これからの季節に親子でハイキング! >>

誤って、軽油車に間違えてガソリンを入れてしまい家に乗って帰ってしまいました。軽油をポンプで汲み取りしましたがなかなか全部とれません。なにかよい方法はありませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

乗用車を試験する部署にいた先輩が昔言っていました。



「とりあえず、ドレンから抜いて、軽油を満タンにすれば、フツーに走るで。どこかのドラマで、絶対に壊れるから走ってだめだ、というのは、ウソやからなぁ。半分くらいガソリンが混じっていても、よっぽどのことがない限り、壊れないよ。」

信用するかしないかは、あなたしだいです。

ただ、燃料ポンプが分配形か、列形かで全く対応が変わりますので、分配形だと、他の方のおっしゃるように、ポンプの潤滑不足で焼きつく可能性が出てきますが、とりあえず家まで帰ることが出来たのですから、まだ、致命的な破壊には至ってないですね。異常によく回るディーゼルエンジンだと感じませんでしたか? ディーゼルエンジンにガソリンを入れたら、よく回るんですよね。そのまま使うと分配形ポンプは壊れますけど・・・。
列形だと、ポンプの潤滑は燃料でおこなってませんので、なーんにも心配しなくていいんですけどね。でも、これ、大型トラックなんかのポンプ形式なんですよね。

セルフでない給油所で給油したのでしたら、伝票とともに、その給油所にクレームをつけて、すべて直させましょう。
あなたの給油ミスでしたら、あきらめて、動くうちはそのまま使用するのが得策と思われますが、いかがでしょうか?

でも、抜いた燃料は、焚き火の焚き付けくらいしか用途がないですので、保管には注意してくださいね。
    • good
    • 6

● 混油の割合はどのくらいでしょうか?


 (1) 1割、2割と少なければ、そんな問題ないと思います。ディーゼルエンジンは、軽油に含まれる硫黄分、リン分などの力からも潤滑効果を計算しています。ガソリンはこれらの成分は少量です。しかしディーゼルエンジンは、丈夫ですので、そんなに簡単に壊れませんョ。
 大量でない場合は、新油(軽油)をこまめに給油し、ガソリン成分を薄めれば大丈夫でしょう。
 DPFに対しても問題ありません

(2) 大量である場合は、いつも整備を依頼されている所へ燃料タンクのクリーニングを依頼されることをオススメします。燃料タンクのドレンコックが付いていない車もあります。
 暑くなる季節、ガソリン蒸気が爆発範囲濃度となると大変危険です。また、安易な廃棄や保管は危険です。下水は当然に厳禁です。
 
(3) 抜いた燃料は? 
 ガソリンの保管は、金属製の容器(専用容器)が原則です。石油製品は揺れると静電気を蓄積し、アースされないと火花⇒最悪発火します。GSの地下タンクの移送作業中に、アース接地を怠った疑いの火災事故例。セルフGSでお客様の衣服の静電気からの疑いの火災例もあります。ご注意下さい。
       ●●抜いた燃料は早期にGSの廃油タンクへ!●●
 
(4) 誰が給油したのですか?
 GS従業員であれば、給油伝票を持参し、早めに連絡することをオススメします。
    • good
    • 11

前回答者さん達も言っておられますが、エンジンは回してはいけません。

用途がない燃料も抜かない方が良いです。整備工場に総てをまかせた方が良いです。燃料噴射系はオーバーホールが必要と思われます。軽油は噴射系の潤滑をしてから燃焼室に噴射されます。ガソリンには潤滑性が殆どありません。混合燃料で少しは潤滑性があって噴射系が痛んでなければ、部品交換はしなくて済むかも知れません。
    • good
    • 4

元整備士です。


まずは、これ以上エンジンをかけるのをおやめください。
噴射ポンプはもとより、エンジン自体が壊れてしまう恐れが有ります。
ガソリンエンジンと違い、ディーゼルエンジンはかなり圧縮圧力が強いので、下手をすると確実にエンジン内部がやられますよ。

で、混合してしまった燃料ですが、他の回答者の方がお答えになっている様に、整備工場等で燃料タンクから抜いてもらうといいでしょう。
個人でやられるのは大変危険ですので、絶対にお勧めしません。
もしかすると、噴射ポンプのオーバーホールになるかもしれませんよ。
    • good
    • 6

燃料の性質の違いから噴射ポンプ(燃料を送る物)等が破損する可能性がありますので、早めに整備工場等にみてもらったほうがいいでしょう、

燃料タンクの下から抜いて、燃料エレメントの交換となるでしょう
    • good
    • 3

そうですねぇ、タンクにドレンが無ければ手動ポンプに水道ホースを延長して、シュポシュポ気長に抜けるだけやれば大丈夫でしょう。

そのあと軽油をポリタンでも15リットルも入れればガソリンも希釈されるし・・・。

何がダメかって燃料ポンプがガソリンでは潤滑されなくなるのでポンプが焼き付くんです。
    • good
    • 4

ディーラーに電話して引き取りに来て貰ってください。


燃料フィルタなどにも回っている可能性があるので、交換した方が良いと思いますので。

リアシートをはぐると燃料ポンプのドアにたどり着きますから、そこを開けると燃料タンクです。
が、ガソリンは引火性が高く、静電気でも火が点いてしまいます。
きちんとアースしたり、消化器を準備したりと大変です。

また、混じった燃料は使用できませんので、全て廃棄しなければなりません。
自分で抜き出して、出てきた廃油(あえて)はどうします?
軽油車ですから50Lはあるでしょ。なんにも使えませんよ。

逆をやったヤツが居ます。
70Lパーでしたわ。
    • good
    • 1

ディーゼルエンジンは、エンジンの中で燃料である軽油が燃焼するといいます。

ディーゼルエンジンは空気だけを吸い込んで圧縮して、高圧で軽油を細かい霧にして吹き付けるとものすごい勢いで燃焼します。この時発生する熱で空気が膨張することと燃料が燃焼してガスになって体積が大きくなり、その力でエンジンを回転させるのです。ディーゼルエンジンには火花で火を着けることが必要ありません。
一方、ガソリンエンジンでは、エンジンに空気と燃料を適当な割合(良い割合)で混ぜて吸い込ませ、圧縮して火花をとばして着火させて爆発させます。この爆発力と急激に膨張する空気と爆発ガスでエンジンを回転させます。
    • good
    • 3

給油前、タンク内の軽油残量が大目だったのか帰宅はできたようですが、そのままですとエンジンはかからなくなります。


全量をディーラーで抜いてもらったほうが良いかと思います。

タンク内は、走行時の液揺れを抑えるため仕切り板があるので、給油口から素直に抜ける構造ではありません。
    • good
    • 2

念のため、


エンジンは絶対に動かしてはいけません。
エンジンが焼きつく可能性が高いです。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qディーゼル車にガソリンを入れたらどうなりますか?

ディーゼル車にガソリンを入れたらどうなりますか?

Aベストアンサー

ガソリンと軽油は燃料の特性が異なります。
他の人が言及している、潤滑性。燃料ポンプや燃料弁への潤滑がガソリンの場合は粘性が低く、期待できません→故障の原因になります。

もう一点、根本的な問題があります。ガソリンエンジンはプラグのスパークという火種があって着火します。気温がマイナスの環境でもエンジンの始動ができるように燃料の引火点が-30~-40度くらいです。
ガソリンが火種がない状態で自然着火する発火点は意外にも500度の高温です。→ガソリンはプラグのないディーゼルエンジンの燃料にはなりません。
一方、軽油はガソリンと反対の特性があって、引火点は40度程度・・・という事は、ガソリン車に軽油を入れた場合は寒冷地ではもちろん、本州でも起動不能でしょう(他の回答者様が動いていたという例はガソリンと軽油が混合した状態だと思われます)
気温程度の温度の軽油にマッチの火を突っ込んでも、着火せず消えてしまうのです。(ガソリンでそんな事をすると爆発に近い燃焼となります)

回答としては、起動不能・・という事になります

参考URL:http://www.isuzu.co.jp/semi/diesel_1/merit/05.html

ガソリンと軽油は燃料の特性が異なります。
他の人が言及している、潤滑性。燃料ポンプや燃料弁への潤滑がガソリンの場合は粘性が低く、期待できません→故障の原因になります。

もう一点、根本的な問題があります。ガソリンエンジンはプラグのスパークという火種があって着火します。気温がマイナスの環境でもエンジンの始動ができるように燃料の引火点が-30~-40度くらいです。
ガソリンが火種がない状態で自然着火する発火点は意外にも500度の高温です。→ガソリンはプラグのないディーゼルエンジンの...続きを読む

Q軽油なのにガソリンを入れられた!責任とってもらえる?

