平安時代の貴族の結婚について質問させて頂きます。<(_ _)>

(1) よく奥さんのことを「北の方」と呼んでいますが、これはどうしてでしょうか?
「北の対屋」に住んでいたからでしょうか?
(2) 平安時代は夫が妻の家に通う「通い婚」だったと思うのですが、妻が夫の家で一緒に住むこともあったと思います。
どのような場合、妻は夫の家に入るのでしょうか?
(3) 複数の奥さんが一緒の屋敷に住んでいる場合、部屋割りはどのようになされていたのでしょうか?
やっぱり、「東の対」「西の対」という様に、対ごとに分かれて住むのでしょうか?
またこの場合、誰がどの部屋(対)を使うかということは、どのように決められたのでしょうか?
身分や立場によって、ある程度決まるものなのでしょうか…。

質問ばかりで申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い致します。<(_ _)>

A 回答 (3件)

ご質問の件、あまり深く考えたこと無かったです。

(笑)
でも、気になって調べてみました。

(1)奥方の住んでいた場所が、寝殿造りの北の方角にあったためらしいですね。
http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/1-01a.htm
「おかあさん」の項参照

(2)「通い婚」というのは、元々結婚の当初は男が女のもとに通い
  その後一定期間が過ぎると夫方か妻方かのどちらかに同居す
  るものだったと思います。
  ただ、女性は男性の経済状態に左右されなかった=父親の身
  分に左右されたので、実家の状態にもよったのではないでし
  ょうか?
  基本的に、夫婦となるには「世間に認められる」事が前提に
  あったはずですので、身分にもよったと思います。
  源氏物語でも、明石の方は身分が低かったせいで、世間的に
  は「妻」としてお披露目されていなかったですよね?

http://www.heian-library.com/yamato/yamatoes01.h …
(通い婚のリンク参照)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kajyu/genji.htm

(3)これに関しては、ちゃんとした資料がないので、あて推量なの
  ですが・・・。
  源氏物語で光源氏が晩年、関わった女性達をすべて自分の屋
  敷内に引き取ったという部分がありますが、それぞれの女性
  は、対の中に部屋を割り振られていたと思います。
  もちろん人数が少なければ、対毎に別れて住んだということ
  もあったかもしれません。
  どこに誰を住まわすかについては、男性が決めたのではない
  でしょうか?

きちんとした資料を提示できればいいのですが、ちょっとみつかりませんでした。
すいません。
でも、調べてみておもしろかったです。(^-^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と調べて下さって、ありがとうございますっ! <(_ _)>

「おかあさん」の語源が「北の方」だったというのは、初めて知りました!
平安時代の言い回しって結構好きなので、こんなに身近な言葉に残っているということがちょっと嬉しかったです♪ (^。^)
寝殿造の北の方に住んでいるっていうことは、きっと「北の対」ですよね。
寝殿内に一緒に住んでいるわけではないんですよね? (^^ゞ

通い婚についてもとても勉強になりましたっ★
教えて頂いたURLには面白い情報がいっぱいで、思わず読み耽ってしまいましたよ~(笑)。(^^)
大和和紀さんのエッセイも面白いですし、平安時代の女性が今よりもずっと男性と対等に生きていて自由であったことにびっくりしました。
通い婚…いいかも(笑)。

ちなみに、源氏物語の六条院は東京ドーム数個分の広さがあったので、中に別々の棟を立て、それぞれ奥さんを住まわせたそうです。(@_@)
恐るべし…ですよねっ! (^_^;)

お礼日時:2001/09/27 17:53

私も平安時代は好きなほうなのですが,資料とかありませんので,私の推理を展開させて頂きますね。


まず(1)ですけど、昔は一夫多妻制だったんですよね。そして本妻(正妻)は北の対の屋に住むことが習わしでした。それで本妻のことを「北の方」と呼んでいたようです。
(2)は分からないんですが,皆さんのおっしゃっているように年月がそうさせるのではないかと…。ただ私の意見としては,どこぞの後宮のように気に入った奥さんを自分の家に呼び寄せていたのではないかという気がします。
(3)昔は方角によって季節が決まっていたらしいんです。例えば東が春で,南が夏,西が確か秋だったような…。そしてそれぞれの対の屋のお庭にはその季節の花が植えられていました。東の対の屋だと,方角が春ですから,春の花を中心にしたお庭だったそうです。部屋割りはその季節に合った方がそこに住まれていたんだと記憶しています。東の対の屋だと、春のイメージに合った方がそこに住まれていたようです。身分や立場によって,旦那様のお部屋から遠ければ遠いほど身分が低いとされていました。
・・・・・・・・・と一通り答えては見ましたが何せうる覚えなもので、間違っていましたら申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。<(_ _)>

やっぱり、正妻は北の対に住んでいたんですねっ! (^.^)

方角によって季節が決まっていたっていうのは、初めて知りました~♪
なんだか雅ですよね。
季節を模した庭に、そのイメージにあう奥方…。(^.^)
平安時代のそういう感性って、とても好きです★
私だったらどの辺の部屋だろう…と調子のいいことを考えてみたりして(笑)。/☆▽<)ドカッバキッ

お礼日時:2001/09/27 20:37

先に書いた方の事と合わせて考えて下さい   私も源氏物語が好きで小説もマンガも  だいたい読んでいるので  源氏物語を参考にします   平安時代の貴族は光源氏に限らず  何人も奥さんがいたのですが  


1 北の方 になれるのは一番地位の高い奥さんです  奥さん自体が地位の高い場合(三の宮など)もあるし  奥さんの親や兄弟(葵の上や朧月夜など)が地位の高い人もいます  でも大体が実家が高い身分の人が 北の方  になります    
2 最初は通い婚から始まって年月と共に同居するみたいです   でも家や財産は娘の方に譲られるものだったらしいので  貴族の男子は金持ちのお嬢さんを探して通っていたんですよね  光源氏はお金もちだったのでその辺は気にしていなかったみたいです  かえって気の毒な女性を探していました 
3 光源氏の家はものすごく大きくて棟も東 西 南 北 とちゃんと分かれています   それぞれ合う所に光源氏が振り分けました  
でも光源氏は女性の書いた理想の男で  かなりマメ男くんなので  必ずしも平安貴族が皆 同じ事をしているわけではありません   貴族の中にも金持ちもいれば落ちぶれる人もいたみたいだから・・・ 
最近ちゃんと読んでないので勘違いしてる所もあるかも知れないですが  大体そんなものだったと思います   小説で読むのは長いし読みにくい所もあるので  まんがを読んでみてはどうですか?  あさきゆめみし  が代表的ですが他にもまんが版はたくさん出ています  それぞれに面白いですよ  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。<(_ _)>

私も古典が好きで、源氏物語や枕草紙、今昔物語等々をよく読んだのですが(マンガもですっ♪)、「あさきゆめみし」は面白いですよね!
源氏物語の世界がすごく素敵に描かれていて、大好きです。(^.^)

やっぱり、「北の方」は身分で決まるんですね。
最初に「北の方」の地位にいても、自分よりも身分が高い人が奥さんになった場合は、「北の方」の座を譲らなければならないとなると、かなり切ないですよね。(^_^;)
これって、例外はないのでしょうか?
紫の上の場合は相手が女三宮だったので明らかに身分差があり過ぎましたが(皇族ですから…)、微妙な身分差の場合どうだったのかな? というところが気になります。(^^ゞ

どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/09/27 20:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代のギャル文化、平安時代のギャル文化

江戸時代と平安時代のギャル文化についてお尋ねします。
江戸時代や平安時代のギャルはどういった身なりでどういった言葉を話していたのでしょうか?
憶測ではなく、現在確認されている史実をもとに回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

江戸でしたら杉浦日向子さんの本が良いのではないでしょうか。
江戸自体というか、江戸の女子の話が主かもしれません。
田舎とは当然違いますし、上方も文化が違うかもしれないので。

ちらっとしか読んでいないのですが、たとえば。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%97%E3%81%8F%E3%80%81%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%8F%E3%80%81%E3%81%8A%E3%82%8D%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%8A%E2%80%95%E7%A7%81%E3%81%AE%E6%83%9A%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%8C%E6%B1%9F%E6%88%B8%E3%80%8D-%E6%9D%89%E6%B5%A6-%E6%97%A5%E5%90%91%E5%AD%90/dp/4480816496/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1261958975&sr=1-5

江戸でしたら杉浦日向子さんの本が良いのではないでしょうか。
江戸自体というか、江戸の女子の話が主かもしれません。
田舎とは当然違いますし、上方も文化が違うかもしれないので。

ちらっとしか読んでいないのですが、たとえば。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%97%E3%81%8F%E3%80%81%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%8F%E3%80%81%E3%81%8A%E3%82%8D%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%8A%E2%80%95%E7%A7%81%E3%81%AE%E6%83%9A%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%8C%E6%B1%9F%E6%88%B8%E3%80...続きを読む

Q原始時代から平安時代までと 奈良時代から室町時代までの 間にそれぞれ何がありますか?

原始時代から平安時代までと
奈良時代から室町時代までの
間にそれぞれ何がありますか?

Aベストアンサー

原始時代から平安時代までには「(古墳時代と飛鳥時代と)奈良時代」
奈良時代から室町時代までには「平安時代(と鎌倉時代)」がありますけど、試験範囲でしょう?
多分「そう言う話じゃない」はずで、事象は多岐に及ぶので、教科書や年表・資料をもう一度読み返しましょう。
としか言い様がないです。

Q平安時代の色について

平安時代の色について
平安時代、襲ね色目(かさねいろめ)が
生まれるぐらい染めの技術は
たかかったのですか?

Aベストアンサー

はい、相当高い技術があったと類推されています。私の手元に平安時代の古代法典『延喜式』(平安初期記述)に記載されている「紙の染色」について解説したものがあります。長くなりますが、転記します。
参考にして下さい。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 染料は次の7種類で,染料の量,紙の枚数,前処理などを規定している.

(1)ベニバナ(紅花(くれない)).量は4大斤と書かれているので,2,400g.原紙200枚(1,800g)で,予めクチナシ(「支子」,普通「梔子」,「巵子」と書く)(600g)で下染めする.この場合,実を用い,無媒染では赤味のある黄色である.

(2)キハダ(黄檗).200枚の紙の染色用として1,800g, 藍の下染として1,200gで,総計3,000gである.

(3)クチナシ.紙200枚の染色用として3斗=25.5L.煮出しただけで奇麗な黄色が出る.

(4)浅(あさ)葡萄(えびの)汁.紙280.5枚の染色用として8.5L.紫黒色の実を利用して,椿の灰による媒染で酢によりpHを制御し,色を調整した.葡萄(えび)染(そめ)と呼称されている.椿灰は山灰ともいい,アルミイオンが多い.特に8-9月.そこで,用具は6月上旬発注とある.

(5)ハゼ.黄櫨,読みはハジ,単に櫨とも書く.中国の黄櫨と我が国のそれは種類が違う(57).紙用250枚用として1,200g.媒染剤により色は変わる.

(6)紫草.10小斤=2.64kgが120.5枚の紙の染色用である.染色は椿灰によるアルミ先媒染である.

(7)藍.単位が「囲」であるので,ここは藍草のことである.紙120枚を染めるが,その量は2囲(藁と同じとすれば10.4kg).我が国の現在の藍はタデ科のものであるが,古代はマメ科のものもあった(58)と考えられている.

 なお,染色助剤として酢(5.5L), 綿(49.5kg), 藁(16.2kg), 椿の灰(11.2L)である.椿の灰は8-9月の間枝や葉を切って燃やして造る.アルミニウムイオンを含む媒染剤である.藁も灰の利用,酢は灰のアルカリ分の中和用である.また,必要な道具として水桶2口,?(したみ)と称する「底が方形で上部が円形のザル」1口.燃料として薪が25.2kgである.

 紙の染色法には,漉き染め,浸し染め,引き染め,吹き染めの4種がある(59)が,分業であることを考えると,浸し染めと引き染めが採用されたのではなかろうか.
 以上のように,簡単ながら古代の代表的な染め紙の基本的な染色技法が具体的に明らかにされている.
(「科学史研究」よりhttp://wwwsoc.nii.ac.jp/jshs/kagakusikenkyu/index.html)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 以上は、紙の染色ですが、絹衣の染色も植物の「ムラサキ」ひとつで紫色以外にも多様な色が作られていたと『日本古代紫草工房』の石川貴啓氏は述べておられ、実際一部再現されているようです。

参考URL:http://www.parco-art.com/web/logos/kodaimurasaki1002/index.php

はい、相当高い技術があったと類推されています。私の手元に平安時代の古代法典『延喜式』(平安初期記述)に記載されている「紙の染色」について解説したものがあります。長くなりますが、転記します。
参考にして下さい。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 染料は次の7種類で,染料の量,紙の枚数,前処理などを規定している.

(1)ベニバナ(紅花(くれない)).量は4大斤と書かれているので,2,400g.原紙200枚(1,800g)で,予めクチナシ(「支子」,普通「梔子」,「巵子」と書く)(60...続きを読む

Q平安時代、鎌倉時代などの時代区分をした人物は?

