私の家の家紋は「右一つ巴」ですが、祖父の話では、元々「三つ巴」だったもの
を分家で分け合って一つになったらしいのです。
 私は次男で実家からみると「新宅」になるので、「じゃ、三つ巴に戻そう!」か
と思ってるのですが・・・・
 本当に、それでいいのかどうかが分かりません。
知ってる方、または、相談できる場所をご存じの方がいれば、回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

もともと「本家」と「分家」は家紋が異なります。


元紋を用いる本家から分家した際に、分家は丸や四角で囲んだり、多少変化させた代わり紋を用います。
例えば、徳川家の葵紋も徳川宗家の紋と、紀州家、尾張家、水戸家、その他松平家で用いられますが、すべて異なる紋です。
天皇家もそうですね。菊紋だけは天皇家、宮家は菊に何かをあしらっていますね。
同様に現在企業で用いられている三井の紋も、中の三の形が異なり、よく見ると各社ことなるでしょ。
したがって、昔の習慣に戻って考えれば、本家を継ぐものだけが本家の紋を使う事ができ、あなたが次男で分家したとしたら、長男さんとも異なる新たな紋にするのが昔流です。
もちろん、現代は家制度も無いので、分家がありませんから、一族が同じ紋を使うようになっていますし、そもそも法律があるわけではありませんので、まったく自由です。
以上amida3@坊さんでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。
法的に云々という事はないんですねぇ。とは言ってもkohei_iさんの回答のように本家側が不快に感じるような事であれば、控えないと・・・と思ってしまいます。
 全くの自由なら、三つ葉葵!って心で思ったりもしましたが、実家が巴なのに葵って関連性ないですよね(^^;
 むぅ~ん。難しいものですね。一番の解決は、素直に本家の家紋にすればよいのでしょうが、私自身が一つ巴が好きになれないんです。
 もう少し勉強してみます。

お礼日時:2001/10/11 23:00

家紋自体は好きなのを使っても構わないと聞いた覚えがあります。



習慣としてはいろいろあるようですが、よくわかりません(^^;

また、苗字と家紋が同じ、似ている等で血縁があるかがわかるとかあるみたいですね。
まあ、代々伝えているとか,bartzさんの用に一族とわかるような変化をつけるが似たものを使うと言う習慣があってこそですが。

参考なりそうなサイトを上げておきます。

家紋百景
http://www1.neweb.ne.jp/wa/acky/kamon/001kamon.h …
家紋WORLD
http://www.harimaya.com/kamon/

参考URL:http://www1.neweb.ne.jp/wa/acky/kamon/001kamon.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答をありがとうございます。
kohei_iさんの意見を参考に、このサイトで勉強させていただきます。

お礼日時:2001/10/11 22:52

こんにちは。

呉服屋を営んでいるものです。
全くの新宅ですから、どんな紋をつけてもいいというわけではないと思います。
「三つ巴」の紋をつけた場合、本家の方はどう思われるでしょうか。私が思うに、あまりいい思いはしないと思うのです。
本家が他の家より偉いとか格上だとかいうつもりはありませんが、気持ちのいいものでもないと思います。
紋には色々なバリエーションがありますから、
お近くの紋屋さん、老舗の呉服屋さんに相談してみてはいかがでしょうか。
必ず紋帳というものを持っていますので、「巴」の項目の紋をご覧なって下さい。(紋帳って、いろはの順番で掲載されています。)いろんな種類のものがありますので、
「巴」の別ヴァージョンを参考にしてはいかがかと思います。

私の意見としては、「三つ巴」に戻すのはあまり賛成できません。

この回答への補足

 terra5さんに教えてもらったサイトを見て、巴の色々な紋を見ました。
一つ巴での気に入ったものがなかったのですが、二つ巴で「子持ち菱に二つ巴」とう家紋を見つけました。これを変形して、「子持ち菱に一つ巴」という選択はないのでしょうか?
 これなら、一つ巴を継承しつつ、分家として変形してる・・・と思うのですが。どうでしょうか?

補足日時:2001/10/12 00:09
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 早速の回答、ありがとうございました。
家紋がきっかけで、本家とギクシャクするのは困ります。
家紋にも、ランクがあるのですね。。。。
という事は、当たり障りのない一つ巴同等以下のものを選択すべきという事ですね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/11 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旦那(次男)の祖父の葬式での、嫁の私の役目

旦那(25才)の祖父(80才)が肺ガンの為、もう長くないようなのですが、もし葬式になったら…

旦那は田舎の農家の次男。私達夫婦は、旦那の実家から車で10分の借家暮らし。(専業主婦・1才息子アリ)

長男は、結婚していて実家から1時間のマンションに住んでます。(共働き・子供ナシ)

実家は、旦那の両親と父方の祖父母の4人暮らし。
かなり田舎なので、たいがい自分の家で葬式をあげます。

もし義祖父が死んで、葬式が家で行われるとなると、住んでる場所も近く、働いてないという理由で、私だけ狩り出されそうでイヤです。

田舎の家の葬式は、どんな感じで、私みたいな立場の人は、どんな扱いをされる…もしくはどんな仕事を命令されるものなんですか?
義父(農家)との関係が悪く、今から憂鬱です。
義兄夫婦とは仲良しです。

経験された方、詳しい方、田舎の事がまったくわからない私におしえていただけませんか?
おねがいします。

Aベストアンサー

>住んでる場所も近く、働いてないという理由で、私だけ狩り出されそうでイヤです。

嫁いだからには、その家の者として、お舅様、お姑様に恥をかかせない様、立ち回らなければなりません。

貴方は二男の嫁ですから、貴方だけが・・・と言う事は普通では考えられません。(小さいお子さんもいますし)
親世代や、お祖父母様の世代、特に田舎の様に長年その地に住んでいる家の場合、長男が何でも1番です(良くも悪くも)兄嫁様がどの程度、跡取りにの嫁(長男の嫁)としての自覚がお有りなのかはわかりませんが、そのような時は、先ず、(冠婚葬祭)裏方の仕切りはお姑様がされると思いますので、それに習って兄嫁様が動かれると思います。
二男の嫁である貴方はそのお二方にお聞きになりながら動かれると間違いはないと思います。
間違っても、兄嫁様を通り越して、独断で動かれないようにしてくださいね。

何時その時が来ても大丈夫なように、準備(ご主人と貴方の喪服、礼服、ブラックフォーマル、白か黒のエプロン、お子さんのお出かけセット、香典その他の出費に備えての現金、など)は周到にしておかれますように。
隣組制度が残っていれば裏方はご近所の方がされると思いますが、孫嫁や孫娘もその中も入ることも考えられます。
前でも後ろでも働けるようご準備ください(台所仕事の場合は足元が冷えますから厚地のソックスがあると便利です)

お祖父様、お大事になさってくださいね。

>住んでる場所も近く、働いてないという理由で、私だけ狩り出されそうでイヤです。

嫁いだからには、その家の者として、お舅様、お姑様に恥をかかせない様、立ち回らなければなりません。

貴方は二男の嫁ですから、貴方だけが・・・と言う事は普通では考えられません。(小さいお子さんもいますし)
親世代や、お祖父母様の世代、特に田舎の様に長年その地に住んでいる家の場合、長男が何でも1番です(良くも悪くも)兄嫁様がどの程度、跡取りにの嫁(長男の嫁)としての自覚がお有りなのかはわかりません...続きを読む

Q分家が本家の墓を継承できるか

 私は長男で家の墓の継承者ですが、娘が遠くへ嫁ぎ、将来的に墓の継承は無理です。弟が分家していますが、墓をまだ持たずにいて、将来的にも経済的に持てる状況にありません。弟には息子が居て将来墓の継承を託せると思います。私の死後、我が家の墓を弟が継承し、かつ、弟もその墓にはいることは、許されることでしょうか。

Aベストアンサー

遺族の合意があれば大丈夫ですよ。長男が墓を引き継ぐというのは習慣上だけで、遺産相続のときの協議の対象になり得ます。この場合、お墓や仏壇、神棚は相続税がかかりません。

Q分家の墓

私の両親のお墓(私の墓)について悩んでおります。
両親ともまだまだ健在で早すぎる話なので、きちんとした話し合いをする前の状況ですが、いつ何が起こるか分からないので質問させていただきます。
簡単に今我が家の状況を整理すると次のとおりです。
1.父親は男5人兄弟の三男。
2.父親の兄弟で結婚しているのは、長男(伯父)、父のみで、孫の男は私と妹。妹は嫁にいきました。
3.私の祖父は他界、祖母は健在で伯父夫婦と同居中。
4.私は独身。
5.両親は九州、本家は関東、私も東京

ポイントは孫の代が私一人であり、名前を途絶えさせたくないと考えているところです。
かなり先の話ですが、私一人(もしくは夫婦)で、先祖のお墓を守るかもと考えていました。
しかし、父は分家になるため本家のお墓には入れないと父より聞きました。
そこで、遠方の両親の老後のことも考え、私としてどのようにしたらよいか悩んでいます。
母は、
(1)父母(分家)のお墓を建立。私も父母の墓に。本家は永代供養。
と言っています。どこに作るのかという問題が発生します。
しかし、私としては
(2)父母も本家の墓に入り、私も本家に。
が分かりやすいのではないないかと考えています。
また、
(3)一度父母の墓を建立、のちのち本家と合わせる。
ということも可能なのでしょうか。

