痔になりやすい生活習慣とは?

いつも参考にさせてもらってます。

また私のy32セドに異変が出てきたので
質問しました。

最近走行した後、車のボンネットの中?
だと思うのですが、異音がするように
なりました。
例えると薄い金属の板に水をポタポタと
落としたような音で、カンカン?
っというような感じの音です。
止まってからもしばらく音がしています。

・・・という訳なのですが、
これは一体なんなのでしょうか?
ほっといても平気でしょうか?
心なしか最近ひどくなった様な気もします。
できれば自分で直せたらいいのですが・・・

どなたか知っている人がいましたら
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

走行後はエンジン・マフラー等が焼け膨張しています。


それが冷えることによって収縮するときに
おっしゃるような音がしているのではないでしょうか?
もしそうだとしたら、走行後はしばらく音がして、
ある程度冷えると音はしなくなると思います。
    • good
    • 1

この書き込みでは情報が少な過ぎて何とも言えませんが、この音ってエンジンが掛かっている時の音ですか? それともエンジンを止めた時の音ですか?



エンジン停止中に出る音ならば、#2さんも仰っているように排気系の金属が熱膨張した時の収縮音なので、まったく問題はありません。

エンジンが稼働中に聞こえてくる音ならば、メタル、ラッシュアジャスターなどの部品に不具合が出ている音なので早急に修理する必要が出て来ます。
この場合エンジンオイル、冷却水の量を点検してからディーラーなどのしかるべき所に連絡して修理しましょう。
このまま放っておくとエンジンが壊れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ

解答ありがとうございます!

音はエンジン停止した時のみです!
マフラーの熱膨張した時の収縮音ですか・・・
確かにマフラーのフロントパイプの所だった
気がします!

ほうっておいても問題ないという事で安心
しました!みなさんありがとうございました!

お礼日時:2005/08/05 02:03

車のボンネットを開けてそういった異音を聞いたことがないのですが、推測するにはラジエターからの水漏れではないですか?



ラジエターの水は極端に減っていませんか?

何か警告のランプや、水温が異常に上がるなどの現象はありましたか?

私の車もGTOという古い、今はなきターボ車なのですが、過去2度ラジエターのトラブルにあっています。
どちらも水漏れでしたが、一度は整備工に直してもらい。
2度目はカー用品店でラジエターに投入すると自動的に穴を塞ぐというケミカルが売られていたのでそれで直しました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンを切った後しばらくカンカン音がする

車のエンジンを切った後、どこから出るのか分かりませんが、カンカン高い音がします。
一分くらいでおさまります。
車は、平成二年式です。
昔、家にあった古い車でも同じ音がしていたので故障ではないと思うのですが、あれは何の音なのでしょう?
寒くなってくると音が出る気がします。
カンカンカン・・・という、ガードレールを細い金属の棒で叩いたような音です。
「この音、なんだか懐かしいなー。」と思っていたのですが、他の車はそんな音していないので少し心配になってきました。この音は何なのでしょう?

Aベストアンサー

No3,No4さんの回答が正解と思われます。
金属には材質により熱膨張率が違い、又厚さによっても違いがあります、自動車のエンジン(特に音の出る部分は排気系と思います)には様々な厚さや材質の物が使われています、エンジン停止後当然各部が冷えてくるわけですのでその時温まって膨張した材質が収縮しその歪が音となって現れると思います。
特に心配することは無いと思いますよ。
最後に念のため確認しますが、その音がするときはエンジンは振動していないですよね、もし振動しているようならNo2さんの回答が正解となりますが・・・

Qエンジンを切った後の異音。。。

こんにちは、30分程前に気付いたのですが、エンジンを切ってハンドルが自動的に上昇している間ボンネットの中(左右タイヤの辺り??)から「ウイィィン、グゴゴ」という感じな音がしていました。2~3秒程です。
ウイィィンまでは何かの機能が働いてるのかな?と思えるのですが、最後のグゴゴは不安にさせられます。。

昨日納車されたばかりでとても不安です。。
車は平成10年のクラウンロイヤルサルーンGです。

原因を教えていただければ大変有り難いのですが、このエンジンを切った後に何が働いているのかだけでも分かれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

 専門用語では「スロットル全閉位置学習」と言います。電子制御スロットル(スロットルとはアクセルペダルを踏み込んだ量に応じてエンジンの中に空気を送る扉)の場合、アクセルペダルの踏み込み量を電圧に変換して計測し、その量に基づいてコンピューターがスロットルに信号を送り、スロットルを開かせているのです。従来の車ですとアクセルペダルとスロットルがワイヤーで直接つながれていたのですが、最近の車は電子制御になっているようです。トヨタの高級車であれば平成10年式でも電子化されているのではないでしょうか。(要確認) 全閉位置学習をする理由は、従来型の場合、バネで強制的にスロットルを全閉させる事ができたのですが、電子制御型では電圧によって位置を決めるので、たとえ電圧が0Vだとしても完全に閉じる事が不確実なのです。そこでエンジン停止後モーターをつかい、強制的に全閉状態にするのです。確実に全閉にしないと次に始動するときエンジンがかかりにくかったり、オーバーランする可能性があるのです。
 注:日産車の場合です(汗)

Q車体の下にたれる液体

車体の下にたれる液体

車に関する質問です。
ドライブから帰ってのことなのですが、
ふと車体の下を見ると無色透明の液体がポタポタ垂れていました。
触ってみると冷たく水っぽかったです。

また、冷却水(緑色ですが)が基準値内ですが前よりちょっと減ってたのが気になります

そこで思ったのですが、これはほっておいても大丈夫なことなのでしょうか?
それとも何かしらのトラブルの前兆なのでしょうか?

ちなみにクーラーはつけていて、水温系はC(クール)寄りでした。

Aベストアンサー

クーラーのスイッチは入っていたのではないでしょうか?クーラーが入ってますと吸い込む空気中の水分で結露が発生しますので、室内 クーラーユニット部分の中に水が溜まります。水を抜くためにホースがエンジンルーム側の出ています。それではないのでしょうか?他であれば少し深刻かも知れませんが?

Qオイル添加剤の効能と使用理由について教えてください。

こんばんは。
カー用品店には各種オイル添加剤が売られているのですが、それら商品の謳い文句は本当でしょうか?
また、パッケージに書いてある効能を体感若しくは実感することができるのでしょうか?また、本当にエンジンの為に良いのでしょうか?
一度だけ「モーターUP」という商品を使用したことがあるのですが、自分が鈍感なためか効能が実感でしませんでした。
確か説明書きには「継続使用してください」みたいなことが書いてあったのですが、経済的な理由もありその後は使用はしていません。
エンジンに良いのであれば、また使用することも考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

この前の、「メーカーが指定しているオイル交換サイクルではだめですか?」
で回答させていただいた者です。

前回書いたように、車の添加剤に関してはほぼ百害あって一利あるかどうかです...

一言で言っても理解してくれないだろうから、面倒なので回答をやめようかと
思ったんですが、添加剤を入れてエンジンが壊れても、原因をオイルのせいだと
誤解されては悲しいので書きます。
しかし、決して私はオイルで飯を食べている者ではありませんので(笑)

これだけは言っておきますが、もし、添加剤を入れるくらいなら、
その分オイル交換してください。
しかし、交換サイクルについては前回書いた通りですので...

そして、下の話しが信じられなければ、ご自分でアメリカに行って調査するなり、
添加剤を入れたオイルを、ご自分でお金を払って分析に出してみて下さい。
きっと驚愕するような事実がいくつもわかると思います。


私が不思議に思う事に、アメリカでは自動車メーカーが、添加剤を使用した場合、
保証期間であっても保証しませんとはっきりと取り説などにも書いているのに、
日本では同じ会社のディーラーでその添加剤を取り扱っていたりしています。

カー用品店に行くと沢山棚に並んでいますが、裏の成分などじっくりと読んだ事は
ありますか? 多くは、化学等を専攻した人から見れば、よくこんなでたらめな事
と言うような能書きが書いてあると思います。


