先日、目上の方、或いはお客様に対して「了解(致しました)」というのは失礼である、「承知いたしました」「かしこまりました」の方が良い、という話しになりました。了解には謙譲の気持ちが入っていないのではないか、というところまでは行き着いたのですが、明確な違いが分かりません。「了解」は身内言葉だという意見もあるのですが、根拠が曖昧です。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

基本的な言葉の意味がわかっていないのではないでしょうか?


まず、「了解」も「承知」も名詞です。
なので、「いたしました」という敬語を用いているのでどちらも問題ないと思います。
では、意味はどうなるか。

了解・・・物事の内容や事情を理解して承認すること。例文:「お申し越しの件を了解しました」

承知・・・
1 事情などを知ること。また、知っていること。 わかっていること。例文:「無理を―でお願いする」
2 依頼・要求などを聞き入れること。承諾。例文:「申し出の件、確かに―した」
3 相手の事情などを理解して許すこと。多く下に打消しの語を伴って用いる。例文:「この次からは―しないぞ」

だそうです。

「かしこまる」これは、命令・依頼などを謹んで承る意を表します。なので、お客様に何か用件を頼まれた際には、これ一言でOKですね。

上記2つの言葉の謙譲語は「承(うけたまわ)る」なので、本来なら「承りました」が正解では???
    • good
    • 46
この回答へのお礼

「承りました」が良いのは十分分かるのですが、堅苦しいと感じる方もいらっしゃるようで・・・。やはり「かしこまりました」が無難なように思えてきました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/30 13:39

No.1の方のおっしゃるとおりです。

 同じような使い分けは、報告と連絡でもあります。
    • good
    • 29
この回答へのお礼

ありがとうございます。他にもあるんですね。

お礼日時:2005/06/30 13:30

私も他の方々がおっしゃった内容でほぼよろしいかと思います。


加えて、「了解」は「承知」と単に言葉の意味合いが違うだけでなく、それが自然に使用できるケースというのはかなり限られてくると思います。
目上の人や上司に対して承諾の意味で使うのであれば「承知しました」「かしこまりました」だけで十分です。
もし「承知しました」と全く同じ意味合いで「了解しました」を使用するケースがあるとすれば、警察や軍隊など一般ビジネス社会とは異なる場所であり、これを一般社会で普通に使うとすれば、かなり不自然かつふざけた言い回しに聞こえます。
決してそんなつもりはなかったとしても、相手の人が常識ある社会人であれば、侮辱されたと思われたとしても仕方ないと思います。
例えば、「私が」を「自分が」と言うようなものです。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

「了解」のイメージとしては非常に近いものを感じました。やはり「了解」は使わない方がいいのでしょうね・・・。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/30 13:33

辞書で調べたら、 了解=物事の内容や事情を理解して承認すること。

承知=事情などを知ること。または知っていることでした。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

わざわざ調べて頂いたんですね。ありがとうございます。

お礼日時:2005/06/30 13:34

見た字のとおり



了解
 完了している。理解している。
 簡単に言えば大丈夫解ってるよ~

承知いたします
 承る。かしこまって用件を聞き確実に相手に伝え  る。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。承知に伝えるという意味まで含まれているとは知りませんでした。ひとつ勉強しました。ちなみに私の辞書では了解:納得して承知するなんです!

お礼日時:2005/06/30 13:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか? 来るの尊敬語だと思う

【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか?

来るの尊敬語だと思うが行くの尊敬語がお店のいらっしゃいませだと言っている人がいて驚いた。

Aベストアンサー

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎりでござります」
(3)「居る」の尊敬語。
*浮雲〔1887〜89〕〈二葉亭四迷〉一・一「何時(いつう)かもお客様のいらっしゃる前で」

