ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

短編のシリーズものを探しています。
条件としては、
1.ミステリー
2.日本人作家
3.現代作家(文体が古めかしくない)
特にミステリーにこだわってはおりませんので、それ以外でもオススメがあればお教えください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

既に知っておられるかもしれませんが軽めのものを中心に。



退職刑事シリーズ/都筑道夫
火村・有栖シリーズ/有栖川有栖
人形シリーズ/我孫子武丸
チョーモンインシリーズ/西澤保彦

などはいかがでしょうか。
下に行けば行くほど文体が軽いです(主観)。
出来映えとしては、「ほおおー」というのと「これはちょっと・・・」とが入り混じってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有栖川有栖さんは一度読んでみたかったんですよ。
早速、「ロシア紅茶の謎」と「46番目の密室」を買ってみました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/29 16:19

大沢在昌さんのアルバイト探偵シリーズ、佐久間公シリーズどちらも初期は短編です。


QEDシリーズを書いている高田崇史さんの千葉千波君シリーズ、麿の酩酊事件簿シリーズ。
柄刀一さんの天才龍之介シリーズ。
オススメかどうかは別にして二階堂黎人さんの幼稚園児探偵のシリーズ。
時代小説もOKなら池波正太郎さんの鬼平シリーズや剣客商売シリーズは面白いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大沢在昌さんは見逃していました。
高田崇史さんとあわせて今度本屋でチェックしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/29 17:00

北森鴻の「香菜里屋」シリーズは、質問者さんの条件に合うかもしれません。


「花の下にて春死なむ」、「桜宵」、「蛍坂」の3作が出ており、それぞれ5~6編の短編が収められています。

ビアバー「香菜里屋」の客たちが持ち込む「謎(ミステリー)」をマスターの工藤が解き明かす「安楽椅子探偵もの」です。
「謎」といっても、あまり事件性はなく、客たちの「心の傷」というか「重荷」のようなものなので、ミステリーとしては、少々物足りないかもしれません。
でも、必ずしもハッピーエンドではないものの、工藤の謎解きによって、客たちだけでなく、読者も癒される、そんなストーリーです。

そのストーリー以上に魅力的なのは、毎回工藤が客たちに供する、美味しい料理の数々。本当に読んでるだけで涎がでてきます(笑)。
おそらく、このシリーズの愛読者のほとんどは、「こんな店があったらなあ」と思っていることでしょう。
「花の~」は講談社文庫ででていますので(他はまだ文庫化されてません)お試しあれ。


この作家の他のシリーズものとしては、女性民俗学者・蓮丈那智が主人公のもの、旗師(はたし=店を持たない骨董屋)宇佐美陶子が主人公のものなどがありますが、どちらも長編です(後者は短編集もあり)。


他の作家では、服部真澄の「清談 佛々堂先生」。
こちらは、平成の魯山人「佛々堂先生」が主人公のもの(全四編)。
「魯山人」がモデルというと、マンガ「美味しんぼ」の海原雄山が思い浮かびますが、こちらは「気のいいおっちゃん」です。
まだ、一冊だけですが、次回作が楽しみです。


有名な作品では、鯨統一郎の「邪馬台国はどこですか?」のシリーズ(他に「新・世界の七不思議」)。
これは、歴史ミステリーが好きな人にはおすすめです。
正確にいうと「歴史ミステリー風・与太話」といったところですが、「邪馬台国~」は、作者のデビュー作で、たしか「このミス(このミステリーがすごい)」で年間ベスト10に入った傑作ミステリー(?)です。

あくまでも、私の好みですが、以上おすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「香菜里屋」シリーズ、
「邪馬台国はどこですか?」
個人的に興味が出てきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/29 16:51

山口雅也さんの


「垂里冴子のお見合いと推理」
「続・垂里冴子のお見合いと推理」
お見合いの度に事件が発生し、縁談が流れてしまう冴子さん。なんとか縁談がまとまってほしいと思いつつ、そうするとこのシリーズが終わってしまうので、やっぱりまとまらないでとも思ったり…。軽く読めるシリーズです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