比較的値段の高い添加剤の成分として、テフロン系 = PTFE系があります。

代表商品は マイクロロン、スリック50、QMI SX6000などがあります。

これらは、テフロンの開発元であるデュポン社が、テフロンは極圧潤滑に向かない
と発表して、自動車用として供給を行っていない事からも怪しい物とわかります。

調べると、アメリカでは添加剤への使用として発売していませんが裏ルートで入手
した業者が添加剤を作り、アメリカ国内で販売出来なくなったものを日本 などで
販売していると言う実態がわかると思います。

また、これらの広告には○○研究所の・・・、○○工科大学の実験、アメリカ空軍
認定品という宣伝文句がありますが、これらは嘘であると断言してもよいです。

実際には存在しない研究所や、許可なく勝手に大学名や研究機関名を使用し、広告
を見た大学や研究所がそのような実験は一切行っていないと否定し、メーカーに訴
訟を起こしたケースもアメリカでは多数過去にありました。

実在しない研究所の例を上げると、大手カーショップでも堂々と棚に陳列している
「QMI SX6000」の広告にGottolab調査技術という研究機関の名前
が出てきましすが、このような研究機関は実在しないことが判明しています。

その他、軍、NASAが採用と書かれているものもほとんど嘘です。

現在日本では一番良いと言われている、由○さんも広告に出ているマイクロロン
(テフロン/PTFE樹脂ベース添加剤)」には、広告やパッケージに 「軍の認定品」
と書いてありますが、テフロン/PTFEの効力については、1991年にアメリカ軍
が実際に検証し、オイル添加剤の原材料には相応しくないという結果が公表され、
「軍事施設には一切使用していない。」と正式に発表されています。
(これらの添加剤によって空軍機が墜落した事が調査のきっかけとなりました)

その他にも、GMなども独自に調査を行い、軍の調査結果と同じく、
テフロン/PTFEはやはりオイル添加剤の原材料には相応しくないという結論を
だしています。

そして、1993年にはテフロン/PTFE入りの添加剤を使用した車は、
例えディーラー保証期間中であっても保証対象外になることをアメリカ国内全土の
GM車販売ディーラーに通達しています。

それなのに、日本でGM車の販売を行っているヤナセ(現在は販売権がなくなりま
したが)は、全国のディーラーでテフロン/PTFEを原材料としたマイクロロンを
推奨のごとく販売しています。

大体、テフロン系の添加剤の能書きを信じるならば、シリンダー内面はテフロンが
付着してピストンとの固体潤滑になってしまいます。これはわざわざシリンダー内面に
オイルが乗るように細かい傷を加工しているそもそもの潤滑理論を否定するものです。

マイクロロンをオイルに添加すると確かに静かになり、抵抗が減ったように感じますが
試験を行うと粘度がかなり落ちています。大げさに言えば水みたいになっています。
是非、ご自分の車で試してみてください。

そして、エンジンをばらしてみてください。決して能書きのような状態にはなって
おらず、テフロンがオイルパンに沈殿し、フィルターに溜まっているのがわかると
思いますから...


次に、モーターUP、ミリテック、GRPに代表される塩素系ですが、
これは、実はカナダの某社が製造している同じ物です。

塩素系はエンジンの金属を腐食させること、高温にさらされるとダイオキシンなどの
猛毒が作られることが懸念されていますが、正式な調査結果は残念ながら知りません。

メーカーによると、腐食に関しては応モリブデン等も配合して問題ないレベルであり、
生成される毒物に関してはアメリカからの報告は無いと言っていますが個人的にはい
かがなものかと思っています。

上記の物は、ペンシルバニア州フィラデルフィア市内に、SAVECO
Environmental Serviceというダミー会社を設立して名前を変え
て売っています。日本に入って来ているMicro X2もモーターUPと中身は同
じです。


他に多いのは(有機)モリブデン系です。

これは、歴史は古く有効性が認められて多くの高性能オイルはブレンドされています。
ですから、添加剤を買うなら、その分を足した1ランク いいオイルを入れるように
するのがいいかと思います。

前回も書きましたが、エンジンオイル自体が添加剤の集合みたいなところがあり、
あとからわざ わざお金を使って入れるなら、はじめからオイルメーカーが研究を重ね
発売しているいいオイルを入れるか、まめに取り替えた方がいいです。

そもそも、そんなにいい添加剤が存在するならなぜ、初めからメジャーオイルメーカー
がオイルにブレンドしないんですか?
スリック50(アメリカでは粗悪添加剤の代名詞で幾多の裁判を起こされています)は
添加した物を売っていますが、それはオイルメーカーがやっていることではありません。

ついでに、オイルは安い物を2回換えるか、高いものを長く使うかと言う議論もあり
ますが、type0さんはどうだと考えますか?

私が、実験などから得た経験では、安いオイルは元々の性能が低いので、ある程度良い
オイルで、メーカー推奨距離毎に変えるのが良いと考えています。

これは、決して安いオイルでメーカー推奨距離大丈夫だから、高いオイルは倍もつと
言う意味ではありません。

メーカー推奨距離の中で、安いオイルを2回変えるなら、高いオイルで1回の方が
エンジンに良いと思うと言う意味です。
(この理論に確信はありませんが、8000km使用した高級オイルより、新品の
安いオイルは前回書いた試験項目で悪い物が多々あります)
ですから、私はエステル系の100%化学合成オイルを、メーカー推奨距離(私の
車の場合は25000km)毎に交換しています。


type0さんは、オイルを気にされているようですが、例えば10000km使ったと
して、平均時速100km/hならたった100時間、日数にして4日程度。
渋滞で30km/hとしても約340時間足らずです、2週間程度なのです。

前回の回答で、オイルの性能は別物のように良くなったと書きましたが、
元を辿れば軍事技術からのフィードバックと言う点が大きいです。

それは、原子力潜水艦で、一度有事が発生すると食料の補給だけで1年以上航行
する事が可能なものです。優に車の20倍以上の時間、潤滑しなければなりません。

当然、原子炉の循環機系やスクリューの軸受けはオイルによって潤滑されていますの
で、オイルへの添加剤や、オイルを分析して軸受けメタルの寿命を判定したりする
トライボテックスと言う技術が発達し、オイル作りに生かされました。

原子力潜水艦での潤滑はエンジンオイルと違いますが、例えば日本のディーデルの潜水
艦はエンジンオイルですが、たった2週間程度で交換が必要で、エンジンが壊れたら使
い物になりません。

これらには当然、化学の進歩も大きいです。話しは飛びますが、日産のエクストロイド
CVTのために開発されたトラクションオイルの技術には目を見張る物があります。

今回も話しが色々と飛びましたが、ここで質問するよりもご自分で実験をして本当の
回答を見つけてください。
車の設計の素晴らしさ、オイル技術の高さ、世の雑誌のいい加減さがわかりますから。

こんにちは。

この前の、「メーカーが指定しているオイル交換サイクルではだめですか?」
で回答させていただいた者です。

前回書いたように、車の添加剤に関してはほぼ百害あって一利あるかどうかです...

一言で言っても理解してくれないだろうから、面倒なので回答をやめようかと
思ったんですが、添加剤を入れてエンジンが壊れても、原因をオイルのせいだと
誤解されては悲しいので書きます。
しかし、決して私はオイルで飯を食べている者ではありませんので(笑)

これだけは言っておきま...続きを読む

Q水の流れるような音が

以前92年型のカローラで質問させていただきました。ラジエター液に泡が少し出てきて、ガスケットかと思ったりしたのですが、ウォーターポンプがまた悪いのかと思い、取り替えましたら少し漏れていたようです。サーモスタッドも取替え、泡は出なくなったのですが、最初にエンジンをかけて少しアクセルを踏むと、何か「小川の水の流れるような音」がはっきり聞こえます。以前には無かったような気がするのですが、ウォーターポンプを換える前にもしばらく聞こえていました。さあもう聞こえないだろうと思っていたのですが、何か不安です。いったいどこが悪いのでしょうか?また何か疑わしい所がありますか?液はもう漏れていませんしこれといってといえばそれまでですが、あまりにはっきり液体の流れる音が聞こえるのでなにか本当に不安です。

