dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

ドストエフスキーの「死の家の記録」を読むとシベリアはイクラの旨いことは無類だという紹介が書いてありました。読んだ当時は日本で普段食べているサケの卵のイクラを思い浮かべて読んでいたのですが、ロシヤ語では魚の卵は何でもイクラと言うと知りました。
そうするとドストエフスキーが書いていたシベリアのイクラっていうのはアムール川のチョウザメの卵とかですかね?真っ黒いイクラなのかな?分かる人いましたら教えてください。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    原文は下記の通りです。
    Икра удивительная.

    翻訳は、
    キャビアは素晴らしいです。
    黒いイクラですね。

      補足日時:2024/01/09 09:45

A 回答 (4件)

シベリアチョウザメあたりの卵かもしれませんね。

シベリアチョウザメの卵は非常に希少で、ブラックダイヤともいわれますので真黒には違いありません。「イクラの旨いことは無類だ」というからにはその可能性が高いと思います。シベリアチョウザメの生息地はアムール川とは全く違う水系で、アムール川にはあんまりシベリアチョウザメはいないと思います。
    • good
    • 0

『イクラ』ではなく『魚の卵』と訳すべきだったのでしょうね。


原文にイクラとしか書いていないでしょうから、何の魚なのかは不明だと思いますw
    • good
    • 0

ロシア人と云えばウォッカ。

ウォッカに最も合う魚卵と云えばキャビア。
間違いなく真っ黒いイクラ。つまりキャビアです。
    • good
    • 0

だとしたら、キャビアですね

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A