物理的な距離の問題でも悩んでいるため、常識的に可能な選択肢をいくつか頂きたく、アドバイスを宜しくお願いいたします。

私の両親のお墓(私の墓)について悩んでおります。
両親ともまだまだ健在で早すぎる話なので、きちんとした話し合いをする前の状況ですが、いつ何が起こるか分からないので質問させていただきます。
簡単に今我が家の状況を整理すると次のとおりです。
1.父親は男5人兄弟の三男。
2.父親の兄弟で結婚しているのは、長男(伯父)、父のみで、孫の男は私と妹。妹は嫁にいきました。
3.私の祖父は他界、祖母は健在で伯父夫婦と同居中。
4.私は独身。
5.両親は九州、本家は関東、私も東京

ポイ...続きを読む

Aベストアンサー

 本家を永代供養にするというのは,私の住んでいる地域では耳にしない話ですね。分家がある以上,いずれかの分家が本家の祭祀を継ぐのが通例だと思います。
 
 本家を継いでおられる伯父様に子がないということであれば,伯父様は先祖代々の墓に入られるでしょうし,その墓は,伯父様の奥様が継承されるでしょう。そして伯父様の奥様が亡くなられた後,誰がその墓の面倒を見るかという問題が起きますよね。
 たいてい,このような場合,次男(又はその子)が祭祀を継承することになります。
 分家だから墓を新たに建立しなければならないというのは,一般的なことだと思いますが,そうすると,いずれ質問者の方は,先祖代々の墓と父母の墓の2つの墓の面倒を看なければならないことになります。ということは,負担が倍になるということです。
 
 どのような順番でお亡くなりになるかはわかりませんが,本家の伯父様・伯母様よりご両親のいずれかが先に亡くなった場合,本家がお世話になっているお寺さんに遺骨を預かって貰い,質問者の方が祭祀を継承された時に,先祖代々の墓にご両親の遺骨を納められれば宜しいかと存じます。

 本家を永代供養にするというのは,私の住んでいる地域では耳にしない話ですね。分家がある以上,いずれかの分家が本家の祭祀を継ぐのが通例だと思います。
 
 本家を継いでおられる伯父様に子がないということであれば,伯父様は先祖代々の墓に入られるでしょうし,その墓は,伯父様の奥様が継承されるでしょう。そして伯父様の奥様が亡くなられた後,誰がその墓の面倒を見るかという問題が起きますよね。
 たいてい,このような場合,次男(又はその子)が祭祀を継承することになります。
 分家だから...続きを読む

Q祖父が、なくなりました。 お通夜・告別式は仏教で、 お葬式の日のお別れで棺の中の祖父の遺体の手など触

祖父が、なくなりました。
お通夜・告別式は仏教で、
お葬式の日のお別れで棺の中の祖父の遺体の手など触わりました。
後から聞いたのですが遺体に触れた人はこれから一年間、神社の鳥居などくぐったり神棚のお水を替えたり、お参りしてはいけないというのは本当ですか?
49日以降もダメなのでしょうか?
(これから一年間、合格祈願や必勝祈願、神社のお祭りの実行委員だったり何かと神社をに関わった生活をしていかなければいけないのですか…困りました。)
誰か詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

まず、なぜ身内から死者がでると神社にいけなくなるか、ということです。
これは神社が「穢れ」を嫌うからです。神道では清めることがもっとも重要ですから、穢れることをもっとも恐れます。罪の中でも穢れはかなり高い罪になります。
死は神道では穢れ、なのです。

ですから、身内から死者が出た場合は神社に行ったり、神棚を参拝することは控えることになります。その期間については、明治時代に神道が整理された際に定められていて、
父母は50日
祖父母は30日
曾祖父母・兄弟姉妹は20日
などと規定されています。

ですから質問者様の場合は30日建てば、神社に行くことができるようになります。

次に忌(イミ)と喪(モ)についてです。
身内が亡くなると「喪に服す」とか「喪中」といいます。これは亡くなった故人を偲び、悲しみを表す時期であり、社会とのかかわりを一時的に断つことをする時期とされています。これは日本だけでなく世界的に広く行なわれていますので、神道や仏教というよりも人間の根幹的なものであるといえるでしょう。

日本においてのしきたりとしては、忌の時期と喪の時期に分けられています。先ほどの神社に行ったりできない期間は「忌」であり、本来的には喪服を着て、家に篭るのですが、現代ではそんなことはできないので、基本的に冠婚葬祭に出席しない、というのが基本になります。

忌の時期は飲み会などの人が集まるものに参加するのも戒めるべきだ、という考え方もあります。
少なくとも忌の時期である30日間は「合格祈願や必勝祈願、神社のお祭りの実行委員」などに参加することは控えるほうがいいと思います。

