henachokoです。

PROMISEのFASTTRAK100(RAIDカード)を使ってRedHatLinux7.1は起動できますでしょうか。
プロミスのサイトからRedHat6.2,7.0,7.1に対応しているドライバをダウンロードしてきてインストールしたのですが、起動できません。
7.0なら起動できました。FASTTRAK100とRedHatLinux7.1の組み合わせで起動できている方がいらっしゃいましたら、やり方をお教え頂けませんでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まずFASTTRAK100のBIOSを最新のものにフラッシュして下さい。


後はドライバーに添付されているreadame1&readame2にしたがって
ドライバディスクを作ってインストール作業を進めるだけです。
ただし現時点ではATA-RAIDではソフトウェアRAIDしかサポートされていないようです。
すでにインストールされている環境にRAIDを追加するときはドライバディスクを作成する必要はありません。

注意したいのはオンボードATAコントローラを有効にしている場合FASTTRAK100
はそれぞれhde,hef,hdg,hdhとなる事です。

この回答への補足

デュアルCPUですが、可能でしょうか。
ドライバー付属のreadMEでは推奨されていないように読み取れたのですが。

もしよろしければ教えてください。

補足日時:2002/02/19 21:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

>まずFASTTRAK100のBIOSを最新のものにフラッシュして下さい。
>後はドライバーに添付されているreadame1&readame2にしたがって
>ドライバディスクを作ってインストール作業を進めるだけです。
>ただし現時点ではATA-RAIDではソフトウェアRAIDしかサポートされていないよ
>うです。
ソフトウェアRAIDというのはraidtool等を使ってRAIDシステムを作成するということを指すのでしょうか。
>すでにインストールされている環境にRAIDを追加するときはドライバディスクを作>成する必要はありません。
インストールされているというのはドライバディスクのことでしょうか、OSのことでしょうか。それとも他のことなのでしょうか。
Linuxをインストールする前にはWindows2000でした。そのときに使っていたRAID
カードがFASTTRAK100です。
>注意したいのはオンボードATAコントローラを有効にしている場合FASTTRAK100
>はそれぞれhde,hef,hdg,hdhとなる事です。
すみません、オンデボードATAコントローラを有効にしているということはどういう
ことなのでしょうか。インストール時のパーティション設定のときにはsdaのように
表示されていたのですが、どうにかして変更するものなのでしょうか。

よろしければ教えてください。

お礼日時:2001/11/04 03:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRedHatLinux7.1でjavaのインストール

RedHatLinux7.1でjavaのインストールがうまくいきません。

<javaインストール>
1)Java 2SDK,StandardEdition
上記は書籍のcd_romに添付分を使用。

2)Java2SDK,EnterprizeEdition バージョン1.2.1
サイトからDounload分を使用

3)J2EESDK 日本語版追補バージョン1.2.1
サイトからDounload分を使用

4)CD-ROMをマウント
  mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
5)インストール手順
cd /usr/local
/mnt/cdrom/linux/java/j2sdk-1_3_0_02-linux.bin
tar zxvf /home/jin/j2sdkee-1_2_1-linux.tar.gz
tar zxvf /home/jin/j2sdkee-1_2_1-linux-ja.tar.gz

6)環境変数の設定
開発に使用するUSER(jin)でログインしなおし、ホームディレクトリの.bashrcの最下行に追加
export PATH=$PATH:/usr/local/jdk1.3.0_02/bin
export JAVA_HOME=/usr/local/jdk1.3.0_02
export CLASSPATH=$CLASSPATH:/usr/local/j2sdkee1.2.1/lib/j2ee.jar
export CLASSPATH=$CLASSPATH:/usr/local/jdk1.3.0_02/lib/tools.jar

7)javaのバージョン確認した所下記エラーが出ます。
java -version
[jin@tsl jin]$ /usr/local/jdk1.3.0_02/bin/java: /usr/bin/cut: そのようなファイルやディレクトリはありません
/usr/local/jdk1.3.0_02/bin/i386/native_threads/java: error while loading shared libraries: libjvm.so: cannot load shared object file: No such file or
directory

8)それで、ln -s /bin/cut /usr/bin/cut
でcutのリンクをはったところ
java -versionが帰ってこなくなりました。
java -?はすぐ結果がでます。

