通常、英語で何々国人と言う場合、~an というのが一番多いと思います。(英仏独蘭西などのしがらみが多い近隣国を除く)
しかし日、中、ポルトガル、ベトナムはJapanese,Chinese,Portuguese,Vietnamese でanじゃありません。

理由がわかりません。
どなたかお分かりの方、ご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かに,"~ese"で終わる単語のなかにはまれに軽蔑的に用いられるものもあります.例えば"journalese"や"officialese"がそれにあたります.



しかし,だからといって同じく"~ese"で終わる他の単語,特に~人・語といった人名・言語名や所有格の形容詞を意味する"Japanese", "Chinese", "Portuguese", "Vietnamese"などが差別的な意味合いを含んでいるとはいえないと思います.(別に"Japs", "Nips"や"Chinks"といった差別用語がちゃんとありますし.)

"Japanese", "Chinese", "Portuguese", "Vietnamese"以外に"~ese"で終わる例を,国以外にも都市や地域の名も含めて少し挙げてみます.


ブータン:Bhutan/Bhutanese
コンゴ:Congo/Congolese
トーゴ:Togo/Togolese
ビルマ:Burma/Burmese
レバノン:Lebanon/Lebanese
東チモール:East Timor/East Timorese
セネガル:Senegal/Senegalese
スーダン:Sudan/Sudanese
ガイアナ:Guyana/Guyanese
スリナム:Surinam/Surinamese
ガボン:Gabon/Gabonese
ネパール:Nepal/Nepalese/Nepali
サンマリノ:San Marino/San Marinese
マルタ:Malta/Maltese(例:"Maltese cross"マルタ十字)

地域,都市その他
台湾:Taiwan/Taiwanese
広東:Canton/Cantonese
シャム:Siam/Siamese
ジャワ:Java/Javanese
バリ:Bali/Balinese
アラゴン:Aragon/Aragonese
ジェノヴァ:Genoa/Genoese
ジュネーブ:Geneva/Genevan/Genevese
ミラノ:Milan/Milanese
ウィーン:Vienna/Viennese(例:"Viennese coffee"ウィンナーコーヒー,"Viennese waltz"ウィンナーワルツ)

ここに挙げた"~ese"で終わる語が,このような語尾を持つゆえに差別的意味を含んでいるとはちょっと考えにくいですね.

一般的には"~a"で終わる地名は"~an"や"~ian"となることが多いようです.たとえば...

アルジェリア:Algeria/Algerian
アンゴラ:Angola/Angolan
ボツワナ:Botswana/Botswanan
エリトリア:Eritrea/Eritrean
エチオピア:Ethiopia/Ethiopian
ガンビア:Gambia/Bambian
ガーナ:Ghana/Ghanaian
ケニア:Kenya/Kenyan
リベリア:Liberia/Liberian
ナイジェリア:Nigeria/Nigerian
南アフリカ:South Africa/South African
タンザニア:Tanzania/Tanzanian
チュニジア:Tunisia/Tunisian
ウガンダ:Uganda/Ugandan
ザンビア:Zambia/Zambian
オーストリア:Austria/Austrian
オーストラリア:Australia/Australian
ルワンダ:Rwanda/Rwandan
ボリビア:Bolivia/Bolivian
カナダ:Canada/Canadian
アメリカ:America/American
コロンビア:Colombia/Colombian
コスタリカ:Costa Rica/Costa Rican
キューバ:Cuba/Cuban
ドミニカ:Dominica/Dominican
グアテマラ:Guatemala/Guatemalan
ジャマイカ:Jamaica/Jamaican
ニカラグア:Nicaragua/Nicaraguan
ベネズエラ:Venezuela/Venezuelan
カンボジア:Cambodia/Cambodian
インドネシア:Indonesia/Indonesian
マレーシア:Malaysia/Malaysian
韓国:South Korea/South Korean
北朝鮮:North Korea/North Korean
モンゴル:Mongolia/Mongolian
トンガ:Tonga/Tongan
アルバニア:Albania/Albanian
アンドラ:Andorra/Andorran
アルメニア:Armenia/Armenian
ブルガリア:Bulgaria/Bulgarian
エストニア:Estonia/Estonian
グルジア:Georgia/Georgian
マケドニア:Macedonia/Macedonian
ラトビア:Latvia/Latvian
リトアニア:Lithuania/Lithuanian
モルドバ:Moldova/Moldovan
ルーマニア:Romania/Romanian
ロシア:Russia/Russian
リビア:Libya/Libyan
モーリタニア:Mauritania/Mauritanian
シリア:Syria/Syrian
インド:India/Indian
スリランカ:Sri Lanka/Sri Lankan

国以外を含めると,それこそきりがありません.次のようなものも全部はいってきます.

ローデシア:Rhodesia/Rhodesian
カンブリア:Cambria/Cambrian
サマリア:Samaria/Samaritan
マニトバ:Manitoba/Manitoban
モルダビア:Moldavia/Moldavian
トランシルべニア:Transylvania/Transylvanian
メソポタミア:Mesopotamia/Mesopotamian
ガリシア:Galicia/Galician
カタロニア:Catalonia/Catalan
シレジア:Silesia/Silesian
プロシア:Prussia/Prussian
バイエルン:Bavaria/Bavarian
サルディニア:Sardinia/Sardinian
コルシカ:Corsica/Corsican
アナトリア:Anatolia/Anatolian
カリフォルニア:California/Californian
パタゴニア:Patagonia/Patagonian
スカンジナビア:Scandinavia/Scandinavian
ダルマチア:Dalmatia/Dalmatian
シベリア:Siberia/Siberian
ペルシャ:Persia/Persian
タスマニア:Tasmania/Tasmanian
スパルタ:Sparta/Spartan
クリミア:Crimea/Crimean
満州:Manchuria/Manchurian
トラキア:Thracia/Thracian
ノーザンブリア:Northumbria/Northumbrian
(歴史上・考古学上の地名など,まだまだいくらでも思いつきそうですがこの辺で.)

しかし,"~a"で終わる地名がすべて"~an"や"~ian"をとるかということそうとは限りません.

ソマリア:Somalia/Somali
アルゼンチン:Argentina/Argentinian/Argentine
セルビア:Serbia/Serbian/Serb
クロアチア:Croatia/Croatian/Croat
スロベニア:Slovenia/Slovenian/Slovene
ボスニア:Bosnia/Bosnian/Bosniak
ユーゴスラビア:Yugoslavia/Yugoslav
スロバキア:Slovakia/Slovak
ロンバルディア:Lombardia/Lombard/Lombardic
チェチェン:Chechnya/Chechen

逆に,最後が"~a"でないのに"~an"や"~ian"となる名には次のようなものがあります.

エジプト:Egypt/Egyptian
モロッコ:Morocco/Moroccan
モザンビーク:Mozambique/Mozambican
ジンバブエ:Zimbabwe/Zimbabwean
ブラジル:Brazil/Brazilian
チリ:Chile/Chilean
エクアドル:Ecuador/Ecuadorian
エルサルバドル:El Salvador/Salvadoran
ハイチ:Haiti/Haitian
ホンジュラス:Hunduras/Honduran
メキシコ:Mexico/Mexican
ウルグアイ:Uruguay/Uruguayan
パラグアイ:Paraguay/Paraguayan
ペルー:Peru/Peruvian
アンデス:Andes/Andean
トバゴ:Tobago/Tobagonian
フィジー:Fiji/Fijian
ラオス:Laos/Laotian
シンガポール:Singapore/Singaporean
ベラルーシ:Belarus/Belarusian
ベルギー:Belgium/Belgian
ハンガリー:Hungary/Hungarian
イタリア:Italy/Italian
ノルウェー:Norway/Norwegian
ウクライナ:Ukraine/Ukrainian
チロル:Tyrol/Tyrolean
イラン:Iran/Iranian
ヨルダン:Jordan/Jordanian
モルジブ:Maldives/Maldivan
テキサス:Texas/Texan
トスカニー:Tuscany/Tuscan
アフガニスタン:Afghanistan/Afghan
ドイツ:Germany/German
ワシントン:Washington/Washingtonian
ボストン:Boston/Bostonian
ベニス:Venice/Venetian
パリ:Paris/Parisian
ザイール:Zaire/Zairean
カメルーン:Cameroon/Cameroonian
チャド:Chad/Chadian
火星:Mars/Martian
アマゾン:Amazon/Amazonian
アテネ:Athens/Athenian
シチリア:Sicily/Sicilian
チベット:Tibet/Tibetan
ハワイ:Hawaii/Hawaiian

その他にも,地名が~人・語といった人名・言語名や所有格になるパターンはいろいろあります.

"~land"→"~ish"
ポーランド:Poland/Polish(ポーランド語,ポーランドの)/Pole(人)
スコットランド:Scotland/Scottish/Scot
フィンランド:Finland/Finnish/Finn
イングランド:England/English
アイルランド:Ireland/Irish
トルコ:Turkey/Turkish/Turk

"~land"→"~dic","~der"
アイスランド:Iceland/Icelandic(アイスランド語,アイスランドの)/Icelander(アイスランド人)
グリーンランド:Greenland/Greenlandic/Greenlander
ホーランド:Holland/Hollander
ニュージーランド:New Zealander/New Zealander
ニューイングランド:New England/New Englander
シェトランド島:Shetland Island/Shetland Islander

"~land"でないが→"~ish"
スウェーデン:Sweden/Swedish(スウェーデン語,スウェーデンの)/Swede(スウェーデン人)
デンマーク:Denmark/Danish/Dane
ウェールズ:Wales/Welsh
フランダース:Flanders/Flemish
スペイン:Spain/Spanish/Spaniard
クルジスタン:Kurdistan/Kurdish/Kurd

"~land"なのに→"~ish"でも"~dic","~der"
でもない
スイス:Switzerland/Swiss
タイ:Thailand/Thai
スワジランド:Swaziland/Swazi

"~er"
ルクセンブルク:Luxemburg/Luxemburger
リヒテンシュタイン:Liechtenstein/Liechtensteiner
ケベック:Quebec/Quebecker
ベルリン:Berlin/Berliner
ダブリン:Dublin/Dubliner
ロンドン:London/Londoner
ニューヨーク:New Yorker/New Yorker

"~er"あるいは"~ite"
香港:Hong Kong/Hong Konger/Hong Kongite
東京:Tokyo/Tokyoite
マンハッタン:Manhattan/Manhattanite
モスクワ:Moscow/Moscovite

"~ch"
フランス:France/French
オランダ:Netherlands/Dutch

"~i"
イラク:Iraq/Iraqi
イスラエル:Israel/Israeli
クウェート:Kuwait/Kuwaiti
パキスタン:Pakistan/Pakistani
イエメン:Yemen/Yemeni
バングラデシュ:Bangladesh/Bangladeshi
アゼルバイジャン:Azerbaijan/Azerbaijani
カシミール:Kashmir/Kashmiri
ザンジバル:Zanzibar/Zanzibari
イスタンブール:Istanbul/Istanbuli
バーレーン:Bahrain/Bahraini

"~i"あるいは"~k"
タジキスタン:Tajikistan/Tajiki(タジク語,タジクの)/Tajik(タジク人)
ウズベキスタン:Uzbekistan/Uzbek
ギリシャ:Greece/Greek

その他
モナコ:Monaco/Monagasque
キプロス:Cyprus/Cypriot
フィリピン:Philippines/Filipino
モンテネグロ:Montenegro/Montenegrin
カザフスタン:Kazakhstan/Kazakh
キルギスタン:Kyrgystan/Kyrgyz
フィレンツェ:Florence/Florentine
ザクセン:Saxony/Saxon

変化なし
チェコ:Czech/Czech
バスク:Basque/Basque

おそらくある地名がある語尾をとるようになった背景には,いろいろな歴史やその地で話されている言葉,また地元での呼び名の変化が英語表記に及ぼした影響などによるところが大きいのでしょう.(たとえばイタリア語圏の地名にはわりと"~ese"になることが多いので,英語表記もそうなったと考えるのは自然です."Milanese"などはイタリア語そのままです.)