先日、友人に車を貸して、燃料満タンで返してもらったのですが、次に車を動かそうとすると、エンジンが止まったりするので、
おかしいと思ってメーカーに修理を依頼したのですが、原因がわからないとのこと。
その後、友人と何か不都合が無かったか考えていた時に、ふと給油時のレシートを見て驚き、
「レギュラー」を満タンにされていたことに気が付きました。
給油口にも、給油キャップにも「軽油」のステッカーがはっていたにもかかわらずです。
友人は「油種を告げなかった、でも、店員も油種の口頭確認をしなかった」とのことです。
これはどちらが悪いのでしょうか?スタンド側が悪いとなったとき、
関連の破損個所や、影響が出ると思しき個所の修理代はでるのでしょうか?
メーカー側からは20万以上の修理代が必要と見積もりをもらっているのですが・・・。
給油後、何度かエンジンをかけており、数km(メーカー修理工場まで)走ってしまいました。
車はハイエースです。

Aベストアンサー

私自身が同じくハイエースでやられました!。

ガソリン車からディーゼル車に乗りかえて初の給油で、いつものスタンドで「ディーゼルで」と言ったのに「顔」で判断されてしまい、レギュラー満タン!。
直ぐに止まってしまい、もしやとレシートを確認したら・・・。携帯でスタンドに連絡し、その場でステッカーを確認させて「所長」に謝罪・全額賠償の「念書」を手書きで書かせ社印も押させました。直ぐに同じハイエースを用意させて修理工場が決まるまでスタンドで預かることになったのですが、後から出てきた担当者がいろいろゴネだして解決するまでに半年以上掛かりました。最後に弁護士会の無料相談に行き、これ以上ゴネるなら訴える用意があることを「書面」で伝えるアドバイスを受け、実行すると向こうも折れ、エンジン乗せ換え費用全額・代車(レンタカー)費用全額・慰謝料¥3.000X半年で決着しましたが弁護士さん曰く、「事実だけでも十分に勝てるけど念書がないと全費用を払わせるのは難しい」との事でした。ご友人の不注意もあるかもしれませんが、非がないのですからあくまで「強気」で押すべきだと思います。各都道府県の弁護士会が地域によって不規則ですが無料相談でよいアドバイスをしていただけるはずですから一度、利用されてみてはいかがでしょうか?。

私自身が同じくハイエースでやられました!。

ガソリン車からディーゼル車に乗りかえて初の給油で、いつものスタンドで「ディーゼルで」と言ったのに「顔」で判断されてしまい、レギュラー満タン!。
直ぐに止まってしまい、もしやとレシートを確認したら・・・。携帯でスタンドに連絡し、その場でステッカーを確認させて「所長」に謝罪・全額賠償の「念書」を手書きで書かせ社印も押させました。直ぐに同じハイエースを用意させて修理工場が決まるまでスタンドで預かることになったのですが、後から出てきた...続きを読む

Qガソリン車に軽油をいれたらどうなるの

ガソリン車に軽油を入れてしまった場合
エンジンはどうなるのでしょうか?
エンジンはかかるはずですが
排気ガスは白くなるのでしょうか
それとも黒いのでしょうか
シリンダー内は黒くすすがつくのでしょうか
わかる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

ガソリン車に軽油を入れた場合、とりあえずほとんどの場合エンジンはかかりますが、軽油の着火温度がガソリンより低いため非常にオクタン価の低い燃料と等価であると考えら、強烈なノッキングを発生するでしょう。また、引火点は逆に軽油の方が高く揮発性も低いため十分に燃料がガス化しないため混合気が均一とはならず、燃焼室内で過濃な部分や過薄な部分ができ、これも安定した燃焼を妨げる原因になるでしょう。

排気ガスの色については白色(燃焼が完全に進まず未燃焼の燃料蒸気が排出される場合)と黒色(燃料と空気の混合が不完全で部分的に酸欠状態が起こる場合)の両方が考えられます。どちらが発生するか、または双方が同時に起こり灰色の排気になるかは、エンジンの運転状況やエンジンの機種毎に異なるかと思います。

いずれにしても完全な燃焼を望むべくも無く、エンジンの性能を十分に引き出すことはできないでしょうし、激しいノッキングは時にエンジンを破壊(特にターボチャージャーなどの過給機を備えたものでは)にいたる場合もあります。

逆にディーゼル車にガソリンを給油してしまうとエンジンの始動自体が不可能になる場合がほとんどです。

ガソリン車に軽油を入れた場合、とりあえずほとんどの場合エンジンはかかりますが、軽油の着火温度がガソリンより低いため非常にオクタン価の低い燃料と等価であると考えら、強烈なノッキングを発生するでしょう。また、引火点は逆に軽油の方が高く揮発性も低いため十分に燃料がガス化しないため混合気が均一とはならず、燃焼室内で過濃な部分や過薄な部分ができ、これも安定した燃焼を妨げる原因になるでしょう。

排気ガスの色については白色(燃焼が完全に進まず未燃焼の燃料蒸気が排出される場合)と黒色(...続きを読む

Q間違えて給油した時の対応

ふと思ったのですが、スタンドで間違えて給油した場合、それもガソリン車に軽油とか、ディーゼル車にガソリンとかという決定的な間違えをした場合、どうするんでしょうか? どっかから抜くことができるんですか? あるいはそれ用の大きなポンプがあるとか?

いくらスタンドのプロだって、やっぱり人間ですからね、間違えることってあるんじゃないかと思うんですが、そういう経験をお持ちの方や、知っている方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

タンク内だけならタンク底面のドレーンプラグから抜いてやれば先ずは問題ないでしょう。ただし油種の間違いに気が付かず始動(始動操作だけの場合を含む)指定待った場合は油種によっては結構面倒ですね。ハイオクとレギュラーの間違え程度であればさほどの問題ではないのです(現在主流のインジェクション仕様のエンジンでは燃料はタンクとエンジンの間を常に循環しているため、燃料を入れ替えることでフューエルライン内の燃料も入れ替わるため)が、ディーゼル車にガソリンを給油してしまうとかなり厄介です。ディーゼルエンジンはガソリンでは運転不可能(燃料の着火点が高いので燃料に着火できません)ですし、フューエルポンプ自体がエンジンで駆動されるためエンジンが掛からないとポンプも回りません。また、噴射ポンプ内の潤滑を燃料で行っているため、ガソリンでは潤滑がうまくいかずポンプを壊してしまう可能性もあります。そのためタンク内に軽油を給油した後にセジメンター(油水分離用のフィルター)のドレーンから内部の燃料を抜き取り、ハンドフィードポンプ(燃料ラインのエア抜き用の手動ポンプ)を利用して噴射ポンプ内やフューエルライン内の燃料をすべて入れ替える必要があります。

ガソリン車であれば仮に軽油を給油した後にエンジンをかけてしまっても、タンク内の燃料を抜き取り正規の燃料に入れ替えた後に、エンジンからタンクへの燃料のリターンパイプをはずし、廃油を受けるタンクに入れてエンジンを始動すれば(ガソリンエンジンは調子は悪いものの軽油でも掛かります)燃料ラインないの燃料もすべて入れ替わります。ただしキャブレター仕様車では燃料のリターンがないので、キャブレターのドレーンを開きそこから軽油を排出することになり少々厄介です。

タンク内だけならタンク底面のドレーンプラグから抜いてやれば先ずは問題ないでしょう。ただし油種の間違いに気が付かず始動(始動操作だけの場合を含む)指定待った場合は油種によっては結構面倒ですね。ハイオクとレギュラーの間違え程度であればさほどの問題ではないのです(現在主流のインジェクション仕様のエンジンでは燃料はタンクとエンジンの間を常に循環しているため、燃料を入れ替えることでフューエルライン内の燃料も入れ替わるため)が、ディーゼル車にガソリンを給油してしまうとかなり厄介です。...続きを読む

Qディーゼル車にガソリンを誤入

2日前にディーゼル車にガソリンを24L誤給油してしまいました。そのスタンドにはセルフで詳しい方も居なく、時間も無かったため、近所のパーキングまで動かして、タクシーにて移動しました。今日戻ってきましたが、動かすのもまずいと思い質問します。給油後の運転は、数百メートルで、その時は異常なかったです。その後一回もエンジンはかけいません。返事よろしくお願いします

Aベストアンサー

GSに運び、燃料を抜き取ってもらいます。
で、その混合燃料は廃油として処理してもらいます。
新たに軽油を補給し、エア抜きの要領でライン内のガソリンを排出し、乾くまで待ちます。
その後、エンジンを始動させ、安定するまでアイドリングと空ぶかしをすれば元に戻ります。

そのままではアイドリング程度では動きますが、燃料ポンプの潤滑不足でそのうち壊れてしまいます。

Qガソリン(レギュラー)と軽油の混合?

