痔になりやすい生活習慣とは?

先日のニュースで、「大麻所持の自衛官が乗る潜水艦が、地上基地から呼びもどされた」
と聞きました。
そもそも、水中深い所にいるはずの潜水艦に、どうやって電波をとどけるのでしょうか?
専門的意見をお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

(1)フローティングブイ・アンテナ方式:VHFでの通信を、アンテナ線を流すことにより受信する方法。

海中9m程度までなら、これで通信できます。

(2)ELF方式:一般の商用電波を使います。海中深くまで届きますが、周波数が低すぎるため、例えば3文字の通信に15分もかかります。
暗号式に、記号を予め決めておいて、少ない文字数で指令が伝わるようにしています。

(3)レザー方式:水中透過率の高い、青緑色のレザーを、衛星から発信し、潜水艦の光学検出機で読み取る方法。
(2)のELF方式の1種。

(4)音波方式:音波を海中に飛ばすことでの「音圧」で通信する方法。原始的なようで、最近の技術開発です。
まだ実験の段階で、実用化までは一息です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。素晴らしく参考になりました!!
特に音波方式には感動しました!!今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/08/01 21:33

リンクというのは、通信の形式のようなもので、その形式に見合った装置を搭載して、ボイスやデータを交換します。

リンク11は米海軍で開発された艦船間リンクです。リンク14は、11を搭載していない艦のための補完的リンクです。この二つは広い洋上で使用するため、電離層反射による長距離通信が可能なHF帯を使用しています。これらは海上自衛隊なども利用しています。潜水艦が何を搭載しているのかは知りません。

米軍では最近はリンク16化が進んでいると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になりました!大変お詳しいですね。敬服いたします!誠に有難うございました。

お礼日時:2005/08/02 20:57

通常の通信には、アンテナを水上に出すのではないでしょうか。

もちろん水中で通信する方法もありますが、このような通信に、わざわざELFなどは使わないでしょう。

またリンク11もリンク14もHFですよね。海面上にアンテナをださないと厳しいのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。参考になりました!ただ、リンク11と14とはどういうものかと、、、。すいません2度質問で申し訳ありません!

お礼日時:2005/08/01 21:35

潜望鏡にもアンテナが組み込まれてます。


あと船外に伸ばす、曳航式アンテナもありますね。
通信手段として
衛星通信装置・水中通信装置・短波通信装置・超短波通信装置など。

専門家ではありませんが、潜水艦ものの読み物を読んでいるとアンテナ深度という言葉があります。第二次世界大戦当時の場合なら潜行中はバッテリーで推進します。だからバッテリーが上がる前に水上に出てディゼルで水上航行して逐電します。さらに換気をして酸素も蓄えます。今でも定期的に水面近くに浮上して通信していると思います。

恐らくですけど・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん通信手段がお詳しいですね!有難うございました!!

お礼日時:2005/08/01 21:31

VLF(超長波)・ELF(極超長波)等を用いれば浅い深度の海面下で受信できます。


潜水艦は一定時間ごとに受信可能な深度に浮上してきて、潜航状態でそれらを受信してそれが自艦に対する呼び出しなら、決められた時間に通信アンテナを露頂してより詳細な通信を受信するという手順になっているそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。やはり手順があるのですね。参考になりました!!

お礼日時:2005/08/01 21:30

海面上(海面近く)にブイ(有線)を浮かべてそこから電波を送受信します。


http://homepage3.nifty.com/nishimura_ya/earth/su …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。早速HPを見ました!

お礼日時:2005/08/01 21:29

定時連絡時は深いところにはいないと思います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。「基本」がわかりました!

お礼日時:2005/08/01 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q弾道ミサイルの威力について

北朝鮮の弾道ミサイルがもし日本国土に落ちたらどんな被害がでますか?(半径何mの範囲が被害にあうのでしょうか?)また、今回は海に落ちましたが、海に落ちた際に爆発等はあったのでしょうか?

