CONTAX T3を購入しました。ルンルンです。

さて、いい写真をとるためオートではなく
絞り、露出を合わせて写真を撮ろうと思うのですが
適正な値というのは
だいたい被写体によって決まっているのではないですか?

たとえば
被写体にピントを合わせた場合はF2.8
落ち着いた作品にしたい場合は+1/2 とか。

ワタシ好みの写真は大体F2.8、+1/2で撮れる気がします。

あと、プロの方は露出などあまり変えずに
バシャバシャ撮っていますが
勘で適正値に設定して撮影しているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

nimaibaと申します。

T3ご購入おめでとうございます。

かなり初歩的な解説を書きますので、「今さらなにを・・・」という内容でしたらお許しください。

はじめにT3の露出関係を再度確認しますと、

撮影モード:プログラムオート・絞り優先オート
露出連動範囲:EV-1~EV18(ISO100)
測光方式:2分割外部測光方式(SPD素子使用)
露出補正:±2EV(1/3ステップ)[カスタムファンクションにより1/2ステップに切替え可]

でしたね。

つまり、nag-goyanさんがおっしゃるところの「絞り、露出を合わせて写真を撮る」というのは、絞り優先オートの事だと思います。

「絞り」を調節することによって、仕上がりにどのような効果をもたらすか・・・・という事はお分かりですか?

絞りを開放(F2.8)にしていくと、ピントの合う範囲が狭くなります。
つまり、ピントを合わせた被写体の前、あるいは後ろが大きくボケて写ります。

逆に絞り込んで(F16)いくと、ピントの合う範囲が広がり、ピントを合わせた被写体の前と後ろも、ボケずに写るようになります。

絞り優先オートとは、撮影する人が「こんな風に撮りたい」と思うようなイメージに合わせて絞りを決め、その絞りに最適なシャッタースピードをカメラが自動的に選んでくれるモードです。

一般に人物の上半身撮影等は絞りを開き、風景写真等は絞り込んで写します(勿論例外もありますが)。

なので、「F2.8がワタシ好み」というのは、きっとnag-goyanさんが、「まわりがボケて主要被写体がクッキリ浮かび上がった写真が好き」という事だと思います。

+1/2の補正は、リバーサルフィルムを使用して人物を撮影する時によくやる手です。
しかし、被写体となる人が黒い服を着ている場合など、Naodon1020さんも書かれているとおり、露出オーバーになってしまうこともあるので注意が必要です。

ちなみに私は普段、一眼レフでほとんどプログラムオートまたは絞り優先オートで撮影しているのですが、最近古い(30~40年前の)レンズシャッターカメラに凝っています。

露出計が壊れているので、カンを頼りに絞りとシャッタースピードを操作して露出を決めています。

私の露出の基準は結構いいかげんで、一昔前の「写るんです」の露出(ISO400のフィルム・絞りF11・シャッタースピード1/100秒)を基にその場の明るさ、フィルム感度、絞り、シャッタースピードを頭の中で計算しています。

それでもネガカラーで写す限りはそんなにハズれる事はありません。

勿論ピントも距離計を頼りに自分で合わせます。

当時のカメラはF1.8とか1.7とか、非常に明るいレンズを搭載しており、現在の解像度の高いフィルムで撮ると予想を遥かに越えた素晴らしい描写を見せてくれます。

T3ともいい勝負になると思いますよ!
    • good
    • 0

ハズしてたらごめんなさい。


屋外で光線が一定ならばマニュアルで露出を設定すると被写体の輝度に合わせて+-しないで済むので楽です。モデル撮影会などで、白い衣装でも黒い衣装でも、絞りが動かないようにテープや輪ゴムで固定して10本は撮りますから。
絞りはおまじないの1/3と言ってゾナー200/F2を開放ではなく1/3絞って気取ってましたが果たして効果は?
露出に関してはあまり神経質になっても仕方ない部分もあります。アマチュアですから完全なカメラチェックが面倒なことで。たとえば1/500秒から先が後幕バウンドで過多になるとかありますし、フイルムのロットを合わせてテスト撮影をするなんて面倒この上ありません。
ただ露出は身に付けたほうが良いとは思います。入射光式露出計を何時も持ち歩き机の下とかベンチの日陰部分とかを計り輝度差を身に付けて置くと、ひとにらみ露出が出来るようになります。子供の頃兄弟で電車の中で向かいの女性のわきの下の影を、56の60とか4半の60だとか言い合ったものです。小声でやや専門家の父に告げると、そんなところだ、言います。
露出で良い写真が撮れるわけではありませんが、良い写真になったであろう物を露出で壊すことはありますから、身に付けておくのが基本ではあります。プロの人が露出にぞんざいなのは、スタジオ撮影など助手が段階露光設定をし、先生はシャッターを切るだけですが、身についている事は当たり前です。露出など写真を撮る上でのファクターは技量が上がるほど小さくなりますから。
    • good
    • 0

 お買いになったそのカメラ、う~んルンルンなのがよく分かります。



 さて、ご自分で絞りと露出を決めて写した写真がとてもよく撮れていたときはとても嬉しいものですね。

 ご質問の順番になるべく沿って書かせていただきます。
 なお、機能などでT3には当てはまらない内容がありましたらお許し下さい。

 まず、「いい写真」はどんなイメージなのか分かりかねるのですが、仮にフルオートで撮ってもバッチリ撮れることも多いですよ。
 でも、気持ちとして、自分でいろいろ設定して撮る方がいい写真になりそうな気はしますね。

 で、適正な値は決まっているわけではありません。
 フィルムの感度、その場所の明るさ、撮影者の意図などで変わります。
 ただ、大体の目安はあり、大雑把にはフィルムの箱の内側に印刷されています。本来なら露出計で測るのが1番いいのですが、それがない場合は、プログラムオートが付いていれば(T3は付いていますね。)、ファインダーなどで表示される露出とシャッタースピードを参考にして、マニュアルで撮る、というテがあります。

 また、プログラムではなく、絞り優先やシャッタースピード優先のモードでも、最近のカメラは適正露出が分かるようになっていますから、その情報を使うこともできます。

 だいたいお好みの写真の撮り方は掴んでいるようですね。私は風景が主なので、たいていはごつい三脚にしっかりマニュアルのカメラを据えて、ほぼ最小絞りにして長めのシャッター(秒単位)を切ることがしょっちゅうです。

 それでも、失敗に備えて、ブラケッティング(意図的に露出補正を+-に何段かずつずらす方法)してみたり、オートのカメラでそのまま普通に撮ったりしています。保険のようなものですね。

 被写体が人物だとこうはいきませんので、絞りをほぼ解放にして撮ることが多いです。
 せっかく明るいレンズが付いているのですから、f2.8の世界を存分に楽しみたいですね。

 最後に、プロはばしゃばしゃ撮っている中でもチョコチョコと補正も入れています。場数を踏んでいるので適正値も大体分かると思いますよ。

 これから人物でも風景でも、いい季節ですから、シャッターを押す機会が増えそうですね。
    • good
    • 0

>いい写真をとるためオートではなく


>絞り、露出を合わせて写真を撮ろうと思うのですが

これはどういう意味ですか? あとの文章を読むと、
絞り優先AE(絞りをマニュアルで設定し、シャッター速度はオート)って意味なのかなって思いますが・・・。絞り優先AEはオートですよ。


>被写体にピントを合わせた場合はF2.8

というのは、恐らく被写体を強調したくて背景をぼかしたい場合は開放に近いF2.8で、という意味ですよね。それは間違ってはいません。
逆に被写界深度=ピントの合う奥行きを大きく取りたい場合は、絞りを大きくします。
ここは理解できているんですよね?


