人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

兵器とか軍事のカテが無いので、こちらで失礼します。

大型の原子力潜水艦では電気と飲料水、それに酸素は艦内で無限に作れるようです。 要は小型の原発が艦内にあるのと同じで、何ヶ月も潜水したままでいられるのは、そのためだとか。

一方、日本海自の潜水艦はディーゼル+バッテリー駆動なので、定期的に浮上してディーゼルを廻して蓄電し、そして空気を入れ替えないといけないと聞きます。 原潜のように電気分解して酸素を作る装置が無いためだとか。 但し、メリットは静粛性のようです。

ここで疑問の感じたのが飲料水です。 第二次大戦の時と違って、今では海水を濾過して真水に出来る装置があるはずなのですが、艦内には今でも 「飲料水を大切に」 とかの注意があると聞きました。

これが本当だとしたら、第二次大戦の時と技術的にはほとんど進化していない事になるのですが、今でも艦内で海水から飲料水を作るのは無理なのでしょうか?

だとすれば、いくら優秀な艦長がいたとしても、何かのトラブルで飲料水が供給されなくなったら、その時点でアウトという事になるのですが ・・・

それとか、電気分解で酸素を作るのも無理なのでしょうか?

今でも長時間の潜水となった場合、酸素不足で乗組員の息が苦しくなってハーハーする事になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

日本の海自というより、原潜以外の世界の潜水艦に言えることです。



電気分解により酸素を作ることは可能ですが、酸素を作ると同時に水素も発生します。
艦内に充満した場合、ディーゼル発電機を回すことで爆発する危険性が高くなります。
また、蓄電池の容量も限られています。第2次大戦以降、技術的に進んでいるとはいえ
何時間も続けてバッテリー航行することは出来ません。
艦内の酸素濃度が低くなるほどの時間を続けて潜行することは出来ません。

海水から真水を作る装置も存在しますが、大型でありやはり電気を使用します。
また、周りの海水は水圧が高いですから簡単に取水することができません。
魚雷発射管のように高い防水扉を設置しなければならず、潜水艦そのものを大型化しな
ければならず、攻撃型の潜水艦としては機動性の低下というデメリットが大きいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
やはり酸素を作り出す装置は無理なのですね。
映画で見た戦争中の潜水艦では、戦闘中などで長時間の潜水を続ける場合、二酸化炭素を吸着する薬品が登場していましたが、これも限界があったとか。
長時間の潜行で酸素も電気も無くなり、我慢出来なくなってやむなく浮上、そして敵の駆逐艦にやられる ・・ こんなシーンが多かったように思います。
ま、日本の潜水艦は専守防衛のため遠洋には行かないので、命がけの長時間の潜水を想定していないかも知れませんね。

お礼日時:2011/05/30 14:45

海水から淡水を作る装置は海自の潜水艦にも積んであります



原潜と違って無尽蔵にエネルギーがあるわけじゃないので、その機械を使うにも電力が必要で、燃料を消費しますから、水は大事に使いましょうね、となるんです。

だから、原潜でもディーゼル潜でも優秀な艦長が居たとしても蓄えの水が無くなれば終わりです。

電気分解で酸素を作る事はできますが、酸素を作る機械を動かすには電力が必要で燃料を消費して・・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。
電気にしても飲料水にしても、そして酸素にしても作るには大きな動力が必要となる、在来型の潜水艦の場合は全て重油に頼らざるを得ない、だから何をするにも限界がある ・・・ こういう事なのでしょうね。
これを考えると原潜は兵器としては理想的な形になっているように感じました。
大型原潜になると風呂どころか簡単なジムやサウナまで完備していると聞いた事があります。
原潜の場合は物理的な潜行時間は無限に近いため、結局は食料の備蓄量を乗組員の精神状態で潜行時間の限界が決められるようです。
第二次大戦時のUボートの乗組員から見れば、夢のような兵器に見えると思います。

お礼日時:2011/05/30 15:07

> ここで疑問の感じたのが飲料水です。

 第二次大戦の時と違って、今では海水を濾過して真水に出来る装置があるはずなのですが、艦内には今でも 「飲料水を大切に」 とかの注意があると聞きました。

・戦前から、船舶には「造水機」がありました。
原理は単純で、エンジンの廃熱(冷却水)を利用し海水を沸騰させて、蒸気を取り出し、再冷却すれば蒸留水のできあがり。
(減圧タンクに入れた海水は、約40℃で沸騰)

で、、、
造水機は潜水艦には無いのかとググってみたら、下記のようなサイト(5番参照)に辿り着きました。
ジーゼルエンジンで動く日本の潜水艦には、造水機が活躍しています。
造水機により必要量の水は確保されているようですが、潜水艦では、やっぱり貴重品のようですね。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/3232/ …