Aベストアンサー

 弾道ミサイルは、通常はせいぜい数百キログラム程度のものしか搭載できません。第二次大戦風にいうと、急降下爆撃機1機分の爆弾というところでしょうか?

 というわけで、仮にミサイルに通常爆弾だったら、小型の船が一隻沈むぐらいでしょう。

 でも、今はそのぐらいの大きさで核兵器を載せることができます。仮に旧式の広島型原爆を載せたとしても、15KT(キロトン)ですので、500kgの通常爆弾の3万発分です。または、東京を焦土化したB-29爆撃機の1500機分です。

 要するに、ミサイルに何が載っているかでずいぶん違うわけです。

 仮に地上で炸裂すれば、500kgの通常爆弾なら小型のビル1個がふっとぶぐらい、核兵器なら、大きな市が一瞬にふっとぶレベルという感じでしょうか。

Q日本から韓国・北朝鮮に届くミサイルってある?

日本から韓国や北朝鮮を射程範囲に収めることのできるミサイルって何かありましたっけ?

Aベストアンサー

ありません。

「日本から」という曖昧な表現では「対馬から」なのか「北海道から」なのかも判らないのですが・・・

A No.7 azuki-7 さんが「アメリカ軍が秘密裏に嘉手納基地に配備している核弾頭ミサイルなら十分射程圏内ですが」と仰る Missile の型番を是非教えていただきたいものです・・・まさか MIM-104 Patriot などとは仰らないだろうとは思うのですが(汗)・・・。

A No.10 shin1417 が「ちょこっと部品を交換すれば、射程距離が1000km以上の巡航ミサイルに変身するミサイルは持っています。」と仰るものは ASM-1C 91式空対艦誘導弾への発達型を生んだ SSM-1B 88式地対艦誘導弾のことだろうと思うのですが、射程 150km~200km ですので対馬から発射すれば 50km 離れた対岸にある朝鮮半島に届くことからも釜山港に入港している艦船を狙うことはできますが、最終誘導装置は対艦突入型ですし、陸上目標を狙う誘導装置は開発されていません。

今年初めて 2 Set 調達される SSM-2 12式地対艦誘導弾は射程こそ SSM-1 から大きく延伸されるものではないのですが、誘導措置の要となる Image Sensor の能力が ASM-2B などと同じ赤外線映像形状認識型になっているようですので、建築物の形状を入力することによって橋梁攻撃などにならば転用できるかも知れませんね。・・・これも対馬から発射するのであれば韓国内に届きます。

航空機から発射される ASM-1 (F4 や F1 から発射) は射程 50km の Rocket Motor 推進 Missile ですので射程延伸はほぼ不可能ですし、Turbo Jet Engine 化されて射程が 200km 弱となった ASM-2 (F2 から発射) も、巡航状態で用いる Turbo Jet Engine の燃料搭載量を増やす、つまり Missile そのものを大型化して燃料 Tank を大型化するといった大改造を行わない限りは射程を延伸することはできません。

ちなみに射程 200km 弱と言ってもこれは最大射程のことであり、大気状態や目標までの経路選択法によって短縮される分を考慮した実用射程はその半分ぐらいになります。

A No.6 phantom1 さんが紹介されている、現在開発中の ASM-3 も最大射程 150km 以上となっていますが、実際に使用される際の目標までの距離は 100km 程度になる筈です。・・・ただし SSM-3 に転用されるのはまだまだ先でしょうし、転用されるかどうかも判りません。

A No.6 phantom1 さんも仰るように日本は射程の延伸よりも撃墜されることなく確実に目標を破壊できる Missile 開発を行なっている国ですので、北朝鮮や韓国、中国にとっての日本は「戦争を始めない限りは言いたい放題言って金を毟り撮れるカモだが、本当に戦争に巻き込んでしまっては大変な相手」という位置付けです。

彼らが信じる過去の例からも、親兄弟親類縁者、愛する人を殺されて復讐心に燃え滾った日本人がどれほど獰猛な Terrorist に変貌するかなんて想像もしたくないでしょうし(滝汗)・・・。

