gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

学校の課題で、アメリカの作家ベスト5を選んでその理由をあげなければならないのですが、文学に明るくなく困っています。どなたか詳しい方、助けてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 私なら以下の五人を選びます。


 
・マーガレット・ミッチェル
  主著『風と共に去りぬ』(1936)。大衆文学の金字塔であり、文学史上屈指のヒロイン、スカーレット・オハラを生み出した。
・トマス・ピンチョン
  主著『重力の虹』(1973)。百科事典的知識を駆使した驚異の文学世界。
・ジョン・アーヴィング
  主著『ガープの世界』(1978)。現代アメリカ有数のストーリーテラー。
・カート・ヴォネガット
  主著『猫のゆりかご』。ユーモアSF作家で平和主義者。
・アリス・ウォーカー
  主著『カラーパープル』。人種差別・性差別と戦う闘士。

 この他に一応必ず文学史に出てくるような有名な作家を(下の回答者様が書いた以外で)あげておきますと、

○19世紀
 エドガー・アラン・ポー 『アッシャー家の崩壊』、詩「大鴉」
 ナサニエル・ホーソーン 『緋文字』
 ハーマン・メルヴィル 『白鯨』
 ウォルト・ホイットマン 詩集『草の葉』
 マーク・トウェイン
 超越主義のエマーソンとソロー

○1920年代
 ドロシー・パーカー
 ガートルード・スタイン 

○1930~50年代
 ドス・パソス 『USA』
 テネシー・ウィリアムズ 『欲望という名の電車』
 アーサー・ミラー 『セールスマンの死』
 ユージン・オニール

○60年代以降
 トニ・モリスン 『青い眼がほしい』
 ポール・オースター 『スモーク』
 ジェイ・マキナニー 『ブライト・ライツ・ビッグ・シティ』
 ダグラス・クープランド 『ジェネレーションX』
 ブレット・イーストン=エリス 『レス・ザン・セロ』

 まだまだたくさんいると思いますが…
 この他、ちょっと微妙ですがヨーロッパに住んでいたヘンリー・ジェイムズやエドマンド・ホワイト、亡命してきたナボコフもアメリカ作家と言えるかと思います。

 今から調べるのなら、こういう作家の本を原作にした映画を見たり、短篇や詩を読んだりするのが早く調べられるかと思います。ヘンリー・ジェイムズの作品なんかはたくさん映画になっています。

 
 
    
 
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。個人的にも興味が出てきたので読んでみようと思います。すごく参考になりました。

お礼日時:2005/06/20 18:20

私でしたら下記の作家を5人に上げます。


【アーネスト・ヘミングウェー】
イリノイ州オークパークに生まれる。戦争経験をもとに、独自の文体を駆使した作品で知られる。
米文学界の巨匠ですね。
「武器よさらば」「誰がために鐘は鳴る」老人と海」などの著書があります。

【ジョン・スタインべック】
カリフォルニア州サリーナスに生まれる。
1930年代を代表する作家。多様な作品を生んだことで知られています。
1962年ノーベル文学賞受賞。
「エデンの東」「怒りのぶどう」などの著書があります。
【サリンジャー】
ニューヨーク市生まれでニューヨークで育つ。
作品は少しですが、若者に人気の作家です。
「ライ麦畑でつかまえて」の著書があります。

【マーク・トウェーン】
現代アメリカ文学の代表作家。ミシシッピ川を舞台にした作品は世界中で読まれています。
「苦難を乗り切って」「トム・ソーヤーの冒険」「王子と乞食」
「ミシシッピ川上の生活」 「ハックルベリー・フィンの冒険」などの著書があります。

【パールバック】
ウェストバージニア州生まれ。中国で育ち、中国を扱った作品で知られる女流作家です。
1930年南京において執筆された「大地」でノーベル文学賞を受賞。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヘミングウェイとサリンジャーしか私は知りませんでした。。。お恥ずかしい。もっと勉強しようと思います。予想以上にアメリカには著名な作家がいるんですね。ありがとうございます。

お礼日時:2005/06/20 18:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ文学に詳しい方

アメリカ文学史上における代表作を、10冊から15冊くらいの範囲で年代順に挙げていただけませんか?ベスト10というより、全集的な視点でお願いします。もちろん個人的な意見で結構ですが、ただ、あまり趣味に走ったものにならぬよう、穏当な線でのご回答をお待ちしています。

まあ10~15冊という数は少なすぎるだろうとは思いますけれども、それ以上になるとちょっと読むのが億劫になりそうなので(^_^;)。
それから、
1.SFやミステリなど、エンタメ性の強いものは今回はなるべく別扱いとしてください。ただしどうしても外せないものは入れてください。
2.現代ものより、古典といわれる作品により比重を置いていただきたく思います。目安は作者が亡くなっているかどうかということで。

なお、併せてアメリカ文学の全集や、ベスト○○(ただし総合的なもの)などの情報も、ご存知でしたら教えてください。
wikipediaの「アメリカ文学」は参考にはなるのですが、作家の人数が多すぎることと、作品名が挙がっていないことがマイナスです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカ文学というものをおおざっぱに分類すると、

1.植民地時代~建国
2.独立革命前後
3.十九世紀前半から南北戦争まで
4.十九世紀後半
5.1920年代まで
6.大恐慌から「怒れる30年代」~第二次世界大戦まで
7.第二次世界大戦以降

ということになるかと思います。もちろんいろんなわけかたがあるし、'50年代、'60年代、というふうにもっと細かく分けるやりかたもあります。

「文学史上における代表作」というのは、その時代を代表するものをあげていく、ということになるかと思うんです。
で、これは、まじめにやっていくとカナーリ大変な仕事でもあります。
ですから、あんまり真剣にならず(ゴメンナサイ)とりあえずは時代的にわたしが考える代表作をあげていきます。

本によっては、手に入りにくいものもあるかと思いますが。
あと、韻文に関しては、ヨーロッパからの移民、またヨーロッパへ渡った人をどうするか、という難問がありますし、戯曲になるとこれまた込み入ったあれやこれやがあるので、ここでは除外して、散文に限定することにします。

もし、こういうのが知りたい、というご希望があれば、補足なさってください。
いつになるかわかりませんが、お答えします。
ということで、晩ご飯の時間まで、サクサクとやっていきましょう。

1.植民地時代から建国まで

この時期で一番有名なものは、「フランクリン自伝」です。これは発刊は1791年。
自伝の中心は、フランクリンの生活信条を要約した「13の徳」です。
これはのちに『グレート・ギャツビー』のなかで一種のパロディとして登場します。
いわばハウツー本の元祖、ビジネス書の元祖ではあるのですが、アメリカ人がいったいどういうものを是としているか、あるいは植民地時代の人々がどのような暮らしをしていたか、いろんな意味で興味深いものです。

2.独立革命以降

そうだなあ、この時期は、あんまりマニアックになるので、パスです。ゴシック小説の元祖みたいなものが生まれているのですが、翻訳もされてないし。

3.19世紀前半

そうして、いよいよ輝かしい19世紀、文学の時代の幕開けです。

まず下にも出ているワシントン・アーヴィング。
有名なところではアメリカの浦島太郎、リップ・ヴァン・ウィンクルを書いたのもこの人(短編小説集『スケッチブック』(1820)所収)。映画にもなった「スリーピー・ホロー」も入っています。

もうひとり、ジョージ・フェニモア・クーパーを。
五部作『レザー・ストッキング物語』を著します。この五部作のなかでは『最後のモヒカン族』が有名。映画にもなりましたが、邦訳では福音館から出ている『モヒカン族の最後』がおすすめ。ワイエスの挿絵が楽しい。

4.19世紀中葉

これは三人の偉人をあげましょう。
ホーソーン、メルビル、そうしてエドガー・アラン・ポーです。

ホーソーンはやっぱり『緋文字』(1850)、今読むと相当かったるい(笑)ですが、アメリカ文学史上避けては通れない人です。

メルビルはもう『白鯨』(1851)が圧倒的に有名ですが、これはいま読んでも十分におもしろい。

エドガー・アラン・ポーはもうことさら作品をあげるまでもないでしょう。

5.南北戦争から19世紀後半

この時期はもう挙げたい人は山のようにいますが、順当にいってマーク・トウェイン、セオドア・ドライサー、ヘンリー・ジェイムズを。

まず、マーク・トウェインは作品はいいですね。

セオドア・ドライサーは『シスター・キャリー』(1900)、あるいは『アメリカの悲劇』(1925)をあげておきましょう。アメリカの自然主義文学を代表する作品と言われています。

ヘンリー・ジェイムズはヨーロッパ生活が長い人ですが、『ある貴婦人の肖像』(1881)にしても『鳩の翼』(1902)にしても、ヨーロッパにおけるアメリカ人を終生テーマにとりあげています。後代のアメリカばかりでなく、多くの作家に多大なる影響を与えた、19世紀文学から現代文学へと架橋していくような巨星であると思います。

6.二十世紀~1920年代
この時期はやはり第一次世界大戦以降、重要な人物がきら星のごとく登場します。

まずシャーウッド・アンダーソン、ウィリアム・フォークナー、アーネスト・ヘミングウェイ、スコット・フィッツジェラルド、シンクレア・ルイス、とりあえずざっとこんなところかな。

まずシャーウッド・アンダーソンは代表作である連作短編『ワインズバーグ・オハイオ』(1919)を。

フォークナーは、とりあえずは『八月の光』(1932)から。

ヘミングウェイはやっぱり『日はまたのぼる』(1926)など。できれば短編より長編の方が慣れるまではわかりやすいと思います。

フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』(1925)はお読みでしょうか。

日本ではどういうわけかあまり有名ではないですがシンクレア・ルイスは『本町通り』(1920)などでアメリカ初のノーベル文学賞を受賞しています。

4.大恐慌以降

この前の時代に引き続き、フォークナーとかヘミングウェイとかも活躍していますが、この時期の作家といえば、ジョン・スタインベック、ドス・パソス、トマス・ウルフでしょう。

ジョン・スタインベックというと、『怒りの葡萄』(1939)(アメリカではシンクレア・ルイス、ウィリアム・フォークナー、そうしてこのスタインベックの三人がノーベル文学賞を受賞しています)。

ドス・パソスは三部作『U.S.A.』(1938)が代表作。ただしこれは手法的にものすごく斬新なので(新聞記事や広告などのコラージュ、あるいは意識の流れ)、相当に読みにくいかもしれませんし、翻訳もいまはかなり手に入りにくい。

トマス・ウルフは『天使よ故郷を見よ』(1929)を。

あー、ここまで書いたら疲れた。
戦後はご希望があれば、書きます。
ということで。

アメリカ文学というものをおおざっぱに分類すると、

1.植民地時代~建国
2.独立革命前後
3.十九世紀前半から南北戦争まで
4.十九世紀後半
5.1920年代まで
6.大恐慌から「怒れる30年代」~第二次世界大戦まで
7.第二次世界大戦以降

ということになるかと思います。もちろんいろんなわけかたがあるし、'50年代、'60年代、というふうにもっと細かく分けるやりかたもあります。

「文学史上における代表作」というのは、その時代を代表するものをあげていく、ということになるかと思うん...続きを読む

Qアメリカ文学のおすすめを教えてください。

レポートの課題なのですが、アメリカ文学ならなんでもいいというので作品がありすぎて何を選んでよいのかわかりません。この前ヘミングウェイの短編をはじめてよんでおもしろかったので、ヘミングウェイにしようか考えていますが、おすすめがありましたら参考にしたいので教えてください。今まで読んだのは、マーク・トウィン、トムソーヤの冒険、ハックルベリーの冒険、不思議な少年は読み終えたばかりです。

Aベストアンサー

16. Theodore Dreiser, An American Tragedy (1925)
  宮本陽吉訳『アメリカの悲劇』(集英社)
  (立身出世を夢見た一青年の悲劇──自然主義的リアリズム)

17. F. Scott Fitzgerald, The Great Gatsby (1925)
  野崎孝訳『グレート・ギャツビー』(新潮文庫)
  (失われた世代──物質主義と純愛)

41. John Irving, The World According to Garp (1978)
  筒井正明訳『ガープの世界』(新潮文庫)
  (愛と性と暴力の物語・・コミカルに描かれる現代世界)


原文か和訳かは別として、(17)(41)は特にお薦めです・・・(41)などはかなり目新しいと思います。


[アメリカ小説リスト]から抜粋・・・  http://www.ni.bekkoame.ne.jp/eu-eibun/ohno_01_lecture01.html

Q卒論で何を扱いましたか?【英・米文学科の方】

現在、大学の英米文学科3年生なのですが、卒論で扱う作品やテーマについて悩んでいます。

今もいくつか翻訳で作品を読んでいるところなのですが、これ!というものを決めかねています。

もちろん作品はしっかり読んで、真面目に研究していきたいと思っていますが、よかったらみなさんが卒論でどのような作品を取り上げたかを教えていただきたく投稿致しました。

学科の都合上、イギリス文学かアメリカ文学の作品について研究していくことになります。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

