こんにちは
理屈に合わない故障で困っています。
日産のスポーツタイプの車なんですが、
ラジエターの液漏れです。
不思議なのは、エンジン動作中におきるのではなく、
走行後、エンジンを止め2~3分すると、
ポタポタ(緑色の液体)と漏れが始まり、そして止まる。
漏れているのは、リザーバタンクがあるあたりです。
(この車の同タンクは見えない位置にあります)
エンジンが冷えて、リザーバタンクに液が戻り、
あふれている。。。。。??
これでは、水の流れが逆ですよね。

ちなみに、5月にLLCを取り替えましたが、
症状があらわれたのは、9月に入ってからです。
また、水温計、エンジンに異常はありません。
液量はまだ(?)、正常値(ちょっと多い)です。

A 回答 (3件)

 こんにちは、いろいろと考えられるので、予想される個所を列挙します。


 1つは、ラジエター~リザーバ間のホースが破けていませんか?特にリザーバ側が。リザーバーに液が入るのは、暖気終了後の水の熱膨張で溢れた時と、エンジン停止後のウォーターポンプの圧の逆流に発生します。
 以外とラジエターとリザーブ間のホースが繋がっていないかもしれないですよ。
 走行中は気づかないでしょうし、実際エンジン停止後ラジエタの内圧が上昇して溢れたクーラントが漏れているのではないですか。

 あと、関係ないですが、ラジエターキャップのバネ圧も確認しといたほうがいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なぜか、発生しなくなりました。
同車に乗ってる人からの情報で、ラジエターキャップを
変えて治った事例があるそうです。
この機会に新品を購入する予定

お礼日時:2001/09/21 09:20

走行している状態で、水温が厳しいのかも知れませんね。


動作中のエンジンの温度は、全ての部分で水温以下と云う訳ではなく、部位によって水温よりも高温になっています。
この状態でエンジンを停止すると、高温部の熱が循環していない冷却水に移って、水温が上昇するんです。
私のエボ5も街乗りで水温計の表示は85℃位ですが、停止すると100℃位まで上がっちゃいますよ。
社外品の正確な水温計を装着して、水温が何処まで上がっているのかを、チェックされた方が宜しいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

エンジン停止後の水温は気にしていませんでた。
早速、実験しましたが異常なしです。
とりあえず、治っちゃたんで様子をみるつもりです。

お礼日時:2001/09/21 09:38

下の回答の方が言われてる箇所を確認。


他にはサーモ、ポンプ不良、ラジエーター自体のつまり、ヒーターコア不良等水周りは色々調べることがあります。簡単なものから順に追っていくしかないです。
漏れているようならどっからもれているか、はっきりさせる必要がありますね。
自分で対応できなそうなら、素直にディーラーに持っていって見てもらいましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

原因不明のまま、自然回復しました。

なんなんでしょうかね?

お礼日時:2001/09/21 09:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q走行後、ラジエター液が漏れる

走行時は漏れていないようです。
走行直後も漏れません。
しかし、2分後くらいに「ラジエターからボコボコ泡の音」がしてラジエター液が漏れ出します。
走行時は「空冷」でエンジンがあまり熱くならないのですが、停止後、(1分でエンジンを切りますが)エンジンルームがすごく熱くなります。熱がこもっているみたいです。ボコボコ音と同時にラジエター液がリザーブタンクから溢れ出します。
NISSAN修理に聞きましたところ、一度エンジンを焼いているので「ガスケット」などが飛んでいて(機能していなくて)そのため、ガスがラジエター内に漏れ出し、その結果、その圧力で水を押し出すのだそうです。
完全対策をするために、エンジンの修理は30万円くらいかかるそうです。そんな高価なお金はかけられません。対応と対策はあるでしょうか?
例えば、水温計をいつも注意していて、少しでも上昇するようであればすぐに停止して、冷やすんだよ、とか、いつも車にはペットボトルに補充用の水を積んでおくのだよ、とか・・・。
古いスポーツカーを持つのはお金がかかるもんだから、あきらめなさいということは重々わかっているのですが、貧乏だけど「好き」なので手放せません。
なんとか、車走行が完全停止にさえ、ならなければいいです。

走行時は漏れていないようです。
走行直後も漏れません。
しかし、2分後くらいに「ラジエターからボコボコ泡の音」がしてラジエター液が漏れ出します。
走行時は「空冷」でエンジンがあまり熱くならないのですが、停止後、(1分でエンジンを切りますが)エンジンルームがすごく熱くなります。熱がこもっているみたいです。ボコボコ音と同時にラジエター液がリザーブタンクから溢れ出します。
NISSAN修理に聞きましたところ、一度エンジンを焼いているので「ガスケット」などが飛んでいて(機能していなくて...続きを読む

Aベストアンサー

下記のような「漏れ止め剤」を入れるという方法も
ありますが、あくまでも一時的な処置だと思います。

もともと、「良い車なのに安価」ということは、
そういう不具合があって、高額な修理代が必要だから
安価で手放したものだと思われます。
欧州車の中古などに良く見られることがあります。
(100万円のポルシェとか、200万円のジャガーとか・・・)

古くても機関が良好で、整備がされているものであれば、
それなりの値段で、売買されているのが普通のはずです。
そういう安価な車は、自分で整備や修理が出来る方々が、
ヒマを見つけては、少しずつ自分で直しながら、完成したら
今度はそれなりの価格で、売るための素材だと思われます。
それだけの知識と技術がなければ、今後も高額な修理代を
払い続ける危険性は高いことでしょう。

いっそのこと、整備書を手に入れて、場所を確保して
ご自分で研究しながら、分解整備してはいかがですか?
ガスケットの一枚程度なら、部品代は安いものです。
修理に掛かる、手間と時間が高い代金になるのです。

その「車が好き」ならば、難しい整備書であっても、
懸命に勉強して、解読するだけの根性はあるはずです。
ただし「乗ることが好き」であるなら、修理はあきらめて、
次の車両の、入手のための費用にした方が良いでしょう。

どうしても欲しい車のために、ずっと軽自動車で我慢して、
必要な資金を貯めてから、一気に新車を購入した人は
たくさんいますし、それも「好き」だから出来たこと
なのだと思います。

Zの新車が300万円ですから、毎月5万円づつ預金して
2年もがんばれば、充分に頭金にはなります。
さらに5年間ほど、同じように預金するつもりでいれば、
ローンで購入しても、確実に返済は可能なものです。
これも「好き」だからこそ、がんばれるのだと思います。

参考URL:http://www.holts.co.jp/b1/b000c018.htm

下記のような「漏れ止め剤」を入れるという方法も
ありますが、あくまでも一時的な処置だと思います。

もともと、「良い車なのに安価」ということは、
そういう不具合があって、高額な修理代が必要だから
安価で手放したものだと思われます。
欧州車の中古などに良く見られることがあります。
(100万円のポルシェとか、200万円のジャガーとか・・・)

古くても機関が良好で、整備がされているものであれば、
それなりの値段で、売買されているのが普通のはずです。
そういう安価な車は、自分で整備...続きを読む

Qタントエグゼ。エンジン始動時に水温計がグリーン(水温が低い)と表示され

タントエグゼ。エンジン始動時に水温計がグリーン(水温が低い)と表示されるが?

 いつもご丁寧な回答をありがとうございます。

 タントエグゼX(CVT) を利用しています。一日の始まり、たとえば前回の運転から12時間空けた後、エンジンを始動すると、夏場でも水温計が低温であることを示します。

 この場合、アイドリングを1分~2分ほど続けると表示が消えるのですが、アイドリングの時間はなるべく短くしたいと考えています。

 そこで質問です。

 ●エンジン始動時に水温計がグリーン(低温)表示の場合、表示が消えないうちに発車することは適切ではないのか?

 ●水温を、車や環境への影響を小さくすることは配慮しつつ、なるべく早く適性にしたい。どうしたらよいか?

 教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

他の方の意見同様私のやり方も同じような物で古いスズキの軽のターボ車で11万キロ程度ノントラブルで(消耗品は別として)乗っています。

真冬であろうと私は始動直後に(シートベルト着用する程度)ゆっくりと走り出して(200メートルくらいで国道です)その後5分程度余り高回転に成らないように注意しますが後続の邪魔に成らない程度に加速もします(良く回しても4000回転くらい)
5分程度走れば後は普通に走ります。

暖機運転とはエンジンだけでなく(私はバイクも車も同じやり方)その他のミッション等色々な部分にまで気を配っています、もちろんこのようなやり方に成ったのはドイツ製のバイクを持っていますがソレには停車してのアイドリングでの暖機運転は駄目と取説に出ていることから始めました。

もちろん冬場にガラスに霜がびっしりと付いていても使わないカードなどで取り去ってすぐに走り出しています、こんな乗り方で20年以上前の軽のターボも今でも元気に走っていますよ。

このやり方で良いことは燃費なども余り季節に寄る差が無いこと、又走り出してドライバー自身の暖気も出来ます、もちろんヒーターゲージの針が有る程度上がれば普通に走ります、又今のランプしか無い車種だと冬場はヒーターから少し暖かい空気が出てくるのを目安にすれば良いと思います(職場の機械でオーバーヒートランプしか無い場合のやり方、もちろんエンジンは車用です)

従ってエンジンだけの暖気はしないでドライバーも含めて全体の暖気を考えたらゆっくり走りながらするしか方法は無いと考えます(もちろんS40年代の車などは条件が変わるかも知れません、当時のSUキャブの物など暖気が出来るまでエンジンも本調子に成らなかったりと有りました)

逆に停車した状態の長時間のアイドリングは良いことはないと聞いていますから(油圧などの問題も有るみたいです)乗っている車等に合わせて臨機応変に対応は必要でしょう。

他の方の意見同様私のやり方も同じような物で古いスズキの軽のターボ車で11万キロ程度ノントラブルで(消耗品は別として)乗っています。

真冬であろうと私は始動直後に(シートベルト着用する程度)ゆっくりと走り出して(200メートルくらいで国道です)その後5分程度余り高回転に成らないように注意しますが後続の邪魔に成らない程度に加速もします(良く回しても4000回転くらい)
5分程度走れば後は普通に走ります。

暖機運転とはエンジンだけでなく(私はバイクも車も同じやり方)その他のミッシ...続きを読む

Qこの時期に見られるエンジンルームからのポタポタは・・・?

 この時期に車でエアコン使用し、走った後と言いますか、止まったときにエンジンルームから水らしき無臭透明色の液体がポタポタと地面に落ちますが、これは一体なんなのでしょうか?
 また、この症状はなにか異常ではないのでしょうか?前から気になっていましたので正体が知りたいです。
 ご存知の方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

車のエアコンの排水です。

家庭用のエアコンでも排水のためのドレインがついていますね。車の場合タダの水なので、垂れ流しで走っています。

Qラジエーター液漏れ止め材の効果について

冷却液に混ぜて使う液漏れ防止液ありますよね。
あれってラジエーター本体からの液漏れじゃなくて、循環系(ホース部や継ぎ目部)からの液漏れにも効果は期待できるのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

運が良ければ止まるでしょう
必ず止まるとは言えません
あくまでラジエーター本体の漏れ止め剤ですから

しかし漏れ止めは応急処置としてお考え下さい
出先でラジエーターから冷却水が漏れたなど
そういう時だけにして下さい
本修理は別物ですからね

漏れ止めを入れっぱなしにしておくと
ラジエーター本体の詰まりの原因にもなりますし
余り良い物ではありません
ウォーターポンプにも影響があるという話を聞いた事もあります

Qラジエータ液が漏れるのを止めたい!