質問させていただきます。
歴史学初心者です。
平安時代、鎌倉時代、室町時代などと、一般常識としてそれぞれの時代に名称がありますが、それを名付け、且つ特定の日時をその時代名称の変わり目と定めた人物又は団体とは、一体誰(何)なのでしょうか。

ご存知の方、是非ともお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>平安時代、鎌倉時代、室町時代などと、一般常識としてそれぞれの時代に名称がありますが、それを名付け、且つ特定の日時をその時代名称の変わり目と定めた人物又は団体とは、一体誰(何)なのでしょうか。

明治5年の学制により学校制度が作られて以降、小学校への就学を促進するための親に対する啓蒙的な教育として、1885(明治18年)に「通俗教育」が初めて文部省の事務章程に規定されました。
この、全国民的な学校教育が開始され、それまでの「寺子屋」での「読み書き」「算盤」から、いわゆる、「国語」「算数」「理科」「社会」
を教えることとなり、この中の「社会」で、「歴史」を教える段階で、誰もが理解しやすいように、「鎌倉時代」とか「室町時代」「戦国時代」「江戸時代」等を区切って教えるようになったのが始まりのようです。

ちなみに、「通俗教育」とは、
通俗教育は当初、就学奨励を目的として、親に対して学校や教育の重要性について通俗的に語ることから始まったが、合わせて親や住民に対する国民としての啓蒙的な教育としての意味もあった。日清戦争以降、小学校の就学率は急速に上昇し、国民教育制度の確立が進んでいくが、それに伴って通俗教育の内容が、親への就学奨励を目的とする教育から民衆への啓蒙的な教育へと比重を移していく。特に1894(明治27)年8月に始まった日清戦争に際しては,国民の愛国心の形成や・「尚武教育」を目的とした幻灯会などが実施され,国民意識を鼓舞していく。

(よもやま話)
(1)江戸時代も後期になると、日本は教育世界一だったのです。
その頃のイギリスでは教育普及率が20%位、フランスにいたっては1.4%。ところが、日本では85%でした。

(2)日本人は大概の人が文字を読んだり書いたりできました。

(3)従って、「かわら版」や「絵草子」などが庶民にも読めたのです。また、「三下り半(離縁状)」なども、庶民は書くことができたのです。

(4)江戸時代も末期になり、アメリカやイギリス等々の外国人が日本に「上陸?」しましたが、これほどまでに庶民が文字を書いたり、読めたりすることには、非常な驚きであった、と、言われています。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>平安時代、鎌倉時代、室町時代などと、一般常識としてそれぞれの時代に名称がありますが、それを名付け、且つ特定の日時をその時代名称の変わり目と定めた人物又は団体とは、一体誰(何)なのでしょうか。

明治5年の学制により学校制度が作られて以降、小学校への就学を促進するための親に対する啓蒙的な教育として、1885(明治18年)に「通俗教育」が初めて文部省の事務章程に規定されました。
この、全国民的な学校教育が開始され、それまでの「寺子屋」...続きを読む

Q質問です!平安時代のことについて調べているのですが平安時代の風習で印象

質問です!平安時代のことについて調べているのですが平安時代の風習で印象に残っているものや
驚いたことって何ですか?是非教えてください!

Aベストアンサー

 女が家で待ち、有力な男が牛車に乗って「今日はこの子、明日はあの子」なんて時代・・・そのことは格別驚きもしませんが、そのときの風習がいまだに残っているのを知ったときですね。

 飲食業が入り口の両サイドに「盛り塩」をしているのはみたことがあるでしょうか?
あれは平安時代の女達が、自分の家の門口に塩を盛ると、牛車の牛がそれを舐めるそうです。
そうすると牛車はその場にとどまって動きません。男はその家に泊まるってことなんですね。

 これはなかなか子どもには説明できない色っぽい風習ですね。

Q平安時代の武士の時代が始まるころの勢力分布

平安時代の源氏、平氏、藤原氏の勢力分布について教えてください。

分布図などもあると嬉しいです。

お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

(1)大宝元年(701)に制定された「大宝律令」のもとでの朝廷を支える役目として「貴族」が生まれましたが、三位以上を「貴」と呼び、四、五位を「通貴」と呼びました。「貴」は上流貴族として、「通貴」は中流、下流貴族に位置づけられました。
この頃の大和政権下で国政審議に参与する貴族たちを「議政官(公卿)」といい、安倍氏、大伴氏、藤原氏、多治比氏、紀氏、巨勢(こせ)氏、石川氏で、各氏(うじ)からは1人代表として出ることになっていましたが、やがては、藤原氏の勢力分布の拡大と他の氏の没落などもあり、藤原氏から何人も議政官を出すようになり、藤原氏が栄華を極めるようになりました。

(2)やがて、地方豪族が「国司」に任命され、私的に富を蓄財し、有力貴族に貢納することにより中央への進出を果たしました。そして、藤原氏、源氏、橘氏、清原氏、菅原氏などが台頭してきました。彼らの所領地として代表的なのは、
藤原氏・・・大和地方一帯(京都、奈良などの一部)、伊勢、加賀、備後、近江、佐野、佐渡など。
源氏・・・・畿内、摂津、河内、甲斐、常陸、下野、上野、信濃など。
橘氏・・・・筑後など。
清原氏・・・出羽など。
菅原氏・・・大和国菅原邑(むら)など。

(3)この内、清原氏と菅原氏は衰退をし、代わって登場したのが平氏でした。桓武天皇の頃より「源」「平」「藤(藤原)」「橘」が有力貴族となり、政治に関与しました。と今なお有力貴族として語られていますよね。
平氏・・・・東山、東海、山陽、南海道付近など。

(4)こうした人々は「平安貴族」と呼ばれ、収入源は必ずしも荘園だけではなく、むしろ、官職に応じて朝廷から給付される田地や禄などが主要収入で、この給与は莫大なものであったと言われています。記録としては、藤原北家(藤原良房)は、職田、位田、職封、位封、資人、季禄などで、現在の貨幣価値に換算しても3~5億円の収入があったとされています。

(5)その他としては、
弓削道鏡・・・・河内。
大伴国造・・・・武蔵国。

(6)なお、鎌倉幕府以前は、土地は全て「天皇(朝廷)の物」で、民は「貸し与えられた者」と位置付けられていたため(荘園制度)、朝廷内で功績のあった者への褒美などとして、次々と切り取られたりしましたので、いわゆる、国としての国境などもはっきりせず、また、国司もその時々の勢力によりコロコロと代わっており、鎌倉時代以降のように国の境目がありませんでした。足利幕府後期~戦国時代になり、荘園制度の崩壊とあいまって、初めて国境(くにざかい)が取り沙汰されるようになりました。

(7)従って、平安時代(それ以前も)の勢力図は定まった国司が定まった国を支配していたわけではありませんので、おそらく、勢力分布図などは皆無に等しいと思います。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

(1)大宝元年(701)に制定された「大宝律令」のもとでの朝廷を支える役目として「貴族」が生まれましたが、三位以上を「貴」と呼び、四、五位を「通貴」と呼びました。「貴」は上流貴族として、「通貴」は中流、下流貴族に位置づけられました。
この頃の大和政権下で国政審議に参与する貴族たちを「議政官(公卿)」といい、安倍氏、大伴氏、藤原氏、多治比氏、紀氏、巨勢(こせ)氏、石川氏で、各氏(うじ)からは1人代表として出ることになっていました...続きを読む

Q平安時代に死刑はなかった?

心理学者の河合隼雄さんがシェークスピアに関する対談のかなで、「平安時代には死刑がなかった」と言っておられます。驚きました。また、「平安時代の物語に殺人がひとつもない」ともおっしゃっておられます。これはそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに810年藤原仲成が薬子の乱で死刑になってから、1156年保元の乱で源為義らが斬首されるまでの346年間、死刑が執行されなかったとされています。

しかしこれは都での話で、地方では死刑が行われた例があります。例えば前九年の役では藤原経清が斬首されていますし、天慶の乱では藤原純友の子、重太丸(しげたまろ)が斬罪となっています。

このほか荘園内での処罰として死刑が行われることはあったようです。下記URLの下から1/3あたりの記事「2ちゃんねるの投稿より」に詳しく書かれています。

http://www.geocities.jp/aphros67/020800.htm

Q奈良時代と平安時代

奈良時代に何度も遷都しているのに,なぜ平安遷都の時だけ時代が変わっているのですか。

Aベストアンサー

「時代」は都の違いでで区切るのではありません。
文化の違いによって区切ることが多いのです。

縄文と弥生の違いがそうです。
これは土器などの文化によって区切られます。
しかし一昔前の高校生はポケベル、今は携帯電話のように
文化では完全な年代による区切りは出来ません。
こういった時代区分も多々あります。

平安時代はご存知のように桓武天皇が平安遷都を謳いました。
当時は南都勢力の政治介入が強く、道鏡など天皇の地位を脅かすやからまで出てきたので
桓武天皇は仏教勢力の政治介入を止めるためにも遷都をしたようです。
平安京の洛中には東寺・西寺を除き寺院の建立は禁じられました。
そんなこともあって平安時代は遷都したことによって独特の文化が生まれることになったのです。
なので歴史学者は平安という古代の区切りを遷都した794年としたのではないでしょうか。

ちなみに奈良時代の転々とした遷都は政治の中心(天皇の居場所)が移動したようなもので
平城・平安京とは比べ物にならないほど小さな規模のものばかりです。

Q平安時代っぽい音楽で、ぷわ~って感じの楽器を使う音楽を何と言いますか?

平安時代っぽい音楽で、ぷわ~って感じの楽器を使う音楽を何と言いますか?
あと、それで着物みたいな正装で肩に切れ目が入ってる服を着て踊るやつって何かジャンルがありますか?

ああ言った雰囲気のものが好きなんですけど、時代は平安時代の京の舞台から始まったものなんでしょうか…。気になります。

Aベストアンサー

> 平安時代っぽい音楽で、ぷわ~って感じの楽器を使う音楽を何と言いますか?
「ぷわ~っ」ならば、『笙(しょう)』だと思います。
『篳篥(ひちりき)』は、もう少し絞ったような音が出ますから。

音楽でしたら「東儀秀樹」さんを調べてみてください。

> それで着物みたいな正装で肩に切れ目が入ってる服を着て踊るやつって何かジャンルがありますか?
肩に切れ目が入っているのでしたら『水干(すいかん)』ではないかと。

こちらが『水干』ですが。
http://www.kimono-japan.co.jp/jidaiisyo/04.html

これを着て舞うのは、「白拍子」という職業の女性です。
ですから、「白拍子舞い」と言われています。

ですが、雅楽と白拍子舞いは全く別のものです。

雅楽をBGMに白拍子が舞う…というのは、ないです。

「白拍子」という言葉には、「BGMなし」という意味もあるんですが、一般的には「今様」という、当時の流行歌・曲をBGMにしたり、口ずさんだりしながら舞っていました。

> ああ言った雰囲気のものが好きなんですけど、時代は平安時代の京の舞台から始まったものなんでしょうか…。
「楽」や「舞い」は神様への「奉納」として行われたのが起源です。
ですから、神話にも出てきますよ。
有名なところでは、天照大神が岩戸に籠ってしまった時、出てきてもらうために、岩戸の前で歌ったり、踊ったり…というお話がありますでしょう?

平安時代には「舞台芸術」は成立していません。

宮中での貴族の「教養」であり、「遊び」でした。
鑑賞していたのではなく、自身が演奏していた訳です。

宮中では「庭」に「壇」が設えられて、そこで楽が演奏されたり、舞が舞われたりしていたようですが
> 平安時代の京の舞台から始まったもの
という言い方ですと、少しニュアンスが異なります。

> 平安時代っぽい音楽で、ぷわ~って感じの楽器を使う音楽を何と言いますか?
「ぷわ~っ」ならば、『笙(しょう)』だと思います。
『篳篥(ひちりき)』は、もう少し絞ったような音が出ますから。

音楽でしたら「東儀秀樹」さんを調べてみてください。

> それで着物みたいな正装で肩に切れ目が入ってる服を着て踊るやつって何かジャンルがありますか?
肩に切れ目が入っているのでしたら『水干(すいかん)』ではないかと。

こちらが『水干』ですが。
http://www.kimono-japan.co.jp/jidaiisyo/04.html

これ...続きを読む

Q平安時代江戸時代の風俗

平安時代は400年江戸時代は300年続いたわけですが、この間政治的にはいろいろ変化があったようです。しかし、風俗というか風習一般社会情勢というのは、そのあいだほとんど変化しなかったんでしょうか。それとも、高度経済成長によって社会家庭生活が変わったように、なにか進歩発展していたのでしょうか?
私が知っている限りでは、大刀の形が平安時代後期になって反ってきたということぐらいです。

Aベストアンサー

女性の服も髪型も、男性の服も、食事も、文化も皆変っています。言葉もね。男女関係もです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報