フッ素を含んだ天然有機化合物は存在するのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お茶とは関係ないんですが,オーストラリアの植物には


フッ素が入っているものもあります.
そのばあい,モノフルオロ酢酸として存在しています.
どうやら土壌のフッ化物イオンを取り込んでいるらしいです.
もちろん人体には毒ですけどね.

ここからは余談ですが・・・
中国のほうのお茶を飲むとフッ素が多くふくまれており,
歯が変になるというのがあります.
これはお茶の中にふくまれているのではなく,
お茶を入れるときの水に含まれているというのが最近の説のようです.たしか今年のJournal of Fluorine Chemistryに書いてました.
私の推測でしかないですが,あの辺りはホタル石の産地なんで
そこから溶けだすのではないかと思います.

ではお粗末でした・・・.

この回答への補足

調べてみたところ、フルオロ酢酸は猛毒のようですね。天然有機化合物として、フッ素を含む化合物が存在したのですね(しかも、酢酸のような、とてもシンプルな化合物の誘導体として)。
他にも存在していれば、面白いと思うのですが(こんなもんですかね)。
どうもありがとうございました。
それから、Journal of Fluorine Chemistry という雑誌があるとは、知りませんでした。 

補足日時:2000/12/29 10:11
    • good
    • 0

お茶に関して



補足します。

下記の 埼玉県の元茶業研究所のホームページで
メールでの質問を受け付けていますよ。

参考URL:http://www.pref.saitama.jp/A06/BQ00/cha/index.html
    • good
    • 0

化学は素人なのですが、 茶の関係の仕事をしていますので、気になりました。



茶葉に含まれているので、緑茶に限らず紅茶などにも含まれていますが、「茶の化学」柴田書店 抜くわしく出ていると思います。

茶に限らず 昆布、魚介類にも含まれているようですよ。

詳しくは下記のホームページが 参考になると思います。

フッソ研究者のホームページにもリンクでき、質疑応答も大丈夫ですよ。

参考URL:http://www1.doc-net.or.jp/~JSFR/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

良く知られているところでは


緑茶には天然フッ素が含有されています。
歯を強くする事でも知られていますが
現在確実にフッ素の過剰摂取と長期摂取による
深刻な骨の問題がアメリカで提議されているらしいです。

この回答への補足

具体的に、緑茶に含まれる天然フッ素とは、どのような形態で存在しているのでしょうか。
フッ素イオンとしてですか?それとも有機化合物としてですか?有機化合物ならどのようなものなのでしょうか。
教えていただきたいのですが。

補足日時:2000/12/02 23:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有機フッ素化合物のメチル化

H-(CF2)6-COOH という化合物の末端のHをメチル化したいと考えています。

2当量のヨウ化メチルおよび炭酸カリウムを加えアセトン溶媒で還流しましたが,ほとんど反応しませんでした。末端Hよりも先にメチルエステルができると考え,ヨウ化メチルを2当量としたのですが...。

他に考えられる反応はあるでしょうか?有機フッ素化合物を扱うのは初めてで,通常と違う物性・反応性に戸惑っています。

ご助言頂けましたら幸いです。

Aベストアンサー

反応機構的にかんがえて、炭酸カリウムの役割が、ヨウ化水素を中和するためということはあり得ません。塩基として作用してH+を引き抜いていることは間違いないと思います。結果的に、式の上ではヨウ化水素を中和していることにはなりますが、それは反応の本質ではありません。アニオンにならなければ求核置換は起こりませんよね。
常識的に考えれば、文献があるのなら進む可能性のある反応と考えて良いでしょう。まれに、信頼できない論文もありますが・・・
現実的な対応としては、ヨウ化メチル追加した方が良いでしょうね。特別な副反応は起こりそうにないですから、揮発して逃げた分の補償の意味もありますしね。それと、炭酸カリウムは固体でしょうから、それをすりつぶすなどの方法で表面積を大きくするのが有効な場合もあります。また、この手の反応では試薬の純度(というよりメーカー)を変えることによって、反応が進むようになる場合もあります。もしも、オリジナルの文献に試薬のメーカーやグレードが記載されていればそれを再現することも検討に値します。
もちろん、濃度や温度などを変えてみることも有効かもしれません。
個人的には相間移動触媒を添加してみたくなります。

反応機構的にかんがえて、炭酸カリウムの役割が、ヨウ化水素を中和するためということはあり得ません。塩基として作用してH+を引き抜いていることは間違いないと思います。結果的に、式の上ではヨウ化水素を中和していることにはなりますが、それは反応の本質ではありません。アニオンにならなければ求核置換は起こりませんよね。
常識的に考えれば、文献があるのなら進む可能性のある反応と考えて良いでしょう。まれに、信頼できない論文もありますが・・・
現実的な対応としては、ヨウ化メチル追加した方が良...続きを読む