何が悪いのでしょうか??ヒントをお教えください。

p.s.
CGIの件はScriptAliasでユーザーフォルダ以外を指定してやれば上手く動きました。
そのときAddHandler cgi-script .cgiはあくまでもコメントアウトしております。(笑)
その節はご回答有難う御座いました。

RedHatLinux7.1でjavaのインストールがうまくいきません。

<javaインストール>
1)Java 2SDK,StandardEdition
上記は書籍のcd_romに添付分を使用。

2)Java2SDK,EnterprizeEdition バージョン1.2.1
サイトからDounload分を使用

3)J2EESDK 日本語版追補バージョン1.2.1
サイトからDounload分を使用

4)CD-ROMをマウント
  mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
5)インストール手順
cd /usr/local
/mnt/cdrom/linux/java/j2sdk-1_3_0_02-linux.bin
tar zxvf /home/jin/j2sdkee-1_2_1-linux.tar.gz
ta...続きを読む

Aベストアンサー

私のLinuxも日経LinuxのFTP版です。
Server製品以外は、全て、雑誌の付録で製品は購入したことはありません。

合性の問題はありません。
日経Linux12月号のRedHatは、7.1.94 Roswell Cut-2(Public Beta)でも確認しております。この中に、j2sdk-1_3_0_01-linux-i386.binはあるのですが、 j2sdk-1_3_0_02-linux.binは、サンのサイとにも見つかりません。また、
http://www.blackdown.org/にも見つかりません。
また、問題点の再現ができません。

再度、このディレクトリィが存在するかを確認してください。
/usr/local/jdk1.3.0_02

口をだした以上、動作するまで、お付き合いいたします。
遠慮なく問い合わせてください。

現在言えることは、
1.RedHatを再導入する。
2.jinユーザを作成する。
3.js2dkを導入する。
4..bash_profileにパスなどを設定する。

cutが、/bin/cut
であれば、正常に導入されています。

jinユーザの、.bash_profileのパスに、
一部省略

Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
.~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/bin

export PATH
unset USERNAME

新規ユーザを作成した場合、上記の状態です。

export PATH=$PATH:/usr/local/jdk1.3.1_01/bin
export JAVA_HOME=/usr/local/jdk1.3.1_01

以上は、JDKを導入した場合です。

どこかで、PATHを書き換えるような、記述になっていないかを確認してください。

.bash_profiel→.bashrc→/etc/basrcと実行されて行きます。

私のLinuxも日経LinuxのFTP版です。
Server製品以外は、全て、雑誌の付録で製品は購入したことはありません。

合性の問題はありません。
日経Linux12月号のRedHatは、7.1.94 Roswell Cut-2(Public Beta)でも確認しております。この中に、j2sdk-1_3_0_01-linux-i386.binはあるのですが、 j2sdk-1_3_0_02-linux.binは、サンのサイとにも見つかりません。また、
http://www.blackdown.org/にも見つかりません。
また、問題点の再現ができません。

再度、このディレクトリィが存在するかを確認してください...続きを読む

QRedHatLinux7.1Jでの日本語入力について

こんにちは、tatuと申します。

 今朝、「RedHatLinux7.1J」に「ATOKXforLinux」を
インストールしたところ、一切の日本語入力ができなくなりました。

Ctrl+スペース
Shift+スペース

など、どれも効きません。

JustsystemのHPのディストリビューションごとの設定を見ながら
/etc/X11/xinit/xinitrc.d/xinput を書き換えても反応無しです。

仕方なく、ATOKをアンインストールしてもやはり日本語入力ができないのです。
日本語が入力できなくては仕事になりません。

どなたか、解決策を教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

専門家ではないので、正確には回答できないのですが、
かな漢字変換サーバの入力サーバ、kinput2が起動していないようです。

ps ax | grep kinput2
1064 ? S 0:00 kinput2 -canna

が出れば、"シフト+スペース"で"canna"が利用できるとおもうのですが、
/etc/X11/xinit/xinitrc.d/xinput
を修正されたときに、"kinput2"の部分を、変更されていませんか?

とりあえずは、

kinput2 -canna

で利用できますが、自動で起動させるためには、"xinput"を正しくする必要があると思います。

QRedhatLinux7.1J-apacheのアップグレード失敗します

RedhatLinux7.1Jを使用しています。

http://www.jp.redhat.com/support/errata/RHSA/RHSA-2001-126J.html

以上のサイトから、7.1用のApache最新版を入手し、
インストールしようとした所、以下のエラーが表示されて
インストールに失敗してしまいます。


apache本体を導入しようとすると、「mod_~.rpm」がないって怒られて、
「mod_~.rpm」を導入しようとすると、apacheと競合すると怒られ、
結局アップグレードできないんです・・・。


<その1>
 rpm -Fvh apache-1.3.22-1.7.1.i386.rpm
  ↓
 エラー: 依存性の欠如:
  mod_bandwidthは apache-1.3.22-1.7.1 に必要とされています
  mod_putは apache-1.3.22-1.7.1 に必要とされています
  mod_throttleは apache-1.3.22-1.7.1 に必要とされています

<その2>
 rpm -ivh mod_bandwidth-2.0.3-2.i386.rpm
 rpm -ivh mod_put-1.3-2.i386.rpm
 rpm -ivh mod_throttle-3.1.2-3.i386.rpm
  ↓
 エラー: 依存性の欠如:
  apache < 1.3.22-1 mod_bandwidth-2.0.3-2 と競合します

RedhatLinux7.1Jを使用しています。

http://www.jp.redhat.com/support/errata/RHSA/RHSA-2001-126J.html

以上のサイトから、7.1用のApache最新版を入手し、
インストールしようとした所、以下のエラーが表示されて
インストールに失敗してしまいます。


apache本体を導入しようとすると、「mod_~.rpm」がないって怒られて、
「mod_~.rpm」を導入しようとすると、apacheと競合すると怒られ、
結局アップグレードできないんです・・・。


<その1>
 rpm -Fvh apache-1.3.22-1.7.1.i386.rpm...続きを読む

Aベストアンサー

全部まとめて指定してください。
こんな感じです。

rpm -Uvh mod* apache*

QRedhatLinux7.1JでDATデバイスを認識させる方法は?

RedhatLinux7.1JのOSから、一般的なDAT装置を
認識させる方法があるかどうかを知りたいので、
その方法を教えてください。(一般的な方法でOKです)

Aベストアンサー

私は、以下の方法でDATを使用しています。

OS:RedHat7.1J
DAT:Seagate DDS3
SCSI:Adaptec 2940UW(可能な限りスピードを上げたかったので)

DATで注意すべき点は、SUN SparcとLinuxでは、同じSCSI接続でも、ジャンパーの設定が、Sun Sparc用と、Linux用で設定が異なる事です。

認識方法は、
# mt -f /dev/[n]st0 status [n]は省略可能です。

SCSI 2 tape drive:
File number = 0, block number=0, partition=0
Tape block size 512 bytes Density cod 0x8c (EXB-8505 compressed)
Soft error count since last status=0
General status bit on (41010000):
BOT ONLINE IM_REP_EN


EXB-8505 - 8mm Exabyte(112m)を意味します。

これで、
dd if=/dev/had of=/dev/st0 obs=10k
または、
dd if=/dev/st0 of=/dev/had ibs=10k

tar [-]cvf /dev/st0 <filename><filename> [-] tarコマンドは、伝統的に"-"サインを省略できるのは、ご存知と思います。

こんな感じですが、参考になれば幸いです。

私は、以下の方法でDATを使用しています。

OS:RedHat7.1J
DAT:Seagate DDS3
SCSI:Adaptec 2940UW(可能な限りスピードを上げたかったので)

DATで注意すべき点は、SUN SparcとLinuxでは、同じSCSI接続でも、ジャンパーの設定が、Sun Sparc用と、Linux用で設定が異なる事です。

認識方法は、
# mt -f /dev/[n]st0 status [n]は省略可能です。

SCSI 2 tape drive:
File number = 0, block number=0, partition=0
Tape block size 512 bytes Density cod 0x8c (EXB-8505 compressed)
Soft error co...続きを読む

QRedHatLinux7.1へのapache追加インストール等

質問が幾つかあります。(このような質問の仕方が正しいかどうかはわかりませんが・・)

1)RedHat Linux7.1で最初からapacheとPHPがインストールされている状態で、最新バージョンのapacheやPHPのtarからのバージョンアップはどうすればいいのでしょうか?
(インストールされている状態で展開してコンパイルしインストールすれば上手く行きませんでした。)一度入っているものを削除するにしても依存関係があるものがあって、それが何か解らず削除することができません。

2)WEBサーバーなしでサーバーをインストールしてapache・PHP・postgresqlをインストールしたら、rpm -qでみるとインストールされていませんと表示されます。
(このときhttpdはntsysvにはあらわれません。Linuxがこれらを認識していないみたいです。よって自動起動もできません)これらをLinuxに認識させるのにはどうすればいいのですか?
(なおapacheは正しく動作します)

3)apacheなどはバージョン(??)によって落ちるフォルダが違っていてbinフォルダやhttpd.confなどの場所もまちまちみたいですが(インストールのオプションによっては同じところに落とせるそうですが)それらはインストールが正しければどこにあっても問題ないのでしょうか?

4)PHPでpostgresqlをコンパイル時に指定していない状態でどこかの設定ファイルにpostgresqlの記述をしてやればコンパイルなしにPHPからpostgresqlを使用できるようになるのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

質問が幾つかあります。(このような質問の仕方が正しいかどうかはわかりませんが・・)

1)RedHat Linux7.1で最初からapacheとPHPがインストールされている状態で、最新バージョンのapacheやPHPのtarからのバージョンアップはどうすればいいのでしょうか?
(インストールされている状態で展開してコンパイルしインストールすれば上手く行きませんでした。)一度入っているものを削除するにしても依存関係があるものがあって、それが何か解らず削除することができません。

2)WEBサーバーなしでサーバー...続きを読む

Aベストアンサー

起動スクリプトは、皆さんの言っている通り/etc/rc.d/init.dの下に書きます。
以下にデフォルトで入っているhttpdのスクリプトを記述します。

[root@server init.d]# cat httpd
#!/bin/sh
#
# Startup script for the Apache Web Server
#
# chkconfig: 345 85 15
# description: Apache is a World Wide Web server. It is used to serve \
# HTML files and CGI.
# processname: httpd
# pidfile: /var/run/httpd.pid
# config: /etc/httpd/conf/access.conf
# config: /etc/httpd/conf/httpd.conf
# config: /etc/httpd/conf/srm.conf

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Path to the httpd binary.
httpd=/usr/sbin/httpd
RETVAL=0

# Until glibc's locale support is working right again, work around it.
LANG=C

# Change the major functions into functions.
moduleargs() {
moduledir=/usr/lib/apache
moduleargs=
for module in ${moduledir}/*.so ; do
if [ -x ${module} ] ; then
module=`echo ${module} | awk '{\
gsub(".*/","");\
gsub("^mod_","");\
gsub("^lib","");\
gsub("\.so$","");\
print toupper($0)}'`
moduleargs="${moduleargs} -D HAVE_$module"
fi
done
echo ${moduleargs}
}
start() {
echo -n "Starting httpd: "
daemon ${httpd} `moduleargs`
RETVAL=$?
echo
[ $RETVAL = 0 ] && touch /var/lock/subsys/httpd
return $RETVAL
}
stop() {
echo -n "Shutting down http: "
killproc httpd
RETVAL=$?
echo
[ $RETVAL = 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/httpd /var/run/httpd.pid
}

# See how we were called.
case "$1" in
start)
start
;;
stop)
stop
;;
status)
status ${httpd}
;;
restart)
stop
start
;;
reload)
echo -n "Reloading httpd: "
killproc ${httpd} -HUP
RETVAL=$?
echo
;;
condrestart)
if [ -f /var/run/httpd.pid ] ; then
stop
start
fi
;;
*)
echo "Usage: $0 {start|stop|restart|reload|condrestart|status}"
exit 1
esac

exit $RETVAL

こんな感じです。実行権をつけておくことが必要です。
これだけでは、自動起動しないので、自動起動するようにします。

chkconfig --add httpd
もしくは
chkconfig --level35 httpd on
とするとrun-level 3,5で起動するようになります。

起動スクリプトは、皆さんの言っている通り/etc/rc.d/init.dの下に書きます。
以下にデフォルトで入っているhttpdのスクリプトを記述します。

[root@server init.d]# cat httpd
#!/bin/sh
#
# Startup script for the Apache Web Server
#
# chkconfig: 345 85 15
# description: Apache is a World Wide Web server. It is used to serve \
# HTML files and CGI.
# processname: httpd
# pidfile: /var/run/httpd.pid
# config: /etc/httpd/conf/access.conf
# config: /etc/httpd...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報