったらいいのかわかりません。
もう3日も休んでいるので、何も言わないのもおかしい気がするし。
それとも、触れるべきではないのでしょうか?
今度会ったときに何て言おうかと悩んでいます。
相手を気遣い、かつ不快にさせないことばがあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。 30代オンナです。

私は5年前に実母を癌で亡くしました。
そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。
「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。

ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。
唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。

わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。
腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。

ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。
できたら、落ち着いた頃に(49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。


人気Q&Aランキング