Q有機フッ素化合物について

有機フッ素化合物はいろんな特徴がありますが、そのなかで耐熱性についてお聞きしたいのですが、なぜ有機フッ素化合物はもえにくいのですか?教えてください

Aベストアンサー

燃えにくいのは、C-F結合が強いためです。あと燃えた後にフッ素がどこへ行ったらいいのか迷う…(笑
通常炭化水素の燃焼は水素がラジカルに引き抜かれて炭素ラジカルができ、それが酸素と反応してペルオキシラジカルを生じます。
これが他の水素を引き抜いてヒドロペルオキシドを作り、それが熱で分解し、HO・ラジカルとR-O・ラジカルができて…。
といった具合にラジカル連鎖反応が起きて炭素-炭素間が切れ、気体が生じそれがさらにラジカル反応を起こして炎になる。
フッ素化合物の場合C-F結合が472kJ/molとC-Hの値431kJ/molよりかなり大きいので、初めのラジカル生成がかなり不利です。
(上記の値はCH3-FとCH3-Hの値、化学便覧)
さらに二酸化炭素ができるときの熱利得がフッ素化合物にはないので、発熱も続きません。
なお、弗素樹脂も熱分解しますので注意、テフロンは170℃で分解を開始します。

Q炭素Cとフッ素Fを含む化合物の飽和蒸気圧曲線が掲載させている文献

現在,大学で研究を行っています。
研究を進める上で炭素Cやフッ素Fを含む化合物
例えば
四フッ素炭素(CF4)
ヘキサフルオロエタン(C2F6)
などの飽和蒸気圧曲線が掲載されている文献が必要なのですが、
どの文献を調べたらいいでしょうか?どうか教えてください。
よろしくお願いします。

インターネットで調べた所,以下のような参考になるサイトは見つけたのですが,できれば文献の方がいいので。
以上宜しくお願いします。

http://www.uprise-system.co.jp/P14_ch_jouki.html

http://www.sdk.co.jp/html/products/finegas/detail/cf4_c.html

http://www.sdk.co.jp/html/products/finegas/detail/c2f6_c.html

Aベストアンサー

NIST Chemistry WebBook / Search for Species Data by Chemical Formula
http://webbook.nist.gov/chemistry/form-ser.html
Thermodynamic Data の Phase change にチェックを入れて検索して、Antoine Equation Parameters のところをみて下さい。

NIST Chemistry WebBook / Thermophysical Properties of Fluid Systems
http://webbook.nist.gov/chemistry/fluid/
Saturation properties ― temperature increments を選んでデータを入手して下さい。引用の仕方は、データページにある Recommended citation
for data from this page.をクリックすれば分かります。

Q有機フッ素化合物の燃焼における活性炭

最近読んだ論文に、ある有機フッ素化合物を「活性炭に吸着させて1200℃、酸素条件下で燃焼させた」という記述がありました。
しかし、なぜ活性炭に吸着させたのかという疑問が生じました。
くまなく読んだのですが、その理由に関しては触れられていませんでした。
これは吸着させることによって酸素との接触面積を大きくさせるためなのでしょうか?
それとも別の何か作用(活性点?)を期待しての事なのでしょうか?
情報が少なくて申し訳ないのですが、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

多分#1のお答え通り、希薄な「フッ素系化合物」を「扱いやすくするために」、吸着力の大きな「活性炭」に吸着させて「体積を」小さくした。
と言うことだけではないでしょうか。莫大な希薄ガスを扱うのは、非常に不便ですし、誤差も大きくなります。

Q有機化合物中のフッ素の検出方法

有機化合物のフッ素を手軽(手軽でなくても良いですが)に定性する方法はないでしょうか?たとえば塩素などの炎色反応のように。

Aベストアンサー

・混合物がふっ素イオンなのか有機ふっ素化合物かにより前操作が違ってきます。
・日本薬局方第13改正(薬学関係の方はご存知の厚い本)のフルオロウラシルの純度試験(2)フッ化物(イオン化するとき)、定量法(2)ふっ素という項目で酸素フラスコ燃焼法で有機物を分解してからアリザリンコンプレキソン試液で発色させる方法の記載があります。
・JIS K0101(工業用水試験方法)及びK0102(工場廃水試験方法)のふっ素イオン
というような項目で詳細な方法があるはずです。(手許に無くて・・・・・)
・その他、水道水や環境測定関連のマニュアルなど沢山参考になる書籍はあるはずです。アリザリンコンプレキソン法は化学的に検出する最も一般的手段です。具体的マニュアルを全部ここに記入するのは、ワープロが苦手なのでごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報