人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

五摂家・宮家などには諸太夫という四位・五位くらいの官位をもった人達がいたそうですが、彼らは公家だったのでしょうか?
宮家ならまだ分かりますが、臣下である摂家の家人なのに官位を叙されていたのは何故でしょうか?

どなたかご教授頂けると幸甚です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

幸甚」に関するQ&A: 彼我双方と幸甚

A 回答 (2件)

諸大夫は堂上公家ではありませんが、それに次ぐ地位で堂上公家に準じ、宮家・公家・寺社などに所属する諸大夫と、朝廷に直属する諸大夫がいました。

またこの諸大夫の下に侍といわれる階層があり、寺には諸大夫の上に坊官という階層がありました。
これらの諸大夫・侍は朝廷に直属しているものはもちろんですが、宮家、公家、寺社などに所属しているものも官位・官職を持っているのが普通でした。
というのはこれらの諸大夫、侍は名目上とはいえ朝廷の官職をもった地下官人となっていたのが普通でしたし、また平安時代から高級な官僚(大臣クラス)の家宰については朝廷の官僚をかねているのが普通で、藤原道長の家宰が国司になったり、国司の任期が切れて家宰に戻ったりという例もあります。
なお、諸大夫は従三位まで昇任できました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
諸太夫でも三位につけたのですね。

お礼日時:2005/08/05 14:40

旗本は将軍家の家人ですが、官位を叙されていました。


基本的には天皇と皇族以外は全部臣下ですから、問題はありません。
法的には律令制が生きているわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
旗本の場合と同様なのですね。

お礼日時:2005/08/05 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

幸甚」に関するQ&A: 「幸甚」という言葉

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旗本の暮らし

一千石の旗本は、だいたい何坪程度の拝領屋敷に暮らしていたのでしょうか?

武家奉公人(侍・中間・女中)は軍役ではなく実際にはそれぞれ何人くらいいたでしょうか?

五千石くらいの大旗本の家老だと、百石前後はあった様ですが、千石の家の用人はどれくらいの家禄を貰っていたのでしょうか?

千石の屋敷の門は長屋門だったのでしょうか?

質問が多くてすみませんが、お考えを伺えると幸いです。

Aベストアンサー

千石以上の旗本は、全部で800家ほどしかありませんでした。
千石の旗本であれば長屋門でした。
屋敷の規模は人や場所によっても違いますので一概には言えませんが、二百坪くらいはありました。
家臣の数もその家の考え方や裕福さにもより、また役についているか無役か、どういう役職かなどによっても異なりますが、役についていれば千石クラスだと登城時にも4~5人の供は必要でしたから、男が用人、若党、中間、小者をあわせて6~7人くらい、女が2~4人くらいではないでしょうか。
このクラスだと用人でもせいぜい10石くらい、他は何両何人扶持といった程度で、譜代の家臣はいても用人くらい、あとは口入屋からの年季奉公人といったところでしょうか。

Q大身旗本の出世

五千石とか三千石クラスの大身旗本が、役高千石の遠国奉行など家格より遥かに役高の低い役職に就く事はよくあったのでしょうか?
例えば御小姓として初出仕した後はどの様な役職を経て番頭などの家格に相応しい役職に就いたのでしょうか?

Aベストアンサー

三千石以上であれば寄合関ですが、このクラスだとなかなか石高に応じた職がありませんからほとんどが持高つとめとでした。
三千石クラスで遠国奉行などの職に就いている例はめずらしくありませんし、はなはだしいのは家禄五千石の旗本が5百石高の小納戸についている例さえもあります。
このクラスは初出仕は御側の役が多く、中奥小姓という例は多くあり、また御側衆という例もあります。
このあとは小姓頭取や小普請支配、寄合肝煎を経て大番頭や両番の番頭、あるいは先手頭などという番方の役が多かったようです。
役方のコースに乗れば遠国奉行から勘定奉行、町奉行などになることもありました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング