最新閲覧日:

記憶媒体のCD-RとCD-WRの違いが分かりません。パソコン初心者なので分かりやすく教えて下さい。宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

CD-RWは、ReWritable(リライタブル)の略です。


書き換え可能なCD規格で、4倍速対応ディスクで1000回、10倍速(ハイスピード)で1万回の書き換えが理論的に可能です。
CD-ROMとの互換性が低いので、音楽CDなどを作成して、CDプレーヤーで聞く場合や、配布向けのディスクを作成するのには不向きです。(最近のPCなら再生できますが、古いPCのドライブでは再生できません)

CD-Rは、Recordable(レコーダブル)の略で、追記型のCDメディアです。追記型の名の通り、一度だけの書き込みしかできません。
ただし、CD-ROM互換性が高く、多くのCDプレーヤーやパソコンのドライブでCD-ROMや音楽CDと同じように再生することができます。互換ディスクを作るのには最適です。

ちなみに同等の質問が下にもあります。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=138471

参考URL:http://www.aplix.co.jp/cdr/support/handbook/hboo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。有難うございます。

お礼日時:2001/09/24 19:00

しくみの違いはすでに述べられているので、実際の運用上、結構重要な点を。



CDRに書かれたデータを、CDRWのドライブで読むことはできますが、CDRWに書かれたデータをCDRのドライブでは読めない場合がたまにあります。

あと、CDRWは、普通のCDドライブでは読めない場合が大変多いです。
普通のCDドライブCDRも時々読めないけど、その頻度は著しく違います。
    • good
    • 0

「CD-R」は書き込みができるCD-ROM(ロム)のことです。


1度だけしか書き込めないのでWrite Once、追記型CDともよびます。
データ記録用の色素が埋め込まれているディスクを使います。
書き込みには、高出力レーザーが溝に沿った色素を熱により変化させて
信号を記録します。

一方、「CD-RW(WR)」は何度でも書き込みができます。
こちらも同様に、熱で変化する物質をCDの表面に埋め込んでいますが、
詳細は忘れてしまいました、ごめんなさい。
    • good
    • 0

非常に簡単な回答で申し訳ありませんが、


CD-R/Wは何度でも書き換えができますが、
CD-Rは書き込んだものを書き換えることができません。
そういうわけで、値段も、CD-R/WはCD-Rに比べ割高です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