>落ち着いた作品にしたい場合は+1/2 とか。

で、これがよくわかりません。
カメラ内臓の露出計の値から補正を行なう場合、被写体の色、背景の色、被写体・背景の輝度差等に応じて、適宜、露出補正をかけることがあります。
これは露出計(反射式露出計)の特性と、測光方式(平均測光など)の特性を、撮影者の経験に基づいて補正してやるものです。
確かに撮影者の意図で、暗い感じにしたいからアンダー補正を意識的にかけたりする場合もありますが、オーバー1/2段で落ち着いた感じと決めてかかるのはどうなんでしょう。

>あと、プロの方は露出などあまり変えずに
>バシャバシャ撮っていますが
>勘で適正値に設定して撮影しているのでしょうか。

プロは基本的にカメラ内臓の露出計は使っていません。
多くは、受光式露出計という物で、被写体の明るさではなく、被写体を照らす光の量そのものを測光して露出をマニュアルで(シャッター速度も絞りも)決定しているので、いちいち露出を変えることをしないわけです。

さて、ここからが勉強です。
カメラ内臓の反射式露出計は、その名のとおり、被写体から反射してくる光の量から、受けた光の量を「計算」して、露出量を算出するのですが、その露出計が計算する大前提が、反射率18%のグレーの物体を測光したら、ちょうどいい具合になるよう設定されているということなのです。これが大きな問題。
したがって、被写体が白っぽいものであれば、18%のグレーが明るく照らされているのだと勘違いしてしまい、露出をアンダーにしてしまい、できあがった写真は暗いものになってしまうのです。ですから被写体が白っぽい場合には、プラスの露出補正をしてやる必要があるわけです。
逆に被写体が黒い場合は、18%のグレーが陰になっていると判断し、もっと明るく移そうと露出をオーバーにしてしまうので、できあがった写真はシャープさを欠いた写真になってしまうのです。

さらに、カメラはなるべくファインダー全体を無難に撮影しようと露出を設定するよう製作されているので、被写体と背景に大きな明るさの差がある場合、その平均で露出を決めようとします。一番判りやすいのが逆光での人物撮影です。逆光で撮影しようとすると、背景の太陽(または太陽を反射する物体)の明るさに引っ張られて、露出を絞ろうとしてしまい、肝心の被写体が真っ黒になってしまいます。そのような場合にオーバー補正してあげるのです。
逆に背景が暗いと、その暗さに引っ張られて、肝心の被写体が白く飛んでしまいますから、アンダー補正してあげねばならないのです。

こういうことはAFカメラがはびこる前は、誰もアタリマエの知識だったのですが、今ではほとんど知られていないんですよね。 わたしはOLYMPUSのOM-4を買ったのをきっかけに必死で勉強した記憶があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光線が強い条件の下コントラストの強い被写体をうまく撮る方法

 こんばんは直射日光が当たる場所で真っ白と黒っぽい色をデジカメで撮ると両方に明暗両方ともよく写りません。白にあわせると暗い部分黒い色は真っ黒に、陰の部分は真っ暗闇に塗りつぶされてしまいます。逆に暗い部分にあわせると白い部分はぬったりと真っ白になってしまいます。

 経験上曇りの方が撮影結果がいいように感じていますが、あまり満足感はありません。デジカメを2台(もう1台借り物)があるのですがどうもうまくいきません。

 よい方法を教えて下さい_(._.)_

Aベストアンサー

ラィティングの問題だとすると、
フラッシュ及び反射板の利用をお勧めします。
カメラに関するページは多いので、
そちらをご覧になると良いのでは。

Qデジタル一眼レフを使っています。シャッター速度優先にして被写体を撮って

デジタル一眼レフを使っています。シャッター速度優先にして被写体を撮っているのですが撮る被写体によってシャッター速度が変わります・・・というよりカメラの向きによってシャッター速度がかわると表現したほうが適切かもしれません。
レンズはシグマのAPO150-500mmF5-6.3です。500mmで撮っています。指定したシャッター速度で撮り続けるにはどうすればいいのでしょうか?ISO感度はオートにしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>でもセフティシフトは「する」に設定しています。

たぶん、セフティシフトの「する」「しない」を逆方向に誤解されていると思います。

「する」に設定すれば、シャッター速度優先にしても明るさに無理があればシャッター速度が変わります。
「しない」に設定すれば、シャッター速度優先であれば明るさに無理があってもシャッター速度は変わりません。
http://web.canon.jp/Camera-muse/tech/report/200404/img/zu4.gif

Q白黒写真に適した被写体は?

デジカメにはほとんど白黒写真撮影機能が付いてますが、白黒撮影にお勧め被写体あればおしえてください。
ただし人物と動物など生き物以外でお願いします。

Aベストアンサー

白黒写真とカラー写真は似てるようですが全く違うものです。以前では、白黒写真はカラー写真の代用であり、貧乏な人が仕方なく使うというイメージが有りました。しかし現在ではカラー写真とは違う、表現方法の一つとして確立されています。
さて、お勧めの被写体との事ですが、基本的にはあらゆる被写体が白黒写真に向いています。無責任な回答をしている訳では有りません(実際に責任を取れる訳ではありませんが・・)。
私が言いたいのはカラー写真と白黒写真では撮り方が異なるという事です。具体的には、構図や露出を白黒写真とカラー写真ではそれぞれに適したように考える必要が有ります。
例えば、非常に良い感じのカラー写真が有ったとします。ですがそれを単純に白黒写真にしたとしましょう。恐らく殆どの場合はつまらない単なる白黒写真になってしまうでしょう。もちろんこの事は逆の場合にも大いに当てはまります。
重要なのは最終的な仕上がりの写真をイメージしてシャッターを切るという事です。カラー写真であればさほど難しくはなさそうですがそうでもありません。自分の目の前に有る三次元(実際には時間軸が有るので四次元か・・)の空間を画面(フレーム)という二次元の状態でイメージするというのは意外と難しいものです。感動した風景や建物等を撮影したという経験はどなたにも有る事と思いますが如何でしたでしょう?、その時の感動をうまく表現できたでしょうか?。うまく行く時も有ればそうでない時もあると思います。追求するレベルにもよりますが写真とは非常に難しい物です。
白黒写真の場合は黒と白の濃淡で全てを表現しなくてはならないので更に困難が予想されますが、慣れれば仕上がりの写真をイメージする事は十分に可能です。そうすればどのような被写体でも満足の行く写真が得られるでしょう。

付け加えておきますと、白黒フィルムでの撮影の場合はフィルターを使用する事によって画像のコントラストを調節出来ました。正確には、色(光の周波数)の違いをフィルターを使用する事によって調節しコントラストのコントロールを行う事が可能でした。デジカメだと同じ方法は難しいと思います。撮影後の加工で最終的に仕上げて行くほか無さそうですが、その部分については経験が無いため良く分かりません。

白黒写真とカラー写真は似てるようですが全く違うものです。以前では、白黒写真はカラー写真の代用であり、貧乏な人が仕方なく使うというイメージが有りました。しかし現在ではカラー写真とは違う、表現方法の一つとして確立されています。
さて、お勧めの被写体との事ですが、基本的にはあらゆる被写体が白黒写真に向いています。無責任な回答をしている訳では有りません(実際に責任を取れる訳ではありませんが・・)。
私が言いたいのはカラー写真と白黒写真では撮り方が異なるという事です。具体的には、構図...続きを読む

Q室内で動き回る被写体をEOS Kiss DNで撮りたいのですが・・・(悩)

週末、子供の運動会があるのですが天候の関係で室内での開催となるようなのですが、以前室内で動き回る被写体を撮影したときに撮影したほとんどの写真がブレていてひどい出来上がりでした・・・(泣)

我が家では「Cannon EOS Kiss デジタルN」を使用しています。
動く被写体だったので、シャッタースピード優先に設定して撮影しようとしたのですが、光の関係でシャッタースピードが十分上げられず(あげようとしても感度とのバランスのエラーでシャッターがきれませんでした)、ブレた写真ばかり。
室内でブレを起こさず、綺麗に撮影できる設定の仕方や気をつける点を教えてください。
ちなみに、三脚は持ち込めないんです・・・。
よろしくお願いします。

一眼レフの取り扱いは初心者です。

Aベストアンサー

外部ストロボを購入して使用するのが無難では?。ストロボ使用禁止ではなければ。
あとは高額な明るいレンズ・あるいは手ぶれ補正付きレンズを購入するか、ノイズを我慢して感度を800以上に上げるか。

写真がぶれるには、手ぶれの他に、被写体が動いてぶれる「被写体ぶれ」があります。手ぶれ防止機構付きレンズを使うと手ぶれはある程度修正出来ますが、被写体ぶれには効果はありません。基本的には感度を上げてシャッタースピードを稼ぐしかありません。
感度を上げたり明るいレンズを使用出来なければ、光を被写体に当ててやります。それがストロボの役割です。内蔵ストロボは小さくて数m程度しか光が届かないので、外付けの大きなストロボが必要になります。明るいレンズよりはかなり安く導入出来ます。

Qキャノン EOSkissで写真を撮ったら、縦写真が2割くらい細く写る

ずっと使っている物なのですが、子供の日に写真を撮ったら、顔が縦長に。後ろに色紙があり、色紙が縦長の長方形に写りました。横位置も、やや太めです。
どんな理由が考えられますか?