船舶用造水機の写真は下記リンクの下側
http://www.nexyzbb.ne.jp/~j_sunami76/eng_room.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
やはり潜水艦内で作られる真水の量は、とても消費量に追いつかないのですね。
大型客船のQE2の飲料水は全て造水機で作られると聞いた事があるのですが、数千人も乗船しているでしょうし、真水タンク内の水だけではとても足りないからなのでしょうね。
それに大型の造水機を設置できるだけのスペースも充分あるでしょうし。
でも、海自の潜水艦はスペースもギリギリで設計されているでしょうから、そんな余裕も無いでしょうね。
というか、専守防衛の観点から遠洋には出ないと思いますので、水や電気が無くなれば本土にすぐ帰るという発想になっているのかも知れません。

お礼日時:2011/05/30 15:02

潜水艦マンガといえば「沈黙の艦隊」ですよね。

原子力発電の「やまと」は食料のある限り潜行し続けられますが、
ディーゼルエレクトリックな「たつなみ」は日頃の潜行時ですらバッテリー残量の為に速度を抑えなくてはいけませんでした。
全速では数時間と保たないなどのセリフもありました。

海水から水を作るには逆浸透膜とかの設備が要るのでしょうが、はたして自衛隊の潜水艦にそれがあるかどうか・・・。どちらかというとシャワー(週2回?)とか洗濯の回数を減らして調整するのではないでしょうか?

もちろん原子力潜水艦ではシャワーも浴び放題。空調も万全で新鮮な酸素と至れりつくせりですね。

とはいえ現在の潜水艦は蓄電池が大幅に改善されたのか、このマンガの時とは比較にならないようです。(日本では1年に1隻のペースで新造艦が配備されている?)

静音性については言うまでもありませんが、米国の原子力潜水艦オハイオ級も、そうとう静かだとは聞きます。でもまぁソナーマンにしか本当のところは理解できないのでしょうが。

ちなみに潜望鏡と同じような構造のシュノーケルというのも装備されているので、一応(浅い)潜行状態で空気の入れ換えとディーゼル発電が可能です。が、当然それだと見つかり易いので、時と場所を選ぶでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
なるほど、空気入れ替えと充電にはシュノーケル潜行という手がありましたね。
ただ、おっしゃるようにこの場合にはレーダーに感知されるので、戦闘中には無理になるかも知れませんが。
潜水艦に関する小説や映画が好きなのですが、潜水艦の乗組員というのは実に過酷ですね。
だから、余計惹かれるところがあるのですが ・・・

お礼日時:2011/05/30 14:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なの

なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

米国アメリカ海軍の原子力潜水艦より性能が上な理由を教えてください。

Aベストアンサー

>なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

音が静かで深く潜水できるからです。

まず、日本の海上自衛隊のような通常動力型潜水艦と米海軍の原子力潜水艦とでは使われ方が全然違います。

原子力潜水艦は速度が速いが音がうるさい、だから敵に見つかる可能性が高い。
原子力潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら後はバンバン音を出して高速で逃げる戦法。

通常動力型潜水艦は速度は遅いが音は静か、だから敵に見つかる可能性は原子力潜水艦より低い。
通常動力型潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら見つからないようにひっそりと隠れる戦法。

どっちの戦法を使うかですよ。
敵に見つからないようにひっそりと隠れる戦法では日本の海上自衛隊の潜水艦の方が上なんです。

ただ見つかっちゃったらもう終わりですけどね。速度が遅いので逃げ切れない。

Q潜水艦のしくみ

 潜水艦が海に潜る時は、内部のタンクに水を入れて重りとして、海面に浮上する時は今度はタンクに空気を入れて水をタンク内から排出。
 では、この空気は何処から得ているのですか?
 また、中の乗員の酸素は潜ったままで、どれくらい持つのでしょうか?
 海水中の酸素などを取り出して使う装置とかって、存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

浮力は、空気の重さでなく体積で主に決まります。

そのため、同じ量の空気でも圧縮して半分に縮めてしまうと浮力は半分になります。

このようになっているために、極限まで圧縮された空気は浮く力を持たず、タンクなどに入って体積が増えることで潜水艦を浮上させます。

Q【潜水艦が壊れた】深海200mで漂流している。 艦内は水温と同じ4度になっているち思われる。酸素濃

【潜水艦が壊れた】深海200mで漂流している。

艦内は水温と同じ4度になっているち思われる。酸素濃度も下がり続けており酸素がいつまで持つかは不明。

まず潜水艦の船員は体温を維持しなければならないが、潜水艦内に緊急時に体温を維持する方法と酸素を維持する方法って用意されているのでしょうか。

ひと昔前は緊急用に酸素缶というのを積んでいて、潜水艦が壊れて酸素供給がストップした場合、船員は一部屋に集められて酸素濃度が下がるたびに酸素缶を1缶ずつ開けていくという原始的なものでした。

今は科学の力で改善されているのでしょうか。

Aベストアンサー

改善されていません

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q潜水艦の廃棄ガスっていつ出すんですか?

潜水艦の艦内への空気の供給や排気ガスっていつ出すんですか?やはり浮上してですか?戦時中の潜水艦と最近の原子力潜水艦とでは違いはあるのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

我が海自の潜水艦(通常動力型)の場合では。

H21.5.22付「潜水艦空気清浄システムに関する調査研究に関する役務の契約希望者
募集要項」(海上自衛隊 業務隊)に 次の一文があります。
---------------------------------------------------------------------------
我が国が建造した潜水艦の艦内空気の清浄は、酸素供給に酸素キャンドル、酸素気蓄器、
LOXタンク等があり、炭酸ガス吸収に関しては、炭酸ガス吸収装置(液体アミン式及び固体
アミン式)、水酸化リチウム散布式等がある。
---------------------------------------------------------------------------
それによると、空気(というよりは酸素)の供給は、主にタンク内に溜めた酸素
(LOXは液体酸素)を放出することにより行われ、
排気(二酸化炭素の除去)は、炭酸ガス吸収装置を通じて行っている
ようです。
例えば"液体アミン"(多分モノエタノールアミン:MEA だと思われます)に吸収された
炭酸ガスは、MEAを加熱することにより再放出されますので、内部のタンクに一旦蓄積
された後 加圧され艦外に放出されると思われます。

核動力型(原子力潜水艦)の場合は 排気は通常型とほぼ同じのようですが、酸素供給
については、豊富な電力があるため、水(海水)を電気分解して酸素を取り出して
いるとのことです。

こんにちは

我が海自の潜水艦(通常動力型)の場合では。

H21.5.22付「潜水艦空気清浄システムに関する調査研究に関する役務の契約希望者
募集要項」(海上自衛隊 業務隊)に 次の一文があります。
---------------------------------------------------------------------------
我が国が建造した潜水艦の艦内空気の清浄は、酸素供給に酸素キャンドル、酸素気蓄器、
LOXタンク等があり、炭酸ガス吸収に関しては、炭酸ガス吸収装置(液体アミン式及び固体
アミン式)、水酸化リチウム散布式等がある。
...続きを読む

Q戦争中の兵士の水分補給

陸軍の、特に南方戦線に配属された将兵は、作戦行動中の水分補給はどうしていたのですか?
写真で見ると、1リットルぐらいしか入らないような水筒を持っていますが、飲み終わったらどうするのですか?
外国、特に暑い地域では、川の水どころか湧き水でさえ生では飲めないのですよね?
小部隊だけの行動だと補給部隊なんて付いていないと思うのですが、そういう場合は1日1回とか2回とか、下っ端の兵士が大きなヤカンで水を沸かして将兵に配るのですか?
暑いところで、重い荷物を背負って一日中、戦闘をしたり歩いたり塹壕を掘っていれば、1リットル程度の飲み水なんてあっという間に飲み切ってしまいますよね。

ちなみに、私は登山をするのですが、5kgの荷物を背負って、夏でも涼しい3000mの山を8時間歩くと、登山中にアミノ酸飲料やスポーツドリンクを2リットルは飲みます。さらに登山の出発前と下山後はガブ飲みしています。
ですから登山をした日は、24時間で4リットル以上は水分を摂取しています。それだけ飲まないと、高山病や頭痛、極端な体力減退、目まい、などを起こしてしまいます。

Aベストアンサー

先の方が指摘しているように、昔の日本軍は少ない水分で活動が可能でした。
水を飲まずに訓練をします。
昭和40年代までは、旧軍出身の体育教師などが野球部の指導をすると、練習中に水が飲めないなんてこともあったようで、
60歳以上の方は、夏でも水を飲まずに我慢できる方が多いようです。
今の時代なら、熱中症で問題になるでしょうね。

現在でも特殊任務に就く兵士は、水筒一つでジャングルの中を3日程度は匍匐前進する訓練をするようです。
虫刺されと擦り傷で全身水ふくれじょうたいになるとか、

また、日本軍には石井式濾過器という汚水から清浄な水を作る装置を持っていました。
マスコミでは悪名高い731部隊の石井四郎博士が発明した装置です。

硫黄島では、この装置のおかげで長期の抵抗を続けることが可能でした。
米軍は石井式濾過器の所在を突き止めようと苦労しますが、
硫黄島陥落後、濾過器は発見されます。


人気Q&Aランキング