Aベストアンサー

あ、なるほど♪以前にもお会いしましたね

以前の状況を交錯すると、ウォーターポンプから水が漏れる事はあってもエアを吸う事は不可能ですね、加圧されていますので負圧は発生しません、やはりヘッドから若干ながらガスが混入していると思われます
これを直すにはやはりオーバーホールなんですが、ダメもとでシリンダーに直接入れるタイプのケミカル品、クロモリ剤を使ってみる手もありますね、あと増し締めも試してくださいませ

CRCの…は調べてみたんですが出てこなくって、確か液状ガスケットじゃなかったかなぁ?オーバーホールのときに使うんですけど、ガスケットの再利用の場合に使います
私がメンテで使っているのはWAKOSが殆ど、良い値段しますが品質はバッチリ

冷却水のルートにエアが噛んでるのかもしれませんね
丹念にエア抜きを行うしかないのですが、ラジエーターキャップというか水を入れるところに圧力を掛けるとエアが抜けるんです
ボンネットを開けた高さくらいに水を入れたボトルを付けホースで穴に差込み水が漏らないようにして、エンジンを掛けて何度かカラ吹かしするとエアが抜けます
専用の道具もあるのですがそうそう使わないので自作で良いと思います、ホースの先にビニールテープを巻いて穴にぴったり収まるようにして手で押さえるとかですね

あ、なるほど♪以前にもお会いしましたね

以前の状況を交錯すると、ウォーターポンプから水が漏れる事はあってもエアを吸う事は不可能ですね、加圧されていますので負圧は発生しません、やはりヘッドから若干ながらガスが混入していると思われます
これを直すにはやはりオーバーホールなんですが、ダメもとでシリンダーに直接入れるタイプのケミカル品、クロモリ剤を使ってみる手もありますね、あと増し締めも試してくださいませ

CRCの…は調べてみたんですが出てこなくって、確か液状ガスケットじゃなか...続きを読む

Qダシュボードから水が流れる音がします。

BG7のレガシィーワゴンに乗ってるのですが最近ダッシュボードの方から水が流れる様な音(チュルチュルチュル)がします。加速した時に1番音がします。これってエアコンの関係でしょうか?

Aベストアンサー

BG系によく起きる症状です。
冷却水を利用して車内の温度を調整するのですがユニットに至るパイプの中に空気が混入した時に水の流れる音がするそうです。
車内側に冷却水がとおっているので音も気になるんですよね。
エア抜きをすれば音が無くなる事がありますが直らない事の方が大半だそうです。

取り急ぎ直さないといけない物ではないので次回の車検時などで冷却水交換をする際にエア抜きを重点的に行っもらうと良いでしょう。

Q自動車は何km、または何年走れるか

一月に1回は洗車とワックスがけをして、オイル類やタイヤなど(エンジンなどの交換したらめちゃ高く付く部品はのぞく)をちゃんと定期的に交換している場合、車は何km、または何年くらい走れるものなんですか?
一般的には10万kmくらいが寿命みたいですが、中古車市場では15万kmも走ったベンツなどが売られていますよね。 国産車は10万kmが限度で、ベンツなどの高級外車は15万km走ってもへっちゃらなんでしょうか。
お願いしますー。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に交換しているという前提で)
タイミングベルトなど交換する時期でもありますが
それらをちゃんと交換していれば10万キロ以上でも
走行は可能です

運転手さんの乗り方にもよりますが
短期間で走行距離が嵩むよう乗り方なら
必要な油脂類や部品の交換をしていれば
20万キロでも問題無いでしょう
実際に私は5年間で16万キロ程度走行した車両が
3台程ありますし特に大きな故障はありません
(新車から乗っていると仮定して)

中古車で低年式の走行距離が嵩んでいる車両は
流石に購入する気にはなりませんが
新車購入で長く乗るなら特に定期的な整備点検をして
長期間乗る事は問題無いでしょう

ただ何年まで大丈夫とか
何キロまで平気だとかは
各々の個体の問題なので結果論ですから
言い切る事は出来ませんが
メーカーから部品が供給されている間は
苦労も無く乗り続ける事は出来るでしょう

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に...続きを読む

Qエンジンを切るとラムちゃんの飛んでいく音がする

昨年10年乗ったカローラからマツダのMPV(新車)に乗り換えました。
エンジンを切るとピピピピピとラムちゃんが飛んでいく音がします。
しかもきれいにフェードアウトしていきます。
鳴ってないときもあるような気もしますが・・・
一体何の音でしょう?

Aベストアンサー

私のも三菱の車載器で、音が下がりながら、フェードアウトします。

エンジンが掛かっている間は、後で警告音に使うための電力が車載器内部のコンデンサに充電されています。カードを差したまま電源が切れると、コンデンサに残っている電力を使って最後の力を振り絞り、警告音を発します。

音の高さが下がり、フェードアウトするのは、内部のコンデンサが徐々に放電して行き電圧が下がっていくので、発振周波数と音量も下がっていくからです。

Q車で走行中異音がします、エアコンを点けてる時に鳴るカチカチ音が、頻繁に

車で走行中異音がします、エアコンを点けてる時に鳴るカチカチ音が、頻繁に鳴ります。購入して7年になりますが、今までエアコンONの時にしか鳴らなかったです。エアコンをOFFにしていても鳴っています。ブレーキをかけて止まる時など良く鳴るように感じます、普通に直線を走っている時は鳴りません、車の下あたりから鳴ってると思うのですが考えられる原因わかる方お願いします

Aベストアンサー

車の整備をしている者です。

音に関しては、実際に聞かないと明確な答えは出せませんので
推測の回答になります。

車の下辺りがカチカチ音がすると言うことなので
推測で言うと、エアコンコンプレッサーの音ではないかと思いますが
エアコンを切っても鳴るということなので
違うかもしれません。
エアコンを入れたときに、カチカチとコンプレッサーの電磁クラッチが作動する音が
カチと言う音なのです。
車が古くなると、エアコンガスが自然に抜けてきますので
クーラーガスの圧力が低下します。
そのような状態でエアコンを付けると、通常は圧力があれば
コンプレッサーが圧力センサーにより、作動するしくみで
圧力がなければ、エアコンをONにしてもコンプレッサーが圧力不足と感知して
電源が入らないようになっています。
圧力があるかないかのきわどい圧力の場合によく起こる現象として
コンプレッサーの電磁クラッチが入ったり、はいらなかったりする場合があります。
その時にでる音が、カチカチカチカチ・・・・と連続で続く症状なのですが
文章からすると、このような症状ではないかと推測いたします。

ですが、クーラーを入れなくても音がするとなれば
コンプレッサーが原因ではないとも思います。
理由は、コンプレッサーのカチカチ音はクーラーを入れないと作動しないからです。
もしくは、コンプレッサーの電源かなんかの故障も考えられます。
スイッチの接続不良など・・・
どちらにしても一度整備工場へ持っていかないと解決できるものではないと思います。
そのまま放置して乗り続けるのだけは避けてください。
部品がまだ生きている状態で放置すると完全に壊れてからだと
修理代の値段が莫大に跳ね上がるからです。
コンプレッサーが生きてるのならクーラーガス補充だけで直るかもしれませんが
コンプレッサーが壊れると、コンプレッサーの部品代+クーラーガス補充料金となります。

車の整備をしている者です。

音に関しては、実際に聞かないと明確な答えは出せませんので
推測の回答になります。

車の下辺りがカチカチ音がすると言うことなので
推測で言うと、エアコンコンプレッサーの音ではないかと思いますが
エアコンを切っても鳴るということなので
違うかもしれません。
エアコンを入れたときに、カチカチとコンプレッサーの電磁クラッチが作動する音が
カチと言う音なのです。
車が古くなると、エアコンガスが自然に抜けてきますので
クーラーガスの圧力が低下します。
そのような状態...続きを読む


人気Q&Aランキング