〔二〕補助動詞として用いられる。動作、作用、状態の継続・進行の意で、その動作の主に当たる人に対する尊敬を表わす。江戸期では主として女性用語。
(イ)動詞の連用形に、助詞「て(で)」を添えた形に付く。「ている」の尊敬語。
*当世書生気質〔1885〜86〕〈坪内逍遙〉二「妾(わたい)が時計を取あげたもんだから、屹度(きっと)腹をたって居(ヰ)らっしゃるんだヨ」
(ロ)形容詞の連用形、またはそれに助詞「て」を添えた形に付く。
*多情多恨〔1896〕〈尾崎紅葉〉前・三・二「然(さ)ぞお寂(さみし)くてゐらっしゃいませう」
(ハ)動作性、状態性の名詞、または形容動詞語幹(いずれも主として敬意の接頭語の付いたもの)に、「で」または「に」を添えた形に付く。「である」の尊敬語。
*人情本・英対暖語〔1838〕二・一一章「アレもう貴君(あなた)は平気でいらっしゃるヨ。お憎らしい」

語誌
(1)上方からでなく、江戸で生じたとされるが、江戸期では江戸でも例は少なく「おいでなさる」「…なさる」の方が有力である。ただ「滑稽本・浮世風呂‐二・上」に言語使用者の品格のよさを印象づける例があり、敬意の高いことばであったことがうかがえる。
(2)明治期には二〇年代以降小説に多用されるようになり、明治末期から大正期にかけて、数量的にも用法的にも、ほぼ現在と同じような情況が出来上がっていたとみられる。
(3)命令形が「いらっしゃい」となること、助動詞「ます」に続くとき「いらっしゃい」の形が現われること、「ます」の命令形「まし」「ませ」が直接付くことなどから、同様の形式をもつ「なさる」「おっしゃる」「くださる」とともに、特別ラ行四段活用とか、ラ行変格活用と呼ぶ意見もある。→いらっしゃい。
(4)「た」「て」に続くとき、「いらっしっ」「いらしっ」「いらっし」「いらし」などの形をとる場合がある。「今日はどっちへいらっしったへ」〔洒落本‐猫謝羅子〕、「仮名家(かなや)さまへ入(イ)らしって」〔人情本・清談若緑‐三・一六回〕、「何処へいらしたか存んじません」〔花間鶯〈末広鉄腸〉中・八〕、「実家(さと)の方から絶交されて入らっしたのであった」〔桑の実〈鈴木三重吉〉二〕など。
(5)誤って「居る」に類推して、「ゐらっしゃる」と表記されたものも見られる。
(6)「ていらっしゃる」が「てらっしゃる」となる場合もある。「待ってらっしゃいましよ」〔桑の実〈鈴木三重吉〉〕など。
「いらっしゃい」という形ですと、母親が子供に「遅れるといけないから早くいらっしゃい」のように、「お行きなさい」の意味で使うこともあり得る。 
[注意]「くださる」「おっしゃる」「なさる」との類似性がある。

次に「いらっしゃいませ(まし)」は「いらっしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の命令形(まし・ませ)がついたもので、

いらっしゃい‐ませ 〔連語〕
(動詞「いらっしゃる」の連用形のイ音便に、丁寧の助動詞「ます」の命令形の付いたもの)
(1)「いらっしゃい(1)」の丁寧な表現。
(2)あいさつのことば。「いらっしゃい(2)」の丁寧な表現。

 「いらっしゃいませ(まし)」はお客などを迎えるための言葉としても用いられることが多いようです。

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎ...続きを読む

Q「了解しました」は間違い?

皆さんにお聞きしたいのですが、
目上の方に対して返答をする際、
「了解しました」や「了解いたしました」という言い方は
間違いというのは本当でしょうか!?

では、正しい返答は、
「かしこまりました」になるのでしょうか。

また、「かしこまりました」以外の正しい言い方はありますでしょうか。


みなさんどうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「了解しました」というのは、無線連絡や業務放送などでよく用いられます。
直接の返答でも、まちがいとは言えないと思います。

また、「目上」といっても、上司や顧客、シチュエーションによっても変わります。
・「わかりました」
・「承知しました」
・「かしこまりました」
このあたりを使い分けるのがいいと思います。