赤川次郎さんみたいな感じですかね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/29 16:40

連作短編といえば、若竹七海さんははずせないでしょう。


一冊完結型の短編集は
「ぼくのミステリな日常」(創元文庫)
(「心のなかの冷たい何か」という続きのような長編もあります。主人公は違いますが)
「製造迷夢」(徳間文庫)
「サンタクロースのせいにしよう」(集英社文庫)
「名探偵は密航中」(光文社ノベルズ)
「スクランブル」(集英社文庫)
葉山晶シリーズとして
「プレゼント」(中公文庫)
「依頼人は死んだ」(文春文庫)
(ちなみに「悪いうさぎ」という長編も出ています)
短編が実は・・・というのもあって読み応えがありますよ。

参考URL:http://www.junkudo.co.jp/search2.jsp?VIEW=author …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

若竹七海さんですね、本屋で探してみます。
ありがとうございました。
(どうやら私の探している本は「連作短編」という形式らしいですね)

お礼日時:2005/05/29 16:30

東野圭吾氏の


「探偵ガリレオ」「予知夢」は短編集のミステリです。
物理学の助教授に警察官の友人が事件の話をもちかけ、解決する話。安楽椅子探偵風。短編で読みやすいです。

黒崎緑氏の
「しゃべくり探偵」「しゃべくり探偵の四季」も短編のミステリです。
大阪弁の学生ふたりが掛け合いしながら事件をときます。こちらも安楽椅子探偵風味。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

探偵ガリレオは現在読んでいるところです。
そうですね、こんな感じのが知りたいです。
予知夢も早速購入してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/28 05:53

ミステリーの短編シリーズの傑作として思いついたのが、島田荘司著の御手洗潔シリーズです。

今では本格物の古典的作品になりつつありますがトリックは今でも斬新だと思います。
 ・『御手洗潔の挨拶』
 ・『御手洗潔のダンス』

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御手洗潔シリーズに短編もあるのですか。
さっそく読んでみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/28 05:48

ジャンルはバラバラですが、思いつくものをあげてみました。

ご希望からずれていたらごめんなさい。外国作品なら結構あるんですけどね。国内で文体が古くなくてと思うと余り思いつかなくて・・・カッコ内のジャンルわけは内容に沿って適当につけてみました。推理して下さい・・・

@短編

小池真理子さん
墓地を見下ろす家
水無月の墓

坂東真砂子さん
蟲(ホラーミステリ)
屍の聲(ホラーミステリ)

小泉八雲
怪談・奇談

北村薫編
謎のギャラリー 謎の部屋
推理短編六佳撰―もしかしたら作品によって文体が古いかも?

他には講談社文庫―ミステリー傑作選シリーズにも傑作が集められていてお徳。時折古い文体のものもありますけど。


@独立短編ではないけれど、一話読みきりの形

平岩弓枝さん
御宿かわせみしりーず(時代物・推理)
はやぶさ新八シリーズ(時代物・推理)
平安妖異伝(ファンタジーホラー)

恩田陸さん
光の帝国―常野物語(ファンタジー)


乃波アサさん
刑事音道貴子 未練(現代)

北村薫
空飛ぶ馬 円紫師匠と私シリーズ(現代・推理)
水に眠る(現代ミステリファンタジー)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんですよね、外国の作品ならよく見るのですが、こと国産となるとあまりシリーズものの短編を見ないのですよ。

お礼日時:2005/05/28 05:46

星新一さん


はいかがですか?

ベリーショートがすさまじくうまいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
星さんの本は一冊だけ読んだことがあります。

できれば同じキャラクターが活躍する短編が知りたいです。(質問に書きそびれてしまいました。すみません。

たとえば、海外物ですがコナン・ドイルの短編集「シャーロック・ホームズの冒険」のように。

ご存じでしたらお教えください。

お礼日時:2005/05/28 05:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q推理小説、SFも、前書き、後書きから読むべきか