レンズは、28-105のズームです。

Aベストアンサー

こんにちは。私は別の可能性を考えてみました。歪曲収差だけで「2割くらい」も細く写るものだろうかという素朴な疑問があります。これが2%くらいならよく有ることなんですが。それに、横位置(に構えて撮影)だと、逆にやや太め(に写る)という質問者さんのお話も気になります。歪曲収差はレンズの光軸を中心として同心円状に起こっているはずなので、縦と横とで細くなったり太くなったりするのは変です。

そこで考えました。フォーカルプレーン・シャッターのスリットの動きがいたずらしているのではないでしょうか。EOS Kiss のシャッターは縦走りフォーカルプレーン式で、シンクロ速度 X は90分の1秒です。明るい場所で、500分の1秒とか1000分の1秒といった速いシャッター・スピードの撮影をする時、シャッター幕は実際にそんなに速く開いたり閉じたりしているわけではなく、先幕と後幕との隙間(スリット)がフィルム面の直前で端から端まで移動して光をフィルムに均一に露光しているにすぎません。シャッター・ユニット自体は約90分の1秒で動作している筈です。

この時、カメラ側から見て、被写体がシャッター幕の動きと同じ方向に連続移動していると、レンズを通ってフィルム面に結像する映像(反転している)は、シャッター幕の動きと反対の方向に連続移動して、スリットを通過する時間が短くなるので、縮んで写ります。

逆に、シャッター幕の動きと反対の方向に連続移動している被写体は、伸びて写ります。
また、シャッター幕の動きと直角の方向に連続移動している被写体は、斜めにゆがんで写ります。

念のためお断りしておきますが、実際の撮影場面ではこんな現象はめったに起こりません。ただし、いくつもの偶然が重なった場合、理論的にはあり得る話としてお聞き下さい。今回、子供さんが右に左にと動き回っているのを撮影されたのなら、動きの向きによってはあり得ます。子供さんがじっと立っていて、カメラの方が動いていてもあり得ます。しかし、子供さんはじっと立っていて、カメラも動いていない場合はどうでしょうか、考えてみましょう。

さて、仮定条件として、質問者さんのカメラ保持が悪くて(失礼)、シャッターボタンを押す時に、EOSのボディーまで一緒に押し下げてしまうものと仮定します。また、かなり明るい場所で高感度フィルムを使用した為にシャッター速度の速い露出モードが選択されたと仮定します。すると・・・

縦画面に構えてシャッターを押すとボディーまでが押され、左手でレンズを支えているのでカメラがシーソーのような動きをして、レンズを通った映像はシャッター幕のスリットの動きと反対方向に移動して、顔が縦長に写ることになります。横長画面に構えてシャッターを押すと、今度は上下が縮んでつぶれたような形に写るので、やや太ったように見えます。これでつじつまは合いますが、現実にはめったに起こらない現象です。

ところで、以前はこんな事は無かったのに、久しぶりに使ってみたらこんな問題が発生したというのでしたら、潤滑油が変質したためにシャッター・ユニットの作動が遅くなっていることも考えられます。その場合には、上記の現象がより一層顕著に現われると思います。

こんにちは。私は別の可能性を考えてみました。歪曲収差だけで「2割くらい」も細く写るものだろうかという素朴な疑問があります。これが2%くらいならよく有ることなんですが。それに、横位置(に構えて撮影)だと、逆にやや太め(に写る)という質問者さんのお話も気になります。歪曲収差はレンズの光軸を中心として同心円状に起こっているはずなので、縦と横とで細くなったり太くなったりするのは変です。

そこで考えました。フォーカルプレーン・シャッターのスリットの動きがいたずらしているのではないでし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報