Q社長はご飯を食べていますの尊敬語

「社長はご飯を食べています」を特別な尊敬語でいうと、「社長はご飯を召し上がっていらっしゃいます」で正しいでしょうか。「います」の特別な尊敬語は「いらっしゃいます」「~ています」の特別な尊敬語は「~ていらっしゃいます」でいいのですか。特別な尊敬語と特別な尊敬語を使って、二重敬語にはなりませんか。教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者の原文をできるだけいかすのなら、
「社長はお食事を召し上がっていらっしゃいます」
 でよいでしょう。これは2つの「特定形」をつないだ形で、二重敬語ではありません。
 もう少し崩してもいいのなら、ほかにも「間違い」ではない敬語表現はいくつも考えられます。


 詳しくは下記をご参照ください。
【「社長はご飯を食べています」を尊敬語に 教えて! goo】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12223163242.html

 以下は一部の抜粋(重言)。
 いろいろな問題を含んでいるので、順番に書いていく。
 本題について考える前に、確認しておくべきことがいくつかある。
●「正しい敬語」とは何か
 明らかに間違った敬語というのはある。「二重敬語」に関しては、「敬語の指針」に従って、「一般に適切ではない」形としておく。同じことを表すにも、間違いではない敬語表現はいろいろある。たとえば、「社長はご飯を食べています」は、丁寧語しか使っていないので敬度は低いが、間違ってはいない。
 二重敬語に関して詳しくは下記参照。
【よくある誤用34──敬語編4 二重敬語  「二重敬語」の定義/許容されている二重敬語…「二重敬語」と間違えられやすい「敬語連結」…「二重敬語」と間違えられやすい「お/ご~いたす」】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n133372

●「~ます」の話
 丁寧語なので、尊敬語について考えるのにはむしろ邪魔になるので、とりあえず外して考える。

●「特別な尊敬語」
 この「特別な」は誤解を招きかねない。別に特別な話ではなく、「特定形」などと呼ばれるものだろう。
「食べる」の特定形が「召し上がる」。「~ている」の特定形が「~ていらっしゃる」。 特定形に関して詳しくは下記参照。
【特定形の話 尊敬語 謙譲語I 謙譲語II 丁寧語(?)一覧 資料編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3038.html

●「ご飯」
「ご飯」の「ご」は本来は美化語(この場合は「尊敬語」だろう)だったのだろうが、現代ではほとんどそのニュアンスを失っている。敬度で考えると、改まった印象のある「食事」と大差がないような。尊敬語の話をするなら、美化語(この場合は「尊敬語」だろう)の「お食事」にするのが自然。

 ということで、元の文の動詞の部分を見る。
「食べている」の
 1)前半だけを尊敬語にするなら「召し上がっている」。
 2)後半だけを尊敬語にするなら「食べていらっしゃる」。
 3)両方を尊敬語にするなら「召し上がっていらっしゃる」。

 うんとおおざっぱに書くと、1)~3)のどれでも間違いではない。片方だけ尊敬語にした1)と2)の敬度は同程度と言ってよいだろう。
 両方を尊敬語にした3)のほうが敬度が高い。
 質問者は両方を「特定形」にした3)を想定している。これで何も問題はない(個人的には少しクドいと思う)。文末を「ます」にした下記を、一応の最終形としてよいだろう。
 4)社長はお食事を召し上がっていらっしゃいます

 ここからはほぼ余談。
 先行コメントにある「社長は(只今)お食事中でございます」は原文から離れすぎのような気もするが、こちらのほうが自然な敬語かもしれない。
 ほかにもいろいろ考えられる。両方を尊敬語にした「召し上がっていらっしゃる」が一番敬度が高いかというと、そうとも言い切れない。このあたりが敬語のややこしいところ。
 以前下記のトピで書いた形にしてみる。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=398881&id=75979676
 5)召し上がっておられます ←方言・老人語の印象があるので避けるほうが無難
 6)召し上がっておいでです(『敬語再入門』のP.53に「便利」とあげられている「お読みだ(です)」式にあたる)

 さらに話を複雑にする。
 ↑の【よくある誤用34】で見たように、「敬語の指針」は「お召し上がりになる」を【習慣として定着している二重敬語の例】にしている。この二重敬語を供するのなら、敬度はこちらのほうが高いはず。
 そうなると、「お召し上がりになっていらっしゃる」も「間違い」ではない。
 これを「お食事」につなげて「お食事をお召し上がりになっていらっしゃる」になると間違いではなくて敬度は高いかもしれないが、相当クドい。先に見た表現を「お召し上がりになる」と組み合わせても同様の印象だろう。

質問者の原文をできるだけいかすのなら、
「社長はお食事を召し上がっていらっしゃいます」
 でよいでしょう。これは2つの「特定形」をつないだ形で、二重敬語ではありません。
 もう少し崩してもいいのなら、ほかにも「間違い」ではない敬語表現はいくつも考えられます。


 詳しくは下記をご参照ください。
【「社長はご飯を食べています」を尊敬語に 教えて! goo】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12223163242.html

 以下は一部の抜粋(重言)。
 いろいろな問題を含んでいるので、順番に書いていく...続きを読む

Qマナー違反は承知の上で……

弱小ながらも広告制作会社に勤めています。
とある元請け中小商社から外注で企業の商品カタログの制作を定期で受けており、うちから更に別の印刷会社に依頼していました。しかしながら、元請け商社の担当者の対応やその商社そのものの気風、制作費用など、合わないことばかりで、その元請け商社との取引きを止めることにしました。その後クライアントととの話し合いにて、当社が直接受注する運びとなったのですが(元請け商社には無断で)、ビジネス上のマナー違反であるこは承知しています。が、こういう場合法律上では咎められるものなんでしょうか?
恥ずかしながら“業界の慣例”的な知識しか持ち合わせておりません。ちなみに…

・元請け商社=当初の顔合わせのみ立ち会い、その後はいっさいタッチせず。
       クライアントへの売上はこの商社から上がります。
・当社=クライアントとの打ち合わせ等営業実務担当。制作~納品まで管理。
・印刷会社=制作実務担当。製品写真の入力など、カタログデータの管理。

カタログデータの版権、著作権、使用権など詳しい方よろしくお願いします。

弱小ながらも広告制作会社に勤めています。
とある元請け中小商社から外注で企業の商品カタログの制作を定期で受けており、うちから更に別の印刷会社に依頼していました。しかしながら、元請け商社の担当者の対応やその商社そのものの気風、制作費用など、合わないことばかりで、その元請け商社との取引きを止めることにしました。その後クライアントととの話し合いにて、当社が直接受注する運びとなったのですが(元請け商社には無断で)、ビジネス上のマナー違反であるこは承知しています。が、こういう場合法...続きを読む

Aベストアンサー

マナー違反に問われるのは貴社ではなく発注元です。貴社は商社が発注先として抱える多くの下請け業者の一つにしか過ぎません。商社が貴社を選ぶかどうかは純粋にコマーシャルベースで判断することでしょう。貴社と商社の間に特別な協定があれば別ですが・・

一方、発注者は自ら業者を見つける力がなく商社の総合力に頼っていた筈です。業界のことがわかり、商社を通じなくても自ら発注先を開発できるようになって、貴社と契約したと言うことだと思います。この場合、商社の顧客サービスが十分ではなく、取引先を失ったわけですから、商社の自業自得でしょう。少し、後味の悪い面はあるにせよ厳しい商戦、国際化の時代に、単に長年の取引先だけでは顧客を繋ぎとめることは出来なくなっています。

以上はあくまで取引形態上の話で、版権、著作権、使用権は又別の話しです。中間業者を使用する場合も、中抜きでやる場合もこのような権利面の変化はなく、貴社に所属しないものは無断で使用することは出来ません。返却するか使用料を支払うかということになるでしょう。商社の介在する理由の一つはこのような権利関係に
業者が手をわずらわせなくても済むことではないでしょうか。

マナー違反に問われるのは貴社ではなく発注元です。貴社は商社が発注先として抱える多くの下請け業者の一つにしか過ぎません。商社が貴社を選ぶかどうかは純粋にコマーシャルベースで判断することでしょう。貴社と商社の間に特別な協定があれば別ですが・・

一方、発注者は自ら業者を見つける力がなく商社の総合力に頼っていた筈です。業界のことがわかり、商社を通じなくても自ら発注先を開発できるようになって、貴社と契約したと言うことだと思います。この場合、商社の顧客サービスが十分ではなく、取引先...続きを読む

Q●「行く」の尊敬語●

「行く」の尊敬語がわかりません。
ある教材には

「行く」「来る」の尊敬語は 「いらっしゃる」「おいでになる」

と一緒に記してあったのですが、どちらも「来る」の尊敬語だと思います。



本当の所、「行く」の尊敬語は何でしょうか?

Aベストアンサー

「いらっしゃる」は、
  「居る」「在る」「来る」「行く」の尊敬語です。
  言葉を使う時の状況によって、意味は異なることになります。

「おいでになる(御出でになる)」の方も、
  「出る」「行く」「来る」「居る」などの尊敬語になります。
  これも状況によって意味が違います。

つまり、どちらも「来る」の尊敬語だけだという訳ではなく、他の意味でも使えるのです。

Q「了解です」っていう返答

お世話になります。

営業マンの管理者です。私の部下は取引先との電話で、通常は「かしこまりました」「承知いたしました」と返答すべきケースに「了解です」「了解しました」と口癖のようにしゃべっています。
私は、「この受け答えは営業マンとしてお客様に失礼ではないか」と感じていますが、一般的にはどうなんでしょうか?

マナーにお詳しい方、ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

お客の立場から言わせてもらうと
確かに「了解しました」では
ちょっと失礼な気分になりますね。

普通ならば、かしこまりましたと言うのが
マナーではないかと思います。

Q尊敬語と謙譲語の説明

尊敬語と謙譲語の説明

受験生などの敬語初学者や、日本語を学習している外国人に対して、
大雑把に尊敬語と謙譲語の説明をする場合、

尊敬語:相手方を持ち上げる(ヨイショする)言葉
謙譲語:自分を相手より下げる(へりくだる)言葉
そして以上の2つを同時に使えば、相手方と自分の高低差は大きくなり、敬語の働きが際立つ

のように説明しても問題ないでしょうか?
あくまで敬語入門の大雑把な説明としてです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

尊敬語…目上の人に対して、敬って相手の立場を上にする言い方
謙譲語…自分や身内の立場を低めることで、相手を敬う言葉

謙譲語は質問の通りだと思いますが尊敬は文字の通り相手を敬うものなので「よいしょ」ではないでしょう。

Q尊敬語と謙譲語の使い方を学びたい

メールを書く際に、尊敬語と謙譲語・丁寧語の使い方が滅茶苦茶のようです。
尊敬語・謙譲語を上手に活用できるようになりたいです。
どのようにしたら、上達できるでしょうか?
またそのような文例や活用方法が出ている、お勧めのサイトや本がありましたら、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 文例を覚えるのも勿論有効ですが、法則を覚えるのが手っ取り早いと思います。

・尊敬語 
 相手をうやまう言葉

・謙譲語
 自分を一段下げて相手を持ち上げる言葉

と、覚えておけばいいですね。

http://park2.wakwak.com/~lion/benkyou/kotoba-tukaiwake.htm

参考URL:http://park2.wakwak.com/~lion/benkyou/kotoba-tukaiwake.htm

Q「知る」の尊敬語って…

「知る」の尊敬語ってないんですか?
謙譲語は「存じ上げる」ですよねぇ?
尊敬語は何なのでしょうか。

Aベストアンサー

 尊敬語はご存じでいいのではないでしょうか。

Q倉庫(或いは工場)から配送の、、、

箱詰め仕訳け作業って、、、 無 人 化 出来ますよね。

コスト的に釣り合う処は、其れを採用している訳でしょうが、、、

人力に、頼っている処?商品もある。

        さ、て?

其れを、採用している?していない?

    の、比率 は、ドンな?モンなのでしょうか?

 個数面、コスト面、重量面、容積面、、、

様々な、比較の、面が在るとは思いますが、、、

何処まで?進行しているでしょうか?

Aベストアンサー

アイデアはいいと思います。
問題は機械化投資のコストでしょうね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報