アリストテレスの『ニコマコス倫理学』の中で「ポイエーシス」(作り出すものに価値があるという仕事)と「プラクシス」(仕事自体に意味や価値があるもの)という人間の行う2種類の仕事が定義されているらしいのですが、引用箇所が探せません。どなたかわかる方がいたらお教えください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

すぐに、とのことなのでまだ必要なのか心配ですが、


それは6巻4章であると思います。
1140a(これはアリストテレスの著作の通番です)
で「ポイエーシスとプラクシスは異なる。とあります。
で次の5章の1140b4,6にも記述が少しあります。
メジャーな?岩波文庫訳だったら上巻です。

・・・普段使わないのでニコマコスを探すのに時間がかかってしまった(苦笑)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング