出産前後の痔にはご注意!

 試薬として使っている3酸化2ホウ素がカッチンコッチンに固まって困っています
現在は木でゴリゴリしてなんとかほじりだしているのですが・・・。
なんとかして取り出し、これを仮焼したいのですが、いかんせんでてきてくれないのは
困りものです。
金属で突っつけば当然金属が残留して(焼くので炭水化物はかまわない)研究の
結果に影響がでてしまいます。
何か良い方法は無いでしょうか?そろそろ木の棒が届かなくなってきてしまいます。
お金がないので先生に「買って」と強請っても却下されてしまうのです(泣。
どなたか知恵をお貸しくださいませ。

*金属などで突っつくと中に金属が残留し、だめになってしまう。
*水分を与えるとメタホウ素になってしまう。

瓶を割って乳鉢でゴリゴリってのも考えてみたのですが・・・。これも危ないし
ガラス片が混入するのでダメ・・・、ですかね?そんなに大きな乳鉢ないですし

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00 です。

お礼拝見しました。

> 少し取って水溶させてみることにします。
> ちょっと溶解度などを調べてみないともいえませんが。

 先の回答で示したナカライのカタログから MSDS デ-タ(↓)を見る事が出来ます。これによると,比重:2.46(結晶),融点:450℃,沸点:1500℃以上,溶解度:水に微溶、エタノール,酸,アルカリ,エチレングリコールに可溶。水に溶かすのは困難みたいですね。

参考URL:http://www.nacalai.co.jp/seihin/srch/msdsdsp.cfm …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざどうも有り難うございます。
手っ取り早いのはEtOHですかね。まぁエチルもタダじゃないんでどっちが得か
といわれれば悩むところですが。朝三暮四という言葉もあるし(笑
エヴァポレーターなんてうちには無いので回収できないのがつらいところです。

お礼日時:2001/10/06 10:21

> 先生に「買って」と強請っても却下されてしまうのです(泣。



 『強請って』はいけません。丁寧にお願いしなければ・・・。

 ナカライの「オンラインカタログ」(↓)で調べたところでは,ナカライ規格一級:500 G, 1,650 円;ナカライ規格特級:25 G, 800 円;ナカライ規格特級:500 G, 2,400 円;用途別特製試薬:25 G, 4,200 円。

 どれほど使われるのかわかりませんが,anisol さんがお書きの様にそれほど高いとも思いませんが。最悪の場合は個人で購入される手もあるかと・・・・。


> そろそろ木の棒が届かなくなってきてしまいます。

 特殊な木の棒でしょうか?適当なものでよければ,いくらでも長いものがありますが。


> 金属などで突っつくと中に金属が残留し、だめになってしまう。

 本当にそうでしょうか。そう考えているのは,あなただけという事はありませんか。先生は金属で突っつけば良いと考えているので,買って下さらないという事はないですか。


> 水分を与えるとメタホウ素になってしまう。

 今固まっているのは大丈夫なんでしょうか。吸湿してメタホウ素になってしまったから,カッチンコッチンに固まっているという事はありませんか。


 以上,アドバイスにもなりませんが,ご参考まで。

参考URL:http://www.nacalai.co.jp/seihin/srch/srchtop.cfm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ほんとは安いものだと思うのですがなにしろ研究費がとれないらくして・・・。
そこに「ある」んだから使えということのようです。白金パンなんて凄く高いのに(泣
金属でつっつくのは一応御法度というのは一応担当教官も了承済み?です
ガラスに微量に混入させた金属イオンの影響を見てるので・・・。
ただ一言「だって固まったの4ほんもあるじゃん。何とかしてよ」<教官
ってことでして・・・(泣
>吸湿してメタホウ素になってしまったから,カッチンコッチンに固まっている
その通りです。ただ、まだまだごくわずかぶんだけが吸湿してるだけと思います。
なんとか20gくらい救出して仮焼しましたが・・・。

>木の棒
これは中央部分ならいくらでも力がかかる範囲で棒が届くのですが、側面は長い
棒を使っても器用に衝撃を伝えられないと言うことです。

いずれにしてもanisolさんのいわれたように少し取って水溶させてみることに
します。ちょっと溶解度などを調べてみないともいえませんが。
最悪は担当教官の奥様を口説いて説得して買ってもらいます(笑

どうもありがとうございました。焦っていたので少し発想が貧困になっていた
ようです。

お礼日時:2001/10/05 18:56

別に高純度試薬というわけではありませんよね?そんなに高いものでもないのに、買ってくれないとはかわいそうな気がしますが……。

「金属などで突っつくと中に金属が残留」とのことですが、問題になるほど汚染はされないようにも思いますが?用途にもよりますが、どうでしょうか?

水を加えるとメタホウ酸になるとのことですが、また加熱して酸化ホウ素に戻したらどうでしょうか?うまく酸化ホウ素が水に溶けてくれるかわかりませんが……。お湯だと溶けやすそうですね?

以上自信なしですが、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 すみません。金属イオンとガラスの特性の相関を見ているので金属だけは
御法度なのです。

>加熱
そうですね。小さな瓶があるのでそれでまず実験してみるとします。

お礼日時:2001/10/05 18:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホウ酸(B2O3)の蒸気圧教えてください。

ホウ酸の温度に対する蒸気圧を知りたいです。
データ等お持ちの方 教えてください。

Aベストアンサー

グメリン:
Gmelins Handbuch der anorganischen Chemie
グメリン無機化学全書、元素と無機化合物ごとにあらゆる文献がまとめてある、ドイツ語で書かれた二次文献です。
どこの大学図書館にでもあるというものではないかも知れません(全巻揃えると壁一面を埋め尽くすほどなので…)。
質問者さんが化学系の学生でしたらケミカルアブストラクツ(Chemical Abstracts)などの検索手段もあると思います。

Q焼結助剤について

セラミックを焼結する段階で焼結助剤を少量加えるとセラミックが緻密化すると文献にあったのですが、どのような機構で緻密化が起こるのか知りたいです。また、酸化マグネシウムが焼結助剤としては一般的らしいのですがその理由も知りたいです。どちらか片方でもかまいませんのでどなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

焼結助剤は、基本的に焼結したいセラミックスよりも融点の低い材料を用います。
イメージとしては、焼結の際、セラミックス粒子と焼結助剤が共存した状態から
温度を上げていくと、焼結助剤粒子のみが融解し、セラミックス粒子間に液相を生じます。
その液相がセラミックス粒子同士を引き付け、隙間を埋めることで緻密化します。
ただし、焼結助剤とセラミックスが反応してしまうと、逆に別なものになってしまうので、緻密化しません。
詳しいことは解かりませんが、恐らくMgOは他のセラミックスと反応しにくいのではないかと考えられます。

Q【Excel】3軸以上のグラフを作成できますか?

Excelでグラフを作成する場合
Y軸が2本で平面のグラフまでは
標準で用意されていると思うのですが、

例えば下のようなX軸が共通でY軸が3本以上必要となる(吸塵率「%」・粉塵量「個」・騒音レベル「dB」)
表をグラフ化する場合
どのようにすればいいのでしょうか?

銘柄   吸塵率% 排気中粒子 駆動音平均
手軽    16.3%      0個    54dB
排気0   13.4%    4000個    60dB
JET    35.3%    1000個    62dB
かるワザ 67.5%      0個    63dB

(表記中の固有名称その他は現実のそれとは何ら関係なく・またデータも説明用に一時的に作成されたものとする)

Aベストアンサー

 散布図でダミーのY軸を作成作れば、3軸でも4軸でも可能です。ただ、その軸をどのように配置するかという問題があります。
 また、3軸なら「三角グラフ」、4軸なら「Jチャート」というグラフもあります。2つとも散布図を工夫すれば、Excelで作成可能です。

 しかし、今回の表の場合は、作成元のデータを加工して、スネークプロット(縦の折れ線グラフ)またはレーダーチャートを作成したらいかがでしょうか。

 データの加工は、偏差値・達成率・最大値の対する比率などを使って基準を揃え、評価が高いほど値が高くなるように調整します。

QX線回折(XRD)分析の半値幅について

現在粉末用のXRD装置を使用しているのですが、半値幅に含まれる情報に関して教えてください!
参考書などを呼んでいると、結晶性のピークに着目した場合、ピークの半値幅が大きくなるほど結晶子サイズは小さいことを意味すると書いてあり、これはなんとなくわかりました。
しかし、非結晶性のものを測定すると一般的にはブロードピークとなるものが多いかと思うのですが、相互関係がわかりません・・・。非結晶性のものは結晶子サイズが小さいということではないですよね?

段々結晶子サイズが小さくなっていった時に、少しづつピークはブロードに近づくとは思うのですが、
・結晶子サイズが小さくなっている
というのと、
・非結晶性のものである
というものの区別はどうやって判断したらよいのですか?ある程度は半値幅を超えたら非結晶性のものとかいう基準があるのでしょうか?

Aベストアンサー

半値幅から微結晶サイズを求めるシェラーの式は、固体中にある
微結晶のサイズを求めるための式です。適用できる微結晶サイズは
nmオーダから0.1μmまでの範囲です。この点に注意してください。

さて微結晶サイズが小さくなると半値幅はサイズに反比例して拡がり、
ピークはだんだん鈍くなります。さらに小さくなるとブロードで
ガラス等による散乱パターンに似たものになることも有ります。

ピークの拡がりは、1)結晶が十分な大きさで無いこと、2)結晶に
欠陥があるか、または空間的な規則性が低いか、3)装置による制約
から来ます。
原因3)は基準物質を使い補正計算をしてある程度除去することが
できます。
原因1)の影響を考慮したのがシェラーの式ですが、常に原因2)の寄与
も含まれています。
原因2)は小さくても結晶で有れば散乱強度を決める構造因子は定まります。
ここで構造因子に欠陥や小さくなることで発生した構造の乱れを組込めば
非晶性の広がったハローを再現できるかも知れません。
しかし、非晶性物質では構造の乱れは大きすぎ、結晶学的な構造因子は
もう決められません。
その代わりに、原子の相互配置を確率的に表した動径分布関数が散乱強度
の計算に導入されます。
一つの物質からの散乱強度の計算に、ここまでは構造因子方式、ここからは
動径分布関数方式という使い分けはされていません。

したがって、結晶子サイズが小さくなっているというのと、非結晶性の
ものであるということの明確な境界は無いように見えます。
当然、ある半値幅を超えたら非結晶性のものとかいう基準は有りません。

溶融体を急冷して結晶化させようとした場合、できたモノを欠陥だらけの
極微細結晶からなるとするか、非晶質になったと解釈するかは半値幅だけ
からはできないと思います。

半値幅から微結晶サイズを求めるシェラーの式は、固体中にある
微結晶のサイズを求めるための式です。適用できる微結晶サイズは
nmオーダから0.1μmまでの範囲です。この点に注意してください。

さて微結晶サイズが小さくなると半値幅はサイズに反比例して拡がり、
ピークはだんだん鈍くなります。さらに小さくなるとブロードで
ガラス等による散乱パターンに似たものになることも有ります。

ピークの拡がりは、1)結晶が十分な大きさで無いこと、2)結晶に
欠陥があるか、または空間的な規則性が低...続きを読む


人気Q&Aランキング