個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

flashで長めのムービーを作ったのですが、メインタイムラインの「再生」では配置したムービークリップの動きまでは再生できないんでしょうか?

パブリッシュして確認すればいい事ですが修正箇所が終わりあたりにあるので、そこが再生されるまで時間がかかってしまいます。

早く確認するよい方法はないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ムービークリップのタイムラインで付けたアニメだけでしたら、シンボルの編集画面で「制御」→「再生」を実行すると確認できます。


ただし、再生方法はムービーの編集中と同じで、入れ子になったムービークリップのタイムラインは動きませんし、ほとんどのスクリプトも実行されません。
要するに、ムービーの編集中では入れ子になったムービークリップのタイムラインは動かないことになっているようなので、「パブリッシュ」か「ムービープレビュー」で swf ファイルにして確認するしかないと思います。
ただ、「ムービープレビュー」で途中のフレームを飛ばして見る方法はあります。これで早送りして確認してはいかがでしょう。


「ムービープレビュー」で「表示」→「プロファイラ」にチェックを入れ、ムービーの情報を表示します。
左側にフレーム数や容量などの情報、右側にはフレームごとのデータ量、またはストリーミング時(最初にムービーの読み込み完了を待たずに再生を始めた時)のストリーミング量の目安のグラフが表示されます。
右側のグラフはどちらか一方を表示できますが、どちらが表示されていても構いません。

グラフの上に目盛りが振ってあり、フレームの番号に対応しています。ムービーの再生中はこの目盛りの上を小さな▽のマーカーが動いていて、再生しているフレームが分かるようになっています。
再生したいフレームの目盛りをクリックしてみてください。マーカーがそこに移動します。
この時、再生中のムービーは停止しますので、「制御」→「再生」またはムービー上で右クリック( Mac では control +クリック)→「再生」で、再度再生させてください。指定したフレームからムービーが再生されます。


なお、この方法で早送りすると、飛ばしたフレームに設定されていたスクリプトは実行されないまま先に進んでしまいます。
前のフレームでの処理をもとに何かをするスクリプトは、早送りすると正常に動かない可能性があります。
スクリプトの動作を確認するには、スクリプトが実行されているフレームを再生させてから早送りするか、デバッガを利用してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
大変助かりました。

お礼日時:2005/07/08 14:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング