『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ラフマニノフのピアノ協奏曲2番・3番がとても好きで
よく聞いているのですが今の所1枚しかCDを持っていません。
(これももらい物だったのですが・・・)
何度も聞いている内に違う人の演奏も聞いてみたい!と思っているのですが
これはよかったという演奏者のCDを知っている方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

多分に個人の好みに依るところでしょうが、それぞれ10枚以上


聴いた中で、私自身が一番好きな版が、2番も3番も挙げられて
いなかったので、投稿させていただきます。
(上に挙げられているものは一応ほとんど聴いています。
中には非常に好きなものもあります。)

2番:ワイルド
http://www.amazon.co.jp/dp/B00009AQMJ
吹き去っていく風の様な演奏。迫力はあるのに、それでいて繊細。
ワイルド版は以下の本でかなり評価が高いので、ご存知の方も
多いかもしれません。
http://www.amazon.co.jp/dp/4874631517
ちなみに上で挙げられているものの中では
アシュケナージ&ハイティンクも素晴らしいと思います
(録音が今ひとつだが、ホロヴィッツに比べれば...)。

VS リヒテル/ルービンシュタイン
リヒテルは最初から「リヒテルっぽさ」が前面に出すぎな演奏
という印象を受ける(ルービンシュタイン版も)。この曲に関しては
旋律の美しさが強調された演奏の方が個人的には好き。
VS アシュケナージ&ハイティンク
旋律は非常に美しい。他の方も書いているが少しゆったり。
個性がない演奏なのが、この曲の場合には良い気がする。

3番:ティボーデ
http://www.amazon.co.jp/dp/B000004283
この曲、こんなに緻密で壮大で、メロディアスだったのね、と気づいた演奏。
ティボーデのCDは秀逸なものが多いと思います。フランス人なんだけ
ど、ドイツ的な良さを兼ね備えています。

VS ホロヴィッツ
ティボーデは特に第2楽章が壮大。全体として「構築されている」
という感じがよい。音質がよい。
(ホロヴィッツのCDのソナタとポルカは是非きいてください)
    • good
    • 2

断然この2枚がおすすめっ♪



●ホロヴィッツBVCC-7342 1800円 RCA GOLD SEAL
(ラフマピアノソナタ2・ピアノ協奏曲3が入っています)

ちなみに…もし上記が気に入ったら、ホロヴィッツの下記のCDも聴いてみることおすすめ!ラフマじゃないけど、すごいでーす♪
●ホロヴィッツ 展覧会の絵 09026-60526-2 RCA GOLD SEAL
(27番の星条旗よ永遠なれを聴いて欲しいです)

やっぱラフマはホロヴィッツです♪
    • good
    • 1

色々 聴き比べしてみました


あくまでも”個人的な好み”の判定です(ラーメンの味と一緒ですねぇ)

ピアノ協奏曲
 2番:スヴャトフラフ・リヒテル 
    ワルシャワフィル、ヴィスロツキ指揮
 コメント:男らしく凛々しくカッコイイ演奏
      重みもありますが重苦しくありません
      甘い旋律部分は独特の哀愁を含んだ演奏(甘すぎません)
      情景が浮かんでくるような演奏
      リヒテルの演奏力はスゴイ・・・・
     (よかったらショパンのポロネーズ4番も聴いてみてください)


 3番:ラザール・ベルマン
    ロンドン交響楽団、アバド指揮
 コメント:特に1番のグランドカデンツァに圧倒
      他にもこれを演奏している人いますが 
      今のところ鳥肌レベルはダントツです
      技巧だけではなくあの分厚い和音を掴む熱い演奏 
      ラフマニノフの和音ですが 叩くタイプの熱い演奏は私は苦手です

      この方、これはっ!!というCDが数枚あります。
      単に巧いだけではありません(スクリャービンの幻想曲など)
  
他にホロヴィッツ、アルゲリッチ、クライバーン(3番)、1番(リヒテル) ガブリーロフ(2、3番) などがありました
    • good
    • 0

こんにちは。

 私もラフマニノフのピアノ協奏曲(第2番)大好きです。

5枚ほどCDを持っていますが、私のお気に入りは・・・

LONDON社(414 475-2)(DDD)
RACHMANINOV Piano Concertos 2&4
ピアノ演奏: Vladimir Ashkenazy
オーケストラ: Concertgebouw Orchestra
指揮: Bernard Haitink

です。 オランダ・アムステルダムで視聴して買いました。
(3番が入っているCDもあったと思いますが、残念ながら持っていません。)
何度聞いても本当に素晴らしい演奏(ピアノもオーケストラも!)で、心底感動します。 是非、聞いてみて下さい!

あと他に興味深かったのは・・・

ビクターエンタテインメント株式会社 (VICC-5048)
RACHMANINOV PLAYS RACHMANINOV
(もしかしたら#3さんと同じCDかもしれません)
曲目: 1.パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43
    2.ピアノ協奏曲第2番
    3.ヴォカリーズ Op.34-14 
      (ラフマニノフ編曲によるオーケストラ版)
ピアノ演奏: Rachmaninov自身
オーケストラ: The Philadelphia Orchestra
指揮: Leopold Stokowsky (1&2)
    Rachmaninov自身 (3)

です。 日本で購入しました。 私の好みの演奏ではありませんが、ご本人はこういう風に弾いていたんだなぁ・・・と、参考になりました。 (第2番は、連弾でですが、弾いたことがあるのです。) 
古い録音ですので、音は悪いのですが、音色にこめられた感情は十分伝わってきます。 感慨深かったです。

でもやっぱり一番のお勧めは、コンセルトヘボー&アシュケナージです。
日本でも手に入るといいのですが・・・ 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
前にみなさんから推薦して頂いた演奏者の中から
お店にあったアシュケナージを購入して聞いてみました。
おそらくMisieさんと同じCDではないと思われますが
アシュケナージはテンポがゆっくりな印象を受けました。
初めて2番を聞いたCDの演奏を一時そればかり聞いていたので
そのテンポに慣れてしまい、アシュケナージの演奏が遅く感じました。
演奏は速ければいいというものでないという事は分かっているつもりですが
何となくつんのめるような感じがしてしっくりきません。
聞き込んでいく内に慣れると思いますが・・・
他の演奏も聴き比べてみようと思っています。

お礼日時:2005/06/30 19:11

二番のことはよく知りません。

三番は大好きで二十種類ほど聞き比べました。どれを聞いてもホロヴィッツによる一九五一年の録音(指揮者はライナー)に優るものはないと思いましたが、ついにこれを王座から蹴落とす究極の一枚に出会いました。やはりホロヴィッツの録音でバルビローリと共演したものです。一九四一年か四二年のライブ演奏をラジオで放送したものを好事家が自宅で録音したものらしいんですが、もう一つ素性がはっきりしません。

LPの時代にマニア垂涎の海賊版として出回ったのが元々のようです。でも録音年代と録音時間から推すと、最初の録音媒体はどうやらワイヤーレコーダーという今は捨てられた技術によるものらしいんですよね。軍用品が持ち出されたものかもしれません。

私が持っているのはイタリア製のCD(参考URLはアメリカ製)で四一年の作製としていますが、ショーンバーグによる伝記付属の資料には四二年としてあります。演奏時間も一致しなかったりして、どうにも釈然としないんですが、しかし、これがもう驚天動地の演奏です。

何が凄いってそのスピードが凄い。人間技とは思われない。歌い出しなんかは普通というかむしろ遅めくらい(五一年のライナー盤と完全に同速。ことによるとこれが再生スピードの参考にされているのかもしれないとも思われます)なんですけどね。その後もゆっくりたっぷり弾くべきところは悠々然とそうしてるんですが、速けりゃ速いほどいいところはもう人間の限界を超えて突っ走ってます。それでいて急いでいる感じは皆無で、とにかくもう美しいんだからもう唖然呆然。これに比べると高速で知られるコチシュの録音なんか子供が弾いてるみたいにたどたどしく無味乾燥に思われます。

ほかならぬラフマニノフが常々「この曲はホロヴィッツのものだ」と言い言いしていたのは有名です。

ラフマニノフ本人もこれの録音を遺していますが、そのリハーサル中、指揮者のオーマンディに「ホロヴィッツならこんなふうに弾くかな? ホロヴィッツならどう弾くだろう? もっと速く弾くだろうか? もっと遅くかな?」とか、そんなことばかり尋ねていたとか。

ショーンバーグは名著『大ピアニスト列伝』の中でホロヴィッツの比倫を絶した大手腕についてこんなことを書いています。

「そしてなによりもあれがある、あの途轍もないフォルティッシモが。ホロヴィッツだけが作り出せる、オーケストラも顔負けのあの轟音の群が。ラフマニノフの協奏曲第三番のような曲ではオケを音の洪水で薙ぎ倒し浚い流してしまう。最終楽章のクライマックスに轟き渡る雷鳴、そんなものラフマニノフその人だって鳴らし方なんか知らなかった。」

ライナー盤を聞いているうちはこの評言に頷くことはできかねました。しかし、バルビローリ盤を聞けば腑に落ちて納得できます。ほんとにその通りです。

ただ、あらためて申すまでもありますまいが、音質は最低の部類です。とうてい耐えられない、という人もいるでしょう、そんなレベルです。それは覚悟なすってください。でも取りとめるべきものは取りとめられています。しっかりとここに奇蹟が保存されているのは確かなことです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000004 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
また豊富な知識を書いていただきとても参考になりました。
やはりホロヴィッツはお薦めのようですのでぜひ聞いてみたいと思います。
ただ録音状態が古いCDをあまり聞いた事がないので分からないのですが
すばらしい演奏でもよさが半減してしまいそうな気がしてしまいます。
いづれにしてもホロヴィッツは購入してみようと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/24 00:00

こんにちは。


最初にお断りしておきますが,あげる演奏はほとんど前の回答で既出のものです。

ラフマニノフと言えば,やはりロシア人ピアニストたちがまずはスタンダードかな,と思います(ちなみにラフマニノフもロシア人です)。

他の方もあげていらっしゃいますが,
 ☆ホロビッツ(3番)
 ☆ルビンシュタイン(2番)*ルービンシュタインとも言います。検索の際のご参考に。
 ☆リヒテル(2番)
 ☆アシュケナージ(2番,3番)*いくつかあるようですが,私が聴いたのはプレヴィン指揮ロンドン交響楽団です

の4名の演奏は定盤かと思います。個別にはいろいろと個性がありますが,テクニック・パワー・ロマンティックさ・ダイナミックさなどのバランスのとれた,いわゆる「超正統派」ですね。前3人はちょっと録音古めですので,録音の良さも含めたトータルバランス・全集でそろっていることから,アシュケナージを個人的イチ押しにしたいと思います。

また,挙がっているものばかりでは申し訳ないので,最近聴いた中でのお気に入りとして,
 ☆ラン・ラン独奏/ゲルギエフ指揮/マリインスキー劇場管弦楽団
http://www.universal-music.co.jp/classics/artist …

も推薦させていただきます。2番です。新進中国人ピアニストと今世界でもっともアクティブなロシアの指揮者・オーケストラのコンビによる,若々しく勢いのある演奏ですよ。余談ながら,この演奏ではカップリングの「パガニーニの主題による狂詩曲」の方がお薦めです。旋律を聴けば絶対に「あっ,知ってる!」と(2回くらい)思うはずです。こっちもいい曲ですよ~。

参考URL:http://www.universal-music.co.jp/classics/artist …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まだ一般的に「正統派」といわれる方の演奏を聞いた事がないのでまずは聞いたみたいと思います。
それとは別にランランという方は初めて名前を聞いたのでぜひ今度チェックしてみようと思います。

お礼日時:2005/06/23 23:26

#2,#3のかたの推薦盤、私も全部聞きました。

どれもそれぞれの味があって気に入ってますが(とくにグリモーの2番)、
他に
ホロビッツによる3番
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005E …
ルービンシュタインによる2番
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005H …
もなかなかいいと思います。特にホロビッツのはいわゆる「定番中の定番」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはりホロビッツは定番のようですね。
ホロビッツのショパンはよく聞いていましたが
ラフマニノフは聞いた事がないのでぜひ聞いてみようと思います。

お礼日時:2005/06/20 23:53

私、実はとある漫画の影響で、最近やたらクラシックを聞いています。



特にラフマニノフの「ピアノ協奏曲2番」については、何枚も聞き比べました。

その素人感想をば……

↓ピアノ演奏 アシュケナージ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005F …
最初の和音が分散なのが残念ですが、ドラマチックでロマンティックで一番素敵でした。

↓ピアノ演奏 リヒテル
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005Q …
音源が古いことを除けば、感傷的で浸れる感じです。

↓ピアノ演奏 グリモーhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005H …
ジャケ買いしたのですが、音も良く、とてもジャケットのかわいい女性が弾いているとは思えないほどカッコイイ演奏でした。

↓ピアノ演奏 ラフマニノフ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005E …
本人が弾いているのですが、音源が古い上に、あっさりとしていて、私の好みではなかったです。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1450497
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
アシュケナージ、リヒテルは聞いた事がありますが
グリモーという方は初めて知りました。
ぜひ聞いてみたいと思います。
ただ先日とある有名CDショップに行ったのですが
クラシックコーナーの量が少なくてなかなかお目当てのCDが見つかりませんでした。
参考URLは通販のを書かれているのでそちらから注文した方が無難そうですね。

お礼日時:2005/06/20 23:50

リヒテル、ホロビッツ、のような巨匠の演奏も良いのですが、現役で


「2番」ツィマーマン G[s]uccg1182
「3番」アルゲリッチ Ph[D]PHCP21017
あたりは、録音もよく聞き応えありますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
初めて聞く方々ですが探してみます。

お礼日時:2005/06/20 23:17

ラフマニノフの楽興の時op.16-4がかっこよくて好きです。

私はショパンが好きで、特にエチュード集には良い作品が大変多くて、聞き応えがありますよ^^私はピアノを16年間習っていますが、よくショパンを弾いています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラフマニノフピアノ協奏曲第2番の名演奏のCDは?

ラフマニノフピアノ協奏曲第2番が好きです。
この曲を演奏しているピアニストで、これが最も良いとオススメできるCDがあれば教えてください。

なるべくスローテンポでトラマティックで、叙情味あふれる演奏がよいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんのリンク先でも書いている者ですが。
私もこれ好きなので数種類もってますが、よくきくのは
グリモー。これは美しくて官能的(ついでに演奏者も)。ちなみに指揮がアシュケナージ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HVWF/qid=1124670891/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-0585715-5280250
リヒテル(タイトルがチャイコフスキーになってますが、ちゃんと両方はいってます)いささかロシア的、というか頽廃的な美しさの極み。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005Q7QK/qid=1124670937/sr=1-6/ref=sr_1_2_6/250-0585715-5280250
あとツィマーマン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00013TCA0/qid=1124670937/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-0585715-5280250
これのピアノは「スローテンポでトラマティックで、叙情味あふれる」濃厚なものですが、惜しむらくは小沢征爾のバックが貧弱、というかあっさりしすぎです。ピアノだけならこれが1番としたいところですが。

#1さんのリンク先でも書いている者ですが。
私もこれ好きなので数種類もってますが、よくきくのは
グリモー。これは美しくて官能的(ついでに演奏者も)。ちなみに指揮がアシュケナージ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HVWF/qid=1124670891/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-0585715-5280250
リヒテル(タイトルがチャイコフスキーになってますが、ちゃんと両方はいってます)いささかロシア的、というか頽廃的な美しさの極み。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005Q7QK/qid=1124670...続きを読む

Q辻井伸行のリアルな実力はどんなもんでしょうか?

昨日奥さんと辻井伸行のコンサートに行ってきました。

奥さんは非常に感激しておりました。

私は、ジャズのピアノならある程度、好き嫌いとかわかるのですが、クラシックはさっぱりです。
もちろんコンサート自体は楽しいものでしたが。

ウチの奥さんは辻井氏のハンディキャップに萌えているだけなのでしょうか?
それとも、辻井氏はピアニストとして相当なレベルの人なのでしょうか?

クラシックに詳しいか、ピアノに詳しい方のご意見を宜しくお願いいたします。

ちなみに、チケットの料金はステージのすぐ横の2階席で一人13000円でした。
一階は10000円以下だったそうです。

昨今、音楽以外の物語を音楽家に求める人や関係者が多い気がして、質問した次第です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなんかで芸術の評価が左右されるべきではない、と主に考えるのです。勿論「理想的には」の話ですが。)


辻井伸行の演奏を初めて観たのは自分が好きなラヴェルの曲か何かだったと思います。非常にマニュアル通りな演奏というか、アカデミックというか、世界的プロピアニストの演奏とはかなり傾向が違う・・・そういう印象が強かったです。

ヨーロッパの多くのピアノコンクールというのは、独自性のある演奏が重んじられるそうです。大家のクラシック曲を普通にうまく演奏するだけの演奏なんて過去にやり尽くされていますし、今となってはそんな演奏をするのは「プロ」もっと言うなら「アーティスト」にあらず、と判断される訳です。
(ただアメリカのコンクールではそうでもなく、今でも昔ながらの演奏スタイルが好まれる傾向にあるようです。ヨーロッパとアメリカの芸術に対する姿勢の違いかもしれません。)
こういう点からも、前の方の話に出ているように「クライバーンだから入賞できた」けど「ヨーロッパのコンクールでは入賞できないと言われている」のだとしたら、まぁその通りなのでしょう。

彼の即興を聴いた限りだと・・・ジャズも本場を目指すならかなり、いえ相当に、厳しいかな。そんな感じでした。


大きなお金やメディアを動かせるということと、「一アーティスト」「一クリエイター」として成功するいうことは、全く別次元という現実をよく示してくれていると思います。まぁこれは今の時代に限ったことではないと思いますけどね。

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなん...続きを読む

Qチャイコフスキーのピアノ協奏曲のCDを買いたいのですが、

チャイコフスキーのピアノ協奏曲のCDを買いたいのですが、
おすすめのピアニストはいますか?

因みに私の好みを申し上げておきます。
私はべーム派で、ベートーヴェンの交響曲は
第1から第9まで、べームのセットを持っております。
(但し第7はカルロス・クライバーを聴いております)

ショパンのピアノ曲はルービンシュタイン、
ベートーヴェンのピアノソナタと
ラフマニノフのピアノ協奏曲はアシュケナージュ、
リストはシフラを聴いています。
(アシュケナージュのショパンは気に入りませんでした)

以前、このサイトでチャイコフスキーのバイオリン協奏曲の
アドバイスを頂いた時、バイオリニストが気に入らず、
CDを3回も買いなおした苦い思い出があります。
その時は、若手演奏家はあきらめて、
大御所(パールマン)に落ち着きました。

なお、私の傾向として、どうも女性演奏家アレルギーがあるようです。
こんな、わがままで勝手な嗜好の持ち主ですが、
おすすめのピアニスト、紹介して下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギレリス(P)メータ指揮ニューヨーク・フィル(1979年)は音楽評論家の故志鳥栄八郎氏が「実にコクのある演奏」とコメントして推薦盤にあげていた名演です。
併録のオイストラフ(Vn)オーマンディ指揮フィラデルフィア管(1959年)のヴァイオリン協奏曲も名演です。
http://tower.jp/item/152385/Tchaikovsky:-Piano-&-Violin-Concertos---Gilels,-Oistrakh

Qドビッシーの上手なピアニストを教えて下さい

ドビッシーのピアノ曲のCDがほしいのですが、どのピアニストを選んだらいいのかわかりません。
ドビッシーなら「この人!」というようなおすすめのピアニストはいませんか?
因みに、私は女性演奏家アレルギーです。

Aベストアンサー

私はドビッシーが好きで、自分でドビッシーを弾きもするのですが、サンソン フランソワ(故人)が一番良いと思います。 (やはりフランスものはフランス人だと思います)

参考URLはフランソワによる名曲集、次は全集の一部です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GIMD/qid=1050838055/br=3-2/br_lfncs_c_2/249-7533923-6532326

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GIME/qid=1050838055/br=3-4/br_lfncs_c_4/249-7533923-6532326

余談ですが、ピアニスト安川加寿子さんはドビッシーのピアノ曲の楽譜(多分全曲)を書かれており、最も弾き易い楽譜だと思います。女性演奏家アレルギーとおっしゃるので女性弁護の為(?)敢えて触れてみました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GIRI/qid=1050837925/br=3-11/br_lfncs_c_11/249-7533923-6532326

私はドビッシーが好きで、自分でドビッシーを弾きもするのですが、サンソン フランソワ(故人)が一番良いと思います。 (やはりフランスものはフランス人だと思います)

参考URLはフランソワによる名曲集、次は全集の一部です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GIMD/qid=1050838055/br=3-2/br_lfncs_c_2/249-7533923-6532326

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GIME/qid=1050838055/br=3-4/br_lfncs_c_4/249-7533923-6532326

余談ですが、ピアニスト安川加寿子さん...続きを読む

Qオススメな交響曲、お好きな交響曲教えて下さい☆

いつもお世話になっております。
今度は交響曲のことです。
皆さんがオススメする交響曲は何ですか?
あるいはお好きな交響曲は何ですか?
教えて下さい!名盤なども教えていただけると幸いです。宜しくお願いします。

私が好きなのは
ブラームスの交響曲第1番
ブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」
ベートーヴェン交響曲第6番「田園」
などです。

Aベストアンサー

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が個人的に好きな曲は,文面からにじみ出るものから察してください(^^

☆交響曲の父 ハイドン
現在の交響曲の形を作った人。すっきりとした明快な曲想は,やっぱりこれが基本だよね,と思わせます。
私はあまり詳しくないのでオススメは割愛します。ごめんなさい。

☆神童 モーツアルト
ぱっと聴いても魅力的,じっくり聴けばどこまでも奥深く。
まずは39番,40番,41番の後期三曲を。

☆楽聖 ベートーヴェン
何はともあれ,9曲全部聴くべきです!(笑)
俗に,偶数番(2, 4, 6, 8)は女性的,奇数番(1, 3, 5, 7, 9)は男性的などと言われますので,選ぶときのご参考に。

☆真摯で誠実な シューベルト
第8(7)番「未完成」
いたずらに熱しすぎず,でも,十分に心のこもった愛すべき素敵な曲です。オススメ♪
これが気に入ったら,第9(8)番「グレート」に挑戦してもよいでしょう。

☆爽やかに メンデルスゾーン
快晴の青空のようにすっきり爽やかなメンデルスゾーンからは,まずは第4番「イタリア」を。冒頭を聴くと本当にウキウキします。
第3番「スコットランド」もよいです。

☆詩情豊かな シューマン
あくまでも個人的な印象ですが,シューマンに一番ロマン派っぽさを感じます。
第1番「春」は楽しく軽快に,第3番「ライン」は流麗に。2番,4番もいい曲だと思いますよ。

☆渋く重厚に ブラームス
1番がお好きならば,これも全部(1~4番)聴くべきでしょう!(笑)
田園がお好きなら,2番は特にオススメできそうですね。(ブラームスの田園交響曲,と呼ばれたりします)

☆フランス人による名交響曲ふたつ
ベルリオーズ 幻想交響曲
彼の幻覚が音になった,とてもロマン派前期に書かれたとは思えない掟破り・型破りな曲。
サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」
最後の盛り上がりが最高にかっこよく,ゆったりした部分の旋律も大変に美しい名曲です。オススメ♪

☆土の香りの ドヴォルザーク
郷愁をさそう第9番「新世界より」が名作なのは言うまでもないとして,端正でバランスのとれた第8番も素敵な作品です(第3楽章はよくご存知と思いますよ)。

☆ロシアの大地が咆哮する チャイコフスキー
まずは激しく燃え上がる後期三曲(第4番,第5番,第6番「悲愴」)だと思いますが,前半三曲もあまりねちっこくなくて魅力的,という方もいらっしゃるようですね。

☆巨大なスケールで圧倒する ブルックナー
好きな人にはどうにもたまらない魅力がありますが,嫌いな人には退屈でかなわん,という不思議な作曲家です。
「ロマンティック」がお好きならばきっと質問者さまは大丈夫でしょう(^^
一般的には後期三曲(第7番,第8番,第9番)が有名ですが,個人的には,第5番を非常に激しくオススメしたいです!!!ブラ1とロマンティックが好きなら絶対に気に入るはずです!