しかし,結局のところ,一定の類型があること以上の規則性,たとえばこれこれの語尾を持つ地名は必ず"~ese"をとる,といった法則は見つけられないのではないでしょうか.なぜ"Congo"に無理やり"l"まで補って"Congolese"とするのか,またなぜ"Tobago"を同じように"Tobagolese"とはしないのかなどは,いったいどうやって説明すればいいのでしょう.同じような疑問は,なぜ"Polish"を"Polander"とは言わないのか,"Icelander"を"Icelandish"とは言わないのかについても生じます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
たくさん例を挙げていただき、感謝感激です。
とても勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/13 11:39

あんまりそうは思わないですけど・・・~anってそんなにたくさんありますか? どのくらいあります?


いちおう補足要求しておきます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1571708の#2も見ましたが・・・そこに誘導しようというわけじゃないですよね。

この回答への補足

No2の方があげたようにたくさんあります。

誘導?
何でそんなことしなきゃいけないんですか?

補足日時:2005/09/13 11:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q応仁の乱並みの戦火

応仁の乱並みに、京都(あるいは奈良など都)が焼け野原になった出来事は何かありますか?
応仁の乱並みでもなくても、かなりダメージを受けた出来事なら、それでいいです。
教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

京都は長い歴史もあり、政治の中心でもあったために記録も多く、災害についても多くの記録が残っていますが、平安時代は内裏の焼亡などもあったのですが、どのぐらいの広がりがあったのかはっきりしないので、平安も最終期からわかる範囲で。

安元・治承の大火。安元3年-1177-と治承2年-1178-におこった大火。方丈記にも記載された大火。
治承の大火
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BB%E6%89%BF%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%81%AB

養和の飢饉。これも方丈記に記載された飢饉。治承5年改元して養和元年―1181-の飢饉。源平の争乱中におこった飢饉で、対木曽義仲戦の前にして平家側は兵糧・兵員調達に苦しみ、敗因となったとの説がある。
養和の飢饉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%8A%E5%92%8C%E3%81%AE%E9%A3%A2%E9%A5%89

応仁の乱に勝る被害と言われているのは、天文年間、特に天文5年―1536-の天文法華の乱で、日蓮宗に対する宗教戦争の過程での日蓮宗寺院焼き打ちからの大火で、京都の大半が類焼。
天文法華の乱(法華一揆)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%96%87%E6%B3%95%E8%8F%AF%E3%81%AE%E4%B9%B1

信長による上京焼き打ち(元亀3年-1572)、室町幕府滅亡直前の対足利義昭戦で、義昭支持の上京地区を信長が焼き打ち。上京のほとんどが焼け落ちる。

宝永の大火。宝永5年-1708年-の大火。
宝永の大火
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E6%B0%B8%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%81%AB

天明の大火。天明8年-1788-の大火。京都の8割消失。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%98%8E%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%81%AB


禁門の変。蛤御門の変とも。元治元年-1864-失地回復のために上京し、御所に迫った長州軍に対して、薩摩・会津藩を中心とする幕府軍が応戦、その過程で火が放たれ、延焼し、大火となる。この大火をどんどん焼けともいうそうです。
禁門の変
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E9%96%80%E3%81%AE%E5%A4%89

以上、参考まで。

京都は長い歴史もあり、政治の中心でもあったために記録も多く、災害についても多くの記録が残っていますが、平安時代は内裏の焼亡などもあったのですが、どのぐらいの広がりがあったのかはっきりしないので、平安も最終期からわかる範囲で。

安元・治承の大火。安元3年-1177-と治承2年-1178-におこった大火。方丈記にも記載された大火。
治承の大火
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BB%E6%89%BF%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%81%AB

養和の飢饉。これも方丈記に記載された飢饉。治承5年改元して養...続きを読む

QJapan=Japanese,China=Chineseなどの単語について

他にFrance=French,Korea=Koreanなど
単に国名を表す英単語と「~人」「~国の」という意味の単語が
それぞれありますよね。
ふと疑問に思ったのですが世界中に何百という国が
ありますけど、やっぱりすべての国に上記に上げたような
組み合わせの英単語が存在するのでしょうか??

Aベストアンサー

参照
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_adjectival_and_demonymic_forms_of_place_names
ほとんど全てに存在すると見ていいでしょう。
必ずしも国名が先にあってそこから民族名や言語名が派生するとは限りません。

Denmark - Dane - Danish
Swaziland - Swazi - Swazi
Mari El - Mari - Mari
Poland - Pole -Polish
これらは民族名が先です。

原語をそのまま使っているところもあります。

Lesotho - Basotho - Basotho

国名と形容詞が同じもの

Luxembourg - Luxembourger - Luxembourg

Q応仁の乱の原因

  応仁の乱の原因ってなんですか?
               教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。(kougakubu)工学部です。

応仁の乱;室町幕府の3代将軍足利義満の死後、しだいに幕府の権力は
守護大名に移っていく。中でも大きな勢力を持つ細川氏と山名氏は、幕
府の実権を争っていた。
 8代将軍義政のとき、将軍と管領(かんれい)の跡継ぎをめぐり、細川
勝元と山名持豊(宗全)が対立し、1467(応仁元)年、【応仁の乱】が始ま
った。全国の武士が細川の東軍と、山名の西軍に分かれ、京都をおもな
戦場として、11年間も戦いが続いた。その結果、京都は荒れ果て、大半
が焼け野原になってしまった。

・・・です^^
参考文献;「新しい歴史教科書」2001.6.10 初版
     著作者 西尾幹二ほか13名より。

Q意味を教えてください>_< Japanese, living in Tokyo, taking ri

意味を教えてください>_<

Japanese, living in Tokyo, taking risks on iced road with car

Aベストアンサー

「東京に住んでる日本人だと凍った道を車で走るのは危険が伴うね」
もしくは
「日本人、それも東京に住んでいるなら、凍結した道を車で走るのは危ない」
という意味かと。

Q応仁の乱の旗印

応仁の乱の東軍、西軍の旗印を教えていただけますか?

Aベストアンサー

山名氏の紋は二つ引両紋といいますが、山名氏は新田氏流なので、大中黒の中黒の真ん中を横に細く白線を入れたものです。それに、桐紋の右下、左下にに笹を配した紋があります。

細川氏は九耀紋を使っていますが、後の熊本藩主家が戦国時代に使い始めたとの説がありますので、応仁の乱までさかのぼれるかは不明です。室町管領家の細川氏は松笠菱が家紋ですが、もともと足利氏流ですので、二引両もしくはその変形紋を用いた可能性はあります。ただ、鎌倉時代の細川氏は、足利氏流の中では家格の低い方でしたので、可能性は低いかも知れません。

以上参考までに。

QChinese is Chinese are どちらが正しいのでしょうか?

Chinese is
Chinese are
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

Chinese は Japanese 同様、単複同形です。
だから、is も are もあり得ます。

ただ「中国人」の場合、a も何もなく、Chinese なら、複数で are になるでしょうが、
「中国語」の意味では a がつかないので is です。

Q応仁の乱

応仁の乱を題材にして書かれた小説、ってなにかないものですかね。

それも面白おかしく(笑
個人的に好きな歴史小説家は司馬遼太郎と高橋克彦なんですが・・・

なにか知ってる方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして

応仁の乱を題材にした小説というのはあまり聞いたこと
がないのですが、そのあたりの時代を背景にした小説を
列挙してみます。

『妖怪』 司馬遼太郎
『はては嵐の~尼首二十万石』 宮本 昌孝
『室町少年倶楽部』山田風太郎
『銀の館』 永井路子
『幻花』   瀬戸内寂聴

QChinese GB、Chinese Big5(「早稲田」のサイト)というのは?

早稲田の例のアホというかクズ学生の犯罪に関して、
大学当局がホームページ上でもお詫びしているとのことで見てたんですが
このサイトの language の中に、
・Chinese GB
・Chinese Big5
というのがありました。

この ”GB”とか ”Big5”というのは、どういう意味なんでしょうか?

Aベストアンサー

GBは中国語のGuojia Biaozhun(国家標準)の頭文字で,日本でいうとJIS(日本工業規格)に相当します。
Big5というのは,台湾の5大メーカー(コンピュータの)を意味しています。

で,これは一体何かというと,文字コードの規格です。
中国語の漢字をコンピュータで扱う際の文字コードには,多種多様な規格が乱立していたのですが,インターネット時代になってからは,この2つの規格が主流になりました。
簡体字(大陸で使われている字体)は中国政府が1980年に定めたGB 2312。(今はこれの上位規格に移行していますが基本は同じ)
繁体字(本来の字体。日本でいう旧字体。台湾・香港で使用)は,5大メーカーが定めた通称Big 5。
というわけです。

早稲田のトップページから,Chinese GBと記されたところをクリックすると,「早稲田大学歓迎来自世界各国的留学生」と中国語(の簡体字)で表示され,以下すべて中国語の簡体字です。
(ただ,GBに対応したフォントがインストールされている必要があります。)
同様に,Big 5のほうは繁体字で表示されます。
同じ中国語でも,簡体字で書かれたページをBig 5のフォントで読むと完璧に文字化けしてしまうので(逆のケースも同様),このように注意を促しているわけです。

GBは中国語のGuojia Biaozhun(国家標準)の頭文字で,日本でいうとJIS(日本工業規格)に相当します。
Big5というのは,台湾の5大メーカー(コンピュータの)を意味しています。

で,これは一体何かというと,文字コードの規格です。
中国語の漢字をコンピュータで扱う際の文字コードには,多種多様な規格が乱立していたのですが,インターネット時代になってからは,この2つの規格が主流になりました。
簡体字(大陸で使われている字体)は中国政府が1980年に定めたGB 2312。(今はこれの上位規格に移行し...続きを読む

Q応仁の乱について

1467年に起きた「応仁の乱」につきまして、「応仁」とはそもそもどういう意味なのかを現在調べている処なのですがイマイチよく分かりません。そこで皆様の知恵を拝借したいと思います。質問が重複していたらすいません。

Aベストアンサー

ANo.4 重複質問で削除されたので、書き足します。(読み下し)
 
 仁之感物、 〔仁、之れ、ものに感じ〕
 物之応仁、 〔物、之れ、仁に応じてあり〕
 若影随形、 〔若し、影にても、形なるに随いてあれば〕
 猶声致響  〔なお、その発する声も響きを致すならん〕

Q英語 代名詞 some,any,both,either,neither,all, none, eac

英語

代名詞 some,any,both,either,neither,all, none, each,
に関して、殆どが 代名詞 of A〜の形にできると思いますが、
代名詞 the\my~
のような形に出来る代名詞を教えてくださいm(_ _)m

言い方を変えますと、代名詞の後に限定詞を続ける事が可能な代名詞を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

all, both のみと申し上げた通りです。

単独で使えば不定代名詞となるようなこれらの語がプラス名詞で用いられると、
日本では形容詞と説明することが多いです。

呼び方は大きな問題ではありません。
none というのは単独で、
あるいは none of の形でしか使えません。

逆に no プラス名詞に対して、単独なのが none と思えばいっきに none の意味・用法がわかるようになります。

every はプラス単数名詞のみで
代名詞として単独で使うことができません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報