現在構築中のサイトでPCとサーバーの間のデータの送受信を行うのですが
その際、ファイルのダウンロードやアップロードしようとすると表示される
ファイル選択のダイアログを表示しないでパスやファイル名を固定にしたい
のです。(IE上でダウンロードするときにでるダイアログのことです)

どなたか良い方法をご存知無いでしょうか?

私の読んだ書籍には該当するような方法が記載されていませんでした。
やろうとしていることが無理なのでしょうか?

この辺りの知識は素人同然な為、どなたか教えてください。
よろしくお願いします。(困ってます)

A 回答 (1件)

こんにちは。

itohhといいます。

基本的にムリです。

ただし、zzz.docならMS Word、xxx.pdfならAcrobat Readerが起動しますよね。
同じようにあらかじめ受け取るプログラムをブラウザ側のPCにインストールして
おけば可能ですよ。
もちろん、自作するしかないと思いますし、このプログラムをダウンロードさせるときは
ファイル指定のダイアログが表示されてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

HTMLの解説書やその他の関連書籍で調べる限りでは、無理かなーと思って
いました。ただ、「もしかしたら」との思いから質問させて頂きました。

やっぱりダメですかぁ・・・残念

あまり開発工数を掛けたくないのと、不特定多数の利用者にプログラム等
ダウンロードさせる事はしたくないので“自作”はちょっと・・・です。

貴重な情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/24 09:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ファイルのダウンロード」のダイアログを出さない方法

 HTMLファイルから「*.chm」(HTMLヘルプ形式)や「*.exe」などの実行ファイルを呼び出すと「ファイルのダウンロード」のダイアログが出て「ファイルによってはコンピュータに問題を起こす可能性があります…」と表示され「開く」「保存」…を選択する必要があります。

 下はHTMLのプログラムの一例です。
〔例〕  <a href="example.chm">ヘルプ</a>

 「□この種類のファイルであれば常に警告する」が選択無効(影表示)になっており、常に「ファイルのダウンロード」のダイアログが表示されます。

 上の[例]でスクリーンに表示される[ヘルプ]をクリックすることで[example.chm]を開きたいのです。また、「*.exe」ファイルについても、選択ダイアログを表示せずに指定のファイルを実行したいのですが…方法を教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たしかに、このような警告文が出るのは気分が悪いのは分かります。私も昔、実行ファイルを配っていた身ですので。

警告を表示するのをやめる方法はあるかもしれませんが、やらない方がいいのでは?と思います。

そこで対策方法として、[ヘルプ]をクリックするページに注意書きのようなものを書いてみるのはどうですか?

Qファイル選択ダイアログでファイルの種類を指定する方法

下記のプログラムでファイル選択のダイアログを表示しますが
【ファイルの種類】をデフォルトでCSVの指定はできますか?
よろしくお願いします。

<html>
<body>
<form enctype="multipart/form-data" action = "test_02.php" method = "post" >
<input type="file" name="file_data1">
<input type="submit" name="FILE送信" value="FILE送信">
</form>
</body>
</html>

Aベストアンサー

ブラウザやOS自体の挙動なので、HTMLでどうこうするのは絶対に無理。

Qファイル選択ダイアログ

今、WindowsMediaPlayerコントロールを埋め込み、
ファイル選択ボタンで選択したファイルを再生ボタンで再生したいです。
<INPUT TYPE="file" NAME="SelectFile" VALUE="ファイル選択" >
でファイル選択ダイアログが開くのですが、
選択したファイルを再生ボタンで再生するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

下記のHTML(OBJECT省略)で、決めうちの"sample.wmv"ファイルは再生が確認できています。
----------------------------------------------------------------
<INPUT TYPE="file" NAME="ButtonSelectFile" VALUE="ファイル選択" >
<INPUT TYPE="button" NAME="ButtonPlay" VALUE="再生" OnClick = "StartMeUp()">
<INPUT TYPE="button" NAME="ButtonStop" VALUE="停止" OnClick = "ShutMeDown()">
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
 function StartMeUp()
{
   Player.URL = "sample.wmv";
}
function ShutMeDown()
{
Player.controls.stop();
}
----------------------------------------------------------------

まとめますと、
「ファイル選択ボタンで選択したファイルを再生ボタンで再生したい。」
です。

どうぞよろしくお願い致します。

今、WindowsMediaPlayerコントロールを埋め込み、
ファイル選択ボタンで選択したファイルを再生ボタンで再生したいです。
<INPUT TYPE="file" NAME="SelectFile" VALUE="ファイル選択" >
でファイル選択ダイアログが開くのですが、
選択したファイルを再生ボタンで再生するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

下記のHTML(OBJECT省略)で、決めうちの"sample.wmv"ファイルは再生が確認できています。
----------------------------------------------------------------
<INPUT TYPE="file" NAME="B...続きを読む

Aベストアンサー

<INPUT TYPE="file"…
は、ファイルをアップロードするためのタグです。

ファイルをアップロードする処理自身は、HTMLやJavascriptではできません。
下記の通り、
 ファイルを受け取るためのCGIプログラム
をサーバ側に設置する必要がります。

http://www.tohoho-web.com/html/input.htm

QDWMX-依存ファイル送信ダイアログを表示するには

DreamWeaverMX(Windows版)を利用しているのですが、ファイルをアップロードする際「依存ファイルを送信するか」というダイアログに、間違って「次からこの確認を行わない」としてしまいました。

このダイアログ確認を復活させたいのですが、設定するところが見つかりません。

もし、知っていたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

うちには違うバージョンのしかないのですが、たぶん同じじゃないかな・・・と思います。

1. DreamWeaverのメニューから、[編集]-[環境設定]を開きます。
2. 左側のカテゴリから「サイト」を選びます。
3. 右側の依存ファイルという項目を見てみてください。
「PUT/チェックインでダイアログを表示」というチェックボックスが空になっていませんか?
これにチェックを入れればいいのではないかと思います。

Q該当ファイルが無いときに別のファイルを表示したいです。

画像ファイルを<img src="">表示しようとした時に、該当するファイル
が無かった場合に代用ファイルを表示したり、何も表示しない方法はな
いでしょうか?

HTMLでは無理でしょうか… JavaScript とかならできますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

きちんと、仕様書どおりのHTMLを作成するなら、javascriptなんて不要です。

<img ***** alt="代替テキスト">として、
★その画像ファイルがないとき
★その画像を使用しているブラウザで表示できない
など、画像が表示されない時は、必ず【適切な】代替テキストを表示するように定められています。
 【13.8 代替テキストの指定方法】HTML4仕様書(邦訳) ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/struct/objects.html#alternate-text )

 また、別の方法としてというか本来は<object>要素を使うべきです。
<p><!-- 最初にPythonアプレットに挑戦 -->
<object title="宇宙から見た地球" classid="http://www.observer.mars/TheEarth.py">
<!-- 次にMPEGビデオに挑戦 -->
<object data="TheEarth.mpeg" type="application/mpeg">
<!-- 次にGIF画像に挑戦 -->
<object data="TheEarth.gif" type="image/gif">
<!-- だめならテキストをレンダリングする -->
宇宙から見た<STRONG>地球</STRONG>。
</object>
</object>
</object>
</p>
 仕様書のサンプルをXHTMLでもよいように書き直したもの。

 javscriptなんか使わなくても、単純にobjectを入れ子にすればよい。
たとえば、jpeg画像を先でおくつもりなら
<p><!-- 最初にjpeg画像に挑戦 -->
<object title="新商品" data="new.jpg" width="300" height="200" tyle="image/jpeg">
<!-- 次にエラー画像 -->
<object data="error.gif" type="image/gif" width="300" height="200" tyle="image/gif">
<!-- 最後に代替テキスト -->
画像の準備中
</object>
</object>
</object>

</p>

きちんと、仕様書どおりのHTMLを作成するなら、javascriptなんて不要です。

<img ***** alt="代替テキスト">として、
★その画像ファイルがないとき
★その画像を使用しているブラウザで表示できない
など、画像が表示されない時は、必ず【適切な】代替テキストを表示するように定められています。
 【13.8 代替テキストの指定方法】HTML4仕様書(邦訳) ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/struct/objects.html#alternate-text )

 また、別の方法としてというか本来は<object>要素を...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報