☆自然と人間のすべてがここに マーラー
全部オススメ!!
若々しく爽やかな1番 メルヘンチックな3番,4番 壮大な迫力の2番「復活」,8番
オケの全ての楽器がフルに大活躍の5番,6番,7番 東洋的無常観の「大地の歌」,諦めと憧れが葛藤する9番
彼の第9番は交響曲の究極の姿だ,という人もいらっしゃいます。

☆清冽な北欧の空気 シベリウス
北欧の景色を知らない人にも北欧の情景を思い浮かばせる凄い人です。
個人的には,これも,全部オススメ!・・・と言いたいところですが(笑),まずは2番,5番,7番は少なくとも聴いていただきたく。
ぎゅーっと濃縮された7番が特に大好きな曲です♪

☆天才?ひねくれ者? ショスタコーヴィチ
ベートーヴェン以来の「第九の壁」を破った数少ない人ですね。今年生誕100周年です。
深読みしだすとキリがないクセ者(笑)
第5番「革命」をまず聴いて,他は,これを聴いて興味が持てれば,でよいかも。
(本当はあれこれオススメしたいですが・・・)


---(余談)---
☆ギネス公認(今はどうか分からないですが,少なくとも昔は) 世界一長くて世界一人数がたくさん必要な曲
 ブライアン 交響曲第1番「ゴシック」
NAXOSから安いのが出ています。
私は怖いものみたさで買ってみましたが・・・(内容はノーコメント^^;)

☆マニアックながら質問者さまには特別にオススメ,遅れてきたロマン派 ラフマニノフ
こちらは,アシュケナージの指揮者としての出世作となった録音です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=570670
濃厚でセンチメンタルな雰囲気の交響曲第2番は,彼のピアノ協奏曲ファンにはとても人気があります。
3番や交響的舞曲もいい曲だと思いますよ。

---
上記の印象は,あくまでも「個人的なもの」ですので,質問者さまなりの聴き方・感じ方をしていただきたいと思います。(あえて申し上げなくても分かっていらっしゃると思いますが^^)

大変な長文,読んでいただき,ありがとうございました。

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が...続きを読む

Qお勧めショパンピアニストのCD

お勧めのショパンのCDを教えてください!
お気に入りの理由なども教えてくれると大変嬉しいです。

曲目としては一般的で代表的なよく耳にするものを聞きたいな~と思っています。
(雨だれ、別れの曲、子犬のワルツ等々)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4の方と同じく私もピアノソロでは「ルービンシュタイン」!大好きです。巨匠・名ピアニスト達のCDなど色々聴き比べてみて、彼のショパンは、何というか、こう、ジーンと心に響くんです。上手く説明できません…
彼の生きてきた時代とか(人生ですか)もあるんだろう、と思いますが。-勿論他の演奏者もですよ!-

ショパン全集がありますが、とても高いし(私はほしくてたまりません…)代表曲だけならそれだけ収録されたCDもありますよ。

皆さん言われてるように私も、私の好みですけど!

Qラフマニノフのピアノ曲

はじめまして。
ラフマニノフのピアノ曲について質問します。
私は趣味でピアノを習っていますが、
レパートリーを広げる意味で、
今まで弾いたことのない作曲家の曲を弾いてみよう!
と思い、ラフマニノフを弾いてみようと思っています。
何かラフマニノフのおすすめのピアノ曲がありましたら、
ぜひご回答お願いします!
(私は前奏曲op.3-2くらいしか知らないので…)

ちなみに私のピアノ歴は18年くらいで、
参考までに今まで弾いた主な曲を挙げると、
バッハ:平均率 ベートーヴェン:悲愴ソナタ
ショパン:黒鍵、エオリアン・ハープ、革命、スケルツォ2,3番
リスト:愛の夢、カンパネラ
ドビュッシー:版画(塔、雨の庭) ラヴェル:ソナチネ(1-3楽章)などなどです。
練習曲はハノン、ツェルニー(50番途中まで)をやってました。

Aベストアンサー

前奏曲ト短調作品23-5は,24曲の前奏曲の中でも
前奏曲嬰ハ短調作品3-2と並んでよく知られている曲と思います。

試聴
http://www5.famille.ne.jp/~piano/AUDIO/rachman_op23_5.wma

楽譜のダウンロードを下記よりできますが,
これでやってみようということであれば,
楽譜本の購入をお勧めします。

http://www5.famille.ne.jp/~dr-m/lib_0_frame.htm
PDFファイルです。

Qバッハを得意とするピアニスト

「バッハならこの人!」といえるような正統的なピアニストを教えてください。

とりあえず評判の高いグールドのゴルドベルク変奏曲を聞いてみたんですが
バッハというよりグールドを聞いてるような気がして
どうもなじめませんでした。(なんでグールドがよく言われるのか
よくわからなかったです)

Aベストアンサー

>「バッハならこの人!」といえるような正統的なピアニストを教えてください。

ピアニストがバッハを弾かなくなってもう長い年月が経ちました。
もちろんレパートリーの一つにバッハの曲が入っているピアニストはたくさんいますが、

 「バッハならこの人!」というオーセンティシティ
 「正統的」というオーソドキシー

以上を兼ね備えたピアニストは現代では一人もいません。

現代ではバッハの(オルガン以外の)鍵盤曲はチェンバロかひょっとしたらクラビコードで弾くのが”正統的”であると広く認識されています。


といって、”ピアノで弾くバッハ”は私自身嫌いではないです。
でも聴くとしたらどうしても「往年の名ピアニスト」になってしまいますね。
ご質問の趣旨に合いそうなピアニストとしては

 スヴャトスラフ・リヒテル
 タチアナ・ニコラーエワ
 ロザリン・テューレック

少し格が下がりますが
 アンドラーシュ・シフ

などでしょうか。
リヒテルの平均率は私も大好きです。


お勧めをチェンバロ奏者にまで広げていいなら、すでに名が挙がってますがグスタフ・レオンハルトは何をさておき聴くべきです。
リヒター、ヴァルヒャは個人的には「大好き!」ですが、さすがに古いかな?(苦笑
でも、リヒターのパルティータ、ヴァルヒャのイギリス組曲はいいですよ。一度お聴きください。

>「バッハならこの人!」といえるような正統的なピアニストを教えてください。

ピアニストがバッハを弾かなくなってもう長い年月が経ちました。
もちろんレパートリーの一つにバッハの曲が入っているピアニストはたくさんいますが、

 「バッハならこの人!」というオーセンティシティ
 「正統的」というオーソドキシー

以上を兼ね備えたピアニストは現代では一人もいません。

現代ではバッハの(オルガン以外の)鍵盤曲はチェンバロかひょっとしたらクラビコードで弾くのが”正統的”であると広く...続きを読む

Qショパン - エチュード10-4 は難易度の高い曲ですか?

ショパンの「エチュード10-4」をMP3プレーヤーでよく聞いています。
いつも聞きながら、「指の筋肉が鍛えられそうだな」とかピアノの上手い人が練習曲として弾くのに良さそうだな、なんて思っていました。

※私はピース楽譜でBレベルの曲しか弾けないので初心者です。

私の予想では、「エチュード10-4」はピースでCレベルくらいだと考えていたのですが、インターネットで調べてみるとFレベルで、かなりの上級者向けの曲だと分かりました。

耳で聞く分には、「速さが命の曲」という印象で、曲の旋律自体はそれほど複雑に感じませんでした。(前述したように指の筋肉がついていないと弾けない曲だと思いましたが)

実際、弾いた事のある方がいたら、曲の難しさの印象を教えて下さい。

自分が弾きたいわけではなく(私のレベルでは弾けません)、興味心の質問です。

http://www.youtube.com/watch?v=rXAbtsy_lgk&feature=related

Aベストアンサー

こんにちは。

ショパンエチュード10-4ですか(笑)←なぜ(笑)かと言うと、今さっき10-12を弾いてたのでタイムリーなご質問だなと思いまして(^^;)
全般的にショパンエチュードは 楽譜自体複雑ではないですよね。
なので聴いた感じ速さだけが際立ち さほど『大曲』というイメージを持たないというのは分かります。


難しさはその『速さ』なんですね。指定のテンポを考えずにゆっくり弾けば F難度がC~D難度くらいになるでしょうかね~。でもテンポを出して(速く)弾くのに難しい音型をショパンさんも考えている訳で…『そうは簡単にテンポ出して弾かせないぞ』みたいな?感じ

質問者さまもピアノを弾かれるのであれば テンポを速く弾く難しさってある程度お分かりになると思いますが F難度くらいになると指定のテンポで弾くのは 想像以上に難しいんです。
もちろん右手だけでなく 左手にも同じような音型がありますから 右手と全く同じテクニックを持って弾かなければならない。

それと 10度が頻発に出てきますので 手の小さい人には多少ハンディがあるかな…とか。

それに加え エチュードと言っても 非常に芸術性が高いものですので 深い表現力も必要になります。


ショパンエチュードに限らず ピアノ曲(だけではないと思いますが 私はピアノしか演奏しないので)は聴いた感じより 本当はかなり難しいものが多いと思います。
よく音楽関係のカテゴリで 『私は今~をやっています。~を(例えばカンパネラとか)弾きたいのですが弾けるでしょうか?』というご質問をみかけますが それも多分 聴いた感じが簡単そうに聴こえるからなんでしょうね。


私は『エリーゼのために』でさえ パーフェクトなタッチ・ペダリング・解釈・表現力 全て完璧に弾くのはなかなか難しいなぁ…と思ったりしますね。
ピアノは(いやいや 音楽は)奥が深いんです。

こんにちは。

ショパンエチュード10-4ですか(笑)←なぜ(笑)かと言うと、今さっき10-12を弾いてたのでタイムリーなご質問だなと思いまして(^^;)
全般的にショパンエチュードは 楽譜自体複雑ではないですよね。
なので聴いた感じ速さだけが際立ち さほど『大曲』というイメージを持たないというのは分かります。


難しさはその『速さ』なんですね。指定のテンポを考えずにゆっくり弾けば F難度がC~D難度くらいになるでしょうかね~。でもテンポを出して(速く)弾くのに難しい音型をショパンさんも考えている...続きを読む

Qチャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番が様々な人に酷評されるわけ

昔、坂本龍一がチャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番を「陶酔しかないクソみたいな曲」と言ってました。また自分が習っていた音楽の先生も「あの曲を芸大の作曲家の卒業制作で提出したら間違いなく『おまえはなにを勉強してたんだ』っていわれそうだな」と言ってました。あの曲はそんなにひどい曲なんでしょうか。教えてください

Aベストアンサー

酷い曲、ということはないと思いますよ。
実際、この曲は世間一般からは傑作として評価されていますし、人気も知名度も高いですよね。

これは個人の好みの問題だと思います。
正直に白状すると、実は私もチャイコフスキーの作品は全般に苦手なのです。決してキライという訳ではないのですが、私の好みはHNの通りブラームスなのです。ブラームスが好きな方は大概チャイコフスキーはあまり評価しないような・・・(笑)。

自分が思うに、(どの作曲家でも程度の差はあれ同じだとは思いますが)チャイコフスキーの場合は、特に好き・嫌いの好みがはっきり分かれる方ではないかと思います。
「大好き」か「大嫌い」か。
だから嫌いな方からすれば「生理的に受け付けない」という感覚の方も多く、そういう人は彼のどの曲を聴いてもダメなんでしょう。
チャイコフスキーは、ヴァイオリン協奏曲も貶す人はトコトン貶しますよね。

ちなみに自分がチャイコフスキーが苦手なのは、全体にクドイところ。特に管弦楽曲では、金管の使い方に品が無くて、単にやかましいだけに聴こえるところが苦手です(これは演奏の仕方にも問題があると思うのですが)。折角雰囲気良く音楽が進んでいても、突如そのムードをぶち壊すような、金管の咆哮が唐突に挟まれたりするところなんかは、正直ウンザリします。

・・・と書くと、チャイコフスキー好きの人を敵に回すようになりますのでこれ以上書くのは止めますが、繰り返しますが自分は決して「嫌いではない」のです。
ただ、世間では嫌いな人は本当に大っ嫌いですので、そういう人が悪く言うのでしょう。自分の推測ですが、恐らく坂本龍一も、質問者様の音楽の先生も、チャイコフスキーがあまりお好きではなかったのでは?

個人的には、彼のピアノ協奏曲第1番は好きで比較的良く聴きますが、坂本龍一が言っていたという(これは初耳でしたが)「陶酔しかないクソみたいな曲」には、若干頷いてしまう気持ちがなくもないです。
チャイコフスキーの音楽はこの曲に限らず、単に甘ったるいだけで深みに欠けるきらいがあるように思います。いささか表面的過ぎるというか、大げさな語り口に終始するところがあるように思います。

ですが、これがチャイコフスキーの個性であって、見方によってはこれこそ彼の長所であり美点だと思います。むしろ、この点を取り除いてしまったらチャイコフスキーではなくなってしまいますよね。だから「良い・悪い」という問題ではないのです。
そんなこと言い出したら、自分が敬愛するブラームスだって、嫌いな人から言わせれば「とんでもなく陳腐で鬱陶しい音楽」って貶されますものね。

酷い曲、ということはないと思いますよ。
実際、この曲は世間一般からは傑作として評価されていますし、人気も知名度も高いですよね。

これは個人の好みの問題だと思います。
正直に白状すると、実は私もチャイコフスキーの作品は全般に苦手なのです。決してキライという訳ではないのですが、私の好みはHNの通りブラームスなのです。ブラームスが好きな方は大概チャイコフスキーはあまり評価しないような・・・(笑)。

自分が思うに、(どの作曲家でも程度の差はあれ同じだとは思いますが)チャイコフ...続きを読む


人気Q&Aランキング