喪というのは良く知られているように、正月の行事(年始の参拝・年始周り・年賀はがきなど)を欠礼したり、結婚式などの慶事に参加しないことをいいます。冠婚葬祭でいえば冠婚の部分になります。ちなみに卒業式などは冠に準じます。祭りに関しては、町内会などが主催するものは喪中でも参加してかまわないと思いますが、神社主催やお御輿などが出る場合はその地域のしきたりを確認するほうがいいでしょう。忌中でなければ「忌明け祓い」をして参加できる、というところなどもあるようです。

で喪の期間ですが、これも親頭によって違います。
父母は13ヶ月、祖父母は150日です。
この期間をすぎると喪があけた、ということになるのですが、質問者様は正月の行事を楽しめるのにたいして、ご両親(性格には祖父の実子のみ)は年賀はがきも出せないし、初詣も行けないことになります。いっしょに住んでいるなら、お節と年賀はがきはあきらめて、質問者様は初詣だけ行けばいいでしょう。

合格祈願や必勝祈願は150日後であれば10月ぐらいですから、まだ間に合うでしょう。忌が明けていれば、行っちゃダメということはありませんがいっしょに行く人で気にする人がいるかもしれません。これもその家のしきたりがあったりします。(なにせ神道は穢れを嫌うので、独特のルールをもつ家もあります)。神社のお祭りの実行委員については、その神社のしきたりを確認しましょう。

参考までに、神職の方々が作っているサイトをご紹介しておきます。ここに詳しく日数が書いてあります。
http://jinja.jp/modules/chishiki/index.php?content_id=132

まず、なぜ身内から死者がでると神社にいけなくなるか、ということです。
これは神社が「穢れ」を嫌うからです。神道では清めることがもっとも重要ですから、穢れることをもっとも恐れます。罪の中でも穢れはかなり高い罪になります。
死は神道では穢れ、なのです。

ですから、身内から死者が出た場合は神社に行ったり、神棚を参拝することは控えることになります。その期間については、明治時代に神道が整理された際に定められていて、
父母は50日
祖父母は30日
曾祖父母・兄弟姉妹は20日
などと規定されていま...続きを読む

Q一つのお墓に対して仏壇は一つなのですか?

義母と今年から同居を始めました。義父は三年前に他界し、お墓は義父が決めていた墓地に主人の名前で建立しました。家には曹洞宗の仏壇を祀り、義父の位牌を入れてあります。実は義父と義母は20年前に離婚しており、主人の親権は義母が持ちました(姓は旧姓には戻しませんでした)。
義父は義母に、別れたけれども墓は自分と一緒の所に入って欲しいと思っていたのですが、義母は現在はとてもそのような気持ちにはならず、実家の方の墓に入りたいと言っております。それについては実家の墓守をしている人間(義母の兄)に了承は得ているそうです。しかし、その義母の兄は独身で子供はなく、少しいい加減な所もあるため、兄の所の仏壇に入れてもらっても、ろくに供養もしてもらえない気がするので、義母は仏壇は自分用の物を新しく構えて、この家で祭って欲しいと申しております。
実家の墓に入るのに、仏壇だけ別に構えてもよいのでしょうか?また、そうすると我が家には義父の物と仏壇が二つになってしまうのですが、それも問題はないのでしょうか?義父と義母では宗派が違いますし、義母の気持ちからすると、二つを一緒にする事は不可能なのですが・・・。主人の兄弟は結婚している姉が一人だけなのですが、そちらにどちらかの仏壇を引き受けてもらうべきなのでしょうか?

義母と今年から同居を始めました。義父は三年前に他界し、お墓は義父が決めていた墓地に主人の名前で建立しました。家には曹洞宗の仏壇を祀り、義父の位牌を入れてあります。実は義父と義母は20年前に離婚しており、主人の親権は義母が持ちました(姓は旧姓には戻しませんでした)。
義父は義母に、別れたけれども墓は自分と一緒の所に入って欲しいと思っていたのですが、義母は現在はとてもそのような気持ちにはならず、実家の方の墓に入りたいと言っております。それについては実家の墓守をしている人間(義...続きを読む

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

仏壇は、その家で信仰されているご本尊さまをお祀りするもので、位牌を一緒に入れるのは本来の姿ではありません。ですが、実際にはご本尊さまの礼拝とご先祖さまへのお参りは一体のものになっているのが普通ですので、便宜的にご位牌も仏壇にお祀りして差し支えないこととされています。
ですから、もし、お義母さまが自分の位牌はお義父さまと同じ仏壇に入れて欲しくないというのであれば、仏壇には入れずに、別の場所でお祀りしてもかまいません。埃が溜まったり人の足で踏むようなところはこまりますが、きちんと掃除した静かな場所で礼拝に適しているのであれば、どこでもかまいません。わざわざお義母さまのご位牌のためだけに仏壇を買う必要はありません。もし、位牌がむき出しの状態ではいやだというのであれば、位牌を収める厨子を求められてはどうでしょうか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報