いまさら、こんな質問をするのはちょっと恥ずかしいんですが・・・。
90×45×45の水槽にブラックアロワナ(21cm)とスポッテッドガー(19cm)を飼育しています。
PHを6.0~6.5で安定させようとして、水を週に1度1/4~1/3ほど換えているのですが、
換えてから2日くらいでPHが5.0以下になってしまいます。
ですから、毎朝バケツ一杯(10リットル)の水を換えるようにして安定させています。
PHが下がるということは、ろ過がうまくいってないことだと思っていたのですが、
先日、ショップでPHがすぐに下がってしまうとの相談をしたところ、ろ過がうまく行っているので、PHが下がると言われました。ろ過がうまくいっている状態ではPHについては下がると考えていいんでしょうか?
ちなみにろ過装置は上部ろ過を使用しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

phが下がることと硝化濾過装置の濾過不足には因果関係はありません。


むしろ、硝化濾過が十分出来ている水槽のほうが、どんどん有機物などの分解ができるので、phの降下は早いはずです。
有機物がたくさん存在しているのであれば、それを分解する時に水素イオンが発生するので、phの降下が速くなるので、濾剤を洗い、汚れを落とせば、幾分ph降下は和らぐでしょう。

ph降下を抑制するには、KHを上げたり、デニトレーター(反硝化濾過装置)を設置します。
デニトレーターの使用により、あまり換水しなくとも大型魚の飼育が可能となります。
ただし、これでも燐酸は気化できないので蓄積し続けますから、換水量は大幅に減るにしろ、「換水不要」ではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

a65713333さん、情報ありがとうございます。
やはりPH値と、ろ過装置は関係なかったんですね。勘違いというより勉強不足でした。
上部フィルターの中のろ材は、投入してから約3ヶ月間、一度も洗ったことが無いので、
一度洗ってみようと思います。

お礼日時:2001/10/01 16:24

参考までに、魚はどんな魚でもある程度までは対応しますから、PHを気にしなくても良いとは言いませんが、急に死んでしまうってことはないです。

問題はそれよりも根本原因の魚達のオシッコを減らすことです。アンモニアに対してはどんな魚も対応力はありません。すでに水槽が狭いとおもいます。別々に飼ってあげる時期にきているのでは?それとも餌の量を少し減らすしかありません。硝酸と亜硝酸は計測しているでしょうか?硝酸テスターが真っ赤になるようでしたらろ過は順調です。亜硝酸が出ている場合は要注意です。PHはその後のことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ryuitiさん、参考になる情報ありがとうございます。
硝酸や亜硝酸ついてはOKです。
今まではPH値が下がる理由がろ過に関係すると思っていたので、
家の水槽のPH値を安定させることを考えていました。

お礼日時:2001/10/02 13:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネオンテトラを飼う場合水槽内に水草を入れれば、ろ過装置は必要ありません

ネオンテトラを飼う場合水槽内に水草を入れれば、ろ過装置は必要ありませんか?

Aベストアンサー

いや、ある。

ネオンテトラは大変に安価な熱帯魚ではありますが、「東洋の神秘」「門外不出」なくらいの繁殖技術を中華人が持っており、て世界各国に供給されているネオンテトラは、中華人民の独占市場になっています。

大変安価ではありますが、ネオンを繁殖できるヒトなんてほとんどいないくらいに繁殖=飼育も難しいかなりハイレベルな熱帯魚であります。

ネオンは、いっぱんのテトラ類熱帯魚にくらべると、もっともっと暖かい「ぬるま湯」みたいなところに生息しているのですが、雨季と乾季の差はあるももも、とにかくよく雨が振るような、新しい水が常にあるような環境にあります。
日本魚で言えば、イワナやヤマメなんかを小さくしたモノだと思うと良いです。

水草の水質浄化能力はアテになりません。
市販の水草も、そのほとんどの生息場所は、清水や湧水が出てるような所のモノで、ほとんどが水上で葉っぱを出すのが本来の姿で、水中に葉を出すのは、水位の上下が激しい山の川や谷みたいなところで生息している進化によってのものがほとんどで、自然界の上流域の環境を再現しないと、上手く育ちません。

水換えと、ろ過は必要です。

アナタが雨を降らし、アナタが山の土壌(ろ過)を作る、アナタが山の神様にならないと、水槽飼育では、ネオンも水草もすぐにダメになります。

いや、ある。

ネオンテトラは大変に安価な熱帯魚ではありますが、「東洋の神秘」「門外不出」なくらいの繁殖技術を中華人が持っており、て世界各国に供給されているネオンテトラは、中華人民の独占市場になっています。

大変安価ではありますが、ネオンを繁殖できるヒトなんてほとんどいないくらいに繁殖=飼育も難しいかなりハイレベルな熱帯魚であります。

ネオンは、いっぱんのテトラ類熱帯魚にくらべると、もっともっと暖かい「ぬるま湯」みたいなところに生息しているのですが、雨季と乾季の差はあるももも...続きを読む

Q投げ込み式ろ過器のろ過材の臭いと換え時

金魚「珍珠鱗」を飼いはじめて1年半ぐらい経ちます。
この間に2回ばかりろ過材を交換しました。
ろ過材の交換時に水質は悪化してませんでしたが、上部が黒ずみ、臭いはヘドロのような臭いがしました。(水質の悪化は飼育水の臭いで判断)

◆ろ過材についての質問です。
◆この臭いの原因は何でしょうか?
◆色・臭い等で交換時期の目安はありますか?
◆アドバイスをお願いします。

飼育魚は、
魚:珍珠鱗×2、メダカ×2

飼育環境は、
60センチ水槽:ラピレスRV60(ジェックス)
エアーポンプ:ラングGX100N
ろ過器:水作エイトS×2(水作)
照明:クリアライトCL60(ジェックス)
底砂:大磯砂中目5キロ
水草:クロモ×2束
餌:テトラフィン、メダカのえさ(テトラ)

手入れ等は、
餌は朝7時頃に1回
照明は朝7時頃から約7時間
飼育水はカルキぬきを使用
飼育水の量は水槽3分の2程度
水換えは一週間に1度全換え
ろ過器の活性炭カートリッジは外しています

以上です。

Aベストアンサー

ヘドロ臭い臭いがしてきたのではもう手遅れですね。
恐らく今までは底床の大磯砂の中に残った分解バクテリアだけで何とか水を浄化していたのでしょう。
そのバクテリアが何かの原因で死滅したか浄化できる限界まで汚れが溜まってしまってるのかもしれません。

濾材の交換時期ですが基本的にはボロボロになるまで使用可能です。目詰まりしてきたなと思ったら交換せずバケツに取った水槽の水の中で軽く洗ってやる程度で十分です。それ以上やるとバクテリアが流れてしまいます。

#1の方がおっしゃる水換え方法、金魚熱帯魚かかわらず魚の飼育する上での基本です。
水の臭いで水質の悪化はわかりません。
水の色や臭いではなく定期的な1/2から1/3の水換え。それと極力濾過バクテリアを減らさないことです。

Q35センチの水槽に合うろ過装置とエアーポンプ

35センチの水槽に合うろ過装置とエアーポンプ教えてください。

金魚のお部屋と言う飼育セットを買いました。
幅35.9センチ 奥行き22センチ 高さ26.2センチ 水容量18リットル ふちあり です。

和金2匹と水草と底に砂利をいれてます。
週1回の水かえ3分の1してます。
水かえするといつも白く濁っていたので調べたらバクテリアが定着してないと書いていました。
1ヶ月くらいしたら定着するそうですけど、1ヶ月たっても濁りがきえません。