初年度登録が平成3年度のスズキエブリイという古い車です。2、3ヶ月前、ラジエータ液が運転席の下の車の下から、どっさり漏れるようになりましたので、新しいホースに替えてもらいました。1、2時間の走行では問題なかったのですが、先日炎天下で5時間ほど走行して、駐車場に停めた数十分後に、車の下にラジエータ液が漏れたのを確認しました。リザーブタンクが空になってましたから、1リットルくらい漏れ出たようです。水を取りあえず注ぎ足して、車の下にもぐって見ましたら、ゴムホースと鉄パイプの隙間(スキマ)から漏れ出たようです。その後、短時間の走行(1時間以内)を繰り返していますが、漏れは起りません。炎天下で5時間の走行というのは、ラジエータ内で圧力が加わるのでしょうか?

鉄パイプにホースをもっと深く突っ込みたいのですが、鉄パイプに突起があってそれ以上は突っ込めないのです。(修理屋が)パイプの錆びた部分を切り落としたので、突っ込む部分がこのように短くなってしまったのだと想像しています。

出来れば自分で直したいのですが、何かいい方法はないでしょうか?
パイプをワイヤーで縛るとか、ホースとパイプのスキマに接着剤を注入するとか、こんなのやっても効果ないでしょうか?

ディーラーに修理を頼むといくらくらい、かかるでしょうか? ホースの方は7000円で2、3ヶ月前に替えたばかりなので、パイプの方を替えるとなると、どこまで取り換えないといけないことになるのか?

以上、宜しくお願いします。

初年度登録が平成3年度のスズキエブリイという古い車です。2、3ヶ月前、ラジエータ液が運転席の下の車の下から、どっさり漏れるようになりましたので、新しいホースに替えてもらいました。1、2時間の走行では問題なかったのですが、先日炎天下で5時間ほど走行して、駐車場に停めた数十分後に、車の下にラジエータ液が漏れたのを確認しました。リザーブタンクが空になってましたから、1リットルくらい漏れ出たようです。水を取りあえず注ぎ足して、車の下にもぐって見ましたら、ゴムホースと鉄パイプの隙間(...続きを読む

Aベストアンサー

#3・6・9・11です。


>そこまでの作業はやったことがないので、ちょっと自信がありません

それならばムリにとは言いません。あくまでもお金を掛けない方法と言う事で提案したまでですので。

>ディーラーさんにちょっと悪い気もするし・・・

そんな事はありませんよ。 私の働いているディーラーでは、部品だけ購入して自分で交換する方も居ますし、原因だけプロに追求して貰い、必要な部品を注文して交換作業を自分でする(サービスマニュアルのコピーを貰って行きます)と言う方も居ますね。

>夏でも冬でも、ラジエータ内の圧力は常に一定で0.9キロに保たれているということなんでしょうか? 

基本的にはそうです。冷却水温度が適温状態で加圧されるようになっています。 加圧するのはラジエターキャップで行います(ラジエターキャップに加圧力が書かれています)
ただし、制御しているのは機械で行ってますので、反応スピードが鈍いと言う事がありますし、きちんと制御出来なくなる事もあります。
なので、ラジエターキャップも定期的に交換する必要がありますね。


>1時間の走行では問題ないのに、5時間の走行で液漏れが起ったのは、圧力が増したせいではなく、たまたま5時間走ったときに液漏れが起ったということなんでしょうか?

たまたまと言う可能性もありますし、炎天下で長時間走行して停止した為に急に水温&圧力が高くなり漏れ出したと言う事も考えられます。(1~2時間程度の走行では、負荷状態にもよりますが、あなたの車では漏れ難いのではないでしょうか?)

#3・6・9・11です。


>そこまでの作業はやったことがないので、ちょっと自信がありません

それならばムリにとは言いません。あくまでもお金を掛けない方法と言う事で提案したまでですので。

>ディーラーさんにちょっと悪い気もするし・・・

そんな事はありませんよ。 私の働いているディーラーでは、部品だけ購入して自分で交換する方も居ますし、原因だけプロに追求して貰い、必要な部品を注文して交換作業を自分でする(サービスマニュアルのコピーを貰って行きます)と言う方も居ますね...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報