懐かしいですね。私もこの時期奮闘しました。

某英文学科で児童文学を専攻した私が取り上げた作品は誰もが知ってる「ピーターパン」。児童心理に興味があった私は、文学部であるにもかかわらず、医学、心理学の文献を数多く扱い児童心理からみた切り口で卒論を書きました。

研究対象にしやすいからと嫌いな作品を取り上げても只でさえ大変な論文書き、とても乗り切れません。自分が大好きな作品を取り上げるといいんじゃないかと思います。1冊丸ごと暗唱できるほど読みました。
これも扱いたかったなぁと後から思った作品は次の通りです。

「トムは真夜中の庭で」
「不思議の国のアリス」
「嵐が丘」
「レベッカ」

参考になれば幸いです。

Q英国の小説家、サマセット・モームの作品について

最近、イギリスの小説家、劇作家であるサマセット・モームを知りました。

作品を読んでみたいので、
彼の作品の中で、
お勧めのものがあればお教えください。
またその理由もお聞かせくだされば幸いです。

Aベストアンサー

(1)モームを小説家としてブレークさせた『月と六ペンス』
(2)モーム自身に興味があれば、自伝的小説『人間の絆』
(3)モーム自身が最も好きな『お菓子とビール』
(4)短編作家モームに注目するなら、世界短編史上最高傑作とも言われている『雨』
(『雨』が収められている短編集『木の葉のそよぎ』)
(5)劇作家モームに注目するなら、戯曲『夫が多すぎて』
(昨年、日本でも松たか子主演で上演された。)
モーム研究者の間では、(2)と『サミング・アップ』と『作家の手帳』がモーム理解の書とされている。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q英米作家の名文家を教えてください

英米作家の名文家を教えてください。
某英文学者の話では名文は日本の作家に多く、英米には殆ど見受けられないとのことです。いや、そうじゃない、こういう名文を書く人がいる、というような作家を教えてください。

Aベストアンサー

「名文」の定義と、「好みの問題」にかかわってくると思いますので、モロに主観的な回答になりますが、わたしがもっとも愛する名文家は4人います。

1 米国では、ちょっと古いですが Willa Cather (米国版志賀直哉ってところでしょう)
2 英国では Iris Murdock (彼女も志賀直哉張りの名文ですから、一見したところアピール性はないかも)と Malcolm Bradbury (こちらは知性に訴えかけてくる名文です。数年前に亡くなりました。)
3 一応、英国作家となりますが、出身はトリニダードの V.S.Naipaul (冬の寒い朝、ピンと張り詰めた静謐な空気の印象があります。ノーベル賞をとったときは、隠し持っていた宝が公にされた思いでした)

Qフォークナーのおすすめの小説、教えてください。

 こんにちは。今、ウィリアム・フォークナーの作品で、読みやすいものを探しています。

 短くて、文章も難しくないものを探しています。おすすめのものがありましたら、どうぞ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

あなたの言う「短い」はどのくらいでしょうか。それと、小説は、普段どの程度読まれてますか?それによって感じる難易度も変わってくると思いますが…。

私は、『八月の光』をお勧めしたいのですが(535Pと長いですが、人種差別の問題をするどく描写した作品です)なるべく短いのでしたら、フォークナー短編集が出ています。参考URL参照。

また、作品リストとして、下記URLなどもごらんください。ページ数が確認できます。

http://www.enpitu.ne.jp/usr3/bin/day?id=31623&pg=20030329

http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=ja&id=a5a6a5a4a5eaa5a2a5e0a

ページ数なしの作品リスト。
http://www.asahi-net.or.jp/~ue4k-ngt/bnavi/faulkner.html

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102102035/ref%3Dpd%5Fsim%5Fdp%5F5/249-1327959-5045905

あなたの言う「短い」はどのくらいでしょうか。それと、小説は、普段どの程度読まれてますか?それによって感じる難易度も変わってくると思いますが…。

私は、『八月の光』をお勧めしたいのですが(535Pと長いですが、人種差別の問題をするどく描写した作品です)なるべく短いのでしたら、フォークナー短編集が出ています。参考URL参照。

また、作品リストとして、下記URLなどもごらんください。ページ数が確認できます。

http://www.enpitu.ne.jp/usr3/bin/day?id=31623&pg=20030329

http://shopping...続きを読む

Qアメリカから日本に電話する時の国番号は?

アメリカから日本へ電話をかける時、日本の番号は何番でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

No1です。
国番号は81ですが、国際電話識別番号011を忘れていました。

011-81-3-1234-5678
という具合です。


人気Q&Aランキング