セットについていた活性炭入り特殊ろ過材採用ロカボーイSと言うのを使用しています。
この1ヶ月間一度も掃除したことないです。
フィルター?スポンジ?部分は今茶色です。
これだけではろ過が十分ではない、不安が拭えないと言うような記事も見かけたので変えてみたいです。

エアーポンプとろ過装置とにわけてみようかなーと思います。
幅35センチの水槽向けの商品って少ないようで、選択幅なさそうですがおすすめのものあれば教えてもらえませんか。おねがいします。

Aベストアンサー

No.1です。
> 全部で エアーポンプ 外部ろ過装置 外掛けろ過装置 の3つを使うでいいですか?
・外掛け濾過器は必要ありません。
濾過ボードを定期的に交換する必要のある外掛け濾過器は、外部濾過器があれば不要になります。

従って、エアーポンプで濾過ボーイを稼働。
メインフィルターは外部フィルターの組み合わせで完璧です。

> ろ過装置の外掛けと外部を同時利用する意味が知りたいです。
・外部濾過器は濾過能力が優れていますが、エアレーション能力だけは他の濾過設備と比べて劣ります。
エアレーション能力不足は、水槽環境によりメリットにもなりますし、デメリットにもなります。
CO2を添加する水草水槽では、添加ガスが抜けにくいためメリットになります。
しかし、魚飼育がメインの水槽に外部濾過器を使用する場合は、エアポンプによるエアレーションが必須になります。

現在の濾過ボーイは茶色く色づいてきたとのお話です。
濾過ボーイ自体、ハッキリ言って濾過能力の低い濾過器ですが、ウールマットが茶色く色づいてきたのならば、ウールマットに濾過バクテリアが繁殖定着している可能性が高くなります。

せっかく現在の濾過ボーイに濾過バクテリアが繁殖定着しているのならば、それを捨てるのはもったいなく思います。
エアレーションをエアストーンを使用するのならば、エアストーンの代わりに茶色く色づいた濾過ボーイを使用する事をオススメする次第です。

> たまに魚が疲れてる?感じがします。
・オススメした外部濾過器2機種は、尤も水流の弱い機種です。
ですが、もしも魚が水槽全体を泳がずに、水流の弱い場所を選んで佇む場合。
外部濾過器のシャワーパイプをガラス面または上面に向けることにより水流を弱めることが可能です。

・エアポンプからの水流が強い場合は、エアクランプでエア吐き出し量を調整すればOKデス。

No.1です。
> 全部で エアーポンプ 外部ろ過装置 外掛けろ過装置 の3つを使うでいいですか?
・外掛け濾過器は必要ありません。
濾過ボードを定期的に交換する必要のある外掛け濾過器は、外部濾過器があれば不要になります。

従って、エアーポンプで濾過ボーイを稼働。
メインフィルターは外部フィルターの組み合わせで完璧です。

> ろ過装置の外掛けと外部を同時利用する意味が知りたいです。
・外部濾過器は濾過能力が優れていますが、エアレーション能力だけは他の濾過設備と比べて劣ります。
エアレーシ...続きを読む

Q120×45×45のオバーフロー水槽の設置

質問させて頂きます。

現在大型の水槽を設置しようと考えているのですが、床の強度的な問題が気がかりになっています。

床は畳で、建物は鉄筋コンクリートの平屋建てです。
現在60×45×45のオーバーフロー水槽(推定200kg)を設置しておりますが、床にゆがみは特に見られず、水面も水平です。

ここに壁付けで120×45×45のオーバーフロー水槽(推定500kg)を設置しても大丈夫なものなのでしょうか。
危険そうであれば90×45×45も視野に入れて検討しています。

床下の補強は無しの方向で考えております。何か対策などありましたらご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>現在60×45×45のオーバーフロー水槽(推定200kg)を設置しておりますが、床にゆがみは特に見られず、水面も水平です。
・はい。
一般的には。。。
ある日、突然ゴソッと床が抜ける(陥没する)のです。

建築基準法では住宅居室の場合、1平方メートルあたり1800ニュートン(約180kg)で設計されています。
一般的には、長期間の負荷オーバーでも20%程度の過負荷には耐える構造に作ることが多いようです。
(住宅の建設坪単価次第、アパートなどだと建築基準法ギリギリで建てていることが多い)
ですが、200%(2倍)オーバーに作ることは建設費が高額になるためマズありません。
http://www.megaegg.ne.jp/~total/siryou/sekisai.html

このため、90×45×45cmや120×45×45cm水槽を居室に設置する場合は、コンパネ(180×90cm)などを敷いて、1平方メートルあたりの荷重を分散する必要があります。

> 床下の補強は無しの方向で考えております。
・損害保険(個人賠償責任保険)の加入くらいしか頭に浮かびません。
http://allabout.co.jp/gm/gc/8754/

*120×45×45cm水槽ならば、床補強と言ってもコンパネを敷くだけでOKです。
下記コンパネならば2枚重ね(約1インチ厚)でOK。
http://item.rakuten.co.jp/conpaneya/11123603/

>現在60×45×45のオーバーフロー水槽(推定200kg)を設置しておりますが、床にゆがみは特に見られず、水面も水平です。
・はい。
一般的には。。。
ある日、突然ゴソッと床が抜ける(陥没する)のです。

建築基準法では住宅居室の場合、1平方メートルあたり1800ニュートン(約180kg)で設計されています。
一般的には、長期間の負荷オーバーでも20%程度の過負荷には耐える構造に作ることが多いようです。
(住宅の建設坪単価次第、アパートなどだと建築基準法ギリギリで建てていることが多い)
です...続きを読む

Q水槽のろ過装置のカビの処理はどうすれば・・・・?

私は、家でアブラハヤという淡水魚を飼っています。
その水槽にはろ過装置がついているのですが、ろ過装置の中を見ようとして、
ふたを開けてみてみると、白いふわふわでもふもふな白カビのようなものがついていました。
かなり増殖していて気持ち悪いです。
そして、ろ過装置の水の流れるところに茶色と白色のカビみたいな変なものがあって、
水になびいています。
Webで調べると水カビとありましたが、どうも、水カビではないような気がします。
あと、Webには、対処方法(予防法)しか書いてなくて、処理はどうすればいいのかと、
困っています。
教えてください。お願い致します。






回答してくださった方へ
ご回答ありがとうございます。
教えてくださりありがとうございました。
感謝しております。

Aベストアンサー

ふたとあるのでフィルターは、上部フィルターですか?

飼育環境が分からないのですが、定期的に濾過層のメンテナンス(掃除)してます?

とりあえず、バクテリアへのダメージを軽減する為に水換えとは、別の日に濾過層の掃除して下さい。
同じ日に行うとバクテリアに余計なダメージを与えます。

上部フィルターならまずコンセント抜く→ポンプを外す→風呂場など作業し易い場所に上部フィルターの容器ごと持ってく→濾材をバケツに入れる→水道水だとバクテリアが死ぬので水槽からちょっと飼育水を持ってきてかき混ぜて洗う→上部フィルターの底に溜まる茶色の汚れは、容器を水道水で洗って流す→水槽に上部フィルターの容器やポンプなどをセットする→飼育水で洗った濾材を戻す→新しいウールをセット(洗って綺麗になるなら使用してたウールでもいい)→全てきちんと元通りにセットしたらコンセント入れる→洗浄に使った飼育水分、カルキ抜きした水温合わせた水を足す。

流れ的には、だいたいこんな感じでしょうか。
人により多少手順ややり方に差があると思いますが。

水カビが出てるなら新品のウールの方がいいかもしれません。
洗剤は、絶対に使わないように、濾材以外は、全て水道水で洗浄で大丈夫です。

掃除して再セット後、一瞬水が濁る事がありますが、バクテリアにダメージが少なければ数時間で澄んだ綺麗な水に戻ります。


白いのは、多分水カビだと思いますけど、水槽や魚に合わせた定期的なメンテナンスをしてればそうそう湧いてこないはずと思いますが…(うちでは、未だに出た事がない)。
茶色の汚れは、どんなフィルターでもそれなりに長期間使用してば出ますし溜まりますよ(なので詰まったり問題が起こる前に定期的にメンテナンスが必要)。