推理小説やSF小説を読む時も、ノンフィクション本と同じように、前書きと後書きから先に読むべきでしょうか。

Aベストアンサー

hattlepapeさん、こんにちは。

 お願いです。あとがきから読まないでください。
 後書きを付ける場合は、読者へのサービスで中身を解説したり、時にはネタバレさせたりしてるものです。推理小説はそんな読み方をしたら興味半減でしょ。作家からしたら「やってられねえぜ」ってとこです。
 私はアマチュアであるうえ推理モノを滅多に書きませんが――今書いていて、今まさに後書きを書いてるところ。本編はまだだけど。何というタイミングだ――作品は書かれている順番に読んでいただくように書いているはず。前書きにせよ、後書きにせよですね。これは何も私に限らずのこと。ノンフィクション本も例外ではないはずです。
 もう一度言います。お願いです。あとがきから読まないでください。

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Q短編小説を書きたいと思っております。全くの素人なのですが、どのような公募展にチャレンジしたらよいでし

短編小説を書きたいと思っております。全くの素人なのですが、どのような公募展にチャレンジしたらよいでしょうか?まずは短編で受賞して自信をつけたいです。ジャンルとしては、ブラックユーモアです。よろしくご教示下さい。お願いします。私は筒井康隆さん、中原昌也さんのファンです。

Aベストアンサー

講談社のショートショート・コンテスト。入選作品集が文庫本で出てます。

Qミステリー小説のシリーズモノのおすすめを教えてください! 麻見和史さんの殺人分析班シリーズにはまりま

ミステリー小説のシリーズモノのおすすめを教えてください!

麻見和史さんの殺人分析班シリーズにはまりました。ミステリーとしてもしっかり楽しめるのはもちろん、(塔子ちゃんと鷹野さんのような)登場人物たちの微妙なカンケイもあり…というシリーズがいいな、と思います。
これまでに、
・森博嗣さん
・笠井潔さん
・京極夏彦さん
のシリーズモノは読みました。現代の日本を舞台にしたもの希望です。

長い質問になってすみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

松岡圭祐:
①万能鑑定士Qシリーズ 全20巻
②特等添乗員α(アルファ)シリーズ 全5巻
③探偵の探偵シリーズ 全4巻
④探偵の鑑定Ⅰ、Ⅱ
⑤水鏡推理シリーズ 5巻 継続中
覚えておいて損はない役立つ知識や時事ネタが各シリーズに散りばめられています。
各々は女性主人公で、現在の同軸時間上に設定されていて、主人公同士が時々オーバーラップして登場します。
①万能鑑定士Q②特等添乗員α③探偵の探偵は同時進行で読み進めても良いです。
①~③シリーズの総決算が④探偵の鑑定Ⅰ、Ⅱ
⑤は同軸時間上のヒロインとして、新たな方向性と分野でストーリーが展開します。

>登場人物たちの微妙なカンケイもあり…というシリーズがいいな
と言うことなら、万能鑑定士Qシリーズがそれに当たりますね。

Qごく短い短編の文学賞は?

15枚にも達しないくらいの、ごく短い短編小説を募集している文学賞を教えてください。
ネットで検索してみたりもしたのですが、探し方が悪いのかなかなかこれというものを見つけられません。
なるべく短く…超短編、といって良いくらいのものでも可能な賞を探しています。
ジャンルは問いません。ライトノベル系歓迎です。
どなたかご存知でしたらご教授願います。

Aベストアンサー

ショートショートなら、小説現代とコバルトで募集しています。
これ以外の賞は下記サイトで見つけてください。

文学賞・新人賞への公募ガイド
http://kobo-joho.jpn.org/kobo/index.htm

Qミステリー小説 短編集

同じような質問が多いかもしれませんが
ミステリー小説で長編または短編集を探しています。
以下の条件で合いそうなのがありましたら教えて下さい。
・探偵物や推理小説は苦手です。
・ホラーも可ですが描写がグロすぎる物は苦手です。また、幻想的なものでもオチがちゃんとついてるものであれば大丈夫です。
・外国作家でも可。
・難解すぎるものは頭悪いので無理です。
・今まで読んで記憶に残っている物は
貴志祐介「クリムゾンの迷宮」(でもオチがイマイチだった気も・・)
乙一「ZOO」V・Cアンドリュース「屋根裏部屋の花たち」

宮部みゆき、東野圭吾はほとんど読みました。

条件が多いですが思い当たるものがありましたらぜひお願いします。

Aベストアンサー

チョコレート工場のひみつ、を書いたロアルド・ダールはミステリ・不思議小説も大得意でした。

・あなたに似た人…ミステリ短編集
・飛行士たちの話…ダールは戦争中、英国空軍のパイロットでしたが、そのときの経験をもとにした、幻想小説短編集です。
・死のドライブ…アーチャー、キング、ダール、その他豪華メンバーの「自動車」にまつわるホラー短編集です。トラックが突然意思をもったら? 直したクラッシックカーにはとんでもない過去が、といったあんばいです。
・王女マメーリア…17歳の朝、王女マメーリアは突然美女に! しかし、逆に優しさを失っていく彼女は… を含んだ童話短編ですが、ダールですから、一筋縄には終わらないものばかりです。

ご参考になれば幸いです。

Qおすすめの短編漫画の単行本ってありますか?

漫画好きなら読んどいた方がいいというような短編(読み切り)漫画集ってありませんか?ちなみに好きな短編漫画は藤子・F・不二雄さんの異色短編や紺野キタさんの短編漫画などです。どんなジャンルでもいいのでおすすめがあったら教えてください。

Aベストアンサー

少女マンガでは、「tsunamix」(海野つなみ・講談社コミックスKiss)をおすすめします。読んでいるととげがささるんだけど、とげのない綺麗なだけの話なんてつまらない。でもとげだけなのもつまらない、という感じのとげがあるけど暖かい気持ちが残るような作品が詰まっています。
ちょっと不思議ものの短編集としては、「オプショナル・ツアーシリーズ」(夢路行)がおすすめです。夢路行全集(一迅社ゼロサムコミックス)の13~15巻として出ています。
SFでは、「著者再編集版 アフター0」(岡崎二郎・小学館)がおすすめです。藤子不二雄さんの短編に近い雰囲気がある短編集になります。
マンガ好きならこれは!というのは「群青学舎」(入江亜季・エンターブレイン)。短編のなかにしっかりとした物語のエッセンスがしっかり入っています。

Qこんなミステリー小説もしくはホラー小説を探しています。

こんなミステリー小説もしくはホラー小説を探しています。

田舎の町や村が舞台で、その地にまつわる伝説や祟りに関係する
殺人事件が起こり、地元の人間はその事件について語ろうとしない。
地元の人間ぐるみの犯罪か?
それとも本当に祟りなのか?
もしくは第三者が地元住民や祟りの仕業に見せかけた犯行か?
みたいな物語を探しています。

八つ墓村、ひぐらしのなく頃に のような感じの物語を探しています

『黒祠の島』『その携帯はXX(エクスクロス)』以外でお願いします。

Aベストアンサー

田舎の学校に転校して。。。
どっちかというと学校の怪談ですが、
綾辻行人のAnother
は殺人事件が起こる、
周りの人間が口を閉ざす、
語られない秘密がある、
ミステリー要素もある
という点で
嗜好に合うホラー&ミステリー小説だと思います。

Q「それを言っちゃーお終めーよ」って「寅さんシリーズ」の英語版

お前さん、それを言っちゃーお終めーよ」って「寅さんシリーズ」の英語版が有るとすれば、どんな「字幕」「吹き替え」になるんだろうってな疑問がふと。

そこで、英語の達人の皆様方のお知恵拝借です。

(1) 英語版(もし有れば)ではこう言っていた!

(2) 自分なら、こんな風に訳すぞ。
(寅さんの雰囲気が出ている雰囲気の訳で)

条件として、「それを言っちゃーお終めーよ」は約四秒位の台詞です。当然乍ら、英文でダラダラとは書けません。出来るだけ短く、少しユーモアも欲しい! 生真面目なお答えも歓迎ですが、実際に字幕上・吹き替え上使えないので、きっと二〇ポイントは差し上げられません(笑)

Aベストアンサー

That's going too far.

Q小説のことです! 主人公は学生、論理的な思考でミステリー系の小説を探してます! オススメあったら教

小説のことです!

主人公は学生、論理的な思考でミステリー系の小説を探してます!
オススメあったら教えてください_(._.)_

Aベストアンサー

綾辻行人さんのミステリー読んだ事はありますか?
館シリーズを是非とも読んでいただきたい!
おすすめです!


人気Q&Aランキング