ありません。

「日本から」という曖昧な表現では「対馬から」なのか「北海道から」なのかも判らないのですが・・・

A No.7 azuki-7 さんが「アメリカ軍が秘密裏に嘉手納基地に配備している核弾頭ミサイルなら十分射程圏内ですが」と仰る Missile の型番を是非教えていただきたいものです・・・まさか MIM-104 Patriot などとは仰らないだろうとは思うのですが(汗)・・・。

A No.10 shin1417 が「ちょこっと部品を交換すれば、射程距離が1000km以上の巡航ミサイルに変身するミサイルは持っています。」と...続きを読む

Q電波や音波(音圧)は距離の二乗に反比例して減衰する

電波や音波(音圧)は距離の二乗に反比例して減衰すると教科書などに書かれていますが、それ何故でしょうか?

自然現象で、もともと、そうなっていて、それを後から人間が発見しただけ、といわれればそのまでなのですが・・・。

もし、それなりの原理やメカニズム・作用の説明が存在していれば、お教えください。

Aベストアンサー

 「原理やメカニズム」というような難しいことではありません。

 まずは、二次元(平面)で考えてみましょう。

 ある「点」から平面の全周方向に均等に電波や音波や放射線が強さX(=単位時間当たりの「放出エネルギー」とか「放出個数」)で出たします。分かりやすく「放出個数」にしましょう。
 距離Aのところでは、半径Aの円周は「2パイA」ですから、円周の単位長さ当たりの通過個数は「X/(2パイA)」ですね。
 距離「2A」のところでは、半径「2A」の円周は「2パイ×2A=4パイA」ですから、円周の単位長さ当たりの通過個数は「X/(4パイA)」です。つまり、距離Aのときの1/2になっています。

 二次元では、「強さは距離に比例して小さくなる」ということです。「円周の長さが半径に比例して大きくなる」ことに伴って、「円周の単位長さを通過する個数は半径に反比例して小さくなる」のです。


 これを、三次元(立体)で考えます。

 ある「点」から全立体方向に均等に電波や音波や放射線が強さX(=単位時間当たりの「放出エネルギー」とか「放出個数」)で出たします。ここでも、分かりやすく「放出個数」にしましょう。
 距離Aのところでは、半径Aの球の表面積は「4パイA^2」ですから、球面の単位面積当たりの通過個数は「X/(4パイA^2)」ですね。
 距離「2A」のところでは、半径「2A」の球の表面積は「4パイ×(2A)^2=16パイA^2」ですから、球の単位表面積当たりの通過個数は「X/(16パイA^2)」です。つまり、距離Aのときの1/4になっています。
 念のため、距離「3A」を調べてみれば、半径「3A」の球の表面積は「4パイ×(3A)^2=36パイA^2」です。従って、球の単位表面積当たりの通過個数は「X/(36パイA^2)」です。つまり、距離Aのときの1/9になっています。

 三次元では「強さは距離の二乗に比例して小さくなる」ということです。「球の表面積が半径の二乗に比例して大きくなる」ことに伴って、「球の単位表面積あたりを通過する個数は半径の二乗に反比例して小さくなる」ということになるわけです。


 「電波や音波(音圧)は距離の二乗に反比例して減衰する」というのは、その発信源が「点」であることを前提にしています。
 「強さ(強度)」とは、「単位面積当たりの通過個数(あるいは通過エネルギー)」ということであり、「発信源(点)を中心とした球の表面積に反比例する」というのは、至極当然のことです。

 

 「原理やメカニズム」というような難しいことではありません。

 まずは、二次元(平面)で考えてみましょう。

 ある「点」から平面の全周方向に均等に電波や音波や放射線が強さX(=単位時間当たりの「放出エネルギー」とか「放出個数」)で出たします。分かりやすく「放出個数」にしましょう。
 距離Aのところでは、半径Aの円周は「2パイA」ですから、円周の単位長さ当たりの通過個数は「X/(2パイA)」ですね。
 距離「2A」のところでは、半径「2A」の円周は「2パイ×2A=4パイA」です...続きを読む


人気Q&Aランキング