ポンプも掃除の仕方が説明書に載ってますから、よく読んでついでに掃除して下さい。
ポンプに汚れやゴミが溜まると水が上手く上がりにくくなります(特にインペラー部分)。

魚の数や大きさ、様々な飼育環境によりますが水換えの他に上部や外部フィルターも、だいたい数ヶ月~半年に一度くらいは、濾過層のメンテナンスも必要です。
うちだとフィルター掃除は、半年に一回くらいかな。
上部のウールは、汚れ具合をみてマメに洗浄するか新しいものに変えてます(上部でウールが目詰すると溢れたらイヤだから)。

濾過層の掃除すれば消えると思いますよ。

ふたとあるのでフィルターは、上部フィルターですか?

飼育環境が分からないのですが、定期的に濾過層のメンテナンス(掃除)してます?

とりあえず、バクテリアへのダメージを軽減する為に水換えとは、別の日に濾過層の掃除して下さい。
同じ日に行うとバクテリアに余計なダメージを与えます。

上部フィルターならまずコンセント抜く→ポンプを外す→風呂場など作業し易い場所に上部フィルターの容器ごと持ってく→濾材をバケツに入れる→水道水だとバクテリアが死ぬので水槽からちょっと飼育水を持ってき...続きを読む

Q45cm水槽に水作スペースパワーフィットM×2

大きさ45cm、アベニー×9匹、水草少々の水槽についてアドバイスをお願いします。

現在、テトラの外掛けフィルターAT-75Wを使用しています。
ただ、見た目がごついうえに水中モーターということで
水温も多少なりとも上がっているようなので
フィルターの変更を検討しています。
(外部フィルターは置き場所がないので…)
水作のスペースパワーフィットがすっきりしていいかなと思っています。
サイトの説明書きでは45~60cm(55L以下)水槽用となっていますが
濾材の量などが少し不安なため2つ設置したらどうかと考えています。

この水槽にスペースパワーフィットM×2は適当でしょうか?
『大丈夫』や『やめといた方がいい』など、
どんなことでもかまいませんのでアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

水作スペースパワーフィットMは、テトラAT-75Wと同様の水槽内に設置する水中ポンプです。

消費電力はAT-75Wが約10W、水作スペースパワーフィットMが2台で5W。
仮に実稼働率が20%だと仮定し廃熱量を計算すると、
・AT-75Wの水槽内への廃熱量は6880Cal/h。
・水作スペースパワーフィットM2台の水槽内への廃熱量は3440Cal/h。
飼育水への熱量としての影響は、masacky様のご想像の通り水作スペースパワーフィットMを2台で運用したほうが少なくなります。
AT-75Wは24時間、約8Wのヒーターとして機能するわけですから、外気温が30℃以上の酷暑気だと、AT-75Wは45cm(40リットル)水槽で1.3~2.0℃ほど水温を上げる可能性があります。

しかし、水作スペースパワーフィットMのような水中フィルターは、濾過能力に疑問が残ります。
ハッキリ申し上げて、水中フィルターの濾過能力は低いのです。
45cm水槽にアベニー9匹だけならば、水作スペースパワーフィットMでも飼育可能だと思います。
ですが、アベニーの飼育に水流が必ず必要ではありません。

正直な感想は、水作スペースパワーフィットMを2台での運用と言うのもイマイチな感があります。

masacky様が、濾過能力の向上を求めているのならば、高性能エアリフト型フィルターという選択肢もあります。
高性能エアリフト型フィルターの方が、テトラAT-75Wや水作スペースパワーフィットMよりも遥かに濾過能力は優れています。

高性能エアリフト型フィルターの例:
・パワーハウス システムフィルター2A(容量500ml)ソフトタイプ
http://www.rva.jp/shop/powerhousu/2.htm
http://www.ph-clion.com/product/filter/system/index.html
・水作ニューフラワーDX
http://item.rakuten.co.jp/chanet/13591/
水作ニューフラワーDXは、必ず本体を底砂に埋没させる必要があります。

水作スペースパワーフィットMは、テトラAT-75Wと同様の水槽内に設置する水中ポンプです。

消費電力はAT-75Wが約10W、水作スペースパワーフィットMが2台で5W。
仮に実稼働率が20%だと仮定し廃熱量を計算すると、
・AT-75Wの水槽内への廃熱量は6880Cal/h。
・水作スペースパワーフィットM2台の水槽内への廃熱量は3440Cal/h。
飼育水への熱量としての影響は、masacky様のご想像の通り水作スペースパワーフィットMを2台で運用したほうが少なくなります。
...続きを読む

Qオイカワ水槽のろ過装置で

オススメありますか?

教えてください

水槽は60センチ
中身は
ヌマムツベビー
タナゴ
オイカワ
ハゼ
ドンコ
カマツカ
です

石と大きめ流木
水草にアナカリスとうねった草が入ってます
(渓流で採取)

水草はそのうちとってもいいかな・・・・とか思っます

ろ過装置には外部フィルターのMサイズが入ってます

ろ過のパワーを上げると共に水流を作ってやりたいです

考えているものは
ニッソー フリーフロー 400 45~60cm用水中フィルター

Suisaku ニュースペースパワーフィット M 45~60cm水槽
フルーバル 水中式フィルター3+ 60h

と、

カミハタ Rio+180(50hz)リオプラス180 60cm
カミハタ Rio+ リオプラス水中フィルターセット1 60hz
この二つで迷っています

カミハタはやはり後者のがいいのでしょうか?

ゆくゆくは、オイカワを繁殖させてみたりもしたいです。
なので、良い環境を与えてやりたいです

オススメのろ過装置ありますか?

水槽は画像のものです

Aベストアンサー

僕は悩んでいる後者をお勧めします。
水流も作れる&濾過槽付きという理由です。
この手のものは、掃除をサボると、水流が弱くなります。
アナカリスなどで詰まってしまうことが多々あるので、水草が枯れないように注意がいります。
 ドンコとハゼは両者が縄張り意識が強く攻撃的なので、隠れる場所は多めにしないと喧嘩でどちらかが、死んでしまいますよ。(小魚はドンコとハゼの餌ということで入れているのかな・・・?)

QPH値を安定させる方法について

PH値を6.0~6.5の間を保ちたいのですが、魚を入れて一週間で7.5くらいになってしまいます。
とりあえず、家の水道水は7.5~8.0なので、カルキ抜き・水質調整剤・ブラックウォーターを適量入れて
水槽の1/4ほど水換えを一週間に一度行なっております。
バクテリアが住み着いている「ろ過材」をショップに譲ってもらい、さらにバクテリアの水?も購入してから
2週間ほど水温28度で水を回してから魚を入れたのですが、まだバクテリアの繁殖が足りないのでしょうか?
魚はブラックアロワナの稚魚(8cm)を1匹だけです。
ちなみに元気で、食欲も旺盛です。1日に赤ヒレを5~6匹食べます。あげればもっと食べそうです。
心配せずに1週間に一度ほど水換えを続けていれば大丈夫でしょうか?
あとエサはもっとあげるべきですか?

Aベストアンサー

 janis999さん、こんにちは。
 
 90cm水槽にブラックアロワナの稚魚が1匹ですし、janis999さんのところはまだ水槽を立ち上げて1カ月は経っていませんよね。このような条件下ですと、弱酸性の水質維持はなかなか難しく安定しにくい面があることは確かです。
 
 基本的には現在のように水質調整剤やブラックウォーターの使用が主になりますが、最近注目されているものに「マジックリーフ」というものがあります。これは特にアジアアロワナの飼育などで使用されているものですが、いわゆる川底などに堆積した落ち葉のことで、残念ながら私はまだ使用したことがありませんが、弱酸性の水質維持に抜群の効果があるとされています。メンテナンスの面でマジックリーフを直接水槽に入れることに抵抗があるようでしたら、多少見た目は悪くなりますが、マジックリーフを要らなくなったストッキングなどに入れて、それを水槽に投入されるのが良い方法かと思います。
  
以前にも何度かjanis999さんの御質問に回答したことがあるのですが、確かjanis999さんのところではベアタンクでの飼育でしたよね。ベアタンクの飼育はメンテナンスの面で管理が容易であるというメリットがある反面、安定した水質の維持が比較的難しいというデメリットもあります。一般的には水草が入っていたり、それに伴って底砂が入っていたり、流木が入っていたりすることで弱酸性の水質維持はそれほど難しくはないのですが、ベアタンクでの飼育を覚悟された以上はやはり水質維持に細心の注意を払う必要があります。本来でしたら90cm水槽に魚を単独飼育して週に1度の換水というのは充分過ぎるほどなのですが、水質に敏感な、特にブラックアロワナの幼魚の場合は、できることなら2~3日に1回、5分の1程度ずつの換水が実行できればなお理想的で、同時にこまめな水換えは安定した水質を維持する上でも有効です。

 餌に関してですが、現在はアカヒレのみを与えていますか。もし、そうでしたらできるだけ早いうちに様々な物の味を覚えさせて、バランス良く与えてください。また、できるだけ早い時期に人工飼料に馴れさせておくことが必要です。ブラックアロワナの幼魚の飼育ではできるだけ「早く大きくする」と言うよりは、「体力をつけさせる」という方に重点を置くのがポイントです。その意味で人工飼料の使用は有効です。人工飼料での飼育は確かに生餌での飼育に比べて若干成長のスピードが遅いということは言えますが、栄養面では様々な工夫が凝らされていますので、できるだけ早い時期に人工飼料を主食、生餌を副食という感じで使用されるのがベストだと思います。その場合も、餌はバラエティー豊かにして与えてください。餌に飽きられるのがいちばん恐いことですから。幼魚の時期は一度に与える餌の量は控えめに、また一日に与える回数を4、5回と多めにするのがポイントです。あと、アカヒレに関しては必ず食べ切れる量を見極めて与えてください。万が一食べ残しのアカヒレが水槽内にいる場合、アカヒレがブラックアロワナのヒレなどを突ついたりして、ブラックアロワナが精神的にストレスを感じ、拒食の原因となることがあります。
 
 参考URLに「マジックリーフ」の写真があります。
 
 では、失礼いたします。

参考URL:http://www.age.ne.jp/x/shigeru/fish1.htm

 janis999さん、こんにちは。
 
 90cm水槽にブラックアロワナの稚魚が1匹ですし、janis999さんのところはまだ水槽を立ち上げて1カ月は経っていませんよね。このような条件下ですと、弱酸性の水質維持はなかなか難しく安定しにくい面があることは確かです。
 
 基本的には現在のように水質調整剤やブラックウォーターの使用が主になりますが、最近注目されているものに「マジックリーフ」というものがあります。これは特にアジアアロワナの飼育などで使用されているものですが、いわゆる川底などに堆積...続きを読む

Q金魚の水槽選び(ろ過装置)

先々月、金魚を飼いだしたのですが、もうちょっと大きいほうがいいかなと思って、60cm水槽を買うことにしました。

そこで色々見たのですが、水槽で3000円+上部式ろ過3000円ってな感じだったのですが、
1万円で、水槽+外部式ろ過などなどのセットがありました。

黒い箱のやつで、結構でかいみたいなのですが、このろ過装置はやはりお金がかかるのでしょうか?
メーカーなどはわかりませんが、単体で数万円するようです。

金魚はそうそう多くないので、上部式で十分なのですが、もし維持費などが安いということであれば、この外部式にしようと思います。
スペースはあるので、どちらでもいいのですが、やはり維持費がかかると困るので・・・。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

上部濾過と外部濾過の大きな違いは、
飼育水中に酸素を取り込むか否かで判断されるといいです。

上部:構造上必ず酸素を取り込む
外部:空気に触れずに濾過することができる

つまり、本格的に水草を育成するのならば外部という選択ができます。

水草はほどほどに、
というのでしたら上部、外部どちらを選んでもいいと思います。
維持費は両者ともさほど変わりません。


その他にも両者ともにいろいろとメリットデメリットはありますが、
それらは検索などして調べてみてください。


初めてのアクアリウムということでしたら、
個人的には上部式のセット水槽をお勧めします。

Qブラックアロワナ水槽について

もうすぐブラックアロワナを飼育し始めます。
ディスカスを飼っていた水槽(200L)その他一式が開いたので、大体飼育の環境は整っていいるのですが、少し気になることがあるので教えてください。

アロワナは目ダレが起こる(ブラックアロワナはならないという話も聞きますが)と聞きます。
水槽の底の反射が悪いと聞きます。
そこで、水質調整強化もかねて、ソイルを敷こうかと迷っています。

ただ、ソイルを敷くと、底の糞や食べ残しの掃除がやりにくくなり、水質悪化につながるのではないかと心配しています。

水質維持を考えるとディスカスの様にベアタンクで飼育方がいいのでしょうか?

アドバイスお願いいたします。

また、苔取り、残餌対策にコリドラスかプレコを入れようと考えているのですが、どの様な種類が効果、相性から考えてよいのでしょうか?

他にも何か気をつけたほうがよいことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

度々の登場ですが「ANo.1」です。
水槽底面の件ですが、水槽の底がガラスや光を反射しやすい色だと、底面の反射により魚が落ち着かないことは確かです。ストレスが溜まる環境では食欲もなくなりますので、魚のことを考えると何かしてあげたほうがよいでしょう。比重が重い底砂を薄く敷くのが、掃除もしやすいし見た目も綺麗なのでは?流木やアクセサリーは、入れないほうがよいと言うことはないと思います。ただ遊泳スペースも狭くなるでしょうし、何より驚いた時や餌に飛びつく時に自慢の体を傷つけることがあります。そう考えるとないほうがよいのかも?なにぶんパワーのある魚なので、体当たりで体を傷つけたり器具を破損します。その辺りの対策はとらなければなりません。次に混泳魚ですが、肉食魚なので小さな魚はご馳走です。水の汚れを気にするなら、残餌対策よりも餌を与えすぎないことが大切です。残餌対策で他の魚を導入すると、比例して排泄物も増えます。結果、何の水質維持にもなりません。ただ単純に混泳させたいなら、ポリプや大型シクリッドはいかがでしょう?好みもあると思うので、ショップで聞いて見て決めるのが一番です。アロワナ君のことを考えるなら、ゆとりのある水槽で優雅に生活させてあげるのが一番ですよ。

度々の登場ですが「ANo.1」です。
水槽底面の件ですが、水槽の底がガラスや光を反射しやすい色だと、底面の反射により魚が落ち着かないことは確かです。ストレスが溜まる環境では食欲もなくなりますので、魚のことを考えると何かしてあげたほうがよいでしょう。比重が重い底砂を薄く敷くのが、掃除もしやすいし見た目も綺麗なのでは?流木やアクセサリーは、入れないほうがよいと言うことはないと思います。ただ遊泳スペースも狭くなるでしょうし、何より驚いた時や餌に飛びつく時に自慢の体を傷つけることがあり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報