先日、後輩から「ガソリン(レギュラー)と軽油の混合」でエンジンを動かした事があると聞いた事があります。
キャブレターでは無くインジェクションで圧縮比も通常車で8(レギュラー)対2(軽油)で混合させても問題無く走行し燃費も多少悪かったものの問題無かったと話しておりましたが私は信じられません。
バブル期のCAR雑誌でもTEST車で記載してたそうなのですが、こんな事出来るのでしょうか?
私の乗っているのはハイオク車なので上記は興味は無いのですが、誰か実施された方等いらっしゃいましたら体験談等お教え下さい。

では、宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

最近よくニュースでやっていますが、セルフスタンドで軽自動車に軽油を間違えて入れるドライバーが増えているみたいです。
JAF調べによると、東海4県と北陸3県で今年7月~9月の間に計232件発生したことが分かった、とあります。
初めて聞いた時、"考えられへん!"と思いましたが間違いの理由が"ケイのアブラと書いて軽油なので軽自動車の燃料だと思った!"とか"値段が一番安かったので入れた"とゆう理由です。
原因としては、今まで「セルフは面倒くさい!」と言ってノンセルフで入れていたドライバーが燃料の価格高騰により少しでも安く入れようとセルフスタンドに移ってきた事が原因らしいです。(ノンセルフの店ではまず有り得ないトラブルでしょう。)
先日ワイドショーで、タンクが空の状態のガソリン車に100%軽油を入れるとどの位で停まるか!って実験をしたところ、エンジンはかかるものの歩くより遅いスピードで白煙や黒煙を噴きながら数百メートルで完全に停まってました。
タンクが全くの空でなければ暫くは普通に走るそうなので軽油を誤入したドライバーも何故停まったのか原因が分からないそうです。(間違ったモノを入れたと思ってないから。)
8:2程度なら問題なく走るとは思いますが、何回も繰り返しているとエンジンにも良くないでしょうね!
燃料代ケチったばっかりに修理代に何万もかかってしまうハメになるでしょう...。

最近よくニュースでやっていますが、セルフスタンドで軽自動車に軽油を間違えて入れるドライバーが増えているみたいです。
JAF調べによると、東海4県と北陸3県で今年7月~9月の間に計232件発生したことが分かった、とあります。
初めて聞いた時、"考えられへん!"と思いましたが間違いの理由が"ケイのアブラと書いて軽油なので軽自動車の燃料だと思った!"とか"値段が一番安かったので入れた"とゆう理由です。
原因としては、今まで「セルフは面倒くさい!」と言ってノンセルフで入れていたドライバーが...続きを読む

Qガソリン車に誤って軽油を入れてしまった場合

ガソリン車に誤って軽油を入れてしまった場合はどのような対策をしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、エンジンをかけちゃだめです。
キーはアクセサリまでしか回さないでください。
燃料ポンプが回るとまずいので。

それからタンクから軽油を抜きます。
廃油の問題もありますし、割と簡単ではないのでディーラーとか整備工場でお願いしてください。

Q友人がガソリンの代わりに軽油を入れてしまったそうです・・・!

友人がスズキのラパン(ガソリン車)に、セルフスタンドで間違えて軽油を入れてしまったそうです。
その後、走行中にエンジンが止まり、再度掛け直したところ、ブルブルと震えておかしかったので、エンジンを止めて保険屋を呼んだそうです。

そこで、ガソリンタンクの洗浄だけだと17000円、部品(どの部品かは詳しく聞いていないので分かりません)交換の場合は11万円だそうです。
交換の場合は保障が付いていて、同じ原因で故障した場合には無償修理をしてくれるらしいです。

ここからが質問なのですが、洗浄と交換、どちらを勧めた方が良いのでしょうか?
万一の事を考えれば交換の方が良いに決まっていますが、洗浄だけの場合には、何か不具合が考えられるのでしょうか?
経験者の方、詳しく分かる方、是非ともお知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

ガソリンと軽油の機械トラブルの誤入での大きな要因は、燃料に潤滑性能が有るか否かの問題です。
ご質問者の場合 燃料噴射関係の機械側に潤滑を求めていないにも関わらず、潤滑性能の高い燃料を入れてしまったわけですから機械的なトラブルは皆無と言って良いでしょう。
しかし今の車は コンピューターで燃料の燃え方も学習して燃費向上や排気ガスのクリーン化に貢献していますので 失火を繰り返したことでコンピューターも誤った学習をしています。
又失火が繰り返されていますのでエンジンオイルもシャビシャビの薄い状態になっている可能性もあります。
以上のことを踏まえると、前の回答者の方々のお勧めする「軽油抜き取り作業+洗浄」+「エンジンオイル&フィルター交換」+「エンジンコンピューター学習値のリセット」と数回以上燃料を満タン交換する走行を繰り返した後に「エンジンコンピューター学習値のリセット」+「エンジンオイル交換」をお勧めしますね。
それでもコンピューターが学習することで、エンジンが本調子に戻るまでかなり時間がかかると思います。

Qガソリンを間違って入れられました

日産のX-TRAILに乗っており 軽油のところガソリンスタンドで
ガソリンを間違って入れられてしまいました。

知らずに走行し駐車場で止めた所 停車してしまい
スタンドでレッカー車を呼んでもらい整備に出してもらったのですが
今後 この車を乗車してゆくのが不安なのですが
大丈夫なのでしょうか?(まだ車は修理・点検中)

また このような件で ガソリンスタンドは
どの程度責任をとってもらえるのでしょうか?
教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

当方は逆ですが経験有ります。
=ディーゼル全盛の時期のガソリンパジェロで
誤って軽油を入れられました。

この場合はタンク取り外しに内部洗浄で終わりでしたが
当然代車費用まで含めてすべてGSの負担です。

質問者さんの方が非常に重篤なのは
すでに回答があるとおり
コモンレールの超高圧ポンプのエクストレイルでの
ガソリン混入です。

ハッキリ言って
コモンレールのポンプはすでに全損と認められます。

軽くなど済みません!!!
コモンレールのポンプは、一式で50万円以上する代物です。
そしてそれにタンク洗浄やライン洗浄、フィルター交換など入ってきますので
おおよそ100万円近い保証を求めてください。

もちろん、
このコモンレールポンプ交換は
ディーラーでももてあますくらいの整備内容で、
県下の最大ディーラーの工場、あるいは
最悪本社送りになります。
その辺の整備工場で直せる代物ではありません!!!絶対!!!

このままはしると、
ポンプ破損により
不動車になります。
早急な手当が必要ですし、自走は不可です!!!
ディーラーとガソリンスタンドに電話して
積車で運んでもらってください。

ガソリンスタンドが入れた整備工場から
早急に車を引き上げてください!!!!!
だめです。
ディーラーでないと!!!
絶対!

トラック整備の工場だと
すでにコモンレールポンプを整備できる環境が整ってきていますが
乗用車整備部門では100パーセント無理。
トラック用コモンレールは乗用に比べると少し低圧な使用です。
トラック工場でも断られるでしょう。

適当なところだと、
ここの回答のように適当な修理で済まされますね。
タンクとライン洗浄だけで終わり!

そんな車、あと1万kmの命です。

当方は逆ですが経験有ります。
=ディーゼル全盛の時期のガソリンパジェロで
誤って軽油を入れられました。

この場合はタンク取り外しに内部洗浄で終わりでしたが
当然代車費用まで含めてすべてGSの負担です。

質問者さんの方が非常に重篤なのは
すでに回答があるとおり
コモンレールの超高圧ポンプのエクストレイルでの
ガソリン混入です。

ハッキリ言って
コモンレールのポンプはすでに全損と認められます。

軽くなど済みません!!!
コモンレールのポンプは、一式で50万円以上する代物です。
そしてそれ...続きを読む

Q不要のガソリンを廃棄する方法。

いつもお世話になってます。

バイクのような小型エンジンにガソリンを入れて、エンジン始動を試みましたが壊れていることが判りました。
ひとまず、給油したガソリン(約2L)をシュポシュポ(灯油をポリからストーブに移すスポイト)で抜き、携行缶に戻そうと思います。

その戻したガソリンは、ゴミや水などの不純物があると嫌なので、車に給油したくはありません。

この2Lのガソリンを廃棄する場合、どうすればいいのでしょうか?

スタンドに持ち込めば、廃棄してもらえるのでしょうか?


※バイクを拾ったまたは盗難した質問者を想像したお叱り回答はご勘弁下さい。

Aベストアンサー

消防法で売ったガソリンスタンドに引き取り義務があります、遠慮なく引き取ってもらいましょう。私なら気にせず車に使いますがね、燃料タンクにはフィルターが付いてますから。たいていのゴミや水はフィルタ^で防いでくれます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング